スイングの上達は回転軸

スイングの上達は回転軸

 



 

ゴルフ上達の基本は回転軸

 

スイングを作る基本の回転軸を習得することが、上達への最も早道です。

 

ゴルフスイングは回転軸を中心とした腕とクラブの角運動になります。

 

この軸が前後左右や上下動に動くようではスイング軌道は一定しません。スイング軌道が一定しないことは、ダフリ・トップ・フック・スライスなどいろんなミスを誘発します。

 

移動の少ない回転軸でスイングを行うことで、正確なスイングの再現を行え悩みのすべてを解決できるといっても過言ではありません。

 

回転軸

参照:グーグルとその情報提供

 

上の写真は回転軸を理想的に使っています。
アドレス時の回転軸は白マークでで、トップスイングの回転軸は赤のマークです。

 

アドレスからトップスイングまでの間で、背骨の回転軸はほとんど動いていないことがわかります。

 

これは、左肩が右膝のうえに移動することで、背中の背骨である回転軸は背から飛行方向に向いただけで、回転軸に位置はかわりません。回転軸の上にある頭の位置も移動しないことです。

 

この回転軸が飛行方向に向く分、自分の体の厚み分が右に移動したことになるのです。

 

【必見!】ゴルフグラブ・ボール・ウエア・アクセサリ特集

 

このように、回転軸の安定はスイングの速さを上げるのには最も重要な要素で、回転軸が一定しないとスイングごとにスイングの速さが異なり安定した距離を打つことはできません。

 

回転軸の不安定は、芯でボールを捕まえらない原因のスイング軌道がアウトサイドになり、スライスボールが出たり、インパクトで手首の過度なリストターンでフックの原因になります。

 

さらに、スイング軌道が低すぎればボールの手前にヘッドが入りダフリ、軌道が高すぎるとボールの頭をたたくトップになり、これらすべて回転軸の不安定からのスイング軌道の狂いが原因でおこります。

 

 

また、ショートゲームにおいて、正確な距離やグリーン上にボールを止める強いインパクトの打ち方には、ブレの少なな回転軸でコンパクトなスイングできないとできません。

 

そこで、回転軸と体の使い方の理論を理解することで、見違えるほどスイングがよくなります。

 

 

ゴルフウエアーキャンペーン情報はこちらから


 

回転軸を小さくする(ヘッドスピードを上げる)

 

下の図を参考に解説していきます。

 

コマ

 

スイングをコマの回転を使いヘッドスピードとの関係を説明します。

 

大きなコマAと小さなコマBから回転軸を小さくすることがスイングには重要であることを説明します。

 

AのコマとBのコマでは、同じ重さと考えてください。

 

このAとBのコマを回すとすれは、Aのコマの方がBのより力が必要になります。スイングで例えるとテークバックはAの方が力が必要で、Bの方はテークバックに力をあまり必要としないことです。

 

これはコマの軸からコマの外側の距離が長いほど、つまり回転軸から距離が長いほどコマを回すのに力が必要になります。

 


ボールケース

お買い得商品が満載・USモデル特集!


 

 

この力の大きさが慣性モーメントで、動かしにくいほうが慣性モーメントが大きいことになります。

 

つまり、ゴルフスイングにおける慣性モーメントとは、プレイヤーの体を軸とした、クラブ全体の回転のしにくさ(振りにくさ)のことと理解してください。

 

次にこのコマを同じ力で回すとAよりBの方が早く回転します。すなわち小さなコマの方が速く回転でき、スイングに置き換えると回転軸が小さいほど速く回転することになります。

 

これはスイングは円運動の中で角運動【角運動とは時間当たりの回転数】になります。

 

ゴルフの場合、角運動で生まれる運動量のヘッドスピードは角速度×半径で計算されます。

 

この角運動の中心、つまり体の軸が小さなコマと仮定すれば、小さいコマのほうが速く回転し、かつ力が要らないことです。

 

重量管理

 

上のコマから同じスイングワークのスイングする場合、回転軸の大きなコマのL1に比べ回転軸の小さなコマのL2の半径が長くなり、結果運動量を大きくなることがわかります。

 

つまり、回転軸が小さいことが角運動の半径が大きくなりヘッドスピードが上がることになります。(同じ長さのクラブを振る場合)

 

つまりスイングを効率よくするには、小さな回転軸がヘッドスピードを上げることが分かります。

 

加速と慣性モーメント
参照:グーグルとその情報提供

 

プロのフォロースルーの写真からも、回転軸からLを長くすることで、ヘッドの加速を向上させ大きく有効に使っていることがわかります。

 

ゴルフの飛距離はインパクトで慣性力を最大にすることで生まれるのです。

 

角速度を得るためのパワーや、重いものを上手に操るための重心(回転軸)を小さくコントロールこそが本当の飛距離の伸ばし方法ということになります。

 

結論は、ゴルフスイングでヘッドスピードを上げるには、回転軸を小さくすることです。つまり、中心を小さく回転することで、外側に慣性モーメントが大きく働きスイングスピードが上がることです。

 

 



ゴルフ5 Pick UP All Item




 

 

回転軸とスイング軌道

 

ゴルファーの多くが悩みのトップに挙げるスライスは、スイング軌道がアウトサイドインになることです。

 

では、どうしてアウトサイドのスイングがインサイドに修正できるかを、同じく回転軸の大きさで説明します。

 

図で大きなコマと小さなコマの外側のラインは左肩を想定してください。

 

コマ

 

当然AのコマはBのコマより大きな円を描いたスイング軌道になります。これはクラブが外から大きく回転することになり、インパクトまでの距離も遠くなり、振り遅れでフェースが開くことになります。

 

逆に、小さなコマBはAのコマにくらべ小さな円を描き回転軸からクラブが離れないことがわかります。

 

これはダウンスイングでクラブが体から離れずインサイドからクラブを振り下ろせることを意味します。

 

このことから、回転軸を小さくすることでスイング軌道がインサイドから出やすくなり、スライスの出にくいスイング軌道を作ることができます。

 




 

トップ、ダフリなどのミスショットのリスクを下げる

 

コマ

 

AのコマとBのコマを比較してください。AのコマはBのコマより円の直径が長いことわかります。

 

この長さはウエイトの移動範囲になります。つまり長いほどウエイトの移動も大きくなり、両膝の移動が当然多くくなり、体の上下動が出やすくなります。

 

トップやダフリの主な原因は、スイング軌道の上下動が原因でボールの手前にヘッドを落としたり、ボールの頭を叩くことでおこります。

 

ウエイトの移動が小さい程、体の上下動が少なくクラブのスイング軌道も安定するのです。

 

トップ、ダフリの原因はテークバック、バックスイングで背骨の回転軸が体のセンターより右の倒れることで、同時に腰の回転もウエイブすることになります。

 

つまり、トップ、ダフリの原因はスイング中腰が上下動することで起こるのです。

 

回転軸を安定させることで、腰の回転もフラットに行えます。

 

下の連続写真でも腰の高さが、スイング中全く動いていないことがわかります。

 

 

ミート率が向上・飛距離や方向性が安定・短尺ドラーバーはこちらを参照

 

簡単にシンプルに回転軸を作る

 

コンパクトな回転軸をつくる方法について

 

回転軸は体の使い方が正しくないと、効果の上がらない意味のないものになります。

 

でも、意外と簡単に行えるので、特にこれからゴルフを始める初心者や上達に頭打ちの方には是非一度試してください。

 

まず、ご自身で安定してアドレスをとれるスタンスを決めてください。このスタンスの幅は回転軸の大きさに関係してきますから、必要以上に大きく取らないことをお勧めします。

 

次に回転軸のポジションを体のどの位置かを明確に自覚することです。

 

回転軸は体の前でなく体の後ろの背骨になります。そこで前傾姿勢をとるとき、この背骨を曲げずまっすく伸ばして行うことが重要です。
背骨は体の前でなく後ろにあることを強く意識する

 

つまり背骨の回転軸を中心に回転(テークバック)させると、回転軸である背骨の位置は動かず、体の幅分を右サイドに移動でき自然に体重移動もできます。

 

下の図を参考ににしてください。

 

回転軸
上の図から、左肩が回転しても回転軸の背骨は後ろから、飛行方向に向いただけで、位置が変わらないことが分かります。

 

 

テークバックを意識的に行う体重移動は、回転と腕のタイミングが難しく、軸は右側に倒れるリスクもあり、上記のように無意識に行う自然な体重移動が理想になります。

 

テークバックの仕方の方法は背骨を動かさず左肩と腕をワンピースにして、左肩を右ひざの上または、右腰あたりに置くように平行に回転させます。

 

回転軸
参照:グーグルとその情報提供者

 

この時のポイントは下半身をあまり使わず、上半身で行うことが重要です。

 

そのためにもスイング中に起こる強力な遠心力に耐える、股関節を中心とした土台の安定が必要です。

 

その安定した土台の上でや、重心を落下させた力でスイングした際に降りかかってくる巨大な遠心力に耐えられる背筋やスクワットの瞬間的な筋力が必要ということになります。

 

強く回転出来るだけの体幹の捻転力は、下半身を使うテークバック(ドアースイング)では十分行えなくなりますから注意してください。

 

 

ボールバーナ

お買い得各メーカラウンドボールはこちらから参照!

 

練習機

ゴルフ練習機の一覧はこちらからご覧ください

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 


 

golf5sumersale

 

 

ゴルフクラブ

 

メンズクラブ

レディースクラブ

キッズ・ジュニア―用クラブ

クラブ用パーツ・シャフト



ウエアー

 

メンズウエア―

レディーウエアー

キッズ・ジュニア用ウエアー

 

シューズ

 

メンズシューズ

レディーシューズ

キッズ・ジュニア用シューズ

シューズ用アクセサリー


バッグ・グローブ・ボール・その他

のアイテム

グローブ

バッグ・ケース

ヘッドカバー

ラウンド用ボール

トレーニング用具

ラウンド用品・小物

コンペ用品

その他


人気の新作クラブ・シューズ・ウェア・バッグ・グローブ・ボール・ゴルフナビなどが大集合!レディース・メンズ・子供用も品数豊富に取り揃え。口コミ・ランキング・各種特集ページから簡単にお選びいただけます。





ゼクシオ

スリクソン

ブリジストン

ミズノ

テーラーメイド

タイトリスト

ヤマハ

キャロウェイ

コブラ

ホンマ

ヨネックス

オデッセイ

アダムス

ピン

オノフ

ロイヤルC

クリーブランド

マルマン

リンクス

ドライバー

フェアウエー

ユーィテリテ

アイアンセット

セットクラブ

単品アイアン

単品ウエッジ

パター

中古クラブ

シューズ

バック

Mウエアー

Lウエアー

ボール

グローブ

ヘッドカバー

盛暑・UV対策

防寒小物

グリップメンテナンス

ゴルフ練習機

ラウンド用小物

日傘


OUTLET

ブランド一覧



 

 

 

 

トップページに戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

シューズ特価




サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページに戻る シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み ゴルフ場予約サイト