方向性を安定させたい

ゴルフの悩み・方向性を安定させたい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はじめに
方向性が安定しな原因は、道具つまり自分にクラブが合っているかどうか、スイングに原因があるのかどうかになります。
そこで、まずクラブに焦点を絞り解説していきます。

 

 

方向性を安定させるシャフト

 

方向性が安定しない原因には、スイングによる場合とクラブが合わない場合で起こります。

 

特に、クラブが合わないことで起こる方向性が安定しない場合、真っすぐ打つためのアドレスやスタンスを取っていても、合わないクラブでは間違ったスイングになりスランプに陥りやすくなります。

 

このような場合、ヘッドスピードに見合うシャフトの硬さ、重さに変えることで解決する方法です。

 

一方、スイングが原因の場合、球筋が安定しない原因を把握し、矯正することで意外と問題解決は容易におこなえます。

 

ビッグヘッド

ドライバー大型ヘッド・高反発クラブはこちらを参照!

 

シャフトが合わないことで起こる球筋の不安定

 

右下のグラフはシャフトの硬さを表したグラグで、縦軸はシャフトの硬さを振動数(cpm)で表現、上にいくほどシャフトが硬くなります。横軸はクラブの長さを表し、右にいく程シャフトが長くなります。グラフの中の青の太いラインはシャフトが短くなるほど硬くなりますが、シャフトの硬さの絶対硬度の値で、このブルーのラインは各番手で同じフィーリングでスイングできるシャフトの硬さ(cpm)になります。

 

CPMグラフ

シャフトが硬すぎたり、柔らかすぎたりした場合、方向性が不安定になる要因になります。これはシャフトの硬さの違いからインパクト時のタイミングが合わないことでインパクト時のフェース角が変わるからです。

 

図ののマークはヘッドスピードに比べてシャフトが硬いドライバーの値でインパクトのタイミング早くなりスライスやヒッカケが出やすく、逆にのマークはヘッドスピードに比べてシャフトが軟らかいことでインパクトのタイミングが遅くなりフックやスライスが出やすくなります。

 

これを実際のデータで説明すれば以下の数値になります。

 

計算方法は以下になります
1分間で240回振動するわけですから1回の振動時間は
60秒÷240cpm=0.25秒
インパクトは上の波形から4分1になります
0.25秒÷1/4=0.0625秒
結果、240cpmのインパクト時間0.0625秒です。
上の式で260cpmシャフトにインパクトは0.057秒です。

シャフトの硬さ

シャフト復元時間

タイミング

適合度合

240cpm

0.0625秒

遅い

フェース閉じる

250cpm

0.06秒

260cpm

0.057秒

速い

フェース開く

 

 

上の表から、適合シャフト硬さが250cpmを基準とした場合、シャフトのタイミング速い場合はインパクトでフェースが開きスライス、シャフトのタイミングが遅くなりインパクトでフェースが閉じる状態にでフックボールがでてしまうのです。

 

このように、方向性の安定にはインパクトでフェースが正しく戻ることが、絶対条件と言えます。
ヘッドスピードと波長

 

次にタイミングを波長で見ると以下の状態になります。

 

シャフトが硬い場合、シャフトのシナリ復元を波長に置き換えると波長の速度が速く、ヘッドスピードの波長の速さ(シャフトの復元速度)についていけず、シャフトの最下点が早過ぎヘッドの遅れでフェースが開いた状態でボールを捕らえることでスライス系の球になります。

 

その原因は、シャフトのシナリの復元(シャフトの最下点)がボールの当たる直前で終わる為、フェースが開いてインパクトを迎えることや、ボールの衝撃でフェースが開く場合で球の捉まりが悪く、球をこする事でスライスが起こります。

 

また、硬めのシャフトは同時にトルクの値が小さくlなり、インパクト時のヘッドの返りもよくなく、球の捕まりが悪くやはりスライス系の球になります。

 

極端に方向性の不安定なゴルファーには、硬めのシャフトを使うことでフェースの開閉範囲が少ないため、方向性を安定する事もできますが、過度の硬さはシャフトのシナリを使えず、クラブ重量も重くなることでヘッドヘッドスピードも減速して大きな飛距離ロスのリスクがあります。

 

逆にヘッドスピードに比べ軟らかい場合、シャフトの最下点がボールを打った直後(タイミングが遅い)に迎えることで、フェースがカブる状態のインパクトでフックやチーピンが出やすくなります。

 

また、軟らかいシャフトの場合、振動数の波長で波高が高くなり、ダウンスイングでヘッドの開閉範囲が大きくなり、インパクトではフェースが暴れるため方向性が不安定になります。

 

シャフトのシナリの復元がインパクトに合わないとタイミングも取りずらい、方向性も安定しなくなります。

 

シャフトの最下点はシャフトのシナリの方向が反転する地点でシャフトが最もエネルギーを放出できるタイミングです。

 

 

 

シャフトのタイミングから方向性を解説

 

下の表は波長をタイミングの時間で表しています。

 

青が自分に合うクラブで方向性が安定するタイミング
赤はタイミングが速い・緑はタイミングが遅い

 

シャフトの硬さ

シャフト復元時間

タイミング

適合

緑 240cpm

0.0625秒

遅い

×

青 250cpm

0.06秒

赤 260cpm

0.057秒

速い

×

上のグラフのシャフト復元時間から、青、赤、緑の各シャフトのインパクトの時間帯が異なりがはっきりわかります。

 

この数値から、赤はシャフトのタイミングが速くフェースが開いてインパクトし、緑は逆にシャフトのタイミングが遅くフェースが閉じるインパクトを迎えます。

 

このタイミングの違いから、インパクトでフェースが正しくインフェーズ出来ず方向性が不安定になるのです。

 

 

 

悩みに戻る

 

 

 

 

方向性の安定はクラブ調和

 

 

 

 

 

【必見!】ゴルフグラブ・ボール・ウエア・アクセサリ特集

 

方向安定にはクラブ番手調和の重要性

 

 

アイアンセットの場合、各番手のシャフトの硬さの違いで方向性が不安定になります

 

アイアンで各番手ごとに方向が安定しない場合、大抵のゴルファーはアイアンシャフトのスペックがRであればすべて同じRの硬さと勘違いしているのです。

 

各番手が全く同じ硬さで統一されているとはかぎりません。「プロ、上級者の使用アイアンクラブは振動数対応シャフトで各番手のシャフトの硬さは統一されています」

 

これは、各番手のシャフトの硬さの違いで、インパクト時のライ角やロフト角が不統一になり、普段通りのスイングを行っても、安定した打球を打つことが出来なくなります。

 

特に、アイアンのライ角度は方向性を決定する重要部分で、シャフトの硬さの違いで起こるフラット、アップライトになる事は方向性が安定しなくなります。

 

以下の表は実際同じスペックのシャフトで、シャフトの硬さを測定したデータです。
振動数グラフ
ブルーのラインに沿って白い折れ線グラフが、アイアンの硬さの実測値でばらつきがあることが分かります。

 

また、このばらつきはライ角度の統一にも影響を及ぼすことになります。

 

ライ角は方向性を決める重要なファクターで、アイアンのシャフトの振動数が統一されているにもかかわらず方向性が不安定な場合、各番手ごとのライ角度に狂いがあると考えられますので、ライ角の調整を行ってください。

 

逆に、ライ角度が統一されているにも関わらず、打球が不安定な場合は、各番手のシャフトの硬さが統一されていない可能性があります。振動数のチェックを行ってください。

 

たとえば、自分のスイングスピードに比べてシャフトが硬い場合は、インパクト時のフェースは開き、ロフトは基準より寝ることになります。

 

逆に、シャフトが軟らかい場合は、インパクト時のフェースはカブり、ロフトは立つことにないます。

 

 

 

更に番手通りの距離感が狂う原因にもなります。

 

 

ウッドセットとアイアンセットの調和(振動数が合ってない)がとれていないとラウンド中にドライバーが調子良く、アイアンの調子が悪い事や、逆にドライバーの調子が悪く、アイアンが調子のよい場合おこります。

 

この様な場合は、ウッドかアイアンのどちらかに振動数を調和させることで改善できます。

 

方向性を安定させるには、インパクトでボールに対してクラブフェースを直角に当てることです。フェースが開いたり閉じたりしてインパクトすればボールに左右のどちらかに曲がるのは当たり前で、フェースがインフェーズ出来るヘッドスピードとシャフト(cpm)の一致が一番の解決策です。また、クラブセットはウッド、アイアンの調和が大切です。
ラウンドではウッドとアイアンの両方を使用することから、クラブセットはウッド、アイアンの調和がとても大切になるのです。

 

シャフトによる方向安定のための調整

球筋 シャフト硬度 シャフト重量 トルク
スライスサー 柔らかく 軽く 大きい
フックカアー 硬く 重く 少ない

 

シャフトの硬さの調和は次の方程式で求める事ができます、

 

シャフトの硬さの調和は、振動数管理でおこないます。

 

例)

 

45インチでシャフト硬さが260cpmの場合、37インチの7アイアンの場合以下の計算で求めます。

 

45インチ×260cpm=11700(絶対硬度) この絶対硬度から37インチのcpmを求めるには、
11700÷37インチ=316cpm になり、ドライバーに合う7アイアンは316cpmの硬さのシャフトになります。

 

 

重さの調和は以下の表になります。

45インチドライバー

38インチアイアン

1wと5Iの重量差

270g

353g

83g

280g

368g

88g

290g

383g

93g

300g

398g

98g

310g

413g

103g

320g

428g

108g

 

上の表から、ウッドの重量率は0.5インチ刻みで約5~7g増、アイアンの重量は0.5インチ刻みで約6~8g増加していきます。

 

この増加は、ヘッド重量のみ増加で、シャフト、グリップの重さは変化ないことです。また、この増加は短くなるほど比例して増加していきます。

 

この重量増はクラブの長さが短くなればバランスが軽くなる分の増加で、バランスの統一をする目的で増えるのです。

 

そのことから、重量フローはすべてのクラブバランスの統一と言えます。

 

ウェッジの重量フロー

 

ウエッジは他のクラブと重量に関しては、別物と考えてください。

 

ウエッジを使用はアプローチやバンカーショットが中心になります。

 

その使用目的に合わせ、ヘッドの製造構造は広いソールやバンスを持った設計になり、ヘッド重量は他のアイアンに比べ極端に重く設計されています。

 

特に、深いラフやバンカーショットでは、インパクでの衝撃が大きく、インパクトでヘッドを安定させるためです。

 

サンドウエッジの場合、当然ヘッド重量と共にシャフトも10g前後重くクラブ全体を重くするのが一般的です。

 

スイング面でも、ウエッジはフルスイングするクラブでないことです。つまり重いクラブでもスイングに影響しないからです。

 

そのことから、ウェッジはアイアン重量の基準線上で約10g~15g程度の重めを選びことをお勧めします。

 

 

 

ウエッジが苦手なゴルファーに商品紹介

 

クリーブランド


フォンティーン


リンクス・ボンバルジー

 

 

重量フォローシャー ト/></p>
<p> </p>
<p> </p>
<p>ウッドはアイアンに比べて0,5インチで4gになる事で、重量フローチャートのラインの傾斜はアイアンに比べ緩やかになります。</p>
<p> </p>
<p>一方、アイアンはドライバーを起点に、0・5インチごとに7g増えて行くことでウッドに比べ、傾斜は強くなります。</p>
<p> </p>
<p> </p>
<p> </p>
<p> </p>
<p>■ 関連記事</p>
<p> </p>
<p><span style=

 

 

こちらから詳しい主要シャフトメーカ・スペックの資料が御覧いただけます

 

 

 

 

 

マーク

 

 

 

 

スイングで方向性を安定

 

 


今がおススメ・旬のキャンペーン特集



 

 

スイングで方向性を改善する方法

 

方向性の安定は飛距離アップと共にすべてのプロ、アマチュアゴルファーの永遠の課題です。

 

それほど、方向性の安定は難易度の高い技術が求められます。

 

これは、インパクトでスイング軌道がストレート、フェース向きが飛行方向に対して正面を向く、ヘッドの芯でボールを捕まえるなど、一般ゴルファーには難易度の高い技術を求められます。

 

方向を安定させる方法として、ボールを真っすぐ打つことに、こだわるだけでなく、自分の球筋がフック系かスライス系を、持ち球として戦略を立てることも重要です。

 

しかし、直進性の高い球筋で方向性を安定させることは、ゴルファーが最も求める球筋であることに間違いありません。

 

直進性の高い球を打つには、いくつかのポイントがありますが、ともかく、インパクトでボールの前後10cm程度を真っすぐ打つことを強く意識してください。このイメージでスイングすることもインパクトをストレートに振りやすくなります。

 

クラブシャフトの影響を除いて、方向安定のスイングでの改善は、まずアドレスで無駄な力を抜いてアドレスを安定させ、スイングの回転軸を安定させて行うことです。

 

余分な力を入れてスイングすると、アウトサイドのクラブ軌道になりスイング中に体の回転軸が移動しやすく不安定な状態でインパクトします。これでは、方向が安定するはずがありません。

 

インパクトでボールを打つ瞬間、フェースをボールに直角に保ち、真っすぐ走らせることです。

 

そのためには、スイング中の無駄な体の左右、上下移動は極力避けなけらばなりません。

 

それには、スイングの軸(背骨のあたり)の移動を小さくして、中心の回転軸を小さくすることです。つまり、自分のスイングワークを80%程度に抑えることです。

 

アドレスでは過度の前傾姿勢はとりません。テイークバックで下半身を安定させ左右、上下の無駄な体の移動は厳禁前傾姿勢をキープして行って下さい。テイークバックはゆっくり右サイドに体重移動を行いトップまで力を抜いて行ってください。

 

この時の体重移動は意識して行わないことが重要で、上半身の回転で自然にウエイト移動ができます。【左肩を右足膝の上の乗せるように回転する】

 

 


フェアウェイゴルフは1991年にアメリカ・カリフォルニア州の サンディエゴにオープンいたしました。

今はカリフォルニアに 2店舗とインターネットを通じて最高のゴルフクラブ・ 情報をお届けしています

 

 

正しい体重移動の仕方を参照してください

 

アドレスからテークバックを開始、右足延線上のあたりまでクラブをまっすぐ引いてください。

 

クラブを30cm程度真っすぐ引くことで、体が起き上がらずスイング軸の上下動を防止できます。
(最低、クラブヘッドを右足つま先程度の位置まで)

 

左肩、左腕、クラブを一体化させテークバックすれば、クラブを真っすぐ引いてもクラブは自然と内側に回転でき、スイング軸の左右の移動も防止できます。

 

右腰の位置でのシャフトは、飛行線の方向に平行になり、グラブフェース面が少しカブル状態が正しヘッドフェースの向きになります。

 

トップスイングまでの移行は、この状態で右腕の肘を内側に折りながら、右手首を右肘の方向にコックさせながら左腕、クラブで肩を90度近くまで回転してください。

 

テークバック、バックスイングでは、背中の回転軸の位置をキープしたまま回転軸が飛行方向に正面に向くよう回転することです。

 

 

方向性の安定性は、スイング軌道の上下動、左右移動の少ないスイング軌道を行うことで、これは回転軸を安定させたコンパクトなスイングです。

 

これで、体の幅分右に移動したことになり、ウエイトも自然に右サイドに移動できます。

 

下のイラストが背中の回転軸が飛行方向に移動した解説図になります。

 

 

トップスイングからダウンスイングに入る瞬間はすぐに切り返えさず、少し間を取るイメージで、ダウンスイングはトップでできた捻転を、下から(膝、腰、肩の順番)ほどく運動連鎖のイメージで行うことです。

 

ダウンスイングで腰と肩の回転差が大きいほどタメを効果的に行え、安定したスイングで方向性が安定します。これは、ダウンスイングで腰のリードで時間差をつけてクラブを下すことがポイントです。

 

また、回転軸を小さく使うためのも、トップで作ったコックをできるだけ、ダウンスイングで維持するレートヒッテングを心がけてください。

 

この状態は、ヘッドフェースの角度は正しく保たれ、インパクトでボールに対してフェースが直角にインフェーズできます。

 

最大のポイントは、ボールを打った後、クラブフェースを真っすぐ飛行方向に出すことです。フォロースルを低く飛行方向のラインにクラブを振り抜くことです。

 

低くヘッドをラインに出していきますが、インパクト後は自然と体は回転を起こしますから、インパクト後、クラブは左脇を絞めた状態で左サイドに振り抜くことになります。

 

これが、スイングによる、方向性の安定に向けたスイングの仕方です。

 

チエックマーク

コンパクトでシンプルにスイングするイメージで行ってください。コンパクトなスイングでクラブを体から離さず(両脇を空けず)スイングする事も重要です。

 

テークバック、インパクト、フォロースルーを体の正面でクラブを振れるようにすることです。

 

 

方向性の向上にはクラブを短く持つ

 

方向性の安定には、グリップエンドを少し余して、クラブを握ることです。

 

クラブを短く持つことで、スイングワークを小さくでき、スイングの再現性が向上します。

 

また、短くクラブを短く持つことで、シャフトの硬さも若干硬くなり、フェースの開閉が小さくでき、方向の安定に繋がります。

 

さらに、グリップを短く持つことで、アドレスで精神的にもプレッシャーが軽減でき、逆にヘッドスピードが上がる場合もあります。

 

グリップを余す

グーグルとその情報提供者

 

現状、ツアープロの多くもグリップ一杯にして持たず、少しエンドを余してスイングしています。
グリップを短く持つことで、インパクトで手首をコントロールでき、方向を安定できるからです。

 

 


【短尺高反発ドライバー】 リンクス ゴルフ パララックス VS ドライバー オリジナル 短尺 専用カーボンシャフト Lynx PARALLAX 非適合

 

 

 

 

注意点:手でクラブを上げると、クラブが体の正面から離れ、クラブが寝てしまいフェースが開いてしまいます。これではインパクトでフェースを正しく戻せなくなります。

 

 



 

 

方向性の向上のためのドリル

 

ティーアップしたボールの10~15cm程度先に別のティーをアップし、そのティーを打つようにヘッドを長く使うことです。これはフォロースルを長く取る事を意味します。

高弾道に打てるアドレス

ゴルフ練習場ではボールの先にコインを置いて行うようにしてください。

 

さらに、アドレスでクラブヘッドをボールから少し後ろに置くことでインパクトゾーンを長くできウエイト移動もスムースにおこなえます。一度試す価値はありまよ。

 

日常の練習にも、ひと工夫することで方向性の安定につまがります。
練習場では、同じクラブで続けて多くの球を打たず、コースの実践どおり順で10球程度のボールを打つことです。このことは、番手ごとに安定したアドレスのバランス感覚を養いことができます。

 

 

 

 

ミート率が向上・飛距離や方向性が安定・短尺ドラーバーはこちらを参照

 

 

 

練習機

ゴルフ練習機の一覧はこちらからご覧ください

 

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 


 

 

 

 

マーク

 

 

 

 

 

ゴルフクラブ

 

メンズクラブ

レディースクラブ

キッズ・ジュニア―用クラブ

クラブ用パーツ・シャフト



ウエアー

 

メンズウエア―

レディーウエアー

キッズ・ジュニア用ウエアー

 

シューズ

 

メンズシューズ

レディーシューズ

キッズ・ジュニア用シューズ

シューズ用アクセサリー


バッグ・グローブ・ボール・その他

のアイテム

グローブ

バッグ・ケース

ヘッドカバー

ラウンド用ボール

トレーニング用具

ラウンド用品・小物

コンペ用品

その他


人気の新作クラブ・シューズ・ウェア・バッグ・グローブ・ボール・ゴルフナビなどが大集合!レディース・メンズ・子供用も品数豊富に取り揃え。口コミ・ランキング・各種特集ページから簡単にお選びいただけます。





ゼクシオ

スリクソン

ブリジストン

ミズノ

テーラーメイド

タイトリスト

ヤマハ

キャロウェイ

コブラ

ホンマ

ヨネックス

オデッセイ

アダムス

ピン

オノフ

ロイヤルC

クリーブランド

マルマン

リンクス

ドライバー

フェアウエー

ユーィテリテ

アイアンセット

セットクラブ

単品アイアン

単品ウエッジ

パター

中古クラブ

シューズ

バック

Mウエアー

Lウエアー

ボール

グローブ

ヘッドカバー

盛暑・UV対策

防寒小物

グリップメンテナンス

ゴルフ練習機

ラウンド用小物

日傘


OUTLET

ブランド一覧



 

 

 



 

 

悩みのQ&Aに戻る

関連ページ

クラブが先か?スイングが先か?
ゴルフクラブは、スイングと切り離して考えることは不可能です。 常にスイングとの関連で考えなければなりません。 ここでいつも問題になるのが、クラブが先か?スイングが先か?の話です。つまりクラブが先にあってそれに応じたスイング理論を考えるのか、逆にスイング理論に基すいてクラブを考えるのか、と言うことです。
朝一ショットがいつもスライスする
ラウンドの1番最初のショットは、誰でも緊張する場面です。 ティ―グラウンドに立てば、いつもの失敗事を考え、自然と体が硬直して納得のいくスイングが出来ず、ミスショットしていまうのです。 どうして、スライスが出るのか、原因をいくつか考えてみると、無駄な力みで、体の回転が不十分、 フェースが開いてインパクトしている、メンタルでマイナス思考になっている、などではないでしょうか。
アドレスでボールの位置
ゴルフボールの置く位置の定義はありませんが、ここではゴルフ理論から理想のボール位置について解説していきます。 ボールの置く位置をスイング軌道から、大まかに分類して3通りが考えられます。
アドレスで体とボールの間隔は
アドレスで体とボールの間隔は正確にボールを打つ必須条件の一つです。 体とボールの間隔は広すぎると、インパクトでボールの距離が遠くなり、当然両脇が空きミートがしずらくなります。近すぎても、ダウンスイングでクラブの通り道がなくなり、ネックに当たりやすく、窮屈なスイングになります。
自分に合う適正なスタンス幅は
スタンスはスイングの回転軸の土台で、飛距離に大きく関係してきます。 一般ゴルファーの多くは、体の回転量が少なく手打ちになる傾向が強いため、スタンス幅が広いより、狭いほうが体が回転がしやすくなり、バランスを崩さずスイングできます。
スイングで力を抜く方法は
スイングの力みは、腕やグリップに必要以上に力を入れることです。 アドレスで力を抜くことは、パーツで捉えるのでなく、体の全体で捉える必要があります。 手でクラブを上げず、体を使うことで腕や手に力みが入らないのです。
スイングテンポは速い方、遅い方が良いのか?
スイングのテンポはインパクトのタイミングを取る上で重要な要素になります。
手でクラブ上げる癖が直らない
テークバックでクラブを手であげてしまい、その結果、腕、クラブだけがトップまで先に到達し、左肩の回転が浅くなり正しい深いトップスイングがでなくなります。これはスライスの原因になり百害あって一利なしです。 このようなゴルファーの特徴は、左腕もシャフトの一部である認識が足りないからです。 手首を曲げてのバックスイングはトップの位置が定まらず、オーバースイングの原因になりますり、百害あって一利なしといえます。
アウトサイドインのスイングを直したい
目標のラインに対して外からクラブが下りてしまうアウトサイドの最も多いケースが、肩のラインが開いてしまうことにあります。 アウトサイドの軌道修正には正しいアドレスが最重要課題でその為の方法を解説します。
トップの手首の折れが直らない
トップスイングで左手首が折れると、スイング軌道が小さくなり、ヘッドスピードを上げることを妨害すらばかりか、フェースがカブルことからスライスが出やすくなります。正しいトップスイングを作る必要があります。
トップスイングの切り返しが分からない
トップスイングはバックスイングからダウンスイングの切り返しでクラブが反転する時間帯です。 この反転で間をとることで、インパクトの成否に大きく影響してきます。 その間の取り方について解説していきます。
スイングでシャフトのタメを作りたい
スイングでシャフトのタメを作るには、シャフトとスイングの両面から考える必要があります。 シャフトの特性、特にシャフトの硬さやキックポイントでタメをつくる方法と、スイング特に体の使い方で腕にシナリを作ることが本当のタメを作ることになります。
体と腕の一体感が出来ない
ゴルフスイングは体と腕が連動していてこそ、ワンピースにスイングできることになります。 そのためには、まずバランスの取れたいい構えをすることです。 このバランスの取れた、いい構えは力まず肩の回転で始動でき、ボールとの距離感を安定させ、構えた位置に自然とヘッドを下すことのできるスイングです。
ヘッドアップを直したい
ヘッドアップの矯正は、頭を上げるなとかボールから目を離すなと言う単純な問題でなく、もっと重要なことは、スイング中の体の上下、左右の移動をなくすことです。つまりスイング中の回転軸の安定が重要になります。
練習場で打てるがコースで打てない
初心者の多くの方が、実際コースでは練習場の様に打てなく、ミスの繰り返しを経験された方が、多くおられます。 それは、経験不足と考えるのは、余り賛成できません。何故なら、練習場で球を打つことと、コースで球を実際打つことに大きな違いがあるからです
ドライバーのシャフト交換をどのように?
ドライバーのシャフト交換する場合、新商品が出たからとか、仲間の使っているシャフトが良く飛ぶとかでなく、シャフト交換する目的をシッカリ決め、使用クラブ情報を元に選ぶのが間違いのないシャフト交換になります。
深いトップの捻転の作り方
トップスイングの捻転は下半身と上半身のネジレを作ることが捻転になります。この捻転はスイングスピードを高め、ボールを遠くに飛ばす原動力になります。
左肩が十分回らない
プロ、アマ問わず、すべてのゴルファーにはそれぞれの悩みがあります。ここでは、初心者、中級者に比較的多い悩みの解決方法と原因について記事にしています。す。
トップで右脇が開いてしまう
トップで右脇が開けば、ダウンスイングでクラブ軌道はアウトサイドインになり、インパクトではヘッドスピードが余りでず、ボールをカット打ちしてしまいます。そこでその原因と改善方法について解説。
トップで背中が反り返る
アドレスで体の軸は背骨になります。 この背骨はスイングの軸になり、スイング中安定している事がヘッドスピードを速め、スイング軌道を正しく導くためには必要不可欠になります。トップの反り返りはスイング軸が左右、上下に動き、スイング軌道を不安定にし、ミスショットを誘発します。
球筋を高弾道にしたい
飛距離アップや安定したショットを打つにはゴルフ理論を理解することが重要です。 クラブやスイングの物理的、科学的根拠を学習することで、無意味な練習や無駄なクラブ選択での時間浪費をなくし、効率良く飛距離アップや方向の安定を習得できます。
球筋を低弾道にしたい
ゴルフで低弾道のボールは、風の強い日や、ボールを曲げたくないコースではスコアーに大きく貢献できます。高弾道で風に負けて飛距離を大きくロスしたり、ボールが風で大きく持っていかれOBや2打目が打ちにくいポジションにボールを打ち込めば、ティーショットが致命的なミスに繋がります。 低弾道のボールを打つには、ボールのスピン量を減らすことです。
ドライバーで球が上がらない
ドライバーで球の上がらない原因の多くがアドレスのボールの位置やクラブの構え方に問題があります。ドライバーのスイングの基本はアッパースイング軌道が基本で、インパクトはヘッドが上向きの状態でボールを捕まえる必要があります。
ドライバーはうまく打てるがアイアンが上手く打てない
ドライバーで250y飛ばせたのに、残りアイアンでグリーンを直接狙うがミスショットで、結果ダブルボギーてよくありますよね・・ もちろん、乗せようと力みからミスショットが出やすくなりますが、それとは別のところにも問題があるのです。それはスイングプレートが原因ととクラブ重量のアンマッチで起こるのです。
ドライバーのテンプラで悩む
ウッド系のスイング軌道は原則レベルかアッパースイングが基本です。 Aのようにティーアップが高すぎた場合、ダウンブローに打ち込めば、ヘッドはボールに対して入射角度が鋭角になり、ヘッドがボールの下部に入り込み、クラウン部分(ヘッドの背中)ボールをインパクトしてテンプラになります。
ドライバーで球が吹きあがる
プロ、アマ問わず、すべてのゴルファーにはそれぞれの悩みがあります。ここでは、初心者、中級者に比較的多い悩みの解決方法と原因について記事にしています。す。
ドライバ―で球が左右に曲がりる
ドライバ―はクラブの中で、唯一飛距離を最も出せるクラブですが、方向性が安定せず左右にボールが散ってしまっては、スコアーメイクに苦労してしまいす。ボールが左右に散るのは、インパクトでフェース面がボールに正面衝突できず、角度をもってインパクトしているからです。その原因と修正方法について解説します。
左腕リードのスイングがわからない
ゴルフスイングの理想を追求すれば、スイング軌道がインサイドからボールを取らえることに要約されます。そのインサイドのスイング軌道はトップから左腕の使い方できまります。 その左腕を使うポイントを記事にしてみました。
左腕の一体感はどうして作る
正確に芯でボールを捕えるには、インパクトで左腕とクラブに一体感が出来ていないと、いろいろのミスショットに繋がる確率が非常に高くなります。 また、この一体感がないと、無駄な所に力が入り、シンプルなスイングを行うための、リズムが出来なくなります。
テークバックで左腕が折れたり曲がる
テークバックで左腕が折れたり曲がる原因はテークバックで手首を使い手でクラブを上げるだけで、体の回転が止まってしまって、左肘を折らないと腕の回転が行えなくなるからです。 左肩を右ひざの上に来るように、左腕を折らずにゆっくりテークバックし、バックスイングを大きく取る事で体全体でネジレを十分に作ることができます。
テークバックでコックの作り方が分からない
ゴルフスイングのテークバックは、アドレスで静止した体を最初に始動させる最も重要動作になります。 動きの止まった状態から、動き始める時、必ず力が入るのは当然といえます。この動きを正しく行うことで理想のコックを作るポイントになります。
ドライバーが振り遅れる
ドライバーの振り遅れは、インパクトでフェースが開くことです、その原因はダウンスイングで上体の各部位のリズムが同調していない事で起こります。 この部位のアンバランスは、インパクト時点で左肩は開き、腕が体の中心から大きく離れ、その為、フェースが開きタメが出来ない事で振り遅れになるのです。
長尺クラブを上手く打ちたい
長尺クラブはシャフトが長くなる分、最も効果的に手っ取り早くヘッドスピードを上げ、飛距離を伸ばすことができます。 長さと運動量の増加率は45インチを46インチにすることで46/45=1.022で約2.2%の増加になります。
左サイドに壁を作りたい
スイングで左サイドに壁を作ることが、飛距離アップに繋がる事は間違いありません。 よくダウンスイングで左サイドに体を流すなと言うことを聞かれた方も多いと思われます。この体を流さない事が壁を作る上で大切な要素になる訳ですが、今一、実感として、左に壁を作るイメージがはっきりしないの一般ゴルファーの実情ではないでしょうか。
正しい体重移動の方法
飛距離が出ないゴルファーの共通の原因は「体重移動の不足」や「体重移動のタイミングの悪さ」があげられます。 体重移動は捻転で自然と行い、意識しての体重移動はミスショットのリスクがまします。 むろん、この体重移動は下半身を安定させてアドレスからフィニッシュまで、スイングの回転に合わせて行うわけですが、体の捻転を作る正しいスイングをすることが体重移動の基本になります
ドライバーショットが芯に当たらない
芯でボールを捕らえるには、スイング軌道がインサイドから、インパクトでストレートのクラブ軌道、インパクトでフェース向きが目標に直角に向いているなどの条件がそろってこそ芯でボールを捕まえることができます。 これらは、スイングの土台である、スイング軸が安定していないと芯でボールをインパクトできないのです。
フィニッシュをきれいに決めたい
アマチュアゴルファーの多くはフィニッシュを大切に考えていない傾向があります。 フィニッシュはスイングプレートの完結を意味しており、正しいスイングを行った結果として現われるだけでなく、フォロースルーの後のヘッドの加速を行う大切な要素です。
ヘッドスピードを上げて飛距離をもっと伸したい
ヘッドスピードとシャフトの硬さの一致させると、ミート効率が向上、ボールの初速が上がり、飛距離を伸ばすことができます。またインパクト時のボールの捉える時間も長くなり、ボールのバネ効果が大きく働き飛距離を伸ばし、安定した方向性の球を打つことができるのです。
ボール初速は速いが飛ばない
ボール初速が早いのに、ボールが飛ばない原因は、ボール初速を生かすだけの、適正打ち出し角度、適正スピン量、アッパースイング軌道になります。
インパクトでもっとヘッドを走らせたい
ヘッドだけを走らすポイントは、インパクトでは腕の力を抜くことです。つまりグリップスピードを落とすことで、ヘッドスピードが上がり、ヘッドの慣性モーメントが大きくなりヘッドの抜けが加速するのです。
距離の長いミドルホールのティ―ショット
長いミドルホールのティ―ショットは飛ばそうと力む余り、球を曲げてしまうゴルファーが多いのではないでしょうか。 飛距離より方向性重視でグリーンの花道を狙えるポジションにボールを打つことが、大たたきをせず攻略できる唯一の方法で、そのためのティ―ショットは力ます方向重視で打ってください。
ドローボールがフェードボールより飛ぶ?
ボールの球筋には、ストレート、ドロー、フェードボールの3種類に分類でき、ドローやフェードの中でも曲がりが大きいボールをフック、スライスに分けることができます。 そこで、ドローボールが一番飛距離が出るのは、ボールの回転軸からでなく、意外とクラブとボールの関係にその要因があります。 ドローボールとフェードボールの初速を測定すると明らかにドローボールの方が初速の速いことがわかります。
ドライバーやフェアウエーウッドでテンプラが出る
打った瞬間にボールが高く上がってしまうテンプラのミスは、クラブヘッドが急激に上から入ることで、ヘッドフェースの最上部(クラウン部分)で打ってしまうのが原因です。 修正方法として、左への突っ込みやティアップの高さを修正することが挙げられます。
理想のドローボールを打ちたい
スイングでドローボールを打つコツは、スタンスをクローズスタンスに取り、スイング軌道をインサイドアウトでスイングすることです。ポイントはインパクトでのフェースコントロールになります。左にドッグレグしているコースででは、絶対に打ちたい球筋でスコアーメイクが楽になります。是非、ドローボールの打ち方をマスターしてください。
理想のフェードボールを打ちたい
プロ、アマ問わず、すべてのゴルファーにはそれぞれの悩みがあります。ここでは、初心者、中級者に比較的多い悩みの解決方法と原因について記事にしています。す。
ダウンスイングが上手くできない
ダウンスイングが上手く出来ないのは、原因があるから、結果上手くできないのです。バックスイングを手で行ったり、テークバックする体の回転と腕の回転速度がバラバラに行ったりすることで、ボールを正確にヒットするトップスイングが完成していないからです。
インパクトで体がスエ―する
ダウンスイングで体がスエ―する原因は、下半身より上体が早く始動する事でおこります。 そのいくつかを例に上げて、その原因と修正方法について解説します。
ドライバーでゴロがよくでる
初心者がドライバーで球が上がらず、ゴロのように低い弾道で悩んでいる方が多くおられます。 ゴロの弾道が出やすいばあい、スイングと使用クラブの両方に原因があります。 その原因と修正方法について解説します。
スライスに悩んでいる【ドライバ―】
ゴルファーの多くの方がスライスに悩んでいます。ドライバーのスライスは距離の低下や不安定な方向性になります。2打目の難易度が高くなるばかりか、ドライバーの爽快感が得られずストレスがたまります。スライスには原因がありスイング理論、シャフト理論で解決の方法を解説します。
フックを直したい
フックはスライスに比べ球を強くヒット出来た結果です。しかし大きく曲がるフックはリスクが大きく矯正する必要があります。クラブやスイングの物理的、科学的根拠を学習することで、効率よくフックの矯正方法を説明します。
ドライバーのチーピンで悩んでいる
ダックフックと呼ばれるこのチーピンは、緊張から力みで起こります。OBを打ってはいけないとか、距離を出さないと池を超えないとかで、体が動かないのに力を入れてスイングをするからです。
以前ほど飛ばなくなった【シニアゴルファー】
ある一定の年齢に達したり、病気やケガで体力が落ちると、今までの使用クラブでは飛距離が出なくなります。その時の対処方法を解説します。
ドラーバーであと30ヤード飛距離を伸ばしたい
ドライバーを後30y伸ばす方法には、シャフトとスイングの両面がら改善する方法です。 インパクトでボールの初速と飛び出し角度の改善です。さらに、スイング軸の安定でスイングスピードを上げる方法について解説していきます。
フォローの風でも飛距離が出ない
高い弾道の球を打つことです。低い弾道は打ちだし角度も低く、バックスピンも少な目になります。この場合、フォーロの風はボールの後ろから吹く風で、バックスピンと相殺関係にあり、バックスピン量が減り、空気抵抗の減少がおこります。結果、ボールは最高到達点に届く前に失速する事になり飛距離がでなくなります。
合わないクラブで練習
合わないクラブの使用ではどうなるのでしょうか。 多くゴルファーは自分に合っているかどうかわからず練習を積み重ねています。もし、正しいスイングをしてもアウトフェーズにしかならないクラブを使い練習すれば、スイングを矯正することより無理やりタイミングをあわせインフェーズにしようとしているのです。
合うクラブ・シャフトがわからない
合うクラブやシャフトに出会う事は、ゴルフ上達の秘訣です。自分の体力や現状のスキルに合ったクラブは正しいスイングを作りゴルフをやさしくします。 その方法をスイングやシャフト面から解説します。 .
合うウエッジがわからない
プロ、アマ問わず、すべてのゴルファーにはそれぞれの悩みがあります。ここでは、初心者、中級者に比較的多い悩みの解決方法と原因について記事にしています。す。
トルクの選び方が分からない
プロ、アマ問わず、すべてのゴルファーにはそれぞれの悩みがあります。ここでは、初心者、中級者に比較的多い悩みの解決方法と原因について記事にしています。す。
ランニングアプローチを1ピンに寄せる打ち方
グリーンを外した場合、リカバリーの方法としてランニングアプローチがあります。 その時、ランニングアプローチを1パット以内に寄せることは、スコアーマイクに大きく繋がるとともに、その後、スイングのリズムも良くなり気分よく ラウンド出来るものです。 まず、最初をボールとピンまでの距離を確認、グリーンの傾き、芝目を入念に調べてください。 次に、ボールの止まっている地点からグリーンエッジまでとクリーンエッジからピンまでの距離を正確につかむことです。
フェアウエーが苦手である
フェアウエーウッドを苦手にするゴルファーの多くは 苦手意識が強い方にに見られます。そこで、フェアウエーウッドのスイングを物理的、科学的根拠を学習することで、無意味な練習や無駄なクラブ選択での時間浪費をなくし、効率良く飛距離アップや方向の安定を習得できます。
フェアウエーウッドでゴロやトップが出る
フェアウエーウッドでゴロが出る原因に、クラブの構造とスイングによる原因があり、その解決について解説していきます。
フェアウエーウッドで球が上がらない
フェアウエーウッドで球が上がらない原因はスイングとクラブの両面で検証する必要があります。 その両面から原因と問題の解決方法を解説して行きます。
フェアウエーウッドで球が曲がる
球が曲がるゴルファーの多くは、ボールを打とうする余り、手で鋭角にクラブを下すため、ダフる危険があり、フェース向きも不安定になり右や左に打ち出してしまうのです。
FW/UTのセッテング方法は
フェアウーウッドとユーテリティをどの様に組み合わせるかは、コースで結果を出す上で結構重要なポイントになります。そこでFW/UTを間違いなくセッテングする方法は、もちろん、コースで結果を出すことが優先することで、球筋やどの程度距離を打つのかで、クラブ選択において現在使用クラブメーカにこだわる必要はありません。
ユーティリティウッドで球が上がらない
ユーティリティウッドで球が上がらない原因は、ロフトを正しく使えていない結果で、スイング軌道とクラブからの原因と修正方法を解説します。
ユーティリティウッドでボールの頭を叩く
プロ、アマ問わず、すべてのゴルファーにはそれぞれの悩みがあります。ここでは、初心者、中級者に比較的多い悩みの解決方法と原因について記事にしています。す。
ユーティリティが苦手で上手くなる方法
ロングアイアンに比べてスイートスポットが広く、重心も深く設計出来る為、ボールも上げやすく、女性のゴルファーやパワーのない一般ゴルファーでも比較的に飛距離を稼ぐことができます。 ユーテリテが上手く打てないゴルファーのほとんどが手打ちで引っ掛けになります。 ダウンスイングでの回転軸を左サイドに壁をしっかり作り、極端な左サイドへの回転軸の動きは行わないことです。
フェアウェーバンカーでウッドの使い方
フェアウエーに捕まった場合、安全で確実に脱出できる方法。砂の上を滑らすクラブ選択が一番脱出の成功率が高くなります。
林の中からの脱出方法
ウッドクラブを少し短く持ち、フルショットは避け、スイングではフォロースルーを腰のあたりで止める程度に、小さく取ることが大切です。ウッドはソール幅が広く、インパクトでヘッドがグラウンドを滑り、低い強い球を打つことができ、ミスの確率が軽減できます。
アイアンが苦手である
アイアンショットはグリーン戦略に欠かせないファクターで正確な距離、正確なショットが要求されます。 アイアンのミスショットはスコア―アップに大きなリスクになります。アイアンのスイング軌道はアップライトでトップで貯めたパワーを下に解放する飛距離のでるアイアンショットを打つことができます。スイングの基本にはゴルフ理論を理解することが重要です。 クラブやスイングの物理的、科学的根拠を学習することで、無意味な練習や無駄なクラブ選択での時間浪費をなくし、効率良く飛距離アップや方向の安定を習得できます。
幅広アイアンの打ち方
プロ、アマ問わず、すべてのゴルファーにはそれぞれの悩みがあります。ここでは、初心者、中級者に比較的多い悩みの解決方法と原因について、又ドラーバー、アイアン、ウエッジの悩みについての記事にしています。
アイアンでスライスが出る
スライスはインパクトでフェースが開いてボールを捉えることです。 スライス防止はフェースの開きを押さえることで、クラブ、スイングなど、いろんな原因からおこります。 その問題点をクラブ、スイングから解説していきます。
アイアンでフックが出る
フックはインパクトでフェースが被ることが原因でおこります。フックもスライス同様、初心者から中級者が一度は悩む球筋で、ミスショットの一つに挙げることができます。むろんどのようなミスも原因があるから起こる現象で、その原因を追究することがフックボールの悩みを解決できるのです。 そこで、フックの原因は、クラブの不一致、スイングの両面から考える必要があります。
アイアンのフェースの合わせかたが分からない
正しいスイングを行っても、アドレスでアイアンヘッドのフェース面が目標に正しく行われていなければ、ボールを真っすぐ打つことはできません。フェースの合わせ方にはリーヂンエッジとトップブレードの合わせ方があり、自分の球筋により選ぶ方法です。
アイアンのトップの位置が分からない
プロ、アマ問わず、すべてのゴルファーにはそれぞれの悩みがあります。ここでは、初心者、中級者に比較的多い悩みの解決方法と原因について、又ドラーバー、アイアン、ウエッジの悩みについての記事にしています。
アイアンは少し重めのクラブ?
アイアンは少し重めのクラブを選ぶ理由は、方向性を求めるにはインパクトでのフェースが正面を向きやすいトルクの少ない重めのクラブになります。 開閉の大きさは方向性に不安をもたらすなら、はじめからフェースの開閉の少ないシャフトを選ぶことになるのです。
アイアンのシャフト交換でシャフトの選び方?
アイアンのシャフト交換の一つとして、得意番手に合わせて行う方法がベストです。 そのためには得意番手のデータを分析、絶対硬度理論でデータを割り出す方法です。
アイアンでカットスイングが治らない
アイアンのアドレスが正しく取れているにも関わらずカットスイングになる場合があります。 アイアンはクラブの長さが短い事から、テークバックでクラブを必要以上に内側に引き8の字のスイング軌道になり、アウトサイドインになる事でカットスイングを引く起こします。。
アイアンのダウンスイングが上手く行かない
プロ、アマ問わず、すべてのゴルファーにはそれぞれの悩みがあります。ここでは、初心者、中級者に比較的多い悩みの解決方法と原因について記事にしています。す。
アイアンでハンドファーストの必要性
スイングのインパクトではグリップの位置が、ボールより左側に位置することで、ヘッドの開閉が有効に行えボールをシッカリ捕まえることができます。もし、インパクト時グリップ位置がボールより右側でインパクトするとどうでしょうか。
アイアンでダウンブローの打ち方
アイアンのダウンスイングの打ち方とは、ボールを打った後ターフを取る打ち方です。 インパクトでの感触は良く、芯を食った打感で直進性の強い、飛距離もアップ、スピンの効いた打球でグリーン上で球が止めやすくなります。
アイアンで飛距離が出ない
アイアンの飛距離が出ない最も大きな原因は、インパクトのクラブヘッドの入角度の違いで飛距離に影響してくるからです。まずクラブの入角度はスイングの仕方で大きく変わってきます。 さらに、ストロングロフトのクラブ使用も選択肢の一つです。
ショートアイアンの距離が出ない
自分ではヘッドスピードはそこそこあるのに、残り100y~150yの距離が思った程飛ばずショートしてしまいます。 例えば7番アイアンで120y前後しか飛ばない場合の原因と解決方法を解説します。 まず原因は、アウトサイドインのスイング軌道でインパクトでフェースが開きロフトが大きくなる場合です
アイアンでこすり球の矯正
ミドルアイアンになるとロフトが立ち、ボールを上げようとシャクルためフェースが開きボールをこすってしまいます。その原因と矯正方法について
アイアンのティ―アップの仕方
ティーアップ は、フォローの場合は1cm程度の高さで、アゲンストの場合は芝にボールが浮く程度にします。 ボールの位置は、クラブのロフトを生かすため、体の中央に置き、あまり、左に置きすぎるとヘッドがアッパー状態でインパクトしてしまい、球が上がり過ぎ距離が出なくなります。
アイアンで球が上がらない
ボールを上げる条件は、ボールの重心がヘッドの重心より上に来ないと、球は絶対上には上がりません。 ボールの重心とヘッドの重心の位置が、平行になればなるほどボールは水平に飛び出してしまいます。 ボールとヘッドの重心の関係は、ボールを正し方向性と飛距離を打つのには欠かせないファクターです。
アイアンでハーフトップを連発する
ベアーグラウンドとか冬場の芝の薄い場合、ヘッドはインパクトでボールの下にもぐることになりますが、もし、リーデングエッジ幅が大きい場合(5mm)、ヘッドはソールが地面ではねられヘッドはボールの下に潜りきらず、ヘッドはソールが地面ではねられ、リーディングエッジがボールの下まできちんと入りません。この結果エッジでインパクトしてしまいハーフトップになるのです。
アイアンのトップ、ダフリで悩む
初心者の多くは、アイアンのダフリに悩む方多くおらえます。練習場のマットでの練習では、ヘッドが滑るため、ダフリの感覚がマヒしてしまい、いざコースに出るとどうしても、ダフリになります。その他、スイングでも、ダウンスイングでヘッドを先に落とすことでダフリが発生します。その修正方法の解説。
パンチショットの打ち方は
パンチショットは球を上げたくない時や、風が強いアゲインストの場合、低い球を打たなければ状況下で、ショットのバリエーションとして必ず必要になります。インパクトとは右手を使ってインパクトする打ち方で、この打ち方をマスターすることで、よりコース戦略の幅が増えることになります。
アイアンのシャンクが止まらない
シャンクとはアイアンのホーゼル部分でボールをヒットすることで、いったんシャンクが出るとなかなか元にはもどりません。 シャンクの主な原因は、ボールとスタンスの距離感が狂う事で起こります。つまりスイング軌道がボールの外側にくるため、ホーゼル部分でボールをインパクトしてしまいシャンクがおこります。そこで、シャンクの矯正方法を解説します。
ショートアイアンでダフリ・トップで悩む
プロ、アマ問わず、すべてのゴルファーにはそれぞれの悩みがあります。ここでは、初心者、中級者に比較的多い悩みの解決方法と原因について記事にしています。す。
すくい上げのスイングを直したい
初心者は、球を上げようとする意識が強いため、アッパースイングになりがちです。そのため、体が上下して正確にインパクトできませ。この状態を続けていても上達は見込めません。 すくい上げの矯正方法は、基本の戻ることです。
ショートアイアンで引っ掛けが出る
グリーンを狙ったショートアイアンを引っ掛けてしまい、1オンを逃してしまう事はよくあります。 まず、引っ掛ける原因はインパクト時のフェースが左を向くことから、ボールは左に飛んでしまう訳です。
ショートホールの打ち下しの距離感
一般的には、打ち下ろしの場合、コースの表示距離より10y程度距離が伸びるのが通説になっています。しかし、番手で若干その距離が異なってきます。打ち下ろし場合打ち出したボールの滞空時間も長くなり、グリーンの落下角度でボールの転がりも変わるからです。
ショートホール打ち上げの距離
プロ、アマ問わず、すべてのゴルファーにはそれぞれの悩みがあります。ここでは、初心者、中級者に比較的多い悩みの解決方法と原因について、又ドラーバー、アイアン、ウエッジの悩みについての記事にしています。
トウ側でインパクトしてしまう
トウ部分でインパクトする原因は、アドレス時に比べて体とボールの間隔が広くなることです。もう一つ原因はシャフトがヘッドスピードに比べて著しく硬い場合にも良く起こります。
芯に当たらず打感が悪い
飛距離アップや安定したショットを打つにはゴルフ理論を理解することが重要です。 クラブやスイングの物理的、科学的根拠を学習することで、無意味な練習や無駄なクラブ選択での時間浪費をなくし、効率良く飛距離アップや方向の安定を習得できます。
強い球を打ちたい
プロ、アマ問わず、すべてのゴルファーにはそれぞれの悩みがあります。強い球を打つには、こすリ球を打たないことです、その為のドリルを解説をします。
番手を変えても距離がかわらない
飛距離アップや安定したショットを打つにはゴルフ理論を理解することが重要です。 クラブやスイングの物理的、科学的根拠を学習することで、無意味な練習や無駄なクラブ選択での時間浪費をなくし、効率良く飛距離アップや方向の安定を習得できます。
初心者、中級者のクラブ選び
合うクラブやシャフトに出会う事は、ゴルフ上達の秘訣です。自分の体力や現状のスキルに合ったクラブは正しいスイングを作りゴルフをやさしくします。 その方法をスイングやシャフト面から解説します。 .
スイングのリズムがわからない
スイングのリズムは下半身を中心に腕、腰、肩の回転がスムースに行われないため、回転時に各部分が異なったリズムで違和感が原因です。また、アドレスに入る前に、緊張をほぐしたり、メンタルを平常心を保つようにすることも大切です。
ゴルフをうまくなりたい
ゴルフ上達の秘訣は自分の現状のスキルを知ることから、クラブ機能やスイングの改善を理解する事です。シャフトの硬さ、重さをスイングに一致させスイングの改善を同時に行うことです。
寄せワンを確実に行うには
寄せワンを確実に行うには グリーンの近くまでボールを運び、カップインまで大たたきするゴルファーは沢山おられます。2打目でクリーンエッジまで運びここで往査すれば、精神的にも落ち込んでしまいます。 そこで、寄せワンを確実に行うには、上げて転がす方法と、初めから転がす方法の2通りがあります。
アプローチでトップ・ダフリが出る
初心者のアプローチのミスの原因はダフリ、トップがほどんどを占めると言われています。 このトップ、ダフリの原因は、バックスイングとダウンスイングの軌道が同じ軌道でないことが上げられます。つまり、スイング軌道の再現がで出来ていない事でおくります。
左足下がりのアプローチでトップ・ダフリがでる
プロ、アマ問わず、すべてのゴルファーにはそれぞれの悩みがあります。ここでは、初心者、中級者に比較的多い悩みの解決方法と原因について記事にしています。す。
左足上がりでダフリ・距離が合わない
プロ、アマ問わず、すべてのゴルファーにはそれぞれの悩みがあります。ここでは、初心者、中級者に比較的多い悩みの解決方法と原因について記事にしています。す。
つま先上がりのアプローが悩み
プロ、アマ問わず、すべてのゴルファーにはそれぞれの悩みがあります。ここでは、初心者、中級者に比較的多い悩みの解決方法と原因について記事にしています。す。
つま先下がりのアプローチ
プロ、アマ問わず、すべてのゴルファーにはそれぞれの悩みがあります。ここでは、初心者、中級者に比較的多い悩みの解決方法と原因について記事にしています。す。
深いラフからのアプロ―チが苦手
プロ、アマ問わず、すべてのゴルファーにはそれぞれの悩みがあります。ここでは、初心者、中級者に比較的多い悩みの解決方法と原因について記事にしています。す。
アプローチをいつもショートする
アマチュアゴルファーがアプローチのミスをする原因は、ボールを落とす位置をつかめていないからです。 ピンまでの距離でキャリーとランを読み、また、グリーンに乗ったボールが傾斜やグリーンの速さでどの様に転ぶかイメージしていく必要がポイントになります。 そのためには、ボールの落ちる場所をしっかり掴める練習が必要になります。
低い球でボールを止めたい(30Y)
プロ、アマ問わず、すべてのゴルファーにはそれぞれの悩みがあります。ここでは、初心者、中級者に比較的多い悩みの解決方法と原因について記事にしています。す。
バンカーショットが苦手
バンカーからの脱出が上手く出来ないゴルファーのミスの多くは、ヘッドをボールの手前に入れ過ぎたり、ヘッドを砂に深く入れ過ぎたりするダフリか、直接ボールを打つことでホームランになりグリーンオーバーする、この2通りではないでしょうか。
バンカーショットが右に出る
プロ、アマ問わず、すべてのゴルファーにはそれぞれの悩みがあります。ここでは、初心者、中級者に比較的多い悩みの解決方法と原因について記事にしています。す。
左足下がりのバンカーでダフリる
バンカーからの脱出が上手く出来ないゴルファーのミスの多くは、ヘッドをボールの手前に入れ過ぎたり、ヘッドを砂に深く入れ過ぎたりするダフリか、直接ボールを打つことでホームランになりグリーンオーバーする、この2通りではないでしょうか。
左足上がりのバンカーショットが苦手
バンカーからの脱出が上手く出来ないゴルファーのミスの多くは、ヘッドをボールの手前に入れ過ぎたり、ヘッドを砂に深く入れ過ぎたりするダフリか、直接ボールを打つことでホームランになりグリーンオーバーする、この2通りではないでしょうか。
つま先上がりのバンカーショットでミス
バンカーからの脱出が上手く出来ないゴルファーのミスの多くは、ヘッドをボールの手前に入れ過ぎたり、ヘッドを砂に深く入れ過ぎたりするダフリか、直接ボールを打つことでホームランになりグリーンオーバーする、この2通りではないでしょうか。
つま先下がりのバンカーショットでミス
バンカーからの脱出が上手く出来ないゴルファーのミスの多くは、ヘッドをボールの手前に入れ過ぎたり、ヘッドを砂に深く入れ過ぎたりするダフリか、直接ボールを打つことでホームランになりグリーンオーバーする、この2通りではないでしょうか。
目玉のバンカーショットでボールが出せない
バンカーからの脱出が上手く出来ないゴルファーのミスの多くは、ヘッドをボールの手前に入れ過ぎたり、ヘッドを砂に深く入れ過ぎたりするダフリか、直接ボールを打つことでホームランになりグリーンオーバーする、この2通りではないでしょうか。
砲台グリーン手前の傾斜でダフリがでる
砲台グリーンでグリーンに乗せるのに2、3打打つ原因の多くは、球を上げようと意識が強すぎたり、斜面に沿ったスイングが出来ていないことです。
パッテングの距離感で悩む
スコア―メイクでパターは大きなウエイトをしめます。グリーンまでショットは上手くいくが、パッテングでショートしたり、逆にオバーしたりして、距離感の感覚がシックリこない場合の練習方法です。
ロングパットはファーストパットで決まる
プロ、アマ問わず、すべてのゴルファーにはそれぞれの悩みがあります。ここでは、初心者、中級者に比較的多い悩みの解決方法と原因について記事にしています。す。
ストロークの取り方がわからない
パッテングのストロークで真っすぐ引いて、真っすぐヘッドを出すには、真っすぐ打つためのアドレスが基本になります。 アドレスではターゲットラインに正しくスタンスを取り、ボールの位置は左目の真下に来ます
パットを芯で打つ方法
プロ、アマ問わず、すべてのゴルファーにはそれぞれの悩みがあります。ここでは、初心者、中級者に比較的多い悩みの解決方法と原因について記事にしています。す。
上り下りのパット術
プロ、アマ問わず、すべてのゴルファーにはそれぞれの悩みがあります。ここでは、初心者、中級者に比較的多い悩みの解決方法と原因について記事にしています。す。
パットで上り下りの距離感
グリーンでの球の転がりの速さは、スティンプメータと呼ばれる機械で図られ基準化されています。 これをわかりやすく説明すれば、ゴルフボールは高低差10㎝で1m余分に転がる法則です。
ショートパットが苦手
初心者のショートパットのミスには共通点があります。 インパクトでグリップの握りが緩む。 構えてから打つまでの時間が長い。 これらは、不安からくる動作ですが、アドレスに入る前にライン、強さを決め迷わず打つことがグリップの緩みや、ストロークをスムースに行えます。 ショートパットは、パターの芯でフェースが目標に直角でタップで打てばカップインでき自信がつき、スコアーメイクに大きく貢献できるとおもいます。
下りのパットが苦手
特に傾斜のある下りのショートパットはプロでさえ3パットの危険をはらんだ難易度の高いパッテングになります。 何故か、例えば上りのパットはボールを強く打てるため、ボールは傾斜に余り影響されませんが、下りのパターはボールを余り強く打てないことでボールが傾斜に大きく影響を受けることで、ラインとボール転がりの強さのタッチの両方が求められるからです。
フックライン、スライスラインの打ち方
ゴルファーによって、スライスラインが得意でフックラインが苦手な方、逆にスライスラインが苦手でフックラインが得意の方など、どちらかのラインに苦手意識を持っているゴルファアーが多くおられます。
パターで球の転がりを良くしたい
パターで球の転がりが良いとは、イメージ通りりボールが転がってくれることではないでしょうか。 具体的には、次の事が上げられます。 球足の長い転がりをする。 ラインからボールが外れない。 傾斜やグリーン上の凹凸に影響されない。
重いパターと軽いパターの違い
重いパターと軽いパターの違いはストロークでの慣性力が異なります。 重いパターは小さなフリ幅でストロークは安定しますが反面操作性は悪くなります。 反面感覚重視のゴルファーにはこの重さが邪魔になり微妙なタッチが出る軽いパターが求められるのです。 軽いパターは
パターグリップは太目か細目が良いのか?
プロ、アマ問わず、すべてのゴルファーにはそれぞれの悩みがあります。ここでは、初心者、中級者に比較的多い悩みの解決方法と原因について記事にしています。す。
グリーンの芝の順目、逆目の見方がわからない
グリーンの芝目は距離感、曲がり具合に大きく影響してきます。この芝目の読み方に次第で、パット数に大きく影響を及ぼし是非最低の見極めを理解してください。
グリ―ンの外からアプローチを迷う
グリーンの外からカップに寄せる方法は、アプローチウエッジで行う方法と、パターでアプローチを行う方法がありますが、安全性からはパターで行う方が断然安全性が高いといえます。
上り下りのパッテングの打ち方がわからない
下りの場合は、ボールの転がりを抑え、上りの場合は、ボールの転がりを良くすることです。 アドレスでは少し左肩を下げて、ボールに対してストロークはダウンブローにインパクトすることです。 そのためのアドレスの取り方を解説。
確実に10打縮めるテクニック
確実に10打減らすには、ダブルボギー、トリプルボギーなど、大たたきを絶体打たないことに尽きます。 よくスコアーメイクはショートゲームと言われますが、スコアーメイクは1打目のドライバーショットを確実に打つことが、一番のスコアーメイクになります。 どの様なスポーツでも、スタートからの流れはとても重要で、この1打をいかにフェアウエーに置くかで続くショットがやさしく行え、ショートゲームに大きな負担がかからず、スコアーを作り上で大きく影響します。

サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページに戻る シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み ゴルフ場予約サイト