クラブ選択・ボール初速上げるミート率

ミート率を上げて飛距離アップ

 

 


飛距離アップ、正確なショットはミート率で決まります。ミート効率を上げる方法のメカニズムを理解して、ボール初速を上げることが重要!

 

目   次

 

ミート率を上げることで飛距離アップ


ミート効率の計算方法とその飛距離


ミート率を高めるスイング方法


ゴルフクラブメーカー


 

 

ミート率を上げ飛距離アップ

 

ミート率とは、ヘッドがボールにコンタクトした瞬間に発生するエネルギーを、シャフトからヘッドを通じてボールにロスなくエネルギーを伝達できたときミート率100%になります。

 

しかし、ミート率を100%に維持するには、インパクトで以下の条件がすべて揃えることが必須になります。

 

それは、、ヘッドスピードとシャフトの復元スピ―トを一致させ、シャフトの最下点でボールをインパクトすることです。

 

さらに、ヘッドのフェース面が飛行方向に直角の状態でボールを捕らえヘッドの芯でボールを捕まえる、この3条件がすべて揃った時でしか、100%のミート率が生まれないのです。

 

この条件を整えるには、シャフトの硬さ(cpm)をヘッドスピードに一致させるのが必要不可欠で、この一致がない限り芯でボールと捕まえることや、フェース向きを正しく行うインパクトを行うことができないことになります。

 

トーナメントプロでさえ100%のミートでボールを打っている訳でなく、できるだけ100%に近い状態で打っていることになります。
参考資料:プロの場合、ミート率が100%を1.5の係数で現すと1、48程度が平均的になります

 

そこで、可能な限りミート率を高め、ボールの初速度を上げるための具体的な方法について、シャフト理論で説明いたします。

 

ミート率""
上の図の様に、ヘッドスピードとシャフトの硬さ(シャフトのシナリ)が一致すれば、インパクトでシャフトの最大の運動量とヘッドスピードの最大運動量が合体し、ロスを軽減でき、ヘッドが大きなエネルギーをボールに伝達できるのです。

 

このシャフト、ヘッドスピードの合体は、最大のヘッドスピードを保った状態で、シャフトの最下点でボールをインパクトすることです。
 
ヘッドスピードとシャフトの復元(シャフトの最下点)が一致した時が、ミート効率100%になります。

 

 

 

ミート図

 

UVカット

Deep紫外線までカットする日焼け止め アスタリスト・ホワイト

 

ボール初速を高めて飛距離アップ

 

飛距離アップはヘッドスピードの速さのではなく、ヘッドスピードから生まれるボール初速が直接飛距離を決定します。

 

飛距離アップのためには、ヘッドスピードを上げ、さらに、インパクト時のミート率を高めボールの初速を上げることにつきます。

 

飛距離を伸ばそうと、ヘッドスピードをただがむしゃらに速めても、ボールをミート出来なければボール初速は上がらず、飛距離をに伸ばすことが出来ないのです。

 

飛距離を生むボール初速は、シャフトの硬さとヘッドスピードが一致して、初めて生まれるもので、このミート率の値が直接飛距離の大きさに関連してきます。

 

ボールの回転軸

ミート率を高めボール初速度を高める、他の要素として以下の事も重要になります。

 

それは、インパクトでフェースが飛行方向に対して直角にインパクトでき、ボールの回転軸が地面に対して直角の回転(縦回転)をさせることです。

 

この縦回転のスピンを持つボールは、強い直進性を持っ弾道になり、風の影響を受けにくい距離の出やすい高弾道で、球が曲げるサイドスピンが起こらず正確にボールを飛ばす事が出来ます。

 

このボールの縦回転は、インパクトでフェース面がボールに対して直角にインフェーズした場合に限られるのですが、その上、を芯で捕えることが条件になります。

 

芯を外し、トウ部分やヒール部分でインパクトすれば、ボールに左右のサイドスピンが起こり、ボールに縦の順回転にならず、ボールは曲がることになります。

 

また、スイング軌道で言えば、直角にインフェーズするには、アウトサイドのスイング軌道でなく、インパクトゾーンでスイング軌道が真っすぐになる、インサイドのスイング軌道が求められます。

 

ミート率が低いことは、シャフトのシナリとヘッドスピードの不一致や、インパクトでボールに対してフェースが直角にならず開くか、閉じるかの状態で、芯でボールを打っていない事になります。

 

当然、ボールにフェースの面が角度を持つてインパクトすれば、ボールにサイドスピンが生まれボールの初速も低下して飛距離を大きくロスし、サイドスピンにより、ボールの方向性も安定しなくなります。

 

 

 

ヘッドスピードを上げる方法には、スイングによるスイング理論、ミート率向上には、ヘッドスピードにシャフトの硬さ(cpm)を一致させ、ボール初速を高めるシャフト理論になります。

 

ここでは、シャフトをヘッドスピードに一致させるシャフト理論でミート効率を高める方法を解説をします。

 

前記事で、シャフトの硬さを(cpm)波長に変換し、その波形の波長からシャフトの反復の時間が計算でき、インパクトの時間帯が計算出来る事を、理解されたと思います。。

 

シャフトの波形をヘッドスピードの波形に一致させる事で、最大運動量を持ったシャフトがスイングの最下点でボールをヒットでき、100%に近いミート率の達成が可能になるのです。。

 

市販で販売されているクラブのシャフトスペック、R,S,Xでは、シャフトの復元スピードの単位が不明瞭なことから、明確にミート率を表すことができません。

 

ミート効果の違いで、ボールの飛距離にどのように影響を与えているかの、実例をあげて説明します。

 

最近、女子プロのTV放映で、ほとんどの女子プロのドライバーの飛距離について驚かれているとおもいます。どうしてあんなにゆっくりしたスイングで250y前後を軽く打てるのか?

 

女子プロの平均ヘッドスピードは43~44m/s前後で、一般ゴルファーのヘッドスピードと余り差がないのです。

 

ところがどうでしょうか、皆さんより30~50y程飛距離が違うと思われます。

 

これは、一般ゴルファーに比べて、女子プロの場合、ほとんどジャストミートでインパクトしているからです。

 

つまり、シャフトの最下点でフェースがボールに正面を向く状態で正確にインパクトすることで、最大のパワーをロスなくボールに伝達しているからです。

 

すなわち、女子プロはヘッドスピードが出ない分、ミート効率を上げボール初速を高めていることになります。

 

女子プロが一般ゴルファーと、同じヘッドスピードでスイングしていてもボール初速の違いで、この様に大きな飛距離を打つことができるのです。

 

この事は数値ではっきり計算でき、以下が女子プロと一般ゴルファーのミート率から飛距離を計算した値です。

 

女子プロと一般ゴルファーの比較

 

女子プロ

一般ゴルファー

ヘッドスピード

42m/s

42m/s

1.5(100%ミート)

252y

252y

実際のミート率

248y(1.47)

218y(1.3)

参考資料 :    プロゴルファーのミート効率平均値 1.47  一般ゴルファーのミート効率平均値 1.35

 

ミート率はヘッドとボールの関係においてのミート係数で、ヘッド質量とボール質量で計算されます。

 

よくヘッドスピードとボールの初速の割合で計算された記事を見かけますが、結果論のミート率で、ミート率を高める方法においては、あまり意味がありません。

 

ミート率は、ヘッドスピードで加速されたシャフトのシナリで、ヘッドがボールを捕まえた時、一定の速度の中でヘッド質量とボールの質量が反発することで発生するエネルギーで、以下の方程式で表します。

 

ミート率=ヘッドの質量÷(ボールの質量+ヘッドの質量)+1 になります。

 

ヘッドスピードに一致したシャフトは、ミート率を最大限に生かせ、ボール初速を高め飛距離アップや安定した方向性の弾道を打てるようになります。

 

ヘッドスピードを上げても、シャフトのシナリと一致しない場合は、ミート率の低下でボール初速が上がらず飛距離も伸びなく、ボールも曲がることになります。

 

特集超お買い得ゴルフアイテムキャンペーン一覧

 

上

 

 

 

ミート効率は以下の計算で算出します

 

ミート効率(M’)=M÷(M+m)+1
 M:質量 (ここではヘッド重量) 約200g
  m:ボールの質量         1.62オンス 約46g
   M’=200÷(200+46)+1
   1.83になります。

 

この1.83がボールとヘッドが100%ミート出来たミート系数になります。ただこのミート係数は真空状態での値で、実際、ゴルフボールは空中を飛ぶため、空気抵抗や空気中の湿度や温度を考慮して一般的に1.5で考えてください。

 

ミート率を実際の数値で飛距離の計算をしてみます。

 

ヘッドスピードが40m/sで100%ミートした(1.5)の場合
40×1.5×4=240y
×4は初速度 打ち出し角度 重加速から導かれた弾道計算による飛距離計算式です。
但し、この4の係数は真空状態弾道計算でで、実際は空気の抵抗、湿度、温度など自然環境があり、考慮する必要があります

 

ヘッドスピードが40m/sで86%ミート率1.3の場合
ヘッドスピードが40×1.3×4=208y
たった14%ミート率を落とすだけで30yの飛距離差がでてしまいます。いかにミートが大切かが理解できるでしょう。

 

 

ヘッドスピード/ミート率と飛距離

 

ヘッドスピード38m/sの場合

ミート率1.5

1.4

1.3

1.2

220y

212y

197y

182y

 

ヘッドスピード40m/sの場合

ミート率1.5

1.4

1.3

1.2

240y

224y

208y

192y

 

ヘッドスピード43m/sの場合

ミート率1.5

1.4

1.3

1.2

258y

248y

223y

206y

 

ヘッドスピード45m/sの場合

ミート率1.5

1.4

1.3

1.2

288y

252y

234y

216y

 

ヘッドスピード50m/sの場合

ミート率1.5

1.4

1.3

1.2

300y

280y

260y

240y

 

 

参考資料 

 

松山英樹プロ  ヘッドスピード 平均 51m/s 平均飛距離  297y ミート率 1.47  
 計算式では  51×1.47×4=299y(キャリー)

 

一般ゴルファーの平均ミート率は1.3~1.2です。

 

ヘッドスピードとミート率の割合での飛距離

 

ヘッドスピード40m/sのゴルファーがミート率1.5の場合、ヘッドスピード43msのゴルファーのミート率1.3の飛距離より飛ぶ事がわかります。
女子プロゴルファーのヘッドスピードはそれ程速くはありませんが、ミート効率が高いためヘッドスピードが43m/s前後であっても、ボール初速度が速く、平均250yを打てるわけです。

 

 

結論  飛距離アップの秘訣はミート功率を高める事です。それには、自分のヘッドスピードと最適振動数を知る事です。

 

シャフトの振動数をヘッドスピードに一致させる事でミート効率をあげ飛距離アップとフェースがボールに正しくインフェーズするスイング軌道を導くのです。

 

そこで、自分のヘッドスピードに対して、最も適したシャフトの硬さ(cpm)を知ることにが重要になります。その為の、参考資料はこちらから

 

 

2018NEWクラブ画像

 

ゴルフクラブ・ボール・ウエアー・アクセサリーキャンペーン特集


 

 

上

飛距離アップにはミート効率を高める

 

 

 

 

ミート率を高めにはコンパクトなスイング

 

ミート率を高める要素として、インパクトでフェースがボールに直角にコンタクトして芯でボールを捕まることですが、これにはスイング軌道を正確に行う必要があります。これにはスイング軌道をコンパクトに行うことが最も有効になるのです。最適なシャフトでコンパクトにスイングができれば、確実にミート率は向上するのです。

 

自分のスイングスピードに一致したシャフトでは、無駄な力を使わずコンパクトなスイングが自然にできることから、クラブはスイングを作ると言われているのです。

 

実際、コンパクトなスイングとは、回転軸の移動が少ない力みのないスイングを行うことですが、何もスイングを小さくする意味ではありません。

 

スイングの回転軸は、自分の背中の首すじの付け根が回転軸になり、その回転軸の中心の上に頭が乗る格好になります。
つまり回転軸は背骨と頭であると言えます。

 

アドレスで構えた時、回転軸は体の前面でなく体の背中にあることを自覚して行うことで写真で示すようにきれいなテークバックからトップスイングに移行できるのです。

回転軸

背骨に回転軸がある意識は、スイングの体重移動と回転軸の作り方において、大変重要なポイントになります。

 

それは背中の回転軸を動かさず回転することは、体の厚み分右にスライドさせ背骨の回転軸を動かさずにバックスイングを行うことになるのです。

 

テークバックでは頭と右足、フォロスルーでは頭と左足が回転軸になりますが、ごの回転軸の体重移動は自然に行わなければなりません。

 

写真を参考に解説すれば

回転軸

トップスイングでの回転軸はオレンジ線で地面に対して少し右傾斜に置くのが理想的です。それは、バックスイングでもダウンスイングと同じく右サイドに壁を作ることで、トップからヘッドを切り返す反復運動が始めやすくなるためです。又回転軸がブレないコンパクトなスイングを行えるからです。

 

多くのアマチュアゴルファーはトップスイングで青のラインに回転軸を置く方が多くおられますが、これでは、頭も回転軸も大きく右に移動するため、スイングの回転軸が大きくなり、コンパクトなスイングはできません。

 

この防止策として、テークバックするとき、右腰をキープして上体(左肩と左腕、クラブを一体化)を右膝の上あたりに回転すれば、軸が右にずれることなく、自然にウエイトの移動が可能になります。

 

トップスイングでの体重のウエイトは右足80%、左足20%程度にするのが理想になります。

 

次に重要なことは、ダウンスイングを行う頭の位置です。ボールより左に移動しないことです。頭の重さは平均ご自身の体重の8分1と言われています。
この頭の重さを上手く使い回転軸を安定させることです。スイング中に頭の位置がビハインド、ザボールの位置であれば、トップで出来た手首のコックを崩さずダウンスイングを自然におこなえるのです。

 

初心者のゴルファーには難しければ、アドレスで力を入れず両脇を絞めてバックスイングを行い、体からクラブを離さず、体の回転でスイングする事です。

 

ダウンスイングでクラブを体に巻きつけるイメージで、右脇を空けず自然と体の回転を解くようなイメージが大切になります。

 

インパクト後の回転軸は、テークバックと真逆の左に傾いた回転軸になります。その結果、回転軸の移動も小さく、左サイドに壁を作れ、ヘッドのヌケを加速できる遠心力も大きく働き、ミート効率の高いスイングができます。

 

最後のフィニッシュは右腕を大きくのばし、左傾斜の回転軸を中心にクラブヘッドを地面に対して低く、ターゲットに向かって真っすぐ長く出し、大きくクラブを振り抜くことです。

 

ミート率を高めるには、以上の様にスイングの回転軸を小さくすることで、安定したスイング軌道の再現性を高め、ヘッドがインパクトゾーンをストレートの軌道で振り抜け、ヘッドも正面を向いた状態でフォロースルーを取る事ができます。

 

 

 

スイングでミート効率を高め方法は、インパクトでクラブ軌道の正確な再現であり、これはコンパクトなスインを行うこに他ならないと理解してください。

 

アイアン

こちらから


 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

 

超格安ゴルフ場予約キャンペ―ンはこちらから

 

 

次の項目:正確な方向に打つミート効率に進む

 

 

 

 

トップページに戻る

 

 

上

 

 

 

クラブメーカーリンク

 

ブリヂストン

ダンロップ

キャロウェイ

テーラーメイド

タイトリスト

ピン

ミズノ

ヤマハ

ヨネックス

オデッセイ

オノフ

フォンテーン

プロギア

本間ゴルフ

クリーブランド

キャメロン

マルマン

WOSS

T.PMLLS

他メーカー

 

クラブメーカーリンク

ゴルフクラブ

ドライバー
ドライバー

フェアウエーウッド

フェアウエーウッド

ユーテリチィー

ユーテリチィー

アイアンセット

アイアンセット

単品アイアン

単品アイアン

ウエッジ

ウエッジ

パター

クラブセット

クラブセット

シャフトパーツ

ゴルフシャフト

ゴルフシャフト

スリーブ

スリーブ

グリップ

</td

ウエイト・レンジ

ウエイレンジト

クラブリペアー品

リペアー用品

ゴルフウエア―

ポロシャツ

ポロシャツ

アウター

アウター

セータトレーナー

ベスト

ベスト

パンツ

サカートワンピース

アンダーウエア

アンダーウエア―

レインウエア―

帽子

帽子

靴下

サングラス

時計

時計

ベルト

ベルト

ウエア―小物

お買い得セット

お買い得セット

ラウンド用品・ボール

ゴルフボール

ゴルフボール

グローブ

グローブ

距離測定機

距離測定機

マーカー

マーカー

テイー

テイ―

グリーンフォーク

グリーンフォーク

パターカバーホルダー

ホルダー

タオル

タオル

傘

ラウンドバック

ラウンドバック

ゴルフボールケース

ゴルフボールケース

ボトルホルダー

ボトルホルダー

ポーチ小物入れ

ポーチ

ラウンド小物入れ

ラウンドコ小物入れ

ゴルフバックケース

キャヂィーバック

キャヂィーバック

トートバッグ

トートバッグ

リュックバック

リュクバック

クラブケース

クラブケース

シューズケース

シューズケース

トラベルカバー

トラベルカバー

ヘッドカバー

ヘッドカバー

ラウンドバック

ラウンドバック

ゴルフボールケース

ゴルフボールケース

ボトルホルダー

ボトルホルダー

ポーチ小物入れ

ポーチ小物入れ

バックアクセサリー

バックアクセサリー

ボストンバック

ボストンバック

シューズ

ゴルフシューズ

ゴルフシューズ

他のシューズ

その他のシューズ

スパイク鋲

スパイク鋲

シューズケース

シューズケース

シューケアー

シューケアー

ゴルフアクセサリー

サポートグッツ

サポートグッツ

時計

時計

コンペ景品

コンペ景品

書籍

書籍

ビデオ・DVD

ビデオ

カレンダー

カレンダー

ゴルフ練習器具

ショット練習機

ショット練習機

スウイング分析機

スウイング分析機

パター練習機

パター練習機

アプローチ練習機

パター練習機

アプローチ練習機

アプローチ練習機

ネットゲージ

ネットゲージ

フィットネス

スナックゴルフ

スナックゴルフ

 

 

トップページに戻る

 

 

 

hotprise

全国ゴルフ場予約に対応:事前購入だからできる驚きの価格&ポイントゲットChecK!

関連ページ

シャフト理論の定義
ゴルフの上達はゴルフ理論でシャフトとスイングのメカニズムを理解することから。
クラブが先か?スイングが先か?
ゴルフは18ホールをいかに少ない打数で、ボールをカップに入れるかを争うゲームです。 そこで長年に渡り議論されている、スイングが先か?道具が先か?の議論です。 もちろん、クラブもスイング共に重要であることには違いはありませんが、この議論を長年のゴルフ歴史を振り返ることで、この問題点をひも解くポイントがが見つかります
シャフトの役割と基礎知識
ゴルフの話題と言うとどうしてもクラブヘッドに関心が集まりますが、ゴルフクラブに大きな要素としてシャフトがあり、むしろシャフトより重要な役割を果たしているといえます。 その理由はシャフトはスイングに直接影響を与えるものだからです。ヘッドがボールに影響を与えるものであれば、シャフトはスイングを決める重大な要因になるからです。
シャフトの重要性とメカニズム
ヘッドスピードとシャフトの硬さの不一致は飛距離ロスや方向性を不安定にします。飛距離アップや正確なショットはミート率を上げボール初速度をあげることです。そのためにも、ヘッドスピードとシャフトの硬さを一致させる事は絶対条件です。
クラブ選択の3つのポイント
ゴルフ上達にはクラブ選択が欠かせません。あらゆるスピ―ツ゚に科学的分析が取り入れられ道具でも目覚ましい進化が認められます。ゴルフクラブも飛距離や方向性において画期的な進化を遂げてきました。ここでは、クラブ選択の重要なポイントを解説します。 .
シャフト測定の問題点
シャフトの硬さの測定には静止的測定と動的測定があります。シャフトの硬さを正確に知る事は、飛距離アップや正確なショットなど色んな悩みの原因を解決できます。それには、静止的測定の問題点が存在します。この問題点をゴルフ理論・スイング理論で科学的、物理的に理解する事でゴルフの上達は驚く程早くなります。無駄のないクラブ選択、効果的なスイング練習ができます。ノウハウなくて決して上達はありません。 .
固有振動数の定義
ドライバーの飛距離アップはヘッドスピードのミート率を高める事で、ボール初速度を速め飛距離アップや方向性の安定に繋がります。この仕組みを、ゴルフ理論・スイング理論で科学的、物理的に理解する事でゴルフの上達は驚く程早くなります。無駄のないクラブ選択、効果的なスイング練習ができます。ノウハウなくて決して上達はありません。 .
シャフトの絶対硬度
ヘッドスピードとシャフトの硬さの不一致は飛距離ロスや方向性を不安定にします。飛距離アップや正確なショットはミート率を上げボール初速度をあげることです。そのためにも、ヘッドスピードとシャフトの硬さを一致させる事は絶対条件です。
シャフトとヘッドスピードの一致
ヘッドスピードとシャフトの硬さの不一致は飛距離ロスや方向性を不安定にします。飛距離アップや正確なショットはミート率を上げボール初速度をあげることです。そのためにも、ヘッドスピードとシャフトの硬さを一致させる事は絶対条件です。
正確な方向に打つミート効率
ヘッドスピードとシャフトの硬さの不一致は飛距離ロスや方向性を不安定にします。飛距離アップや正確なショットはミート率を上げボール初速度をあげることです。そのためにも、ヘッドスピードとシャフトの硬さを一致させる事は絶対条件です。
キックポイントの役割
シャフトには振動数と共にシャフトのキックポイントとトルクがあり、ゴルフには重要なファクターです。キックポイントは弾道の高低やスイングスタイルに、トルクはインパクトのヘッドの返りに影響をあたえます。
トルク・スパインの役割
シャフトはインパクトにかけて、複雑な動きをします。 それは、シャフトの本来の性質である直進性のシナリです。このシナリはシャフトの硬さになりますが、それとば別に直進性のシナリに同調するようにシャフトにはネジレがおこります。

サブメニュー