ルーティン

ルーティンとは

 

 

 

ルーティンとは

 

スポーツの世界で集中力を高める方法の中に「ルーテイン」と言う方法があります。

 

このルーテインは同じ動作を繰り返すことを意味し、望ましい動作をするために行う習慣や行動のことです。

 

スポーツにおいては、試合でパフォーマンスを行う前に取り入れられることが多いです。

 

例えば 野球の一郎選手の打席でのパフォ―マンス、スケートの羽生選手の十字架を切る動作、大相撲の琴奨菊の塩をまく動作、ラグビーの五郎丸選手

 

のキック前の動作、など数多くの有名選手が、試合中でパフォーマンスを行う前に取り入れられることが多いです。

 

ゴルフの場合はルーテインの中でもP P Rとよばれるプレー パフォ―マンス ルーチインで止まっているボールに対してパフォーマンスを行う前に行います。

 

ラグビーの五郎丸のルーチインがこれに当ります。

 

このルーチインは苦手なものなどを前にしたとき、不安な状態に追い込まれた時に、簡単な行動(ルーティン)を取り入れると、モチベーションアップの維持につなげることができます。

 

スポーツで置き換えると試合前にある決まった動作を行います。

 

すると、その動きをすることで集中力が上がっていきます。

 

ルーティンでミスの連発を防ぐことができるのです。

 

ラウンド中に1つミスをすると、あわててしまい、又、ミスを繰り返してしまうことがあります。

 

これは、人間がミスしたことを脳が記憶してしまう習性があります。

 

この記憶が脳で広がり、ミスを連発する不安や焦りにつながります。

 

その様な状態に陥った場合に、ルーティンを一つ入れると、焦りや、不安

 

感を解消できます。失敗した後にいつも行っている行動を一つ入れると、

 

脳の中の情報が整理されて気持ちをリセットすることができます。

 

すると、ミスの連発を防ぐことができるのです。

 

ゴルフの場合、朝一ショットは、大きくスライスするのではないか、OBを出して

 

しまうのではないかと、緊張と不安に駆られるものです。

 

ティーグラウンドでショットを打つ前に、この様な緊張、不安感を解消できる

 

ルーティンを入れる事で、平常心を保ちモチベーションを高めます。

 

ゴルフは最もメンタルを要求されるスポーツです。

 

自分なりのルーチィンを作り実行する価値はあります。

 

是非、一度トライしてみてはいかがでしょうか

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 


特価クラブ




 

 

ゴルフの心理学に戻る

 

 

 

 

関連ページ

マインドコントロール
.スポーツの世界で集中力を高める方法の中に「マインドコントロール」と言う方法があります。ゴルフはマインドのスポーツと言われています。精神状態がプレーに直結しやすいスポーツなのです。心の安定をはかり、必要な強い精神力を引き出す方法としてマインドコントロールがあげられます。
イメージトレーニング
イメージトレーニングは.起こり得る場面、場合、対処方法などを、頭の中で考え、慣れておくこと。つまり、想像すればするほど、それを現実に起きた体験だと理解し、経験が積まれるというわけです。人間は、経験を繰り返すほど、体が慣れてきて対応力が付くと同時に、自分に自信が付きます。

サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
ゴルフ場予約サイト シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み