イメージトレーニング

イメージトレーニングとは

 

 


 

 

イメージトレーニングとは

 

最近、明らかになった脳の特性「脳は現実と想像を区別できない」という事実があります。

 

この脳の特性を生かしたトレーニングがイメージトレーニングです。

 

この、脳の特性を理解すれば、「経験」「想像」が実体験を重ねていることになります。

 

つまり、空想でも実体験出来ていることになるのです。

 

この経験、想像でも、脳の中ではしっかり実体験を重ねる事で、この行為がイメージトレーニングになります。

 

1.スポーツで、体を実際に動かすことをせず、頭の中で動作を考えて、その正しい運動動作を学習すること。

 

2.ある事柄について、起こり得る場面、場合、対処方法などを、頭の中で考え、慣れておくこと。

 

つまり、想像すればするほど、それを現実に起きた体験だと理解し、経験が積まれるというわけです。

 

人間は、経験を繰り返すほど、体が慣れてきて対応力が付くと同時に、自分に自信が付きます。

 

(デジタル広辞苑より)

 

ゴルフのイメージトレーニングとは自分のスイングフォームや起こりうる局面でのスイングのイメージ作り何度も何度も繰り返すことで、その対処方法をあらかじめ脳で準備出来るようになります。

 

つまり、想像すればするほど、それを現実に起きた体験だと理解し、経験が積まれるというわけです。

 

人間は、経験を繰り返すほど、体が慣れてきて対応力が付くと同時に、自分に自信が付きます。

 

スポーツ選手が試合に備えて練習を重ねるように、イメージトレーニングを重ねることで、より体験を重ねることができるのです。

 

ゴルフコースに行かなくとも、訓練次第では同等の効果を得る事が出来きます。

 

イメージとレーニングの効果的な具体的な方法として、1日10分程度を毎日行うことで効果があがえいます。

 

また、イメージトレーニングは経験した事だけでなく、画像を見て自分が経験していないことでも描く事ができます。

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 


 

 


特価クラブ




 

ゴルフの心理学に戻る

関連ページ

ルーティン
.ゴルフの世界で集中力を高める方法の中に「ルーテイン」と言う方法があります。 このルーテインは同じ動作を繰り返すことを意味し、望ましい動作をするために行う習慣や行動のことです。スポーツにおいては、試合でパフォーマンスを行う前に取り入れられることが多いです。
マインドコントロール
.スポーツの世界で集中力を高める方法の中に「マインドコントロール」と言う方法があります。ゴルフはマインドのスポーツと言われています。精神状態がプレーに直結しやすいスポーツなのです。心の安定をはかり、必要な強い精神力を引き出す方法としてマインドコントロールがあげられます。

サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
ゴルフ場予約サイト シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み