アイアンのトップスイング

アイアンの理想のトップスイング

 

商品紹介:メンズアイアンセットはこちらから


 

 

理想のトップスイング

 

アドレスとテークバックが正しく行えば、理想のトップスイングになります。

 

その理想の形とは、トップスイングで、左グリップが右耳の少し上の横にきて、右手のグリップで出前持ちのスタイルがトップの正しいスタイルになります。その時の右肘は外側に向かず、地面を方を指すのが正しい出前持ちになります。

 

下の写真の右端の写真でも分かるように、トップでの両肩は、左肩より右肩が上の方にきます。

 

ゴルフのスイングは、トップの位置からボールを打つ、角度を伴った角回転運動になります。そのためには、トップでは、上下動を行える両肩の傾きがダウンスイングで上からボールを打つためには大変重要になります。

 

 

 

この右肩の高さとボールの距離があるほど、ダウンスイングでこの高低差によりクラブを下に引く力がスムス―に行えスピードも高まります、

 

コンパクトスイングのトップの大きさは、スリークオター程度で、それ以上のクラブを深く上げるとオーバースイングになり、右脇が伸び、前傾姿勢がキープできなくなります。

 

その結果、体の上下動が起こり、アイアンで一番ミスの多いダフリやトップと言ったミスショットに繋がります。

 

【必見!】ゴルフグラブ・ボール・ウエア・アクセサリ特集

 

このトップやダフリの原因のほとんどが、ダウンスイング時に両膝の伸びる事でスイング軌道に高低が出来てしまうことです。

 

トップでは上体の力みを起こさない様に注意してください。

 

スイング中の力みは、ほとんど上半身の腕に集中し、体の回転を邪魔して手だけのスイングを引き起こします。

 

次に下の写真でも確認できますが、首の付け根の回転軸をボールの右にキープすることです。

 

トップで回転軸が飛行方向に倒れるとダウンスイングの切り返しで上体に力が入り上体がツコミ過ぎ、結果ヘッドアップに繋がり、スイングの正しい再現が出来なくなり、ミスショットを誘発してしまいます。

 

 グーグルとデータ提供者
アイアンスイング

 

スイング全体の流れは、アイアンはドライバーと違い、ロフトの違いで正確な方向と距離を刻むクラブです。その為、適正なトップ【スリークオター】を行い、力みや無駄な動きでミスを起こすリスクを避けなければなりません。

 

トップでは下半身に特に股関節にハリをもたせ、トップでは力みを取ることで、ヘッドの重みを感じられ、余裕を持つてトップからクラブを下す間を作ることです。

 

トップでのウエイトの配分は右サイドに80%、左に20%程度が理想です。

 

トップの位置はスリークオターでも、肩の角度は90度、腰の角度は20~25度程度で、膝から下の動きは少ない程、スイングが安定しパワーが蓄えられます。

 

 

トップの手首角度

 

グリップ角

トップスイングの手首の折れは、クラブフェースの向きの方向を表します。白のラインはグリップの折れがスケアーフェースな状態でインパクトでフェース面が正面を向きやすくなります。

 

グリップをスクエアな形で構えているのであれば、正しいトップということになります。

 

最近のトッププロは、ストロンググリップやフックグリップが多いので、トップでスクエアフェースよりもシャット気味のフェース向きになっています。

 

これはインパクトで球を捉まえやすく、理想の弾道が打ちやすくする為です。

 

優しいアイアン 振動数対応クラブ 人気売れ筋商品

Aデザイン ゴルフ Aグラインド ハイブリッド アイアン単品 NSプロ 950GH スチールシャフト A DESIGN GOLF GRIND HYBRID 振動数対応クラブ

Aデザインアイアン振動数

 

赤色のラインは、トップの位置でクラブフェースが空の方を向きます。左手首が手の平側に折れた状態でオープンフェースになりやすくなります。

 

このトップから振り下ろしたときは、インパクトまでにフェースがスクエアに戻らないため、スライスやプッシュアウトが出やすくなりますが、リストターンを使とフックボールも出てしまいます。

 

黄色のラインは、トップの位置でクラブフェースが正面を向き、シャットフェースになるので、インパクトでフェースが被ることにつながり、ヒッカケのミスが出やすくなります。

 

トップスイングではアップライト、フラット、スクエアーの3通りがあります

 

アイアンスイング

 

トップのクラブ位置でアップライト、スクエアー フラットの3タイプがあります。

 

初心者は、最初からスクエアーのトップの位置でスイングを覚えるがベストです。

 

アップライトのトップは、スイング軌道が上からのダウンスイングを行いやすく、ヘッドが鋭角に下りてくるのでヘッドの走りが良くなり、インパクトゾーンが長くとれるのが特徴です。

 

一方、フラットなトップは、アップライトに比べて、スイング軌道が平坦になるためヘッドの走りは遅くなり、インパクトゾーンも短くなります。

 

以上から、アイアンのスイングはダウンブローに打つのが基本になるので、アップライトのトップ位置が一番適している事になります。

 

 

トップスイングの切り返し

 

トップからの切り返しは、インパクトの成否を決める大きな要素です。

 

このトップの切り返しはバックスイングからダウンスイングの切り返しの部分で、スイングの動きが反対方向に反転する重要な時間帯です。

 

この反転は連続動作で行えば、必ず力が入りスイング軌道が遠いところから引っ張り込むスイング軌道になります。

 

そのため切り返しには、間が重要でその間をうまく取るにはアドレスからの一連の動作がポイントになります。

 

間の上手く取れないゴルファーの多くが、アドレスで正しい姿勢、方向が取れていないことを上げることができます。

 

例えば、アドレスで股関節を体のセンターできっちり行えているか、手でクラブを上げていないか、トップスイングで左肩がシッカリ90度まで回転出来ているか、などです。

 

また、トップの位置がボールと右肩の延線上にきっち来るように行わないとなりません。

 

 

トップスイング

 

 

トップスイングのいちが、上過ぎたり下過ぎたりしたトップの位置では、上半身でダウンスイングを行う以外行えないことです。

 

つまり、間を取るより上半身の方が先に動いてしまうからです。

 

バックスイングとダウンスイングの間には、左腕の動きが一瞬とまり腰のリードでダウンスイングを行うことです。

 

この腰のリードは、アッドレス、テークバックを正しく履行してこそできる技を理解してください。

 

正しいトップスイングからの腰のリードは、お腹に力を入れて左に回転させれば意外と容易に可能になります。

 

体が硬く十分な左肩が回らないゴルファーは、アドレスで右足を少し引くこと腰の回転が楽になり、左肩が入りやすくなります。

 

また、トップスイングからダウンスイングの切り返し時、左腕を左脇につけることで、上半身の動きを押さえ、腰のリードがやりやすくなります。

 

 

 


特価クラブ




スイング矯正機

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 


 

 

ゴルフクラブ

 

メンズクラブ

レディースクラブ

キッズ・ジュニア―用クラブ

クラブ用パーツ・シャフト



ウエアー

 

メンズウエア―

レディーウエアー

キッズ・ジュニア用ウエアー

 

シューズ

 

メンズシューズ

レディーシューズ

キッズ・ジュニア用シューズ

シューズ用アクセサリー


バッグ・グローブ・ボール・その他

のアイテム

グローブ

バッグ・ケース

ヘッドカバー

ラウンド用ボール

トレーニング用具

ラウンド用品・小物

コンペ用品

その他


人気の新作クラブ・シューズ・ウェア・バッグ・グローブ・ボール・ゴルフナビなどが大集合!レディース・メンズ・子供用も品数豊富に取り揃え。口コミ・ランキング・各種特集ページから簡単にお選びいただけます。





ゼクシオ

スリクソン

ブリジストン

ミズノ

テーラーメイド

タイトリスト

ヤマハ

キャロウェイ

コブラ

ホンマ

ヨネックス

オデッセイ

アダムス

ピン

オノフ

ロイヤルC

クリーブランド

マルマン

リンクス




ATTAS11

ゴルフクラブ最新モデル一覧はこちらから





 

 

 

スイング理論に戻る

 

 

 

 

関連ページ

アドレスの取り方
アドレスの取り方はスイングの基本です。正しいアドレスで理想のスイング軌道ができヘッドスピードを高め、正確なショットを打つことができます。間違ったアドレスはゴルフの上達を妨げ、楽しいはずのゴルフ生活を台無しにしてしまいます。
テークバックの取り方
クラブを正確にテークバックするには、左肩を中心にワンピースに行うことです。 下半身を安定させ上から下への捻転を作ることです。股関節を安定させたうえで、左肩と胸で回転させ、左肩を右ひざの上の置くよう回転させてください。
ダウンスイング
アイアンの打ち方の基本は、ダウンブローに打つことです。ではどのようにすればダウンブローに打つことができるのでしょうか。ダウンスイングで回転速度を上げるためには、コックした手首はそのままにして、クラブヘッドと回転軸(背骨)との距離を短く(慣性モーメントを最小に)したまま、回転運動を開始しに回転速度を上げます。
インパクト
インパクトはヘッドでボールを打ちに行くのでなく、ボールがヘッドの通過点にあるぐらいにイメージしてください。 また、打った後、ボールの行方を気にしすぎてはダメです。どこかにその意識があると、無意識にボールを見に行って、打ち急ぎの原因になり、ミスショットになってしまうからです。
フォロースルー
アドレスからフィニッシュまで一連の流れの中で、フィニッシュまで綺麗に振りぬくことが基本です。

サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページに戻る シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み ゴルフ場予約サイト