アイアンのトップスイング

理想のトップスイング

 

理想のトップスイング

 

アドレスとテークバックが正しく行えば、理想のトップスイングになります。
その理想の形とは、トップスイングで、左グリップが右耳の少し上の横にきて、右手のグリップで出前持ちのスタイルがトップの正しいスタイルになります。その時の右肘は外側に向かず、地面を方を指すのが正しい出前持ちになります。

 

下の写真の右端の写真でも分かるように、トップでの両肩は、左肩より右肩が上の方にきます。
ゴルフのスイングは、トップの位置からボールを打つ、角度を伴った角回転運動になります。そのためには、トップでは、上下動を行える両肩の傾きがダウンスイングで上からボールを打つためには大変重要になります。

 

この右肩の高さとボールの距離があるほど、ダウンスイングでこの高低差によりクラブを下に引く力がスムス―に行えスピードも高まります、

 

コンパクトスイングのトップの大きさは、スリークオター程度で、それ以上のクラブを深く上げるとオーバースイングになり、右脇が伸び、前傾姿勢がキープできなくなります。その結果、体の上下動が起こり、アイアンで一番ミスの多いダフリやトップと言ったミスショットに繋がります。

 

このトップやダフリの原因のほとんどが、ダウンスイング時に両膝の伸びる事でスイング軌道に高低が出来てしまうことです。トップでは上体の力みを起こさない様に注意してください。

 

もう1点が下の写真でも確認できますが、首の付け根の回転軸をボールの右にキープすることです。この場合もトップの切り返しで上体に力が入り上体がツコミ過ぎておこります。結果ヘッドアップに繋がり、スイングの正しい再現が出来なくなり、ミスショットを誘発してしまいます。

 

 グーグルとデータ提供者
アイアンスイング

 

スイング全体の流れは、アイアンはドライバーと違い、ロフトの違いで正確な方向と距離を刻むクラブです。その為、適正なトップ【スリークオター】を行い、力みや無駄な動きでミスを起こすリスクを避けなければなりません。

 

力みを取ることで、ヘッドの重みを感じられ、余裕を持つてスイングすることが大切です。

 

トップでのウエイトの配分は右サイドに80%、左に20%程度が理想です。

 

トップの位置はスリークオターでも、肩の角度は90度、腰の角度は30~35度で、膝から下の動きは少ない程、スイングが安定しパワーが蓄えられます。

 

トップの手首角度

 

グリップ角

トップスイングの手首の折れは、クラブフェースの向きの位置を表します。白のラインはグリップの折れがスケアーフェースな状態でインパクトでフェース面が正面を向きやすくなります。

 

グリップをスクエアな形で構えているのであれば、正しいトップということになります。
最近のトッププロは、ストロンググリップやフックグリップが多いので、トップでスクエアフェースよりもシャット気味のフェース向きになっています。これはインパクトで球を捉まえやすく、理想の弾道が打ちやすくする為です。

 

赤色のラインは、トップの位置でクラブフェースが空の方を向きます。左手首が手の平側に折れた状態でオープンフェースになりやすくなります。
このトップから振り下ろしたときは、インパクトまでにフェースがスクエアに戻らないため、スライスやプッシュアウトが出やすくなりますが、リストターンを使とフックボールも出てしまいます。

 

黄色のラインは、トップの位置でクラブフェースが正面を向き、シャットフェースになるので、インパクトでフェースが被ることにつながり、ヒッカケのミスが出やすくなります。

 

トップスイングではアップライト、フラット、スクエアーの3通りがあります

 

アイアンスイング

 

トップのクラブ位置でアップライト、スクエアー フラットの3タイプがあります。
初心者は、最初からスクエアーのトップの位置でスイングを覚えるがベストです。
アップライトのトップは、スイング軌道が上からのダウンスイングを行いやすく、ヘッドが鋭角に下りてくるのでヘッドの走りが良くなり、インパクトゾーンが長くとれるのが特徴です。
一方、フラットなトップは、アップライトに比べて、スイング軌道が平坦になるためヘッドの走りは遅くなり、インパクトゾーンも短くなります。

 

以上から、アイアンのスイングはダウンブローに打つのが基本になるので、アップライトのトップ位置が一番適している事になります。

 

 

xxio
ゼクシオ10ドライバーはいつものスイングで自然と芯を食う「オートマチック」なドライバーでした。0.25インチ長くなりヘッドスピードも上がりやすくなりましたが、メーカーの謳い文句通り自然にタメの作れるシャフトがプレーンな軌道に乗せてくれる感覚です。また、フェースの反発性能もアップしているそうで、前作(ゼクシオナイン)より飛距離はアップ、価格はダウンで大満足のドライバーです。

こちらから

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

スイング理論に戻る

 

 

クラブメーカーリンク

 

ブリヂストン

ダンロップ

キャロウェイ

テーラーメイド

タイトリスト

ピン

ミズノ

ヤマハ

ヨネックス

オデッセイ

オノフ

フォンテーン

プロギア

本間ゴルフ

クリーブランド

キャメロン

マルマン

WOSS

T.PMLLS

他メーカー

 

クラブメーカーリンク

ゴルフクラブ

ドライバー
ドライバー

フェアウエーウッド

フェアウエーウッド

ユーテリチィー

ユーテリチィー

アイアンセット

アイアンセット

単品アイアン

単品アイアン

ウエッジ

ウエッジ

パター

クラブセット

クラブセット

シャフトパーツ

ゴルフシャフト

ゴルフシャフト

スリーブ

スリーブ

グリップ

</td

ウエイト・レンジ

ウエイレンジト

クラブリペアー品

リペアー用品

ゴルフウエア―

ポロシャツ

ポロシャツ

アウター

アウター

セータトレーナー

ベスト

ベスト

パンツ

サカートワンピース

アンダーウエア

アンダーウエア―

レインウエア―

帽子

帽子

靴下

サングラス

時計

時計

ベルト

ベルト

ウエア―小物

お買い得セット

お買い得セット

ラウンド用品・ボール

ゴルフボール

ゴルフボール

グローブ

グローブ

距離測定機

距離測定機

マーカー

マーカー

テイー

テイ―

グリーンフォーク

グリーンフォーク

パターカバーホルダー

ホルダー

タオル

タオル

傘

ラウンドバック

ラウンドバック

ゴルフボールケース

ゴルフボールケース

ボトルホルダー

ボトルホルダー

ポーチ小物入れ

ポーチ

ラウンド小物入れ

ラウンドコ小物入れ

ゴルフバックケース

キャヂィーバック

キャヂィーバック

トートバッグ

トートバッグ

リュックバック

リュクバック

クラブケース

クラブケース

シューズケース

シューズケース

トラベルカバー

トラベルカバー

ヘッドカバー

ヘッドカバー

ラウンドバック

ラウンドバック

ゴルフボールケース

ゴルフボールケース

ボトルホルダー

ボトルホルダー

ポーチ小物入れ

ポーチ小物入れ

バックアクセサリー

バックアクセサリー

ボストンバック

ボストンバック

シューズ

ゴルフシューズ

ゴルフシューズ

他のシューズ

その他のシューズ

スパイク鋲

スパイク鋲

シューズケース

シューズケース

シューケアー

シューケアー

ゴルフアクセサリー

サポートグッツ

サポートグッツ

時計

時計

コンペ景品

コンペ景品

書籍

書籍

ビデオ・DVD

ビデオ

カレンダー

カレンダー

ゴルフ練習器具

ショット練習機

ショット練習機

スウイング分析機

スウイング分析機

パター練習機

パター練習機

アプローチ練習機

パター練習機

アプローチ練習機

アプローチ練習機

ネットゲージ

ネットゲージ

フィットネス

スナックゴルフ

スナックゴルフ

 

 

アイアンスイング理論に戻る

 

 

年末予約

関連ページ

アドレスの取り方
アドレスの取り方はスイングの基本です。正しいアドレスで理想のスイング軌道ができヘッドスピードを高め、正確なショットを打つことができます。間違ったアドレスはゴルフの上達を妨げ、楽しいはずのゴルフ生活を台無しにしてしまいます。
テークバックの取り方
クラブを正確にテークバックするには、左肩を中心にワンピースに行うことです。 下半身を安定させ下から上の捻転を作ることです。
ダウンスイング
アイアンの打ち方の基本は、ダウンブローに打つことです。ではどのようにすればダウンブローに打つことができるのでしょうか。ダウンスイングで回転速度を上げるためには、コックした手首はそのままにして、クラブヘッドと回転軸(背骨)との距離を短く(慣性モーメントを最小に)したまま、回転運動を開始しに回転速度を上げます。
インパクト
インパクトはヘッドでボールを打ちに行くのでなく、ボールがヘッドの通過点にあるぐらいにイメージしてください。 また、打った後、ボールの行方を気にしすぎてはダメです。どこかにその意識があると、無意識にボールを見に行って、打ち急ぎの原因になり、ミスショットになってしまうからです。
フォロースルー
アドレスからフィニッシュまで一連の流れの中で、フィニッシュまで綺麗に振りぬくことが基本です。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ シャフト理論 スイング理論 ゴルフ場予約サイト ゴルフルール