アイアンのフォロースルー

フォロースルーの取り方

正しいフォロースルーの取り方

 

ゴルフのスイングでフォロースルーは意外と軽視されがちですが、インパクト後のスイング軌道は飛距離アップや安定したボールを打つのに、とても大切なファクターです。

 

インパクト後、ヘッドを低く長く使う事で、フェースで長い時間ボールとコンタクトでき、直進性の強いボールは打てるのです。

 

この強い遠心力は左軸を回転軸として、クラブヘッドは遠心力で大きく円をえがき、力みのないきれいなフィニッシュを導きます。

 

この理想のフィニッシュは、アドレスからフィニッシュまで無駄のない筋肉の使い方で可能になるのです。

 

フォロースルーの遠心力で描くスイング軌道が正しい方向に向いていないと、ヒッカケやプッシュアウトになります。
 グーグルとデータ提供者
アイアンとトップ

 

正しいフォロースルーを行うポイントはインパクト後は左脇を開かず、左肘が外を向かない様に、体全体の回転を使って、クラブヘッドを目標に沿って真っすぐ出すことです。

 

体の全体の回転を使わず、手首を使うフォロースルーば、体のの回転を伴わない、腕だけが先に回転して左肘が外側に引けた状態で、フェースのヒールでインパクトしやすく、ヒッカケやフックがでてしまいます。
方向性と飛距離重視の点からも、両腕はしっかり体の回転を使ったフォロースルーを取るのが長く低いクラブ軌道がとれるのです。

 

ボールはインパクト直後にフェースを離れるのでなく、衝撃でつぶれたボールはフェースに留まっています。
つまり、遠心力の働きで、フォロースルーを大きく長く取る事で、ボールがフェース面に長く留まり、ボールの反発力を高め、正確な方向性を出すのに重要な役割を果たします。

 

さらに、きれいな大きなフィニッシュは、ヘッドスピ―ドを加速でき伸びのある打球を打つことが出来るのです。

 

フォロースルーではテークバックと逆に左腕を折り、フィニッシュではクラブが背中にまきつくように行います。

 

つまり、回転軸を中心に、スイング軌道はバックスイングとフォロースルーでは左右の対称関係になるのが正しいスイングになります。

 

フォロスローでは頭の位置と、クラブヘッドの位置関係は下の写真のように、回転軸を境に、引っ張り合う左右対称関係になるのが理想で、インパクト直後まで、ヘッドアップしないようにするのがポイントになります。

インパクト

フォロースルー後は、ウエイトを左軸に乗せて、左腕をタタんで右腕と右肩で最後まで回転することです。この時、ヘッドアップを意識しすぎヘッドの位置をキープすると、フォロースルーの回転をスムースに出来なくなりますから、インパクト後は回転と同時に自然に左側に移動させます。

 

もし、ミスショットをしたと感じた場合でも、最後まで回転してフィニッシュを作ることで、大きなミスの防止に有効です。

 

トップスイングからからフィニッシュまで一連の流れの中で、一定のリズムでフィニッシュまでスイングスピードを変えず綺麗に振り抜いてください。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

スイング理論に戻る

 



 

クラブメーカーリンク

 

ブリヂストン

ダンロップ

キャロウェイ

テーラーメイド

タイトリスト

ピン

ミズノ

ヤマハ

ヨネックス

オデッセイ

オノフ

フォンテーン

プロギア

本間ゴルフ

クリーブランド

キャメロン

マルマン

WOSS

T.PMLLS

他メーカー

 

クラブメーカーリンク

ゴルフクラブ

ドライバー
ドライバー

フェアウエーウッド

フェアウエーウッド

ユーテリチィー

ユーテリチィー

アイアンセット

アイアンセット

単品アイアン

単品アイアン

ウエッジ

ウエッジ

パター

クラブセット

クラブセット

シャフトパーツ

ゴルフシャフト

ゴルフシャフト

スリーブ

スリーブ

グリップ

</td

ウエイト・レンジ

ウエイレンジト

クラブリペアー品

リペアー用品

ゴルフウエア―

ポロシャツ

ポロシャツ

アウター

アウター

セータトレーナー

ベスト

ベスト

パンツ

サカートワンピース

アンダーウエア

アンダーウエア―

レインウエア―

帽子

帽子

靴下

サングラス

時計

時計

ベルト

ベルト

ウエア―小物

お買い得セット

お買い得セット

ラウンド用品・ボール

ゴルフボール

ゴルフボール

グローブ

グローブ

距離測定機

距離測定機

マーカー

マーカー

テイー

テイ―

グリーンフォーク

グリーンフォーク

パターカバーホルダー

ホルダー

タオル

タオル

傘

ラウンドバック

ラウンドバック

ゴルフボールケース

ゴルフボールケース

ボトルホルダー

ボトルホルダー

ポーチ小物入れ

ポーチ

ラウンド小物入れ

ラウンドコ小物入れ

ゴルフバックケース

キャヂィーバック

キャヂィーバック

トートバッグ

トートバッグ

リュックバック

リュクバック

クラブケース

クラブケース

シューズケース

シューズケース

トラベルカバー

トラベルカバー

ヘッドカバー

ヘッドカバー

ラウンドバック

ラウンドバック

ゴルフボールケース

ゴルフボールケース

ボトルホルダー

ボトルホルダー

ポーチ小物入れ

ポーチ小物入れ

バックアクセサリー

バックアクセサリー

ボストンバック

ボストンバック

シューズ

ゴルフシューズ

ゴルフシューズ

他のシューズ

その他のシューズ

スパイク鋲

スパイク鋲

シューズケース

シューズケース

シューケアー

シューケアー

ゴルフアクセサリー

サポートグッツ

サポートグッツ

時計

時計

コンペ景品

コンペ景品

書籍

書籍

ビデオ・DVD

ビデオ

カレンダー

カレンダー

ゴルフ練習器具

ショット練習機

ショット練習機

スウイング分析機

スウイング分析機

パター練習機

パター練習機

アプローチ練習機

パター練習機

アプローチ練習機

アプローチ練習機

ネットゲージ

ネットゲージ

フィットネス

スナックゴルフ

スナックゴルフ

 

 

アイアンスイング理論に戻る

 

 

 

 

 

hotprise

全国ゴルフ場予約に対応:事前購入だからできる驚きの価格&ポイントゲットChecK!

関連ページ

アドレスの取り方
アドレスの取り方はスイングの基本です。正しいアドレスで理想のスイング軌道ができヘッドスピードを高め、正確なショットを打つことができます。間違ったアドレスはゴルフの上達を妨げ、楽しいはずのゴルフ生活を台無しにしてしまいます。
テークバックの取り方
クラブを正確にテークバックするには、左肩を中心にワンピースに行うことです。 下半身を安定させ下から上の捻転を作ることです。
トップスイング
アイアンの場合、トップの位置はスリークオター程度がベストです。それ以上のオーバースイングは、右肩サイドが伸び、前傾姿勢をキープできなくなり、体の上下動が起こりミスショットに繋がります。
ダウンスイング
アイアンの打ち方の基本は、ダウンブローに打つことです。ではどのようにすればダウンブローに打つことができるのでしょうか。ダウンスイングで回転速度を上げるためには、コックした手首はそのままにして、クラブヘッドと回転軸(背骨)との距離を短く(慣性モーメントを最小に)したまま、回転運動を開始しに回転速度を上げます。
インパクト
インパクトはヘッドでボールを打ちに行くのでなく、ボールがヘッドの通過点にあるぐらいにイメージしてください。 また、打った後、ボールの行方を気にしすぎてはダメです。どこかにその意識があると、無意識にボールを見に行って、打ち急ぎの原因になり、ミスショットになってしまうからです。

サブメニュー