ドライバーでスライスが出る

ドライバーでスライスがでる

 

 


NEWXIO




 

 

ドライバーでスライスに悩む

 

ドライバーのスライスの原因はインパックでフェースが開いた状態でインパクトすることでおこります。

 

このフェースの開きはシャフト自体の問題やスイング自体が問題でスライスになります。

 

シャフトでスライスが出る原因

 

シャフトの硬さはインパクトのタイミング、シャフトの重さはイコールクラブの重でスイングのリズムを狂わせるからです。

 

実際のシャフトの硬さとクラブの重さで起こる、シャフトが合わない実例を挙げて説明します。

 

下のグラフは使用クラブのシャフト硬度を振動数で測定した値になります。

 

横の数値はシャフトの長さ、縦の数値はシャフトの硬さをcpmで表しています。

 

青のラインはヘッドスピードから最適なシャフトの硬さを表示しています。

 

オレンジラインは使用クラブの硬さをcpmで表示しています。cpmの値が大きい程シャフトが硬くなります。

 

ドライバーグラフ

 

まず、上のグラフからスライスが出る現因は、スイングスピードよりクラブのシャフトの硬さ、重さが合っていないことです。
すなわち、クラブ機能からオーバースペックになっていることです。

 

シャフトが合っていないことに気づかず、スイングが原因と考え打ち方でのスライス矯正は、スイングを壊す結果を招きますから、ゴルフの上達を遅らせてしまいます。

 

練習機

ゴルフ練習機の一覧はこちらからご覧ください

 

この方のヘッドスピードは約41m/cで、使用クラブはヘッドスピードに比べて相当硬めのシャフトを使用している事になります。このシャフトのレベルは45m/c程度に対応出来るシャフトの硬さになります。

 

使用クラブのシャフトは、シナリの最下点がインパクト直前に起こります。つまり、シャフトが最下点のタイミングが速すぎることです。

 

シャフト最下点が速すぎることは、フェースが開いている状態でインパクトすることでスライスがでることです。

 

また、ヘッドスピードの不一致は、インパクトのタイミング速くなり、シナリで発生したエネルギーとヘッドスピードのエネルギーが一致せず、シャフトのエネルギーをヘッドを通してボールに十分伝達でず飛距離ロスの原因になります。

 


フェアウェイゴルフは1991年にアメリカ・カリフォルニア州の サンディエゴにオープンいたしました。

今はカリフォルニアに 2店舗とインターネットを通じて最高のゴルフクラブ・ 情報をお届けしています

 

 

その現象を実際のシャフトのタイミングを時間差で表にしました。

 

使用シャフトと理想シャフトのタイミング違いを表した数値

使用シャフト

シャフトcpm

インパクト時間

使用シャフト

270(Xに相当)

0.055

理想シャフト

250(Rの硬め)

0.06

上の表から使用シャフトのタイミングが0.005秒速いことが分かり、1000分5のタイミングのズレが起こるのです。

 

0.005のタイミングの違いは高速のスイングでは大きなタイミングの違いになるのです。

 

さらにこのシャフトのタイミングは固有の運動であり、ヘッドスピードを色々変化させてもタイミングの時間帯は変化しないことです。

 

このタイミングを合すには、シャフトのタイミングを遅くすることで、つまり柔らかいシャフトに交換することで問題なく解決できます。

 

 

 

 

タイミングの速いシャフトの場合、シャフトのエネルギーの最大値を迎えた後でのインパクトでボールを捕えるため、シャフトのパワー減速状態のインパクトすることで、ボールとヘッドの衝撃でさらにフェース面が開きやすくなりスライス系の球筋になるのです。

 

インパクトはシャフトが反転運動の頂点で最もエネルギーを発揮するタイミングで飛距離、方向性には最も重要なファクターです。

 

何故なら、ヘッドがボールを捕らえるインパクトの瞬間、フェース面の1cm²あたり1トンの重力がかかるのです。
最大値点:シャフトのシナリが復元する時、もっともエネルギーを溜めているクラブの最下点

 

つまり、インパクトの衝撃でフェースが閉じる力も弱く、ボールを打った後のヘッドの返りが出来なくなり、ヘッドの抜けが悪くなりボールの捕まりが悪くなります。

 

この様なスライスの球筋を直そうと、インパクトで手首を無理やり返してしまうと、右グリップが左に回転して右グリップが左グリップを追い越しフェースがカブる状態で左にヒッカケたり、場合によってはチーピンの球筋になります。

 

さらに、合わないシャフトでスイングで変えると、間違ったスイングでボールを真っすぐ打つことになり、ゴルフの上達を阻害することになりますから、シャフトの硬さのチエックを優先させてください。

 

ボールケース

ナイキゴルフシューズが最大50%OFF!

 

クラブ重量が原因でスライス

 

クラブ重量が重すぎる場合にも、スイング中の遠心力と向心力が大きくなるため、体幹を維持できず、体がクラブの重さで振られる状態のリズムの悪いスイングになります。

 

つまり、クラブが体のセンターから離れ、ダウンスイングでクラブが寝る状態で、フェースが開く現象がおこります。

 

この場合、スイングは体の回転より手でクラブを振ることにでインパクトでグリップがヘッドより前に出ることでフェースが開きます。

 

また、重いシャフトではヘッドスピードが上がらず、クラブの重さからスイング軸の遠い地点からクラブを引くアウトサイドのスイング軌道になります。

 

そのため、体が浮きヘッドがアウトサイドの開いたフェースで、ヒールでインパクトすることが多くなります。

 

結果、打ち負け気味でヒールスライスボールが出る原因をつくります。

 

これは、クラブの重さで遠心力が大きくなり、慣性力が外側に向かうことで、ヘッドスピードを上げるスイングのタメが解け、手でクラブを振ってしまうからです。

 

シャフトを軟らかくすることで、クラブの総重量が軽くなり、スイングのリズムが向上しヘッドスピードもアップでき飛距離も伸びることになります。

 

結果、シャフトの最下点でタイミングの良いインパクトを迎え、フェースの開閉もしっかり行えて球の捕まりもよく、飛距離を伸ばす事にも繋がるのです。

 

見栄を張ったオーバースペックは、スイングを壊しスランプに入る危険性があります。自分に見合ったシャフトを選ぶこと重要です。

 


今がおススメ・旬のキャンペーン特集



 

 

シャフトの特性を生かす

 

さらに、弾き系のシャフトの選択もインパクトでシャフトのタメが一気に起こり、ヘッドの返りも鋭くできスライス防止にも効果があります。

 

シャフト以外では、ロフトのチェックも重要です。

 

ロフトがヘッドスピードに比べ小さい場合、ボールの捕まりが悪くスライス系のボールが出やすくなります。ロフト角が多い程ヘッドが返りやすくスライス防止には有効です。

 

例えば、上の使用クラブからスライスが出ないクラブのスペックは以下の表になります。

クラブの長さ 45インチ
シャフトの硬さ(cpm) 250cpm  Rの硬め、SR(相当)
クラブ重量 305g~310g
ロフト 9,5度

 

ボールバーナ

お買い得各メーカラウンドボールはこちらから参照!

 

スイングが原因でスライス

 

スイングが原因のスライスは、フェースが開いてインパクトすることです。

 

このフェースが開く原因はスイング軌道がアウトサイドインになっている場合と、スイング軸が飛行方向に倒れボールより左に来ることでフェースが開く場合です。

 

この2つの原因に共通する点は、テークバッ、バックスイングでクラブを手であげることです。

 

手でクラブを上げることで、体の回転より腕の回転が先行することです。

 

手の先行は、体の中心からクラブが離れてバックスイングでシャフトが寝て上がり、フェースが開いてしまいます。

 

この開きがダウンスイングでシャフトが寝てしまいインパクトでフェースが開いてスライスになります。

 

このようなスイングで、力みが入ればスイング軸が飛行方向に倒れ、インパクトでグリップがヘッドより先になる状態のインパクト」になります。

 

グリップがヘッドより先行することで、ファースが開いた状態でインパクト、スライスが出てしまうのです。

 

スライス修正のスイング

 

アドレスで両肩が飛行方向に並行になっていることが基本です。

 

左肩が開いていたり、スタンスが右を向いていないかを十分チェックし、テークバックは左肩、左腕、クラブを一体化させ、最低30㎝程度クラブを真っすぐ引き、クラブが胸の面から大きく離さずテークバック、バックスイングを行うことです、

 

クラブは自然と立って上がり、フェースが開くことはありません。

 

ダウンスイングは、背骨のスイング軸を動かさず腕(左腕)を振ることで、アウトサイドインのスイング軌道とスイング軸が左に倒れるずスイングできます。

 

 

 

 

正しい回転軸の作り方はこちらを参照してください

 

左腕の使い方はこちらを参してください。

 

 

 

 

 

 

関連記事

 

ドライバー重量が290g以下の売れ筋ランキング


 

ドライバー重量が291~319gまでの売れ筋ランキング


 

ドライバー重量が320g以上の売れ筋ランキング


 

 

 

ゴルフクラブ

 

メンズクラブ

レディースクラブ

キッズ・ジュニア―用クラブ

クラブ用パーツ・シャフト



ウエアー

 

メンズウエア―

レディーウエアー

キッズ・ジュニア用ウエアー

 

シューズ

 

メンズシューズ

レディーシューズ

キッズ・ジュニア用シューズ

シューズ用アクセサリー


バッグ・グローブ・ボール・その他

のアイテム

グローブ

バッグ・ケース

ヘッドカバー

ラウンド用ボール

トレーニング用具

ラウンド用品・小物

コンペ用品

その他


人気の新作クラブ・シューズ・ウェア・バッグ・グローブ・ボール・ゴルフナビなどが大集合!レディース・メンズ・子供用も品数豊富に取り揃え。口コミ・ランキング・各種特集ページから簡単にお選びいただけます。





ゼクシオ

スリクソン

ブリジストン

ミズノ

テーラーメイド

タイトリスト

ヤマハ

キャロウェイ

コブラ

ホンマ

ヨネックス

オデッセイ

アダムス

ピン

オノフ

ロイヤルC

クリーブランド

マルマン

リンクス




ATTAS11

ゴルフクラブ最新モデル一覧はこちらから





 

 

ページのトップに戻る

 

シャフトが合わない原因に戻る

 

 


特価クラブ




関連ページ

ドライバーでフックが止まらない
ドライバーでフックの出る原因には、シャフトやスイングなど色んな要因でおこります。 この要因を科学的、物理的に分析することで、解決方法が見つかり、その解決手段について解説していきます。
ロングアイアンが打てない
ゴルフで正しいスイングをしているのに、どうもしっくりこないクラブがあります。シャフトの硬さや重さがスイングに与える影響は、ゴルフ上達を阻害するといっても過言ではありません。長年のデータを集約して実例で解説します。
ミドルアイアンでスライスがでる
ゴルフで正しいスイングをしているのに、どうもしっくりこないクラブがあります。シャフトの硬さや重さがスイングに与える影響は、ゴルフ上達を阻害するといっても過言ではありません。長年のデータを集約して実例で解説します。
ショートアイアンがシックリこない
ゴルフで正しいスイングをしているのに、どうもしっくりこないクラブがあります。シャフトの硬さや重さがスイングに与える影響は、ゴルフ上達を阻害するといっても過言ではありません。長年のデータを集約して実例で解説します。
アイアンの距離が合わない
ゴルフで正しいスイングをしているのに、どうもしっくりこないクラブがあります。シャフトの硬さや重さがスイングに与える影響は、ゴルフ上達を阻害するといっても過言ではありません。長年のデータを集約して実例で解説します。

サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
ゴルフ場予約サイト シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み