90y前後のアプローチショット

90y前後のアプローチの打ち方

 

 



商品紹介:メンズウエッジはこちらから


 

90y前後のアプローチのコツ

 

 

アプローチ上達のポイント

 

 

グリーンに残り90ヤードでは、正確な方向と、正確な距離感でピンに近づけようと力が入るものです。この力みは失敗するのではないか、などの自信の無さで力んでしまうのが要因です。

 

 

まず、正確な方向を打つには、正しいアドレスで、アプローチに適応できるセットアップが基本になります。

 

アドレスでは、スタンス幅を肩幅程度に取り、ボールの位置は、両肩、両足の中央にくるようにセットアップして下さい。こうすることで、体がボールに対して正面を向き、バックスイングを正しく行うアドレスになります。

 

スタンスは左足先を少しオープンにする方が、クラブの振る抜きがしやすくなります。

 

また、この位置は、体の回転がボールを中心で行うことができ、安定した方向性にボールを打てるベストポジションになります。

 

アドレスのウエイトポジションは両足に平均に掛けて、フォロースルーで腰が切りやすいように、左足を引いたオープンスタンスに取ります。

 

バックスイングでは、下半身はあまり使わず、上体の回転でクラブと腕をワンピースに上げで、腕が体から余り離れないようにして下さい。

 


今がおススメ・旬のキャンペーン特集



 

 

そのためには、左手リードで左脇が開かない様に左肩を右にヒネルと自然とウエイトも右サイドに移ります。

 

ダウンスイングではバックスイングでできたコックを維持して、インパクトで手首のターンは行わず、体全体で回転するように、ヘッドスピードを一定にキープしてスイングすることです。

 

特に、インパクトで力を入れて距離を合わそうとすれば、ミスショットに繋がります。力が入る原因はボールを強く当てようと意識することです。

 

この様に1点に力を集中することなく、ヘッドの重りを感じるスイングでインパクトを広くイメージすることです。

 

 

 

スイング中のウエイト移動は小さくすることで、回転軸のぶれない、バランスの良いスイングができ、安定した方向性を確保できます。

 

このスイングウエイトの移動を小さくするには、テークバックで右腰の上下動を押さえテークバックをすることで行えます。

 

つぎに、距離の合わせ方ですが、、テークバックの回転の大きさで決めるのが正しい合わせ方になります。

 

バックスイングの大きさで、飛距離を合わせることがミスのリスクを減らす方法です。

 

スイングの振り幅で、左グリップ位置が右肩の高さになれば90Y  グリップの位置が右腰の高さでは50yと言う様に、自分に合わせた距離感を養うことが、ショートゲームを克服できる一番行いやすい方法になります。

 

後は、ピッチングウエッジ サンドウエッジで実際の飛距離を打ち、自分のストロークの違いでの距離感を覚えてください。

 

スイング全体としては、インパクトの強弱で距離を合すことは、安定したスイングが出来ず、かえって正確な距離を刻むことは出来ません。

 

また、ボールの手前にヘッドが入りダフリになったり、、直接ボールの頭を叩いてトップのミスに繋がりまから、一定のスイングスピードでトップからフィニッシュまで振れるように、普段から練習することが大切です。

 

特に、ボールを高く上げようとダウンスイングで右肩が下がり、ウエイトがインパクトで右に残ることです。アドレスデは左足にウエイトを60%程度置き、ダウンスイングでは左足に80%程度乗るようにウエイトを左にかけてください。

 

弾道の高さの調整は、アドレスのボールの位置でおこないます。押さえた低い弾道を打つ場合のボールの位置は、センターより右足よりに、ボールを上げたい場合は、センターより若干左よりにおいてください。

 


ボールケース

お買い得商品が満載・USモデル特集!


 

また、球の高低差の打ち分けには、アドレスの構え方の調整が必要になります。

 

低い球で押さえたい場合はハンドファーストに、ボールを上げたい場合には通常の構えで行うことです。

 

また、ボールをソフトに軟らかく打つには、スイングの回転軸を動かさず、両脇をインパクトゾーンではしっかり絞めてインパクトすることです。

 

そのことで、体全体を使た体の回転スピードと腕の振る移動スピードが同じリズムで振れるようになり、リズムの良いスイングができるのです。

 

100y前後のアプローチは。体の上下動、左右の移動が大きいとミスショットの繋がりますから、クラブを短く持ちスイング軌道を安定、できるだけコンパクトなスイングを心がけてください。

 

その方法として、以下の写真でA~Dまで頭の位置が動いていないことがわかります。

 

インパクト
グーグルとその情報提供者

 

これは四角で囲んだ腰に注目してください。腰の高さがアドレスからフィニッシュまで、同じ高さで回転しています。

 

つまり、スイングで腰の回転がレベルで行うことです。

 

このレベルスイングはトップ、ダフリを防止するだけでなく、ウエイト移動も自然とおこなえるのです。

 

レベルスイングはアドレスで両膝が内側にくる内またでなく、ガリ又をイメージしてアドレスを取ることでです。

 

また、アドレスでお尻を少し後ろに押し出すようにすれば、股関節の安定が飛躍的によくなり、レベルスイングを確実に行うことができます。

 

攻撃的なウエッジの組み合わせ

 

100yまでの短いアプローチショットは、一般のウエッジの2本体制では20y前後の打ち分けが必要になります。

 

そこで、アイアンの流れと同様4度ピッチで3本体制にすることで、15y前後で打ち分けができ、より確実にピンに近づけることができます。

 

また、1本のクラブでの調整の必要なく、フルスイングで距離を合わせることができ、より攻撃なゴルフが可能になります。

 

さらに、距離に合わせてスイングの大きさで打ち分けするより、スイングをフルショットで行えることが重要です。距離を合す打ち方よりフルショットで打つことの方がバックスピンが多くかかりグリーン上でボールを止めることができ、距離を合わせやすくなります。

 

また、アドレスでボールの位置を変えることで10y前後の距離を打ち分けることができます。

 

通常のアドレスでボールの位置を変えることです。

 

ボール1個程度左に置けば、レイトハンドでロフトが2度程度寝ることでボールを高く打ち出せ10y程度距離を押さえることができます。

 

逆にボール1個程度右に置けば、ハンドファースでロフトが2度程度立ち低い球で10Y遠くに打ち出せます。

 

一度トライしてみてください。

 

グーグルとその情報提供

 

以下は表は、一般ゴルファーと体力のあるアスリートに、ウエッジ本のお勧めのセッテングパターンになります。

 

200~210y前後の一般男性

番手

ロフト

飛距離

P/W

46°

100y

S/W

50°

90y

S/W

54°

80y

S/W

58°

70y

 

280y前後の一般男性

番手

ロフト

飛距離

P/W

43°

130y

S/W

48°

117y

S/W

52°

107y

S/W

56°

98y

 

 

アプローチショットを上手く行うポイントは3点  力まない  前傾姿勢を変えない  回転軸の移動を少なく  この3点に尽きます。

 

 



商品紹介:メンズウエッジはこちらから


 

 

golf5sumersale

 

練習機

ゴルフ練習機の一覧はこちらからご覧ください

 

ゴルフクラブ

 

メンズクラブ

レディースクラブ

キッズ・ジュニア―用クラブ

クラブ用パーツ・シャフト



ウエアー

 

メンズウエア―

レディーウエアー

キッズ・ジュニア用ウエアー

 

シューズ

 

メンズシューズ

レディーシューズ

キッズ・ジュニア用シューズ

シューズ用アクセサリー


バッグ・グローブ・ボール・その他

のアイテム

グローブ

バッグ・ケース

ヘッドカバー

ラウンド用ボール

トレーニング用具

ラウンド用品・小物

コンペ用品

その他


人気の新作クラブ・シューズ・ウェア・バッグ・グローブ・ボール・ゴルフナビなどが大集合!レディース・メンズ・子供用も品数豊富に取り揃え。口コミ・ランキング・各種特集ページから簡単にお選びいただけます。





ゼクシオ

スリクソン

ブリジストン

ミズノ

テーラーメイド

タイトリスト

ヤマハ

キャロウェイ

コブラ

ホンマ

ヨネックス

オデッセイ

アダムス

ピン

オノフ

ロイヤルC

クリーブランド

マルマン

リンクス




ATTAS11

ゴルフクラブ最新モデル一覧はこちらから





 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 


 

 

アプローチショット理論戻る

 

 

 

 

 

 





関連ページ

距離のあるランニングアプローチ
距離のあるランニングアプローチ グリーン奥にピンがある長いランニングアプローチの場合、ボールにスピンがかかり過ぎるとショートしてしまいます。
ロブショットの打ち方
ロブショットを打てるライ、打てないライを判断する事が重要で、すべての条件下でロブショットを使えるとはかぎりません。 例えば、グリーンエッジからピンまでの距離がある場合は、ランニングアプローチやパターなどのクラブで安全に転がすことがで、無理にロブショットを使う必要はありません。 基本的には、グリーンエッジからピンまでの距離が短い場合などで、ボールをできるだけ早く止めたい時に使うショットになります。
30y~50y前後のアプローチショット
アドレスでは、スタンス幅を肩幅よりやや狭いスタンスで取る事です。 ボールを上げるアプローチでは、ボールの位置は体の中心かやや右サイドで、低いボールを打つ場合は、右かがと延線上に球を置くのがベストです。 球を上げようとする意識が強いあまり、ボールをセンターより左に置くことは間違ったボールの位置になります。

サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページに戻る シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み ゴルフ場予約サイト