ユーティリティの打ち方

ユーティリティの打ち方

 

 

 

ユテリテーバーナ

 

 

 

 

ユーティリティの機能・特長

 

ユーティリティを上手く取りいれる事で、フェアウェイウッドやロングアイアンを不得意とする、距離を埋めるのに有効なクラブになります。

 

ユーティリティにはウッドタイプとアイアンタイプの2種類のモデル

 

ユーティリティウッドの特徴は、アイアンに比べクラブ重量が軽く、ソールが広く、重心が低いので、ボールの弾道が高く、又、方向性もコントロールしやすいクラブになります。フェアウェイウッドやロングアイアンを使うよりも球を捕まえやすく、ダフリのリスクの少ないクラブです。

 

また、ロングアイアンの場合、ボールにスピンがかかりにくく、グリーン上に乗っても球は止まらず、結果距離の長いラインや難しい下りの返しのアプローチが残り、大たたきするリスクが増えます。

 

その点、ユーティリティは球を捕まえやすく、バックスピンもかけやすくグリーン上で球を止めやすくいクラブになります。

 

ユーティリティのクラブ特徴の1つに、シャフトの長さが38インチ~40インチで長さが平均的でアイアンに比べクラブが長いことです。

 

アイアン型のユーティリティもウッドタイプと同様の特徴をもっています。

 

使い分けとしては、フェアウエーウッドが得意な方はウッドタイプ、ロングアイアンが好きな方はアイアンタイプの選択がベストです。

 

初心者の場合、ヘッドの容量が大きく飛距離も出やすく、球の曲がりの少ないウッドタイプがお勧めです。

 

ボールバーナ

お買い得各メーカラウンドボールはこちらから参照!

 

各番手のロフトと長さの関係

番手

ロフト

クラブ長さ

3W

15

43.00

5W

18

42.25

UT

20

40.25

UT

23

39.75

UT

26

38.75

UT

29

38.00

5I

25

38.00

6I

28

37.50

 

ユテリティの打ち方は手打ちでなく体の回転

 

ユテリティの打ち方は、インパクト前後のクラブの軌道をフラットに飛行方向に真っすぐ低く行います。

 

ボールを上げようと手打ちのスイングや、飛ばそうとボールを強く叩く腕だけのスイングを行わないことです。

 

ユテリティの打ち方は、スイングのスイングワーク(ふり幅)は小さくなり、フェアウエーウッドより短い分振りやすく、やさしいクラブと言えます。

 

さらに、グリップを目一杯握らず少し余して持つことでさらにスイング軌道が安定し、ミスショットを減らす事ができます。

 

また、ロングアイアンは、ソールが薄く重心も高く、ヘッドスピードの遅い方や、非力なゴルファーには球をしっかり捕られることの難しいクラブになりますが、その点、ユーティリティはソール面も広く重心も低く設定されているので、球を上げ、捕まえやすい、易しいクラブになります。

 

この両方の特徴を持つことで、ユーティリティのスイングはウッドとアイアンの中間になるのです。

 

練習機

ゴルフ練習機の一覧はこちらからご覧ください

 

商品紹介:メンズユーティリテはこちらから


 

ユーテイリティの打ち方は、アイアンのスイングの特徴である、スイング軸を小さく使うコンパクトなスイングをすることですが、ダウンスイングはボールの手前にヘッドを入れ芝の上を滑らせるボールを押し出すレベルスイング軌道が基本です。

 

つまり、ボールの前後を出来るだけレベルスイングすることで、アイアンのようにダウンブローでなく、ボールに対してヘッドの入射角度は緩やかに行います。

 

アドレスではスタンスはやや広めで、ボールの位置はセンターよりやや左サイドに置くようにしてください。

 

アドレスでクラブのソール全体が芝につくようにセットしてください。この時点でソールの一部が浮くようなセットではインパクトゾーンでクラブがフラットの軌道にならずミスショットになります。

 

この場合、クラブよってはフェースが左を向いたり、開いたりする場合がありますが、あくまでソール面全体を芝につけることが重要です。

 

スタンスはスクエアーに取るのがポイントで、クローズドスタンスではインパクトでボールを引っ掛けやすくなります。

 

テークバックはワンピースに上げますが、ポイントはアドレスで出来た手首の角度を変えず両脇は閉めて30cm程度真っすぐ引きバックスイングを取ることです。

 

このようなバックスイングを行えば、トップスイングの大きさはアイアン程度のスリークオターの位置でトップスイングができるはずです。

インパクト

 

ダウンスイングでは、両脇を空けず腕を体から離さず、インパクトを体のセンターで行えるよう、スイングのタメはあまり意識せず、芝生を払う様に打ちます。

 

アイアンではダウンブローに打ちますが、ユーティリティの打ち方のスイングはフラットで払い打ちになります。

 

このフラットに打つ(レベルスイング)ポイントは、ボールの先に10㎝程度先に仮想ボールがあるとイメージしてそのボールを打つ感覚になります。

 

この仮想ボールを置くことで、インパクトでクラブの入射角度が穏やかにできるのです。

 

入射角度を穏やかにするには、ダウンスイングで右腰上あたりにクラブがくれば右手首のコックを解き、腰のリードで右手を使いクラブヘッドがグリップを追い越すイメージでヘッドターンすることです。

 

 

 


ゼクシオシリーズの10代目となるXXIO10!
今回も爽快な打球音、心地よい振り心地はそのままに進化して登場しました!セカンドショットを楽にしてくれるクラブとして活躍してくれます!
豊富な番手でセットで揃えられる方が多いのもXXIOシリーズの特徴です。


このミズノのT-ZOID プラスのユーティリティーは、番手がU3からU6まで幅広く選ぶ事ができ、U6はロフト角31度になりますので、アイアンで考えると6番アイアンに近いロフトになりますので、
やさしく打てる。「T-ZOID PLUS」ユーティリティ。

 

 

 

 

インパクトではソールで芝生の上を滑らせボールの後ろを払い押し出すようにスイングしてください。

 

インパクト後、ソールを先に滑らせることで、ボールを上げようとヘッドを上に抜くイメージ(すくい上げ)はしないことです。

 

インパクトは体のセンターで行い、スイングの通過点程度にイメージし、インパクトを強く意識しないで、長いインパクトゾーンをイメージし、右手を使いフォロースルーをしっかり取りります。

 

ユーティリティのウエイト移動は、シャフトが体のセンターに来た時ヘッドがグリップを追い越すイメージでウエイトを左サイドに預けるようにスイング出来れば理想のスイングになります。

 

注意点は飛ばそうとインパクトで強く打ちに行き、インパクトで終わるスイングは行わないことです。

 

【ダウンスイングでダウンブローの打ち方はロフトが立ちボールが上がりにくくないります。ユテリティのインパクトは払い打ちが基本です】

 

 

ユテリティの打ち方は払い打ちのため、ボールは中央か、少し左置いてください。スタンスは両肩よりやや広めで、スクエアーに取りウエイトはセンターに置くようになります。

 

打ち込むスイングではないため、ハンドファーストの構えは必要ありません。アドレスでは前傾姿勢を深く取らず少し立気味で自然に構えてください。

 

ユーティリティで、トップ、ダフリが出る方は、テークバックで下半身を使い過ぎて、アドレスの前傾姿勢がくずれたり、スイング軸が飛行方向に倒れることです。

 

 

このような場合、ボールと体の距離が狂うことで、ミスがおこるのです。また、ダウンスイングをインサイドからのスイング軌道で球を上げようとするとボールの頭を叩きトップがでてしまいます。

 

このように、下半身が不安定なゴルファーはアドレス時お尻を少し押し出すようにすれば、股関節が安定し上下動、左右動の防止に有効です。

 

またテークバックの際、両膝の間隔が狭くならないように少しガニ股気味に構えることも下半身の安定につながります。

 

払い打ちとが逆に、ボールを上げようとすくい打ちのアッパースイングば、インパクトで当たりが薄くなりボールも上がらず飛距離を落としてしまい、場合によってはボールの頭を叩くトップになります。

 


フェアウェイゴルフは1991年にアメリカ・カリフォルニア州の サンディエゴにオープンいたしました。

今はカリフォルニアに 2店舗とインターネットを通じて最高のゴルフクラブ・ 情報をお届けしています

 

 

 

芝の上のあるボールを打つには、、スイングは、腰をレベルに回すのがポイント

 

頭の高さを維持し、特に、両膝の角度を保ったままスイングすることです。インパクトで左膝が伸びるとスイング軌道が上側を通りトップしやすく、それを修正しようするとダウンスイングで右肩を落としダフリがでてしまうのです。

 

商品紹介:売れ筋人気ユーティリテ商品の紹介


ロングセラー商品☆ミズノ ゴルフ Tゾイド プラス ユーティリティー T-ZOID PLUS カーボンシャフト MIZUNO ティーゾイド


オリマー ゴルフ ORM-500U AGチューン ユーティリティー カーボンシャフト ORLIMAR AGTUNE

 

テークバックを行う際、右腰を高さを変えず上体の力を抜き、左肩を右にレベル回転すれは自然と体重移動も行え、切り返しでダウンスイングもスムースにおこなえます。

 

この捻転方法はトップの位置が、自然に感じられて、ユーティリティで絶対行ってはいけない、無駄なオーバースイングの防止にも効果があります。

 

手首を使ってテークバック、バックスイングをおこなうと、たしかに自由度の高い楽なバックスイングを行えますが、逆にスイングの再現性が不安定になり、ヘッドスピードは上がりません。

 

テークバックでは左肩と腕のクラブの支点であるグリップの角度を、左肩と同時に同じリズムで行えば手で上げる癖は直ります。

 

商品紹介:メンズユーティリテはこちらから


 

ユーテリティウッドで球が散る場合

 

ユテリティウッドにはいろんなロフト角のクラブが販売されています。

 

そこで、左出やすい場合は少しロフトの少ないユテリティクラブに、右に出やすい場合は少し大きめのロフトのユテリティクラブの使用で、球が左右に散るリスクをなくせます。

 

ユーテリティウッドの使用で、ブッシュや丈の高い芝に沈んだボールの場合の使用はミスショットになりますから、使用は避けてください。

 

初心者や、中級者がユーティリティをうまく使うことは、ドライバ―とロングアイアンの間の距離を埋めるクラブとして、距離を稼げスコアーアップに繋がり、近年では、プロでもユーティリティを使う傾向が増えてきました。

 

ぜひ、練習の機会を増やし、ここ一番で使用できる、一番得意クラブにしてください。

 

 

【ユーティリティの注意点】

 

ユーティリティが自信がないからと言って、クラブを極端に短く持つゴルファーがおられます。

 

クラブを短く持つことは、シャフトが硬く、ヘッドが効かないクラブになります。

 

グリップを少し余す程度が、シャフトのシナリを活用でき飛距離がアップが出来かえって方向性も安定します。

 

ユーティリティがどうしても苦手なゴルファーは、7Wの使用がおススメです。

 

7Wの場合、重心深度もユーティリティより深くロフトも20~23度で球の捕まりもよくボールを上がりやすくなります。

 

ユーティリティの20度の代替えクラブとして、7Wは有効で使いやすいショートウッドになります。

 

 

マーク無駄のない上達への体の使い方

 

 

ゴルフクラブ

 

メンズクラブ

レディースクラブ

キッズ・ジュニア―用クラブ

クラブ用パーツ・シャフト



ウエアー

 

メンズウエア―

レディーウエアー

キッズ・ジュニア用ウエアー

 

シューズ

 

メンズシューズ

レディーシューズ

キッズ・ジュニア用シューズ

シューズ用アクセサリー


バッグ・グローブ・ボール・その他

のアイテム

グローブ

バッグ・ケース

ヘッドカバー

ラウンド用ボール

トレーニング用具

ラウンド用品・小物

コンペ用品

その他


人気の新作クラブ・シューズ・ウェア・バッグ・グローブ・ボール・ゴルフナビなどが大集合!レディース・メンズ・子供用も品数豊富に取り揃え。口コミ・ランキング・各種特集ページから簡単にお選びいただけます。





ゼクシオ

スリクソン

ブリジストン

ミズノ

テーラーメイド

タイトリスト

ヤマハ

キャロウェイ

コブラ

ホンマ

ヨネックス

オデッセイ

アダムス

ピン

オノフ

ロイヤルC

クリーブランド

マルマン

リンクス




ATTAS11

ゴルフクラブ最新モデル一覧はこちらから





 

 


特価クラブ




スイング矯正機

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 


 

 

FW UT理論に戻る

 

 

 

トップぺージにページに戻る

 

 

 

 

 

 

 

関連ページ

フェアウエーの打ち方
スイング軌道は上下動の少ないレベルスイングで、 インパクトはボールの手前からヘッドのソールを滑らせるように打ちます。ちょうど、ほうきで芝を履いているようなイメージで、この払い打ちがフェアウェイウッドのスイングの基本になります。 そのためには、アドレスのウエイトは両足に均等にかけ、ボールの位置はほぼ体の中心がボール半個左に置くようにします。

サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページに戻る シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み ゴルフ場予約サイト