コース戦略・砲台グリーンのパー3の攻略

砲台グリーンの攻略

 





今がおススメ・旬のキャンペーン特集


 

砲台で横長のグリーン

 

 

グリーンは砲台で横長のグリ―ン、奥行きが短いショートホール パー 3 160y

 

砲台グリーンの為、転がして乗せることや、結果オーライは望めないホールです。
砲台グリーンに乗せるには、ショットで正確な距離を打てるかどうかで、パーが取れるかどうかの分岐点になります。

コース戦略

アイアンショットでも、落下してから数ヤード転がります。アイアンの飛距離はキャリーとランの合計で、その認識がないゴルファーには、クラブ選択が正しくできず難しいホールになります。

 

ピンまでの距離が155yであればキャリーで150y打てるクラブの選択になります。
グリーンを外せば、球を転がしてあげる事が出来ない分、パーは難しく逆に大たたきも排除できないのが、このホールの難しさです。

 

もう1つの難しさは、高い球で球の転がりを抑えなければならないことです。
それには、真上からボールを落とす必要性があり、番手を下げて高い球を打つことが求められます。

 

その方法として、ティ―アップは高めにしてボールの置く位置を、少し左にするこどでボールに対して、ヘッドがアッパーに入り高い球が打ちやすくなります。ただし、上げる意識は持たず、フルスイングすることで、スピンの効いたナイスショットを生むことに繋がります。

 

赤ラインは距離感がつかめす、小さい番手で強くインパクトして、ひっかけ左のラフに打ち込んでしまいます。

 

青のラインは、同じく小さい番手でナイスショットしましたが、距離が足らずグリーンのエッジ部分に乗りましましたが、バックスピンがかかりグリーン下にこぼれ落ちるケースです。ボールを上げて寄せのアプローチは難しく、このケースも、パーを取るのが難しくなります。これは、番手選別のミスで起こったケースになります。

 

正しい戦略は、オレンジラインで、ティ―アップを高めにして、150yをきっちり打てるアイアンで、力まずフルスイングすることです。

 

グリーンを外すんではないか、の様な不安は気持ちを持たず、この番手なら、間違いなくピンまで打てると自信をもってスイングすることです。

 

 

 

関連記事

 

検索マーク

 

砲台グリーンの攻め方

 

 

ゴルフクラブ

 

メンズクラブ

レディースクラブ

キッズ・ジュニア―用クラブ

クラブ用パーツ・シャフト



ウエアー

 

メンズウエア―

レディーウエアー

キッズ・ジュニア用ウエアー

 

シューズ

 

メンズシューズ

レディーシューズ

キッズ・ジュニア用シューズ

シューズ用アクセサリー


バッグ・グローブ・ボール・その他

のアイテム

グローブ

バッグ・ケース

ヘッドカバー

ラウンド用ボール

トレーニング用具

ラウンド用品・小物

コンペ用品

その他


人気の新作クラブ・シューズ・ウェア・バッグ・グローブ・ボール・ゴルフナビなどが大集合!レディース・メンズ・子供用も品数豊富に取り揃え。口コミ・ランキング・各種特集ページから簡単にお選びいただけます。





ゼクシオ

スリクソン

ブリジストン

ミズノ

テーラーメイド

タイトリスト

ヤマハ

キャロウェイ

コブラ

ホンマ

ヨネックス

オデッセイ

アダムス

ピン

オノフ

ロイヤルC

クリーブランド

マルマン

リンクス




ATTAS11

ゴルフクラブ最新モデル一覧はこちらから





 

 

ゴルフボールメーカ

ブリヂストン

タイトリスト

ダンロップ

キャロウエー

キャスコ

テラーメイド

ミズノ

ゴルフプレスト

プロギア

本間

ラインマーカ

ロストボール

 

 

 

コース戦略に戻る

 

 

 

 

 

関連ページ

左サイドがすべて池
練習の成果が、現場で上手く発揮できなかったり、満足のいくショットを打っても、逆にピンチになってしまう。 この様な問題はよく起こることです。 この原因は、練習場では解決できない、コースでしか解決できない問題が、いくつも存在するからです。 .
右サイドが海の崖のミドルホール
練習の成果が、現場で上手く発揮できなかったり、満足のいくショットを打っても、逆にピンチになってしまう。 この様な問題はよく起こることです。 この原因は、練習場では解決できない、コースでしか解決できない問題が、いくつも存在するからです。
タフな登りのミドル
練習の成果が、現場で上手く発揮できなかったり、満足のいくショットを打っても、逆にピンチになってしまう。 この様な問題はよく起こることです。 この原因は、練習場では解決できない、コースでしか解決できない問題が、いくつも存在するからです。
打ち下しでグリーン手前が池のティ―ショット
練習の成果が、現場で上手く発揮できなかったり、満足のいくショットを打っても、逆にピンチになってしまう。 この様な問題はよく起こることです。 この原因は、練習場では解決できない、コースでしか解決できない問題が、いくつも存在するからです。
S字型のロングホールのティ―ショット
練習の成果が、現場で上手く発揮できなかったり、満足のいくショットを打っても、逆にピンチになってしまう。 この様な問題はよく起こることです。 この原因は、練習場では解決できない、コースでしか解決できない問題が、いくつも存在するからです。
コース戦略・右サイドがすべて池で右ドッグレッグ
練習の成果が、現場で上手く発揮できなかったり、満足のいくショットを打っても、逆にピンチになってしまう。 この様な問題はよく起こることです。 この原因は、練習場では解決できない、コースでしか解決できない問題が、いくつも存在するからです。
コース戦略・フェアウエーに張り出した深いグラスバンカー
練習の成果が、現場で上手く発揮できなかったり、満足のいくショットを打っても、逆にピンチになってしまう。 この様な問題はよく起こることです。 この原因は、練習場では解決できない、コースでしか解決できない問題が、いくつも存在するからです。
登りで砲台グリーンのロングホール
練習の成果が、現場で上手く発揮できなかったり、満足のいくショットを打っても、逆にピンチになってしまう。 この様な問題はよく起こることです。 この原因は、練習場では解決できない、コースでしか解決できない問題が、いくつも存在するからです。
グリーンが浮島のミドルホールのティ―ショット
練習の成果が、現場で上手く発揮できなかったり、満足のいくショットを打っても、逆にピンチになってしまう。 この様な問題はよく起こることです。 この原因は、練習場では解決できない、コースでしか解決できない問題が、いくつも存在するからです。
池越えでピンが奥にある速いグリーン
練習の成果が、現場で上手く発揮できなかったり、満足のいくショットを打っても、逆にピンチになってしまう。 この様な問題はよく起こることです。 この原因は、練習場では解決できない、コースでしか解決できない問題が、いくつも存在するからです。
池とバンカーに囲まれたショートホール
練習の成果が、現場で上手く発揮できなかったり、満足のいくショットを打っても、逆にピンチになってしまう。 この様な問題はよく起こることです。 この原因は、練習場では解決できない、コースでしか解決できない問題が、いくつも存在するからです。
グリーン手前まで続く池のショート
練習の成果が、現場で上手く発揮できなかったり、満足のいくショットを打っても、逆にピンチになってしまう。 この様な問題はよく起こることです。 この原因は、練習場では解決できない、コースでしか解決できない問題が、いくつも存在するからです。
池、バンカー、林に囲まれた長い
練習の成果が、現場で上手く発揮できなかったり、満足のいくショットを打っても、逆にピンチになってしまう。 この様な問題はよく起こることです。 この原因は、練習場では解決できない、コースでしか解決できない問題が、いくつも存在するからです。
池、バンカーにガードされたパー
練習の成果が、現場で上手く発揮できなかったり、満足のいくショットを打っても、逆にピンチになってしまう。 この様な問題はよく起こることです。 この原因は、練習場では解決できない、コースでしか解決できない問題が、いくつも存在するからです。
左奥にカーブしたグリーンのパー3
練習の成果が、現場で上手く発揮できなかったり、満足のいくショットを打っても、逆にピンチになってしまう。 この様な問題はよく起こることです。 この原因は、練習場では解決できない、コースでしか解決できない問題が、いくつも存在するからです。
池に浮かんだアイランドグリーン
練習の成果が、現場で上手く発揮できなかったり、満足のいくショットを打っても、逆にピンチになってしまう。 この様な問題はよく起こることです。 この原因は、練習場では解決できない、コースでしか解決できない問題が、いくつも存在するからです。
2打目に難しい連続バンカーショット
練習の成果が、現場で上手く発揮できなかったり、満足のいくショットを打っても、逆にピンチになってしまう。 この様な問題はよく起こることです。 この原因は、練習場では解決できない、コースでしか解決できない問題が、いくつも存在するからです。
2打目が160yの林越え
練習の成果が、現場で上手く発揮できなかったり、満足のいくショットを打っても、逆にピンチになってしまう。 この様な問題はよく起こることです。 この原因は、練習場では解決できない、コースでしか解決できない問題が、いくつも存在するからです。
2打目がラフからの左足下がりのショット
練習の成果が、現場で上手く発揮できなかったり、満足のいくショットを打っても、逆にピンチになってしまう。 この様な問題はよく起こることです。 この原因は、練習場では解決できない、コースでしか解決できない問題が、いくつも存在するからです。
2打目が危険いっぱいのグリーン
練習の成果が、現場で上手く発揮できなかったり、満足のいくショットを打っても、逆にピンチになってしまう。 この様な問題はよく起こることです。 この原因は、練習場では解決できない、コースでしか解決できない問題が、いくつも存在するからです。
3打目が池越えの180y
練習の成果が、現場で上手く発揮できなかったり、満足のいくショットを打っても、逆にピンチになってしまう。 この様な問題はよく起こることです。 この原因は、練習場では解決できない、コースでしか解決できない問題が、いくつも存在するからです。

サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
ゴルフ場予約サイト シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み