コース戦略

池越えでピンが奥にある速いグリーン

 



 

池越えでピンが奥にある速いグリーン

 

パー3  165y

 

ピンポジションは、手前から28yで奥から5ヤードのやや左サイドにあります。

 

グリーン中央から左サイドは傾斜があり、オンしても左にこぼれてしまいます。グリーンの右サイドは、やや丘状態で左に球が転がりやすい状態ですが、速いグリーンになっています。

 

速いグリーン攻略のセオリーは、フルスイングすることです。フルスイングはボールのスピンを多く発生させ、ボールを止めやすくなるからです。

 

また、球が転がる一番長い位置、すなわち、グリーンの中央がターゲットになります。この2点を頭に入れて、攻略しなければなりません。

コース戦略

 

池越えで速いグリーンである事から、ボールはスピンの効いた高い弾道が要求されます。
池越えの意識から、球を上げようと、手打ちのスイングではミスショットになります。
しっかり、体の回転を使ったフルスイングが必要になります。。

 

この場合の正しい選択は。オレンジラインで、グリーンの右から傾斜を使いピンに寄せる方法になります。
150y打てるクラブで、体の回転軸を中心にしっかりスイングを行うことです。
スピンの効いた球を打つため、ティ―アップはやや高めにするのも、忘れず実行してください。

 

赤ラインは会心のショットを打てたが、グリーン左サイドでは、球が止まらず左のラフにこぼれ、難しい返しのアプローチが残ってしまうケースです。

 

青ラインは、球を上げようと力んでトップやダフリで、池や手前のバンカーに捕まり、パーを取る事が不可能になるケースです。

 

このホールでの攻略のポイントはグリーン中央右サイド、フルスイングになります。

 

 

 

 

関連記事

 

検索マーク

 


アイアンのスイング理論

 

 

ゴルフクラブ

 

メンズクラブ

レディースクラブ

キッズ・ジュニア―用クラブ

クラブ用パーツ・シャフト



ウエアー

 

メンズウエア―

レディーウエアー

キッズ・ジュニア用ウエアー

 

シューズ

 

メンズシューズ

レディーシューズ

キッズ・ジュニア用シューズ

シューズ用アクセサリー


バッグ・グローブ・ボール・その他

のアイテム

グローブ

バッグ・ケース

ヘッドカバー

ラウンド用ボール

トレーニング用具

ラウンド用品・小物

コンペ用品

その他


人気の新作クラブ・シューズ・ウェア・バッグ・グローブ・ボール・ゴルフナビなどが大集合!レディース・メンズ・子供用も品数豊富に取り揃え。口コミ・ランキング・各種特集ページから簡単にお選びいただけます。





ゼクシオ

スリクソン

ブリジストン

ミズノ

テーラーメイド

タイトリスト

ヤマハ

キャロウェイ

コブラ

ホンマ

ヨネックス

オデッセイ

アダムス

ピン

オノフ

ロイヤルC

クリーブランド

マルマン

リンクス




ATTAS11

ゴルフクラブ最新モデル一覧はこちらから





 

 

ゴルフボールメーカ

ブリヂストン

タイトリスト

ダンロップ

キャロウエー

キャスコ

テラーメイド

ミズノ

ゴルフプレスト

プロギア

本間

ラインマーカ

ロストボール

 

 

 

コース戦略に戻る

 

 

 

 

 





関連ページ

左サイドがすべて池
練習の成果が、現場で上手く発揮できなかったり、満足のいくショットを打っても、逆にピンチになってしまう。 この様な問題はよく起こることです。 この原因は、練習場では解決できない、コースでしか解決できない問題が、いくつも存在するからです。 .
右サイドが海の崖のミドルホール
練習の成果が、現場で上手く発揮できなかったり、満足のいくショットを打っても、逆にピンチになってしまう。 この様な問題はよく起こることです。 この原因は、練習場では解決できない、コースでしか解決できない問題が、いくつも存在するからです。
タフな登りのミドル
練習の成果が、現場で上手く発揮できなかったり、満足のいくショットを打っても、逆にピンチになってしまう。 この様な問題はよく起こることです。 この原因は、練習場では解決できない、コースでしか解決できない問題が、いくつも存在するからです。
打ち下しでグリーン手前が池のティ―ショット
練習の成果が、現場で上手く発揮できなかったり、満足のいくショットを打っても、逆にピンチになってしまう。 この様な問題はよく起こることです。 この原因は、練習場では解決できない、コースでしか解決できない問題が、いくつも存在するからです。
S字型のロングホールのティ―ショット
練習の成果が、現場で上手く発揮できなかったり、満足のいくショットを打っても、逆にピンチになってしまう。 この様な問題はよく起こることです。 この原因は、練習場では解決できない、コースでしか解決できない問題が、いくつも存在するからです。
コース戦略・右サイドがすべて池で右ドッグレッグ
練習の成果が、現場で上手く発揮できなかったり、満足のいくショットを打っても、逆にピンチになってしまう。 この様な問題はよく起こることです。 この原因は、練習場では解決できない、コースでしか解決できない問題が、いくつも存在するからです。
コース戦略・フェアウエーに張り出した深いグラスバンカー
練習の成果が、現場で上手く発揮できなかったり、満足のいくショットを打っても、逆にピンチになってしまう。 この様な問題はよく起こることです。 この原因は、練習場では解決できない、コースでしか解決できない問題が、いくつも存在するからです。
登りで砲台グリーンのロングホール
練習の成果が、現場で上手く発揮できなかったり、満足のいくショットを打っても、逆にピンチになってしまう。 この様な問題はよく起こることです。 この原因は、練習場では解決できない、コースでしか解決できない問題が、いくつも存在するからです。
グリーンが浮島のミドルホールのティ―ショット
練習の成果が、現場で上手く発揮できなかったり、満足のいくショットを打っても、逆にピンチになってしまう。 この様な問題はよく起こることです。 この原因は、練習場では解決できない、コースでしか解決できない問題が、いくつも存在するからです。
砲台グリーンのパー3の攻略
練習の成果が、現場で上手く発揮できなかったり、満足のいくショットを打っても、逆にピンチになってしまう。 この様な問題はよく起こることです。 この原因は、練習場では解決できない、コースでしか解決できない問題が、いくつも存在するからです。
池とバンカーに囲まれたショートホール
練習の成果が、現場で上手く発揮できなかったり、満足のいくショットを打っても、逆にピンチになってしまう。 この様な問題はよく起こることです。 この原因は、練習場では解決できない、コースでしか解決できない問題が、いくつも存在するからです。
グリーン手前まで続く池のショート
練習の成果が、現場で上手く発揮できなかったり、満足のいくショットを打っても、逆にピンチになってしまう。 この様な問題はよく起こることです。 この原因は、練習場では解決できない、コースでしか解決できない問題が、いくつも存在するからです。
池、バンカー、林に囲まれた長い
練習の成果が、現場で上手く発揮できなかったり、満足のいくショットを打っても、逆にピンチになってしまう。 この様な問題はよく起こることです。 この原因は、練習場では解決できない、コースでしか解決できない問題が、いくつも存在するからです。
池、バンカーにガードされたパー
練習の成果が、現場で上手く発揮できなかったり、満足のいくショットを打っても、逆にピンチになってしまう。 この様な問題はよく起こることです。 この原因は、練習場では解決できない、コースでしか解決できない問題が、いくつも存在するからです。
左奥にカーブしたグリーンのパー3
練習の成果が、現場で上手く発揮できなかったり、満足のいくショットを打っても、逆にピンチになってしまう。 この様な問題はよく起こることです。 この原因は、練習場では解決できない、コースでしか解決できない問題が、いくつも存在するからです。
池に浮かんだアイランドグリーン
練習の成果が、現場で上手く発揮できなかったり、満足のいくショットを打っても、逆にピンチになってしまう。 この様な問題はよく起こることです。 この原因は、練習場では解決できない、コースでしか解決できない問題が、いくつも存在するからです。
2打目に難しい連続バンカーショット
練習の成果が、現場で上手く発揮できなかったり、満足のいくショットを打っても、逆にピンチになってしまう。 この様な問題はよく起こることです。 この原因は、練習場では解決できない、コースでしか解決できない問題が、いくつも存在するからです。
2打目が160yの林越え
練習の成果が、現場で上手く発揮できなかったり、満足のいくショットを打っても、逆にピンチになってしまう。 この様な問題はよく起こることです。 この原因は、練習場では解決できない、コースでしか解決できない問題が、いくつも存在するからです。
2打目がラフからの左足下がりのショット
練習の成果が、現場で上手く発揮できなかったり、満足のいくショットを打っても、逆にピンチになってしまう。 この様な問題はよく起こることです。 この原因は、練習場では解決できない、コースでしか解決できない問題が、いくつも存在するからです。
2打目が危険いっぱいのグリーン
練習の成果が、現場で上手く発揮できなかったり、満足のいくショットを打っても、逆にピンチになってしまう。 この様な問題はよく起こることです。 この原因は、練習場では解決できない、コースでしか解決できない問題が、いくつも存在するからです。
3打目が池越えの180y
練習の成果が、現場で上手く発揮できなかったり、満足のいくショットを打っても、逆にピンチになってしまう。 この様な問題はよく起こることです。 この原因は、練習場では解決できない、コースでしか解決できない問題が、いくつも存在するからです。

サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページに戻る シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み ゴルフ場予約サイト