女性の飛距離不足と改善

女性の飛距離不足と改善

 

女性ドライバーで飛距離が出ない原因

 

 

 

ドライバ―で飛距離を伸ばす要素は、一般的にヘッドスピードを上げる、インパクトでミート率を高めることです。

 

しかし、女性は男性に比べ筋力も劣ることで、ヘッドスピードを上げるより、ミート率を高めることに集中してください。

 

例えば、女子プロと比較的距離の出る男性一般ゴルファーのヘッドスピードはそれほど差はありませんが、飛距離は歴然と女子プロの方か30~50yもキャリーオーバーします。

 

この違いはミート率が違うことでこの差になるのです。

 

そこで、女性のドライバーの飛距離を伸ばすには、ミート率を高めることです。

 

 

 

そこで、スイングとクラブから、このミート率を高める方法について解説します。

 

 

スイング原因で飛距離が出ない原因

 

体のネジレができず、手でクラブを上げることでスイングワークが小さい
➡手でクラブを上げず、体の捻転はシッカリ行う

 

スイング軌道が間違っている
➡スイングはフラット軌道でアッパー気味のスイングを行う

 

インパクトでグリップが緩む
➡インパクトでグリップが緩ないストロンググリップ

 

ボールを点で強く打ちすぎる
➡インパクトゾーンを長くしフォロースルーをしっかり行う

 

 

 

クラブが原因で飛距離が出ない

 

ロフトが小さい
➡飛距離アップには高ロフト

 

ヘッドモデルに問題
➡低重心のシャロ―タイプを選ぶ

 

クラブのシャフトが合っていない
➡シャフトは柔らか目、クラブ重量は軽く

 

自分に合うクラブの長さ
➡スイングできる最長のクラブの長さ

 

以上の項目はミート率を高める要素です。

 

golf5sumersale

 

ドアースイングを矯正

 

ドアースイング

 

初心者の女性ゴルファーで距離が出ない理由として、共通するスイングパターンがあります。

 

それは、、ドアースイングと呼ばれるスイングです。

 

ドアースイングとは、上の女性のトップスイングや図の通りドアーの開け閉めに見られる動きで、これを、実際のスイングに当てはめると次の様になります。

 

下半身と、肩の回転を同じ速さで、同じ角度だけ回転し、作るべき捻転が全く出来ないスイングのことです。

 

下半身と上半身の間にネジレのないスイングは、体の回転軸を使ってクラブを振れず、手だけでクラブを振ることで、スイングワークが大きくできず、飛距離アップできる遠心力が出なくなります。

 

この遠心力は何もクラブの長さだけでなく、腕の長さも含みます。

 

スイングワークを大きく使うには、手打ちで腕が縮んだスイングより、腕が伸びた大きなスイングになります。

 

 

 

 

 

 

また、ドアースイングはネジレでタメが出来ないため、バックスイングで体の右サイドが伸びてしまい、トップスイングクラブがどんどん後ろに回る極端なオーバースイングになります。

 

つまり、正しいトップの位置でクラブが止まらない状態になるのです。

 

その様な、オーバースイングではクラブの切り返しが、手の力に頼ったスイングになり、ヘッドスピードを出すコックが解け、右肘も伸びてしまい、腕が優先したアウトサイドインのスイング軌道になります。

 

コックと右肘はボールを遠くに飛ばす上で、最も重要なファクターで、ヘッドの遠心力が働かず、インパクトでボールを芯で打つず、飛距離のでない力のないスライスボールになります。

 

ネジレ不足とオーバースイングの原因は、芯でボールを捕らえらえずスピードの上がらないフォロースルーで、ヘッドの遠心力が働かない、飛距離が出いスイングになります。

 

女性ウエアー・小物はこちらから参照


 

 

女性ドライバーで飛距離を出すスイング

  グーグルとデータ提供者
女性の飛距離不足と改善、初心者クラブ重量、初心者のロフト

 

体のねじれを作る方法

 

トップスイングで両足、両膝はアドレスの状態と殆ど同じ位置にあるのがわかると思います。これが捻転を作る土台になります。

 

両肩は両膝に対して90度回転します。この90度の捻転が出来ないとボールを遠くに飛ばすことはできません。

 

ただ、初心者の女性には90度の捻転を目指すのがベストですが、少なくとも、この捻転(ネジレ)を最低限作る努力をすることです。

 

上の図1の正しいスイングの体のねじり方を参考にしてください。

 

バックスイングは下半身を止め①のライン上に、回転軸(背骨)が来るよう、肩から腰の、順番に行ってください。

 

レヂィースドライバーはこちらから

 

 

 

体の回転の始動で、両膝の下から回転れすばドアースイングになりやすく、絶対にボールを遠くに飛ばなくなります。

 

ドアースイングの場合、右サイドが伸びて、回転軸が赤のライン②に来てしまい、これでは、ボールを打つ態勢をつくれません。

 

体のネジレは、一方を固定することで始めて出来るのです。体を使う意味は、体を動かすだけでなく、止めることでも使うことが出来る事を理解して下さい。

 

女性のように非力な方は、手で打つのでなく体を使ったスイングがインパクトでミート率を高まます。。

 

捻転は下半身を使わず、上体の力を抜いて左肩とクラブを一体にして、右側にひねることです。

 

 

 

遠心力を上げる

 

女性の体は男性に比べ、柔らかく、これを最大限生かすことも飛距離アップにつながります。

 

体が柔らかいことはイコールスイングワークを大きくできます。このスイングワークの大きさがボールを飛ばせる遠心力につながるのです。

 

遠心力は 半径×質量×角運動の2乗 で計算できます。

 

これをスイングに置き換えると

 

半径ーーー左肩とクラブヘッドの距離

 

質量ーーーヘッド重量

 

角運動ーーーヘッドスピード

 

になります。

 

半径を有効に使うには、体の力を抜き、バックスイングでは左腕を曲げず、大きなスイングでトップの位置まであげることです。

 

スイングのテンポはゆっくり、大きく振ることで、遠心力が大きく働き飛距離を確実に伸ばせます。

 


初心者クラブ

初心者のお得クラブ・バックなどのセットの一覧はこちらから

 

スイング中の体幹をしっかり作る

 

ゆっくり、大きく振るスイングに欠かせないのが体幹をしっかり作る事です。

 

女性は特にボールを飛ばそうと体重移動を大きく使い過ぎるとスイングスピードはかえって出なくなります。

 

下半身の動きは極力控え、上体のネジレを確実に行うことです。

 

上の写真でもわかるように、ダウンスイングで腰の角度と肩の角度の差が大きければ大きいほど、ヘッドスピードはあがるのです。

 

体のネジレがあれば、体重移動は自然と行え、自分のスタンスの幅内で行うことを心掛けてください。

 

スイング中の体の上下、左右のブレはスイング軌道を不安定にして、芯を外す可能性が高くなります。

 

この場合も下半身を安定させることで、芯でボールを捕まえミート率を上げることができます。

 

女性の場合は、ボールを芯で打つことが飛距離を伸ばせるかどうかの分岐点です。

 

女性プロゴルファーが250y前後の飛距離を打てる理由は、インパクトミート率が高いのが理由です。

 

ミート率と飛距離の参考資料はこちらから

 

まずは、ボールを芯でとらえることが、何より重要なファクターになります。

 

ボールを芯で捕らえるためにも、体の捻転と下半身の安定が何より重要になるのです。

 

 

 

番手別飛距離平均
番手 非力な女性 一般的女性 力ある女性
ドライバ―

130y

165y

190y

3W

100y

140y

160y

UT/4

90y

120y

150y

7I

80y

100y

120y

9I

60y

80y

100Yy

 

 

女性のヘッドスピードと対応クラブ

20~27m/s

28~33m/s

34~37m/s

38m/s~

LL

遅い

一般的

少し速い

速い

女性用クラブ

女性用クラブ

女性・男性シニア

男性用

 

 

体力タイプからのクラブシャフトの硬さを選ぶ

非力な女性

110y

200cpm

LL

普通の女性

150y

210cpm

少し体力のある女性

175y

220cpm

体力に自信のある女性

190y

230cpm

 

体力から最適クラブ重量を選ぶ方法
 

ドライバー重量

5アイアン重量

体力に自信がない 255g~270g 320g~340g
体力に自信がある 270g~290g 340g~365g

 


商品紹介:レヂィース用ドライバーはこちらから


 

商品紹介:レヂィースアイアンはこちらから


 

飛距離アップできるグリップ

 

グリップ

 

飛距離アップにグリップも重要なファクターです。

 

インパクトでのグリップ力はヘッドがボールをしっかり捕まえ、ミート率を高めボール初速を上げることができます。

 

上の写真のように、左手の甲が上を向くようなストロンググリップを使用してください。

 

また、グリップの握り方はインターロッキングがおススメです。

 

また、指を絡めることで、左右の手に一体感を感じられるのが一番いいところです。

 

非力な方、女性、年配の方、指の短い方におすすめのグリップです。

 

右手の小指を人差し指と絡めるグリップを指します。

 

飛距離アップできるクラブ

 

上の表からも、自分の現状に合ったクラブ重量とシャフトの硬さは重要です。

 

柔らか目のシャフトはダウンスイングでシャフトのタメが作れインパクトでボールの捕まりがよくなります。

 

さらに、フック系の球筋でランも稼げ飛距離アップにつながります。

 

飛距離アップには高弾道の球筋が必要です。それには高ロフトのヘッドでかつシャロ―フェースのモデルが適合します。

 

飛距離はクラブの長さでも変わってきます。当然長いほど運動量が大きくなり、スイングできる最長のクラブを選ぶことも飛距離アップに繋がります。

 

しかし、ミート率を高めるには、スイングには自分がスイングできる長さのクラブに徹してください。

 

 

飛距離アップのスイング軌道

 

飛距離を伸ばすには、球を上げることが飛距離アップの条件で、そのためにはティーアップの位置は左足つま先になります。

 

ヘッドが上向きでインパクトする必要があるからです。

 

これで、ロフトも最大に活かすことで、飛距離アップに繋がります。

 

スイング軌道はボールの前後をストレートに走らす軌道で、ボールを横から払う打ち方になります。そのため、トップスイングはアップライトにならずフラットなスイングプレートにすることです。

 

柔らかいシャフトでレベル、アッパースイングすれば高弾道のフック系のボールで大きく飛距離をの伸ばせるのです。

 

インパクトではボールの右サイドに頭が残れば、ボールを強く打つて、インパクトをゾーンを長く出来、インパクト後のフォロースルーが大きく取れ、遠心力をうまく利用できます。

 

 

 

レディースクラブ

ゴルフクラブ

ゴルフシューズ


ゴルフボール

ゴルフバック
ゴルフウエアー

ゴルフグローブ

夏対策グッズ

防寒小物

ヘッドカバー

ラウンド用小物

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 


 

 

 

 

 

 

 

 

女性クラブ情報サイトに戻る

 

 

 

 

 





関連ページ

女性・ジュニア―のクラブ選び
女性用のクラブ選択にはクラブ重量とシャフトの硬さの選び方がポイントになります。ジュニア―は頭が軟らかく、どんどん吸収する力があります。間違ったクラブ選びは上達の妨げになります。そこで、正しいクラブ選択の解説をいたします。
女性・フェアウエーウッド・ユテリティクラブの正しい選択
女性クラブの正しいフェアウエーウッド―ウッド・ユテリティの選び方 レディースゴルファーにとっては、ファウエーウッドユーティリテを上手に活用することがスコアアップの上で非常に大切です。 ドラーバーと7Iの距離の空白を埋めるクラブになります。 そこで、ユーティリティーの選び方で、最も大事なポイントはロフト角の選び方になります
女性クラブセッテング
女性初心者は、ゴルフ知識が少なく、自分のゴルフについて何も良く分からないのが現状ではないでしょうか。クラブの購入についても、高価なレヂィースセットを購入するのでなく、 あまり高価でない レディス・セットを 購入して スタートする方法がベストです。

サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページに戻る シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み ゴルフ場予約サイト