パット数を50に抑えるパッティング

パットを50以内に抑えるパット方法

 

商品紹介:ゴルフパターはこちらから


 

 

パター数を50以内に抑えるパット術

 

パットを正しく行う必須条件には重要なポイントが3つあります。

 

1点はグリップの握り方 2点はストロークの仕方、3点目はスタンスの取り方になります。この3点に共通する事は共に、パターヘッドのフェース面をボールに正しく当てることになります。

 

そのためには、インパクトの瞬間に左手グリップの甲部分が甲側に折れたり、右手グリップのコックが伸びることを防止しなければ、パッティング技術の向上は期待できません.

 

そのためには、グリップの握り方や、正しくストロークができるパッティングの基本的な技術を、まず身につけることです。

 

100切り目指すには、50以内のパット数にするのが一番の目標になり、これは現実的に、18ホールほぼ3パット以内で納めることになり、4パットを減らし18ホールの合計パット数を50以内に、とどめることが一番の目標になります。

 

 

スコアの約5割がパット数と考えると、100切るには50パット以内にまとめることを最大の目標にすることです。

 

カップまで1m以内の距離のパットでも、入って当たり前であっても100%入る保障はどこにもありません。

 

しかし、この距離をポロポロ外すようだと、パット数を50以内に抑えることなど夢にしかありません。

 

少なくとも、この距離を安定して入れる技術を、身付けるのが絶対条件になります。

 

短いパットほど、無造作に構え打つことでなく、慎重に打つことを心掛けなければなりません。

 

特に、短いパットの場合、手首でちょっと合わせてカップインする方がおられますが、これは、その後のパットのタイミングを狂わせ悪い影響をあたえますから、正しいストロークで慎重に行うことが大切です。

 

パターヘッド


 

グリップの握り方

 

通常パターグリップは真上が平らになっています。

 

この部分には両親指を乗せてグリップするための面になります。

 

この面に親指を乗せる場合の注意点があります。それは、上から親指を平らな面に沿わせるのでなく、グリップの下側から親指を平らな面に合わせて握ることです。

 

上からこの面に親指を沿えると、グリップがカブル状態になり、インパクト時に手首が折れやすく、フェースが正しくインフェーズせず、結果インパクトではフェースはカブリやすくなります。

 

特に、短いパットではこの手首の折れは、ライン通りに球が転がらず、外す結果になりますから、慎重にグリップしてください。

 

左手グリップの甲はフェ―ス向きになります。親指を平らな面に添えて、この左手甲の面がフェースメント同じ方向の面になるよう注意してください。

 

適合グリップのチェック方法

 

オーバーラッピンググリップ

 

同じストロークで10球程度打ってみてください。

 グーグルとデータ提供者

オーバーラッピング

打った球が同じ様な距離と球筋であればOKです。

 

もし、打ちづらく、なんとなくストロークしにくいと感じれば、他のグリップを試す価値があります。

 

 

 

逆オーバーラッピンググリップ

 

オーバーラッピンググリップはインパクトでカットしたり、右手がストロークでカブってしまうゴルファーに向いています。

 グーグルとデータ提供者

逆オーバーラッピング

右手の動きを抑え、左手でフォロスル-が取れるグリップで、方向性が正確に取りやすいのが特徴です。

 

クロウグリップ

 

クロウグリップという握り方で、ちょっと特殊な握り方です。

 

この握り方は、左手はオーバーラッピンググリップと同じなのですが、右手をペンを握るような感じでそえてしまいます。

 

そうすることで、右手の力があまりパターに伝わらず、より力が抜けたパターになります。

 グーグルとデータ提供者

クロウグリップ

どうしても決めたいという思いが、パターに出てしまう人にかなりオススメのグリップスタイルです。

 

 

【必見!】ゴルフグラブ・ボール・ウエア・アクセサリ特集

 

 

グリップの握り方を左右逆にしたクロスハンドグリップ

 

また、グリップの握り方を左右逆にしたクロスハンドグリップは、手首を使わず、フェースの閉開も最小限に抑えたストロークが自然にできる、パッティングスタイルになります。

 

グリップの握り方は、上の記事と同様親指を軽く乗せ下からグリップしてください。

 

特にショートパットで引っ掛けたりプッシュしやすいゴルファーにはミスのリスクを大幅に軽減できます。

 

これは、クロスハンドグリップは自然と手首が使えず、肩のストロークで行え、距離の取り方は、ストロークの幅の大きさで距離感を決定します。左肩リードのストロークになるため、インパクトにかけて右肩が下がらず、右手首の折れの挙動を抑え、正しいストロークが取りやすくなります。

 

 

ストロークの取り方

 

ストロークを正しく行うには、アドレスの基本をしっかり順守して行うことが前提です。

 

パッティングは、体の正面で行うのが必須条件になります。このアドレスのスタイスが出来ていれば、手首の無駄な動きを封じ、体と腕が同調したストロークができます。

 

この体と腕を同調させるストロークを行うには、アマチュアゴルファーの大半は、ヘッドを真っぐ引こうとするあまり、ヘッドが体から離れストロークの軌道がアウトサイドになります。

 

これではインパクトでフェースがカブリ、ボールをヒッカケてしまいます。このヒッカケを修正しようと今度は、フェースが開いてボールをプッシュしてしまいます。

 

是非習得していただきたいストロークは大きな円を描くような軌道のストロークが基本になります。

 

これはアドレスを取った時、パターヘッドの先の延線上のへそのあたりを中心に、両肩を天秤状態でストロークを行う方法です。この時、腕や手首はアドレスの状態を維持してください。

 

フェースの閉開が抑えられるのでマレット型のパターヘッドとの相性も良いです。

 

 

太さからグリップの選択

 

太さ 適合ヘッド

適合詳細

細目 ピン型 軽い分スイングしやすく、フィーリングを感じやすい
普通 どのヘッドにも 細目と太目の中間になります
太目 マレット型 重量が重くなり、手を使いずらく、真っすぐ引いて真っすぐ出しやすい

 

形状からグリップ選択

 

形状

特徴

詳細

テーパー形状 グリップ先は細い 右に出やすい方、右手の無駄な動きを抑えて、ボールを真っ直ぐ打ちやすくします
ノンテーパー形状 太さがすべて同じ 手元も太く手首を使いにくく、真っすぐ引き、まっくぐストロークしやすい

パター形状

 

 

素材からグリップの選択

 

項目

ラバーグリップ

コードグリップ

構造

ゴムのみ

ゴムに糸を練り込む

グリップ力

普通

高い

硬さ

普通

硬い

耐久性

普通

強い

適合タイプ

どんな方でも

手に汗を書きやすい人

 

 

正しくストロークできているかの確認方法
2つのボールを平行に並べでパッティングしてください。同時に2つのボールが、同じ目標方向へ転がれば、フェースに正確に当たっている証拠になります。

 

 

パター練習機はこちらから参照してくださいださい

パター練習機

 

golf5sumersale

 

 

パッティング理論に戻る

 

ゴルフクラブ

 

メンズクラブ

レディースクラブ

キッズ・ジュニア―用クラブ

クラブ用パーツ・シャフト



ウエアー

 

メンズウエア―

レディーウエアー

キッズ・ジュニア用ウエアー

 

シューズ

 

メンズシューズ

レディーシューズ

キッズ・ジュニア用シューズ

シューズ用アクセサリー


バッグ・グローブ・ボール・その他

のアイテム

グローブ

バッグ・ケース

ヘッドカバー

ラウンド用ボール

トレーニング用具

ラウンド用品・小物

コンペ用品

その他


人気の新作クラブ・シューズ・ウェア・バッグ・グローブ・ボール・ゴルフナビなどが大集合!レディース・メンズ・子供用も品数豊富に取り揃え。口コミ・ランキング・各種特集ページから簡単にお選びいただけます。





ゼクシオ

スリクソン

ブリジストン

ミズノ

テーラーメイド

タイトリスト

ヤマハ

キャロウェイ

コブラ

ホンマ

ヨネックス

オデッセイ

アダムス

ピン

オノフ

ロイヤルC

クリーブランド

マルマン

リンクス




ATTAS11

ゴルフクラブ最新モデル一覧はこちらから





 

 

 

 

 

 





関連ページ

パット理論の重要な4要素
パターも、スイングと同様、シンプルな安定性の高いパッテングフォームが求められます。パターはヘッドの芯でボールを打つことが、もっと重要になります。芯を外すと、思った程距離が出なかったり、決めたラインに乗らずミスパットになります。
パッテイングのストローク、正しい軌道とは
パターも、スイングと同様、シンプルな安定性の高いパッテングフォームが求められます。パッテングのストロークには2説があり、その一つが真っすぐ引いて、真っすぐ出す方法、他方もう一方は、イントゥインでヘッドをインに引いてインパクト後インにヘッドを出すこの二通りがパッテングの主流と言えます。
芯で打てるアドレス
パターも、スイングと同様、シンプルな安定性の高いパッテングフォームが求められます。パターはヘッドの芯でボールを打つことが、もっと重要になります。芯を外すと、思った程距離が出なかったり、決めたラインに乗らずミスパットになります。
距離感はヘッドの芯で打つ
どの形状のパターであれ、またどのような打ち方スタイルであれ、パターを上手く打つゴルファーの共通点はボールを芯で打っていることです。 パターでボールを芯で打つことは、ボールの回転が順回転になり、傾斜や芝目に負けない、球足の長い転がりの良いパットができます。
ストロークの振り幅で距離感を養う
パターも、スイングと同様、シンプルな安定性の高いパッテングフォームが求められます。パターはヘッドの芯でボールを打つことが、もっと重要になります。芯を外すと、思った程距離が出なかったり、決めたラインに乗らずミスパットになります。
ショート・ロングをミスしないパット
パターも、スイングと同様、ヘッドの加速状態でヘッドの芯でボールを打つことで、正しい球の転がりが生まれ、イメージ通りの距離とラインに打ち出すことができます。もし、芯を外ずした場合、ボールは思った程距離が出なかったり、決めたラインに乗らずミスパットに繋がります。
3パットしないライン読み、距離感
1打目をフェアウエーに置き、ショートゲームを正確に打ち、3パットしないゴルフは理想ですが、そう上手く行かないのがゴルフです。 ところが、1打を理論で考えることで、意外と解決策が見つかることがあります。それは、その解決方法を見つけるノウハウを持っていない場合が多く見受けられます。
下りパット・上がりパットを上手く打つ
距離感を掴むのが非常に難しく、カップを何メートルもオーバーし、返しのパットをは外したり、最悪の場合カップを行ったり来たりしてしまいます。 この距離感の狂いは、目の錯覚が原因でおこるのです。自分の立つ位置から、目線がボールの上にくる場合、平らな距離より長く感じてしまい、その距離に合してストロークしてしまい、大きくカップをオーバーしてしまうのです。
アドレスの正し目の位置
パッテングの構えで、ボールと想定したラインの真上に両目がくる構えが基本になります。しかし、真っすぐ打てない原因に目の位置が間違って行っているゴルファーは以外に多くおられます。
スネークラインの狙うライン
グリー上でのスネークラインに球が残った対処方法は、まずスライスの傾斜部分とフックの傾斜ラインとに2つに分けてラインを考える必要があります。
2段グリーンの攻略方法
2段グリーンの攻略方法は、3パットしないことです。下段から上段に打つ場合、上段にボールを確実に乗せることです。 上段と下段のつなぎ目の傾斜を確実に読み、あとは迷わず打ち切ることです。
グリーンの順目、逆目の見極め方
グリーン上の芝の生え方に「順目」と「逆目」について、パターの距離感や曲がり方に大きく影響を及ぼします。

サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページに戻る シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み ゴルフ場予約サイト