ボールを目的別に選ぶ

ボールを目的別に選ぶ

ゴルフボールメーカ

ブリヂストン

タイトリスト

ダンロップ

キャロウエー

キャスコ

テラーメイド

ミズノ

ゴルフプレスト

プロギア

本間

ラインマーカ

ロストボール

 

 

目的別にボールを選ぶ

 

飛距離重視より安定した方向性を求め、打感の良さとボールの操作性に優れたスピン系ボールと、あくまでもスピン量を抑えた飛距離重視のデスタンス系ボールに分類することができます。

 

スピン系ボールは、ボールの表面のカバーが柔らかく、ウェッジの溝に入り込むので、スピンがたくさんかかるボールです。

 

スピンがかかる分、ピンをデッドに狙うことや、アプローチでボールを止めることなどコントロールショットがしやすいボールになります。

 

一方、ディスタンス系ボールはコアが柔らかいのでボールが潰れやすい分、スピン量が減り飛ぶ構造になっています。

 

自分の力とゴルフクラブでボールを叩いて飛ばすのではなく、ボールの性能を利用して簡単に飛ばすことができるボールです。

 

 

Aのゴルフボールはツアーでよく使用されているボールです。スピン性能を最も大切にする人はこちらのボールをおすすめします。

 

ボール構造も3ピース、4ピースが主流で、構造にこだわっているので飛距離性能も追及された高性能ボールです。

 

ただヘッドスピードが比較的速い(43m/s以上)方ではないと最大限にボールの性能を引き出せないので、ヘッドスピードに自信のない方にはちょっと難しいボール選択になります。

 

ゴルフボールスピン系はこちらを参照

 

 

 

BのゴルフボールもAと同様に3ピース・4ピース構造のボールが多く、高機能です。

 

違いとしては、対象ゴルファーのヘッドスピードが比較的遅い(43m/s未満)方でも最大飛距離を発揮できることと、バックスピン・サイドスピンがかかりにくい構造になっている点です。

 

オートマチック設計なので、ショットのコントロールが定まらないゴルファーにおすすめです。

 

ゴルフボールディスタンス系はこちらを参照

 

 

CのゴルフボールはAのようにスピン性能を求めつつも比較的安価といった点が大きな特徴です。

 

Aのボールは1ダース¥6,000前後するため、チャレンジするのにハードルが高いという方にはおすすめです。

 

また、近年このタイプのボールを各社開発していて、トレンドのゴルフボールでもあります。

 

 

ゴルフボールスピン系はこちらを参照

 

 

 

 

DのゴルフボールはCのようにディスタンス性能を求めつつも比較的安価といった点が大きな特徴です。

 

安価で飛距離も出る設計なので、これから始めるゴルファーなど初心者におすすめです。

 

また、こちらのゴルフボールはゴルフショップで人気があり、よくランキング上位にランクインしています。

 

ゴルフボールディスタンス系はこちらを参照

 

 



 

 

 

 

 

軟らかい打感重視のスピン系

 

少し柔らかいスピン系 スリクソン Z-STAR XV   ダンロップ
  TOUR B330X   ブリジストン  
  PRO V!x    タイトリスト
  RS SPIN   プロギア―

 

距離をいくぶん重視した、少々硬めで飛すスピン系

 

 

 

打感重視のスピン系 スリクソン Z-STAR   ダンロップ
  TOUR B330S   ブリジストン
  TP5 テーラーメイド  
  TP5X  テーラーメイ
  PR0 V1  タイトリスト
  クロムソフト   キャロウエー
  VOLVIK S4   ボルビック

 

 

 

ゴルフボール・すべてのジャンルはこちらを参照

 

 

 

 

golf5sumersale

 

ゴルフウエアーキャンペーン情報はこちらから


 

ゴルフクラブ

 

メンズクラブ

レディースクラブ

キッズ・ジュニア―用クラブ

クラブ用パーツ・シャフト



ウエアー

 

メンズウエア―

レディーウエアー

キッズ・ジュニア用ウエアー

 

シューズ

 

メンズシューズ

レディーシューズ

キッズ・ジュニア用シューズ

シューズ用アクセサリー


バッグ・グローブ・ボール・その他

のアイテム

グローブ

バッグ・ケース

ヘッドカバー

ラウンド用ボール

トレーニング用具

ラウンド用品・小物

コンペ用品

その他


人気の新作クラブ・シューズ・ウェア・バッグ・グローブ・ボール・ゴルフナビなどが大集合!レディース・メンズ・子供用も品数豊富に取り揃え。口コミ・ランキング・各種特集ページから簡単にお選びいただけます。





ゼクシオ

スリクソン

ブリジストン

ミズノ

テーラーメイド

タイトリスト

ヤマハ

キャロウェイ

コブラ

ホンマ

ヨネックス

オデッセイ

アダムス

ピン

オノフ

ロイヤルC

クリーブランド

マルマン

リンクス




ATTAS11

ゴルフクラブ最新モデル一覧はこちらから





 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 


 

 

 

 

 

 

ボール選択に戻る

 

 

 

 





関連ページ

ボール選びの基本
選択の基準としては、まず自分のゴルフスタイルで何を目指すかが重要です。何が何でも飛ばしたい方、絶体フェアウエーをキープしたい方では、使用球は大きく変わってきます。 飛距離を出したい方には、デスタンス系、方向性を重要視される方にはスピン系のボールに分類できます。
ヘッドスピードと適応ボール
選択の基準としては、まず自分のゴルフスタイルで何を目指すかが重要です。何が何でも飛ばしたい方、絶体フェアウエーをキープしたい方では、使用球は大きく変わってきます。 飛距離を出したい方には、デスタンス系、方向性を重要視される方にはスピン系のボールに分類できます。

サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページに戻る シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み ゴルフ場予約サイト