距離のあるランニングアプローチ

距離のあるランニングアプローチ

 

【必見!】ゴルフグラブ・ボール・ウエア・アクセサリ特集

 

距離のあるランニングアプローチ

 

距離のあるランニングアプローチは、主にピンポジションがグーリン奥に位置する距離のある上りには有効なショットになります。

 

グリーン奥にピンがある長いランニングアプローチの場合、キャリーとランの両方を使う打ち方になります。この時、ボールにスピンがかかり過ぎるとショートしてしまい距離が不足してしまいます。そこで、以下のスイング方法を理解してください。

 

まず、ランニングアプローチはキャリーよりランニングを多く使うことで、9アイアンのようなショートアイアンが適しています。

 

スイングはインパクトでヘッドを鋭角に入れ、ボールを打てばバックスピン量が多くなり、ボールの転がりが途中から急にが落ちてしまい、求める距離が不足しやすく、長い距離が残りパットが難しくなります。

ランニングアプローチ

 

まず注意点は、ヘッドを鋭角に入れるのでなく、アドレスで作った手首の角度を変えず、ボールと芝の空間にヘッドのエッジを入れボールの腹を打ち、目標に真っすぐフォローを低く押し出すことです。

 

長いランニングアプローチは両腕と胸にできた三角形の形を維持し、回転軸を中心にボールと体の距離感を変えずパター感覚で胸の面を使い打つことです。

 

結果、スピンがかかり過ぎないボールの転がりが得られイメージ通りの距離感を出せるようになります。

 

【必見!】ゴルフグラブ・ボール・ウエア・アクセサリ特集

 

アドレスの基本姿勢は、フェースが目標に直角になるように、ややハンドファーストに構えてください。キャリーとランが必要な場合、フェース面を被せる打ち方になるので、ボールの位置はセンターより右足に置きます。

 

スイングのストロークは、下半身の動きをあまり使わず、左肩のネジレを中心に手首を使った打ち方でなく、上体のネジレを使った打ち方(左からを右にヒネルイメージ)が基本になります。

 

分かりやすいイメージでは、胸の面を回転させるイメージでインパクトして、フォロースルーを目標ラインに低く出すのがポイントで、インパクトで手首を使い球を上げようとると、インパクトでロフトが寝てしまい距離も合わなくなり、ランの距離が出なくなります。

 

距離の合わせ方は、インパクトの強弱では行わず、テークバックの大きさで合わせてください。テークバックからフォロスルーまで同じ速度のリズムで打てばいいのです。

 

インパクトの強弱で距離を合すことは、フォロースルーをうまく行えなくなり飛距離、方向性を上手く行えなくなり、逆にダフリなどのミスショットに繋がります。

 

体重移動はパター感覚になりますから、大きなウエイト移動は行いません。

 

ただし、フォロースルーは左軸にしっかり乗せればヘッドを目標に低く出せます。

 

このアプローチの最大のポイントは、アドレスの姿勢を変えず、テークバックからフォロースルーまで維持してスイングを行うことです。

 

スイング中のストロークのスピードは一定のスピードで行い、インパクトでスピードの強弱で飛距離を合す打ち方は行いません。

 

アプローチショットを上手く行うポイントは3点  力まない  前傾姿勢を変えない  回転軸の移動を少なく  この3点に尽きます。

 

アプローチの使用クラブ

 

距離を合わしやすい、ミスショットのリスクを減らすクラブはバンスの少ないPW、 AW、の使用になります。

 

アプローチする場合、何が何でもサンドウエッジの使用にこだわる必要はありません。

 

下の写真で、サンドウエッジにはソールが分厚く、丸みをもったとっき部分があります。

 

これはバンスと呼ばれバンカーショットでヘッドが砂にめり込まなようにバンスで防止する役目をもっている機能です。

 

松山秀樹トップスイング

 

ただ、このバンスはアプローチに向かない、リスクの高いクラブになります。

 

特に、ボールが芝から浮いていない状況や、ベアーグラウンド、特に冬場の枯れた芝の場合、バンスが地面に当たりヘッドのエッジが浮くことです。

 

その結果、エッジ部分がボールと芝の間にインサートできず、ヘッドの刃で打つトップの原因を誘発する危険が大きくなります。

 

トップするイメージを強く持つと、今度は意識的にボールの手前にヘッドを入れ、ダフルというケースになります。

 

ピンに寄せる場合は、距離感を正確に出せるクラブが必要で、サンドウエッジは高ロフトでボールにスピンが掛かり、距離感が非常に難しクラブといえます。 

 

このような、リスクを無くす意味でも、アプローチの使用クラブはバンスの無いAW、PW、ショートアイアンになります。

 

ラフのボール

 

ただし、深いラフやボールが芝の上に浮いている場合や、ピンとボールの間に障害物がある場合は、サンドウエッジの使用が有効です。

 

 

 



商品紹介:メンズウエッジはこちらから


 

 

golf5sumersale

 

練習機

ゴルフ練習機の一覧はこちらからご覧ください

 

ゴルフクラブ

 

メンズクラブ

レディースクラブ

キッズ・ジュニア―用クラブ

クラブ用パーツ・シャフト



ウエアー

 

メンズウエア―

レディーウエアー

キッズ・ジュニア用ウエアー

 

シューズ

 

メンズシューズ

レディーシューズ

キッズ・ジュニア用シューズ

シューズ用アクセサリー


バッグ・グローブ・ボール・その他

のアイテム

グローブ

バッグ・ケース

ヘッドカバー

ラウンド用ボール

トレーニング用具

ラウンド用品・小物

コンペ用品

その他


人気の新作クラブ・シューズ・ウェア・バッグ・グローブ・ボール・ゴルフナビなどが大集合!レディース・メンズ・子供用も品数豊富に取り揃え。口コミ・ランキング・各種特集ページから簡単にお選びいただけます。





ゼクシオ

スリクソン

ブリジストン

ミズノ

テーラーメイド

タイトリスト

ヤマハ

キャロウェイ

コブラ

ホンマ

ヨネックス

オデッセイ

アダムス

ピン

オノフ

ロイヤルC

クリーブランド

マルマン

リンクス




ATTAS11

ゴルフクラブ最新モデル一覧はこちらから





 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 


 

 

アプローチショット理論戻る

 

 

 





関連ページ

ロブショットの打ち方
ロブショットを打てるライ、打てないライを判断する事が重要で、すべての条件下でロブショットを使えるとはかぎりません。 例えば、グリーンエッジからピンまでの距離がある場合は、ランニングアプローチやパターなどのクラブで安全に転がすことがで、無理にロブショットを使う必要はありません。 基本的には、グリーンエッジからピンまでの距離が短い場合などで、ボールをできるだけ早く止めたい時に使うショットになります。
30y~50y前後のアプローチショット
アドレスでは、スタンス幅を肩幅よりやや狭いスタンスで取る事です。 ボールを上げるアプローチでは、ボールの位置は体の中心かやや右サイドで、低いボールを打つ場合は、右かがと延線上に球を置くのがベストです。 球を上げようとする意識が強いあまり、ボールをセンターより左に置くことは間違ったボールの位置になります。
90y前後のアプローチショット
アドレスでは、スタンス幅を肩幅よりやや狭いスタンスで取る事です。 ボールを上げるアプローチでは、ボールの位置は体の中心かやや右サイドで、低いボールを打つ場合は、右かがと延線上に球を置くのがベストです。 球を上げようとする意識が強いあまり、ボールをセンターより左に置くことは間違ったボールの位置になります。

サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページに戻る シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み ゴルフ場予約サイト