アドレスでの筋肉の正しい使い方

アドレスでの筋肉の使い方

 


特価クラブ




 

 

アドレスでの筋肉の使い方

 

土台のしっかりした、アドレスを取ることに尽きます。

 

アドレスでは両足の親指で地面をしっかりつかみ、体重はややつま先よりにおくことです。

 

アドレスで力を入れずにと行う事を良く聞かれると思いますが、アドレスで力を抜いてしまっては、体幹である体の中心の筋肉まで緩んでしまい、いかにも軸のない緩んだアドレスを作ってしまいます。
この状態でスイングすれば、、スイングの安定感を維持できなくなり、スイング軌道に狂いが生まれ、タイミングのズレてミスショットにつながります。

 

つまり、全身の筋肉の力を抜くのでなく、体の中心部分の股関節やお腹周りの筋肉は、ある程度緊張させる必要があります。

 

この緊張感があることで、回転軸も安定して、重心も下がり、土台のしっかりしたスイングが可能になります。

 

正しいアドレスを取る場合、この股関節やお腹周りの筋肉は正しい前傾姿勢を取る上で、とても重要なや役目を果たします。

 

特にお腹周りの腹筋が弱いと前傾姿勢が弱くなり、インパクト時の体の浮き上がり起こり、上体が起きやすくスイング軌道が狂いやすくなるからです。

 

このお腹周りの筋肉は、よく言われる、おへその下当たりになり、このあたりに緊張感の意識を持たせることです。

 

この体幹以外の、両肩、両腕、手は力ます力を抜いてアドレスを取る事です。さらに両ひざは少し折る状態で関節可動域ができるよう柔らかくキープしてください。

 

両腕の力の入れ方は、両腕の力は抜くますが、腕にハリを持たせることがポイントです。そのためには、ドライバーのティーアップではソールを地面にべったり置くのではなく、少し浮かせてアドレスを取るようにすることで、腕のハリを維持することができるようになります。

 

ドライバ―ティーアップ
参照:グーグルとその情報提供

 

地面にソールをつけてのテークバックの始動は、グリップに負荷が生じて腕に力がはいり力みにつながります。

 

前傾姿勢を効率良く回転させるには、背筋を真っすぐする意識をもちますが、中には、真っすぐを意識しすぎて、反り返るアドレスを取られているゴルファーやアドレスの姿勢が棒立ちになる方もおられます。

アドレス背筋

 

この反り返りは、すでに上体に力が入っている上に、テークバックでさらに上体に力みを生んでしまいます。

 

この力みはバックスイングで体の起き上がりに繋がり、ボールと体の距離が狂い、インパクトでアウトサイドインのスイング軌道になる事から、ボールをカット打ちにしていまいます。

 

正しい前傾姿勢は、股関節の上に上体が乗るカタチになり、バックスイングもスムースに取れ、体の捻転により、ヘッドスピードを上げるパワーが腰に溜まることになります。

 

アドレスであまり注目されないのが、アドレスでのクラブの構え角度です。

 

グリップエンドが体の中心を指すことが重要です、クラブを回転させるに、その中心が体のセンターに置くことが重要です。股関節の上あたりのオヘソ当たりがベストになります。

 

 

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 


 

 

ゴルフクラブ

 

メンズクラブ

レディースクラブ

キッズ・ジュニア―用クラブ

クラブ用パーツ・シャフト



ウエアー

 

メンズウエア―

レディーウエアー

キッズ・ジュニア用ウエアー

 

シューズ

 

メンズシューズ

レディーシューズ

キッズ・ジュニア用シューズ

シューズ用アクセサリー


バッグ・グローブ・ボール・その他

のアイテム

グローブ

バッグ・ケース

ヘッドカバー

ラウンド用ボール

トレーニング用具

ラウンド用品・小物

コンペ用品

その他


人気の新作クラブ・シューズ・ウェア・バッグ・グローブ・ボール・ゴルフナビなどが大集合!レディース・メンズ・子供用も品数豊富に取り揃え。口コミ・ランキング・各種特集ページから簡単にお選びいただけます。





ゼクシオ

スリクソン

ブリジストン

ミズノ

テーラーメイド

タイトリスト

ヤマハ

キャロウェイ

コブラ

ホンマ

ヨネックス

オデッセイ

アダムス

ピン

オノフ

ロイヤルC

クリーブランド

マルマン

リンクス




ATTAS11

ゴルフクラブ最新モデル一覧はこちらから





 

 


無駄なくスイングするに戻る

関連ページ

無駄のない上達への体の使い方
球が飛ばない、曲がる、ダフル トップするなどの、ミスショットの原因は基礎の体の使い方が間違っているからです。 アドレス、テークバック 等のスイング中、どこの筋肉を使い、どのように関節を使っているのか、本当の体の使い方を理解出来ていないからです。
無駄のないテークバック
テークバックはスイング中、体に最も負荷をかける時間にないます。これは、テークバックで捻転を作る上で最も重要で、スイングの成否に繋がります。
無駄のないバックスイング
テークバックの主導は左肩で行いますが、それを引き継ぐバックスイングは胸の回転を使い行います。そのことで、無駄な腕、手の動きを抑え正しいバックスイングの軌道を作れます。
無駄のないダウンスイング
トップからダウンスイングは、飛距離伸ばす、タメを作る上で大切なポイントになります。 テークバックの右回転とダウンスインの左回転との引付合いを上手く利用することが重要です。
無駄のないインパクト・フォロスルー
このゴルフのインパクトは、ハンマー投げ選手の投てきをイメージするとよく理解できます。 より遠くにハンマーを投げるには、頭を中心に回転軸とハンマーがお互いに引きあう構図であることが分かります。 回転速度を上げると、この引き合いが最大の遠心力を得ることができ遠くにハンマーを投げることができるのです。
無駄のないフィニッシュ
フィニッシュの理想はバランスよく行うことにつきます。このバランスが崩れるような大振りではバランスの良いフィニッシュを取れない言えます

ホーム RSS購読 サイトマップ
ゴルフ場予約サイト シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み