インパクトからフォロースルーの体の使い方

インパクトからフォロースルーにかけての体の使い方

 



 

無駄のないインパクトでの体の使い方

 

インパクトからフォロースルーは捻転からクラブを回転させ振り抜くエネルギーを、ボールに伝えるスイング全体で最も重要なポイントです。

 

それには、インパクトからフォローにかけて、体の使い方が特に重要で、腰をレベルに回転させながら、タイミングよく左右の前腕を入れ替え右腕を大きく伸ばすことです。

 

このことで、両腕を使った遠心力が大きく働きさらにヘッドを飛行方向に加速していきます。

 

このゴルフのインパクトは、ハンマー投げ選手の投てをイメージするとよく理解できます。

 

より遠くにハンマーを投げるには、頭を中心に回転軸とハンマーがお互いに引きあう構図であることが分かります。

 

回転速度を上げると、この引き合いが最大の遠心力を得ることができ遠くにハンマーを投げることができるのです。

 

これはゴルフスイングに置き換えるとインパクトでは回転軸と対比しクラブヘッドと頭が引っ張り合う構図になります。

インパクト

参照:グーグルとその情報提供者

 

インパクトで体が左側(飛行方向)に突つ込んでいては、この引っ張り合いが出来ず、ヘッドスピードが走らなくなり、エネルギーを大きくロスすることになります。

 

インパクトからフォロースルーにかけてのウエイトが、左に早く乗せると頭も左に移動しやすく、クラブと頭の引っ張り合いが出来なくなるばかりか、スイングプレ―トにも狂いが生じてしまいます。

 

 

インパクトではウエイトを右に残し、インパクトでは頭がまだ右側に残るように我慢することです。

 

このウエイトを右に残す我慢は、クラブを縦に下すことが重要になってきます。この縦のスイングには下半身の安定があってこそ可能になるのです。

 

では、インパクトからフォロースルーでの体の使い方は、下半身の動きとしては腰をレベルに切ることがポイントです。

 

もし、腰の切れがない場合、左股関節が伸び、右肩が下がりクラブのスイング軌道がフォローに正しく結びつかず煽りうちのスイングになります。

 

トップスイング
参照:グーグルとその情報提供

 

インパクトで引っ張り合いをつくるには、グリップはアドレスの状態に戻り、頭の位置はボールより右で胸は正面を向き、腰は左を向く状態が理想になります。

 

これは、トップスイングできっちりした捻転で、右腰にエネルギを蓄えるている事でスムースに行えます。

 

また、腰をレベルに回転(腰を切る)させるには、股関節の筋力強化もさることながら、柔軟性を持たせることが大切になります。

 

この様な、体の使い方を覚えれば、ヘッドと頭の引き合いが上手く行え、インパクト時の回転軸に壁もでき、両腕のローテイションも自然に行えヘッドを目標に低く長くだせます。

 

 

日頃の練習時に、股関節を念入りにストレッチし、下半身のパワーをクラブに伝える体幹の強化が重要になります。

 

上半身と下半身をつなぐ重要な股関節の強化には、相撲の基礎トレーニングの四股を踏むことです。

 

相撲の基本動作の一。まず両足を開いて構え、足を左右交互に高く上げ、このとき手をひざに当て、力を入れて地を踏む。

 

この股関節強化は、股関節を強化、柔軟にするだけでなく、スイングに重要な体幹とバランス効果でとても有効なストレッチです。

 

下半身の強化でもっとも有効で効き目があるのはスクワットとランニングです。日常このような練習をする時間のない人は、コースに出た時には少なくともカートを使わず歩幅っを広くとり早足で歩くことをお勧めします

 

 

 


特価クラブ




 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 


 

ゴルフクラブ

 

メンズクラブ

レディースクラブ

キッズ・ジュニア―用クラブ

クラブ用パーツ・シャフト



ウエアー

 

メンズウエア―

レディーウエアー

キッズ・ジュニア用ウエアー

 

シューズ

 

メンズシューズ

レディーシューズ

キッズ・ジュニア用シューズ

シューズ用アクセサリー


バッグ・グローブ・ボール・その他

のアイテム

グローブ

バッグ・ケース

ヘッドカバー

ラウンド用ボール

トレーニング用具

ラウンド用品・小物

コンペ用品

その他


人気の新作クラブ・シューズ・ウェア・バッグ・グローブ・ボール・ゴルフナビなどが大集合!レディース・メンズ・子供用も品数豊富に取り揃え。口コミ・ランキング・各種特集ページから簡単にお選びいただけます。





ゼクシオ

スリクソン

ブリジストン

ミズノ

テーラーメイド

タイトリスト

ヤマハ

キャロウェイ

コブラ

ホンマ

ヨネックス

オデッセイ

アダムス

ピン

オノフ

ロイヤルC

クリーブランド

マルマン

リンクス




ATTAS11

ゴルフクラブ最新モデル一覧はこちらから





 

 


無駄なくスイングするに戻る

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 


 

 

 

クラブメーカーリンク

 

ブリヂストン

ダンロップ

キャロウェイ

テーラーメイド

タイトリスト

ピン

ミズノ

ヤマハ

ヨネックス

オデッセイ

オノフ

フォンテーン

プロギア

本間ゴルフ

クリーブランド

キャメロン

マルマン

WOSS

T.PMLLS

他メーカー

 

クラブメーカーリンク

ゴルフクラブ

ドライバー
ドライバー

フェアウエーウッド

フェアウエーウッド

ユーテリチィー

ユーテリチィー

アイアンセット

アイアンセット

単品アイアン

単品アイアン

ウエッジ

ウエッジ

パター

クラブセット

クラブセット

シャフトパーツ

ゴルフシャフト

ゴルフシャフト

スリーブ

スリーブ

グリップ

</td

ウエイト・レンジ

ウエイレンジト

クラブリペアー品

リペアー用品

ゴルフウエア―

ポロシャツ

ポロシャツ

アウター

アウター

セータトレーナー

ベスト

ベスト

パンツ

サカートワンピース

アンダーウエア

アンダーウエア―

レインウエア―

帽子

帽子

靴下

サングラス

時計

時計

ベルト

ベルト

ウエア―小物

お買い得セット

お買い得セット

ラウンド用品・ボール

ゴルフボール

ゴルフボール

グローブ

グローブ

距離測定機

距離測定機

マーカー

マーカー

テイー

テイ―

グリーンフォーク

グリーンフォーク

パターカバーホルダー

ホルダー

タオル

タオル

傘

ラウンドバック

ラウンドバック

ゴルフボールケース

ゴルフボールケース

ボトルホルダー

ボトルホルダー

ポーチ小物入れ

ポーチ

ラウンド小物入れ

ラウンドコ小物入れ

ゴルフバックケース

キャヂィーバック

キャヂィーバック

トートバッグ

トートバッグ

リュックバック

リュクバック

クラブケース

クラブケース

シューズケース

シューズケース

トラベルカバー

トラベルカバー

ヘッドカバー

ヘッドカバー

ラウンドバック

ラウンドバック

ゴルフボールケース

ゴルフボールケース

ボトルホルダー

ボトルホルダー

ポーチ小物入れ

ポーチ小物入れ

バックアクセサリー

バックアクセサリー

ボストンバック

ボストンバック

シューズ

ゴルフシューズ

ゴルフシューズ

他のシューズ

その他のシューズ

スパイク鋲

スパイク鋲

シューズケース

シューズケース

シューケアー

シューケアー

ゴルフアクセサリー

サポートグッツ

サポートグッツ

時計

時計

コンペ景品

コンペ景品

書籍

書籍

ビデオ・DVD

ビデオ

カレンダー

カレンダー

ゴルフ練習器具

ショット練習機

ショット練習機

スウイング分析機

スウイング分析機

パター練習機

パター練習機

アプローチ練習機

パター練習機

アプローチ練習機

アプローチ練習機

ネットゲージ

ネットゲージ

フィットネス

スナックゴルフ

スナックゴルフ

 

 

無駄なくスイングする体の理論

関連ページ

無駄のない上達への体の使い方
球が飛ばない、曲がる、ダフル トップするなどの、ミスショットの原因は基礎の体の使い方が間違っているからです。 アドレス、テークバック 等のスイング中、どこの筋肉を使い、どのように関節を使っているのか、本当の体の使い方を理解出来ていないからです。
無駄のないアドレス
アドレスで力を入れずにと言う事を良く聞かれると思いと言われるますが、アドレスで力を抜いてしまっては、体幹である体の中心の筋肉まで緩んでしまい、いかにも軸のない緩んだアドレスを作ってしまいます。この状態でスイングすれば、、スイングの安定感を維持できなくなり、スイング軌道に狂いが生まれ、タイミングのズレてミスショットにつながります。
無駄のないテークバック
テークバックはスイング中、体に最も負荷をかける時間にないます。これは、テークバックで捻転を作る上で最も重要で、スイングの成否に繋がります。
無駄のないバックスイング
テークバックの主導は左肩で行いますが、それを引き継ぐバックスイングは胸の回転を使い行います。そのことで、無駄な腕、手の動きを抑え正しいバックスイングの軌道を作れます。
無駄のないダウンスイング
トップからダウンスイングは、飛距離伸ばす、タメを作る上で大切なポイントになります。 テークバックの右回転とダウンスインの左回転との引付合いを上手く利用することが重要です。
無駄のないフィニッシュ
フィニッシュの理想はバランスよく行うことにつきます。このバランスが崩れるような大振りではバランスの良いフィニッシュを取れない言えます

サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
ゴルフ場予約サイト シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み