パッテイングのストローク、正しい軌道とは

パッティングのストローク、正しい軌道とは

 

商品紹介:ゴルフパターはこちらから


 

ストロークのやり方

 

ストロークのやり方は、通常のゴルフスイングでは股関節を左右に回転させエネルギーを貯め、遠くにボールを飛ばしますが、、パッティングの場合は、スイングで使う股関節をほとんど使わず固定することです。

 

上半身は腕で三角形を作り、スイングの回転軸(背骨と首の付け根)をキープして、腹筋と腹斜筋を使って左右にクラブを振ります。ヘッドを前に出すときストロークのスピードを加速するように心がけてください。

 

そのため、ボールの位置は中央より少し前で、左目の真下にセットしてください。

 

ボールが中心よりも左にあることで、ヘッドが加速してインパクトをむかえ、転がりの良いボールが打てます。ボールを中央より右に置くと加速途中でインパクトをむかえるので転がりが悪くなりまフェースが開き気味でインパクトを迎えプッシュしやすくなります。

 

パッティングも他のクラブ同様、最大スピートを迎えるタイミングでボールを打つのがベストです。

 

パッテングのストローク、正しい軌道とは

 

パッティングは他のクラブと違い、構え方、打ち方 など最も自分の独自のフィーリングで打つことの出来る唯一のクラブです。

 

パッティングは要するに、インパトでクラブフェースが正しくスクエアーに戻れば、どのような打ち方でもいいわけですが、やはりフェースをスクエアーに戻してボールを打つための理論があります。

 

この理論は、人間の体を動かすための法則で、自然に体が反応する確率の高いパッテングを行うための方程式といえます。

 

そこで経験理論から、パッティングのストロークには2説があり、その一つが真っすぐ引いて、真っすぐ出す方法、他方もう一方は、イントゥインでヘッドをインに引いてインパクト後インにヘッドを出すこの二通りがパッテングの主流と言えます。

 

真っすぐ引くて真っすぐ出す打ち方

 

真っすぐ引くて真っすぐ出す打ち方は、一般ゴルファーの多くが採用しているパッテングストロークです。

 

理論的には理にかなったストロークになりますが、パッティングをスイング同様のストロークと考えると、真っすぐ引いて真っすぐ出すストロークはテークバックでクラブが自然に外に出やすくなるのです。

 

その理由は、体の軸を中心にした回転運動と考えると、体の回転をする上で、ヘッドを真っすぐ引くことは、クラブは体から離れていく状態になります。

 

その結果不自然なテークバックになり、ストロークがぎくしゃくしてしまいまリズムの取れないパッテングになります。

 

パターストローク

この場合、インパクトでフェースを打ちだす方向に対して、スクエアーに戻る確率は悪くなります。

 

また、回転軸で円で描くのであれば、真っすぐ引くことは右脇が開いてしまい、手だけのストロークになり、ヘッドを真っすぐ戻すことも難しくなるのです。

 

パッティングで最も大切なタッチとフィーリングが安定しない事は、ヘッドをスクエアーに再現するにはリスクが大きいとおもわれます。

 

真っすぐ引いて真っすぐ出すストロークで、インパクトがカット打ちになる方の多くが、このストロークをされているゴルファーに多くみられます。

 

そのことから、真っすぐ引くストロークがパッテング理論からして、間違ったストロークになるのか?

 

これは回転軸を中心に体の使い方で大きく変わってきます。、両肩の上下動を使い、まっぐヘッドを引いて戻す打ち方は、ヘッドの慣性力の大きなパターであればバックストロークでのフェースを開閉がしにくいので、フェースを正しい戻せることができます。

 

最近の流行のパターには、この慣性力の数値を高くして、ヘッドを安定させる理論のパターが多く見受けられます。

 

つまりパターのヘッド形状から、真っすぐ引くて真っすぐ出す打ち方が、一般ゴルファーの多くが採用しているパッテングストロークになっているのです。。

 

つまり、パターヘッドの形態ととストロークが一致することが、この問題を解決できるのです。

 

 

 

 

イントゥインのストロークの打ち方

 

一方のイントゥインのストロークは、体の動きが自然でありテークバックの安定感は増します。

 

ただ、インパクト後インにヘッドをだせばインパクトで球を捕まえる時間が短く、そこで、最近のプロのパットの特徴はイントゥストレートのストロークで行うプロが増えてきています。

 

このイントゥストレートのストロークは、理論的にもインパクトでスクエアーに戻ったヘッドをできるだけ長く真っすぐにボールを押し出すことで、間違いなく方向性を安定させるからです。

 

これは、他のスイング同様、長いインパクトゾーンを作ることは、フェース面にボールを長く留まらせ、方向性を良くし、球の転がりを良くするからです。

 

この長いインパクトゾーンを作るには、パットのアドレスが大切になり、ボールの位置が左目の下当たりにくるように構え、インパクト後はヘッドを真っすぐ出すようにすることです。

 

このイントゥストレートのストロークは、最も人間がクラブをスクエアーに打て、ボールを真っすぐ転がせる理論的な打ち方といれるかもしれません。

 

いずれにせよ、パッテングに大切なことは、ボールを打つ瞬間フェースがスクエアーになっていることです。その方法としてのパッテングストロークに絶対はありません。

 

どの様なパッテング軌道がいいのか、使用パターの特徴、アドレスのボールの位置、アドレス時の体重配分は、頭の位置はどこがいいのか、、など、自分が構えやすい最も再現性の高いストロークを見つけてください。

 

 

パター練習機はこちらから参照してくださいださい

パター練習機

 


特価クラブ




 

 

パッティング理論に戻る

 

ゴルフクラブ

 

メンズクラブ

レディースクラブ

キッズ・ジュニア―用クラブ

クラブ用パーツ・シャフト



ウエアー

 

メンズウエア―

レディーウエアー

キッズ・ジュニア用ウエアー

 

シューズ

 

メンズシューズ

レディーシューズ

キッズ・ジュニア用シューズ

シューズ用アクセサリー


バッグ・グローブ・ボール・その他

のアイテム

グローブ

バッグ・ケース

ヘッドカバー

ラウンド用ボール

トレーニング用具

ラウンド用品・小物

コンペ用品

その他


人気の新作クラブ・シューズ・ウェア・バッグ・グローブ・ボール・ゴルフナビなどが大集合!レディース・メンズ・子供用も品数豊富に取り揃え。口コミ・ランキング・各種特集ページから簡単にお選びいただけます。





ゼクシオ

スリクソン

ブリジストン

ミズノ

テーラーメイド

タイトリスト

ヤマハ

キャロウェイ

コブラ

ホンマ

ヨネックス

オデッセイ

アダムス

ピン

オノフ

ロイヤルC

クリーブランド

マルマン

リンクス




ATTAS11

ゴルフクラブ最新モデル一覧はこちらから





 

 

 

関連ページ

パット理論の重要な4要素
パターも、スイングと同様、シンプルな安定性の高いパッテングフォームが求められます。パターはヘッドの芯でボールを打つことが、もっと重要になります。芯を外すと、思った程距離が出なかったり、決めたラインに乗らずミスパットになります。
芯で打てるアドレス
パターも、スイングと同様、シンプルな安定性の高いパッテングフォームが求められます。パターはヘッドの芯でボールを打つことが、もっと重要になります。芯を外すと、思った程距離が出なかったり、決めたラインに乗らずミスパットになります。
距離感はヘッドの芯で打つ
どの形状のパターであれ、またどのような打ち方スタイルであれ、パターを上手く打つゴルファーの共通点はボールを芯で打っていることです。 パターでボールを芯で打つことは、ボールの回転が順回転になり、傾斜や芝目に負けない、球足の長い転がりの良いパットができます。
ストロークの振り幅で距離感を養う
パターも、スイングと同様、シンプルな安定性の高いパッテングフォームが求められます。パターはヘッドの芯でボールを打つことが、もっと重要になります。芯を外すと、思った程距離が出なかったり、決めたラインに乗らずミスパットになります。
ショート・ロングをミスしないパット
パターも、スイングと同様、ヘッドの加速状態でヘッドの芯でボールを打つことで、正しい球の転がりが生まれ、イメージ通りの距離とラインに打ち出すことができます。もし、芯を外ずした場合、ボールは思った程距離が出なかったり、決めたラインに乗らずミスパットに繋がります。
パット数を50に抑えるパッティング
パットを正しく行う必須条件には重要なポイントが3つあります。 1点はグリップの握り方 2点はストロークの仕方、3点目はスタンスの取り方になります。この3点に共通する事は共に、パターヘッドのフェース面をボールに正しく当てることになります。 そのためには、インパクトの瞬間に左手グリップの甲部分が甲側に折れたり、右手グリップのコックが伸びることを防止しなければパッテング技術の向上は期待できません。
3パットしないライン読み、距離感
1打目をフェアウエーに置き、ショートゲームを正確に打ち、3パットしないゴルフは理想ですが、そう上手く行かないのがゴルフです。 ところが、1打を理論で考えることで、意外と解決策が見つかることがあります。それは、その解決方法を見つけるノウハウを持っていない場合が多く見受けられます。
下りパット・上がりパットを上手く打つ
距離感を掴むのが非常に難しく、カップを何メートルもオーバーし、返しのパットをは外したり、最悪の場合カップを行ったり来たりしてしまいます。 この距離感の狂いは、目の錯覚が原因でおこるのです。自分の立つ位置から、目線がボールの上にくる場合、平らな距離より長く感じてしまい、その距離に合してストロークしてしまい、大きくカップをオーバーしてしまうのです。
アドレスの正し目の位置
パッテングの構えで、ボールと想定したラインの真上に両目がくる構えが基本になります。しかし、真っすぐ打てない原因に目の位置が間違って行っているゴルファーは以外に多くおられます。
スネークラインの狙うライン
グリー上でのスネークラインに球が残った対処方法は、まずスライスの傾斜部分とフックの傾斜ラインとに2つに分けてラインを考える必要があります。
2段グリーンの攻略方法
2段グリーンの攻略方法は、3パットしないことです。下段から上段に打つ場合、上段にボールを確実に乗せることです。 上段と下段のつなぎ目の傾斜を確実に読み、あとは迷わず打ち切ることです。
グリーンの順目、逆目の見極め方
グリーン上の芝の生え方に「順目」と「逆目」について、パターの距離感や曲がり方に大きく影響を及ぼします。

サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
ゴルフ場予約サイト シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み