トルク・スパインの役割

トルク・スパインの役割


xxio

こちらから

 

トルクの役割

 

シャフトはインパクトにかけて、複雑な動きをします。
それは、シャフトの本来の性質である直進性のシナリです。このシナリはシャフトの硬さになりますが、それとば別に直進性のシナリに同調するようにシャフトにはネジレがおこります。

 

このネジレが、トルクと呼ばれ、インパクトのヘッド開閉に大きな影響を及ぼすのです。トップで開いたフェースをダウンスイングでリリースする時、シャフトを中心に、ヘッドは元の状態に戻ろうと時計と反対回りの回転をおこします。このヘッドの閉会を調整してフェースが元の状態に戻るタイミングを調整しているのがトルクの役目になります。

 

では、どのようにしてこのネジレが出来るのか、シャフトの製作はマンドリルと呼ばれる真鍮の金属にあらかじめ設計された数枚のカーボンシートを、この真鍮棒に巻き付け、炉の中で焼き付けて製造します。

 

カーボンシートはシャフトの特性に合わせ色んな形のカットに切られ、それをマンドリルにレジンと呼ばれる接着剤で巻きつけて製造します。

 

マンドリルと呼ばれる真鍮棒の設計を変えることで、いろんな機能を持ったシャフトが製作さ、カーボンシートには60T 55Tなどいろんな種類のカーボンシートがあり、Tが高い程高品質のカーボンシートになります。
Tはトン数の単位で数値が大きい程繊維の糸は細く、強靭な糸で、粘りが強いのが、特徴です。

 

ほんの数年前までは55T、60Tが主流でしたが、近年では80T、100Tなどのハイカーボンも使用される様になりました。その為、粘りや、弾きの強い軽量型のカーボンシャフトが誕生し多くの長尺クラブで採用されています。(価格はTが高い程高価になります)

 

カーボンシートは髪の毛より細いカーボン繊維の集合体で、竹と同じ様にタテの繊維でできています。

 

シャフトの機能、特性を最適に製作する為に、そのタテの繊維に対して45度、90度などのシートを重ね、ゴルフシャフトのタテの繊維の弱点を補いより強い弾性のシャフトを製造します。

 

この工程でシャフトのキックポイントの設計も同時に設定されます。よく一番弱い部分がキックポイントと思われていますが、ボールとの衝撃でシャフトが最も大きくシナリを起こす場所になります。勘違いされない様にして下さい。

 

さらにこの工程でトルクの設計も施されます

 

トルクの設計では、ヘッドが返りやすくするための、シャフトのネジレ部分の設計がトルクになります。トルクの値は2~7の数値で表され、平均のトルクは4~5程度がトルクの平均値になります。

 

トルク

 

トルクの少ない2程度のシャフトはネジレが少なく、ヘッドの返りが少ないため、自分のイメージに通りに、フェースコントロールさせてたいハードヒッターに向きです。
6,7程度のトルクの多いシャフトは、ネジレが大きくヘッドの返りが良くなり、自分でヘッドの返りを十分行えない女性やシニア―向きになります。

 

シャフトの硬さ・トルクは、このシートの巻きの多さや、シートの種類で決定されます。当然、カーボンシートの薄い巻きはシャフトが軟らかく、トルクも大きくなりシャフト重量も軽くなります。逆に、カーボンシートの巻きが厚いシャフトは硬くトルクが小さくなり重量も重くなります。

 

 

シャフトの製作過程でもう一つ大事な点はシャフトの円形を真円にすることで、360度どの方向からも同じ硬さにすることが大切です。これはインパクトでボールがより正確に打ち出されるのには必須の条件になります。

 

特集超お買い得ゴルフアイテムキャンペーン一覧

 

 

スパイン

スパイン

 

スパインという言葉を聞かれた方もあるでしょう.。これは、マンドリルにカーボンシートを数枚貼る為にノリシロが発生し、シャフトが真円にならず硬い部分と少し弱い部分ができる現象です。

 

この硬い部分をスパインと呼ばれています。最近カーボンシートのは貼り始めを、360度のラウンドの多くから始めることで正確な真円シャフトの製造が可能になっています。

 

よく、スパイン調整が話題に上りますが、スイングの癖、スイングプレート角度やヘッドスピードで一概にどの方向にシャフトを差すのがベストかは、個人差があり定義できません。

 

 グーグルとデータ提供者

スパイン

私見ですが、スパイン調整でのシャフトの指す方向の基準は、スイング軌道が角運動であることから考えると、スパインを下側にスパインの部分をヘッドの重心方向に差すのがベストと思います。

 

シャフトのゆがみ

 

 

振動計でシャフトのグリップ側を固定して、シャフトの先端部分に約200g程度の仮想ヘッドをつけ横に振動させると一定時間正確に横ブレが続けばはゆがみのないシャフトと言えます。

 

しかし、すぐに楕円形を描く振動を起こすシャフトは、シャフト自体にゆがみがあり、インパクトでフェース面の挙動が不安定になり、シナリが不規則で、その結果スイングのタイミングが取づらく、方向性が不安定なミスショットになります。

 

ハードヒッターにはトルクの少ないシャフトがシャープにスイングでき、安定した方向性を出せます。ハードヒッターでは2~3程度のトルク、一般的ゴルファーには4前後、女性やシニア―の様に非力なゴルファーには6前後が一般てきです。

 

非力なゴルファーには、ヘッドの返りやすい高トルクのシャフトがボールの捉まりがよく適しています。

 

最近の大型ヘッドはヘッド自体の慣性モーメントが大きいのでトルクの大きいシャフトがフィーリング良くスイングできます。

 

ヘッドスピードに合わず、トルクの不均等で起こる問題

 

アドレスでボールに対してフェースの向きは直角になっていますが、テイクバックからトップにかけてフェースは約45度回転しまが、ダウンスウイングではフェースはもとのアドレスの位置にもどろうとします。

 

これは、スウイングが角度をもった角回転運動で、この角回転運動の中でフェースが元の状態に戻る助けをするのがトルクの役目です。

 

トルクが大きければヘッドの返りが大きく作用し、逆に小さいけれはヘッド返りは鈍くなります。

 

トウダウン
トルクが大きいと扱いやすさはありますが、ヘッドスピードの速いゴルファーが軟らかいシャフトやヘッドの重心距離の長いクラブを使うと、バックスイングのスウイングプレートよりダウンスイングの軌道のほうが下に行きやすく、ヘッドが下側にシナリを起こすトウダウン現象が起こり、タイミングが取づらくなりますから注意してください。

 

また、必要以上にヘッドバランスが重すぎる場合にも同じ様な現象が起こりやすくなります。

 

 

トルクの選択基準

 

トルク少ないシャフトに向くタイプ>
        マークヘッドスピードの速い方
        マークフック、ドローボールの出やすいゴルファー
        マーク中弾道のボールを好むゴルファー
        マーク球が捉まりすぎるゴルファー

 

トルクの多いシャフトに向くタイプ
        マークヘッドスピードが遅いゴルファー
        マークスライスが気になるゴルファー
        マーク球の捉まりが悪いゴルファー
        マークインパクトでタメを作りたいゴルファー

 

 

トルクの測定方法

トルクの測定方法

シャフトの先端を固定し1フィートの位置に測定機を設置、シャフトに1ポンドの負荷をかけた時、シャフトが何度ネジレルかで決まります。
標準的には1.8~7.0が基準になっています。数値が小さい程ねじれが少なく、大きい程ねじれが大きくなります。標準は4程度です。

 

シャフトパーツはこちらから

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

 

トップページに戻る

 

クラブメーカーリンク

 

ブリヂストン

ダンロップ

キャロウェイ

テーラーメイド

タイトリスト

ピン

ミズノ

ヤマハ

ヨネックス

オデッセイ

オノフ

フォンテーン

プロギア

本間ゴルフ

クリーブランド

キャメロン

マルマン

WOSS

T.PMLLS

他メーカー

 

クラブメーカーリンク

ゴルフクラブ

ドライバー
ドライバー

フェアウエーウッド

フェアウエーウッド

ユーテリチィー

ユーテリチィー

アイアンセット

アイアンセット

単品アイアン

単品アイアン

ウエッジ

ウエッジ

パター

クラブセット

クラブセット

シャフトパーツ

ゴルフシャフト

ゴルフシャフト

スリーブ

スリーブ

グリップ

</td

ウエイト・レンジ

ウエイレンジト

クラブリペアー品

リペアー用品

ゴルフウエア―

ポロシャツ

ポロシャツ

アウター

アウター

セータトレーナー

ベスト

ベスト

パンツ

サカートワンピース

アンダーウエア

アンダーウエア―

レインウエア―

帽子

帽子

靴下

サングラス

時計

時計

ベルト

ベルト

ウエア―小物

お買い得セット

お買い得セット

ラウンド用品・ボール

ゴルフボール

ゴルフボール

グローブ

グローブ

距離測定機

距離測定機

マーカー

マーカー

テイー

テイ―

グリーンフォーク

グリーンフォーク

パターカバーホルダー

ホルダー

タオル

タオル

傘

ラウンドバック

ラウンドバック

ゴルフボールケース

ゴルフボールケース

ボトルホルダー

ボトルホルダー

ポーチ小物入れ

ポーチ

ラウンド小物入れ

ラウンドコ小物入れ

ゴルフバックケース

キャヂィーバック

キャヂィーバック

トートバッグ

トートバッグ

リュックバック

リュクバック

クラブケース

クラブケース

シューズケース

シューズケース

トラベルカバー

トラベルカバー

ヘッドカバー

ヘッドカバー

ラウンドバック

ラウンドバック

ゴルフボールケース

ゴルフボールケース

ボトルホルダー

ボトルホルダー

ポーチ小物入れ

ポーチ小物入れ

バックアクセサリー

バックアクセサリー

ボストンバック

ボストンバック

シューズ

ゴルフシューズ

ゴルフシューズ

他のシューズ

その他のシューズ

スパイク鋲

スパイク鋲

シューズケース

シューズケース

シューケアー

シューケアー

ゴルフアクセサリー

サポートグッツ

サポートグッツ

時計

時計

コンペ景品

コンペ景品

書籍

書籍

ビデオ・DVD

ビデオ

カレンダー

カレンダー

ゴルフ練習器具

ショット練習機

ショット練習機

スウイング分析機

スウイング分析機

パター練習機

パター練習機

アプローチ練習機

パター練習機

アプローチ練習機

アプローチ練習機

ネットゲージ

ネットゲージ

フィットネス

スナックゴルフ

スナックゴルフ

 

 

 

トップページに戻る

 

 

 

 

 

年末予約

関連ページ

ゴルフシャフトのメカニズム
ヘッドスピードとシャフトの硬さの不一致は飛距離ロスや方向性を不安定にします。飛距離アップや正確なショットはミート率を上げボール初速度をあげることです。そのためにも、ヘッドスピードとシャフトの硬さを一致させる事は絶対条件です。
クラブ選択の3つのポイント
ゴルフ上達にはクラブ選択が欠かせません。あらゆるスピ―ツ゚に科学的分析が取り入れられ道具でも目覚ましい進化が認められます。ゴルフクラブも飛距離や方向性において画期的な進化を遂げてきました。ここでは、クラブ選択の重要なポイントを解説します。 .
シャフト測定の問題点
シャフトの硬さの測定には静止的測定と動的測定があります。シャフトの硬さを正確に知る事は、飛距離アップや正確なショットなど色んな悩みの原因を解決できます。それには、静止的測定の問題点が存在します。この問題点をゴルフ理論・スイング理論で科学的、物理的に理解する事でゴルフの上達は驚く程早くなります。無駄のないクラブ選択、効果的なスイング練習ができます。ノウハウなくて決して上達はありません。 .
固有振動数の定義
ドライバーの飛距離アップはヘッドスピードのミート率を高める事で、ボール初速度を速め飛距離アップや方向性の安定に繋がります。この仕組みを、ゴルフ理論・スイング理論で科学的、物理的に理解する事でゴルフの上達は驚く程早くなります。無駄のないクラブ選択、効果的なスイング練習ができます。ノウハウなくて決して上達はありません。 .
シャフトの絶対硬度
ヘッドスピードとシャフトの硬さの不一致は飛距離ロスや方向性を不安定にします。飛距離アップや正確なショットはミート率を上げボール初速度をあげることです。そのためにも、ヘッドスピードとシャフトの硬さを一致させる事は絶対条件です。
シャフトとヘッドスピードの一致
ヘッドスピードとシャフトの硬さの不一致は飛距離ロスや方向性を不安定にします。飛距離アップや正確なショットはミート率を上げボール初速度をあげることです。そのためにも、ヘッドスピードとシャフトの硬さを一致させる事は絶対条件です。
飛距離アップのミート効率
ゴルフ理論を理解することがゴルフ上達の秘訣です。シャフト振動数の波長・波高をヘッドスピードに一致さボール初速を速めることで、飛距離アップ・方向性を向上させることが出来ます。
正確な方向に打つミート効率
ヘッドスピードとシャフトの硬さの不一致は飛距離ロスや方向性を不安定にします。飛距離アップや正確なショットはミート率を上げボール初速度をあげることです。そのためにも、ヘッドスピードとシャフトの硬さを一致させる事は絶対条件です。
キックポイント・トルク
シャフトには振動数と共にシャフトのキックポイントとトルクがあり、ゴルフには重要なファクターです。キックポイントは弾道の高低やスイングスタイルに、トルクはインパクトのヘッドの返りに影響をあたえます。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ シャフト理論 スイング理論 ゴルフ場予約サイト ゴルフルール