ゴルフ理論で100%満足!の飛距離アップ、スコア―アップが実現

ゴルフの健康効果

ゴルフと健康

ゴルフの健康効果

 

ゴルフは国民的生涯スポーツとして、多くの人に親しまれています。
国民全体のスポーツに対する関心度やこの1年間に行ったスポーツの割合では、12人1人と言われるほど、生涯健康長寿のスポーツとての親しまれています。

 

 

ゴルフの健康効果

 

ゴルフは激しいスポーツではありませんが、広々とした自然の中で、ゴルフコースに出れば、1ラウンドでおよそ6kmから多い方で10km程度歩くことになります。

 

日本のゴルフ場は起伏の激しいコースが多く、スイングとスイングの間の歩行にはかなりの運動量が発生し、有酸素運動の効果を得ることができます。

 

また、ゴルフは有酸素運動しながら知的なスポーツです。
コース

 

ゴルフは、ただボールを打つだけでなく、コースを攻略するマネージメントが求められます。「どっちに打てば良いか」「あと何ヤードの距離が残っているか」等歩きながら結構考えるものです。

 

このマネージメントすることが脳を刺激し、有酸素運動と知的作業が同時に組み合わされ、脳の活性化を図り認知症の予防や健康寿命の延伸を計ることができるのです。

 

又は、ホールアウト後はあの時こうすれば良かったとか、を仲間と語り合うことは、喜怒哀楽を共に感じることで脳を刺激できるのです。

 

体力的にはゴルフをすることで鍛えられる筋肉や、循環が良くなったりする効果もありますが、普段の生活でゴルフの練習という名目で、運動を習慣付けることは非常に健康に良い影響を与えていると言えるでしょう。

 

夏バテ 実は筋肉疲労が大きな要因を占めています。筋肉疲労とはアミノ酸が不足しているということ。アミノ酸不足は体の疲れや体力の衰えだけでなく、脂肪蓄積なども招いてしまうのです。

 

 

 

戻る

サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
ゴルフ場予約サイト シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み