ゴルフ理論で100%満足!の飛距離アップ、スコア―アップが実現

アミノ酸とは

アミノ酸

 

アミノ酸の役割は

 

アミノ酸はいのちのもと!!

 

カラダの約20%を占めるタンパク質をつくるアミノ酸

 

カラダの約20%はアミノ酸でできている!

 

タンパク質をつくるアミノ酸

 

人間のカラダは約20%、水分を除いた固形分の約50%がタンパク質でできています。
私達ヒトのカラダの中には、約10万種類のタンパク質があると言われています。
肌や毛髪、筋肉や骨・内臓、それ以外にも、カラダの中では赤血球や白血球、ホルモン、等々…。 体の中のほとんどのものは、タンパク質抜きではできないのです。
このタンパク質は、アミノ酸がつながってできたものです。そして、これら約10万種ものタンパク質は、たった20種類のアミノ酸からできています。
私達が、いや地球上の全ての生物が生きていく上で、アミノ酸は無くてはならないものなのです。

 

 

アミノ酸がつくるタンパク質の役割

 

アミノ酸はタンパク質となって生命を司る
カラダをつくるだけではない、アミノ酸の役割

 

アミノ酸はタンパク質の原料です。
ではそのタンパク質はカラダの中で何をしているのでしょうか?

 

タンパク質は「体をつくっている」だけではなく、体を動かす生命活動のほとんどを司っています。
栄養・血液になったり、各種の酵素、ホルモン、抗体となって身体を守ったり、様々な生体内反応に関わっているのです。

 

たった20種類のアミノ酸が10万種類のタンパク質となり、「いのちのもと」となっています。

 

ゴルフと健康

 

なぜヒトはものを食べるのか?

 

タンパク質をアミノ酸に分解、再合成!
カラダをつくるだけではない、アミノ酸の役割

 

いのちのもとであるアミノ酸を、私達はどのようにしてアミノ酸を体内に取り込んでいるのでしょうか?
例えば、牛肉を食べると、私達もウシの身体になるのでしょうか。
そんな事はありませんよね。
食べたタンパク質は、そのままの形ではなく、胃や腸で分解されてアミノ酸となってから体内に吸収されます。
そして、吸収されたアミノ酸は血液によって全身の細胞へ運ばれ、そこでアミノ酸どうしが繋がって、必要なタンパク質に再合成されるのです。

 

アミノ酸がタンパク質になるときには「DNA」が関係しています。DNAは、アミノ酸がつながる順番を決めています。
私達は人間のDNAを持っているので、ウシではなく人間のタンパク質がつくられるのです。

 

いろいろな場所で大活躍!のアミノ酸

 

味・スポーツ・美容・医療など、大活躍しています
コース

スポーツに活きるアミノ酸

アミノ酸を上手に使うと、持久力向上、疲労回復、筋肉痛軽減、メタボ対策などの効果が期待できるようになります。
アミノ酸は筋肉の主成分「タンパク質」を構成しています。

 

アミノ酸は吸収まで約30分!スポーツにうってつけの栄養素です。
アミノ酸は筋肉の主成分であるタンパク質を構成している要素であることから、スポーツや運動するとその必要量がかなり高まることも知られています。

 

摂取してから体内に吸収されるまで約30分と非常に早く、必要なときにすぐに利用できるという優れた特徴もあわせもつアミノ酸は、スポーツにうってつけの栄養素です。

 

ゴルフの様なや長時間の運動を行うと、私たちのカラダは不足してしまうエネルギー源を補うために、筋肉のタンパク質を分解してBCAAを消費し始めてしまいます。つまり、筋肉が減り、損傷しやすくなってしまうわけです。

 

しかし、スポーツの開始前や運動している途中などにBCAAをタイミングよく補給すると、運動エネルギーとして利用され、筋肉の分解や損傷を抑えながら、より長くカラダを動かすことが期待できるようになります。

 

そのことから、マラソンのような持久系スポーツなどではタイムが向上し、球技系スポーツなどではパフォーマンスアップが期待できるようになることもわかっています。

 

以上、アミノ酸の主な効果には、持久力向上、疲労回復、筋肉痛軽減、メタボ対策などがあります。

 

 

戻る

 

 

サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
ゴルフ場予約サイト シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み