スイングのスエ―の直し方

スイングのスエ―の直し方

 

 


特価クラブ




スイング矯正機

 

 

スイングのスエ―の意味

 

初心者のゴルファーにはスエ―と体重移動を同じ意味に取らえている方がいます。

 

スエ―と体重移動とはよく似ていますが、根本的にことなります。

 

体重移動とは、アドレスで構えた両足のスタンスの内側で、回転軸を移動させないで体をねじることで、スイング中に起こる体重の移動ですが、スエ―は回転軸そのものが体重移動で左右に移動することです。

 

スエ―は回転軸の移動が伴うことで、スイング軌道が安定せずボールをしっかり捕まえることができません。

 

初心者やビギナーの典型的なミスを引き起こす原因のひとつに、この体重移動の捉え方の誤りを上げることができます。

 

初心者やスエ―に悩む一般ゴルファーは、スイングの基本となる体重移動を行おうとスエ―してしまうことが少なくありません。

 

自分では正しい動きと思って、積極的に体を動かしているのに、なかなか実を結ばない原因がこのスエ―になります。

 

それは、体重移動を回転軸で行えば、軸が左右、上下にブレ、安定したスイング軌道を作れないからです。

 

正しいウエイトの移動は、スイングの回転に応じて、自然に行えることが、ボールを遠くに、安定して打てる最大のファクターになります。

 

スエ―しない体重移動はスタンスの幅内ではなく、ゴルファーの肩の幅内で行うことが理想です。

 

 

スエ―しない体重移動は肩幅内で行う

 

アドレスで構えた時、回転軸は体の前面でなく体の背中にあることを自覚して行うことで、写真で示すようにきれいなテークバックからトップスイングに移行できるのです。

 

ところがスエ―の場合、右足線上やそれより外側に回転軸が移動することでスイングのタメが出来ず不安定になります。

 

体重移動

回転軸

 

背骨に回転軸がある意識を持つことが、スイングの正しい体重移動と回転軸の作り方において、大変重要なポイントになります。

 

それは背中の回転軸を動かさず左肩を右に回転することで、体の厚み分右にスライドしますが、背骨の回転軸は動かさずにバックスイングを行うことが出来るのです。

 

つまり、背中の回転軸が背中から飛行方向の正面を向き、回転軸は動かず左肩が右サイドに移ることで、自然に体重は右に移動します。

 

テークバックでは頭と右足、フォロスルーでは頭と左足が回転軸になりますが、ごの回転軸の体重移動は自然に行わなければなりません。

 

回転軸そのものを左右に大きく動いてしまうスウェーに対し、体重移動とは、回転軸はそのまま、ウエイトだけが左右に移動するスイングになります。

 

これが、飛びにつなげるのが理想的な体重移動になります。

 




人気ゴルフメーカーの新製品・話題商品など、豊富な品揃え「NIKIGOLFonline」

 

バックスイングでは右、そしてダウンスイング以降は左サイドへと体重を移動するわけですが、それぞれにポイントがあります。

 

まず、バックスイングでは、体の回転にあわせ体重を右足に乗せるのですが、右股関節でこのウエイトの力を受け止めるのが理想です。

 

スエ―

 

そのためには、右ヒザを少し曲げておき、ヒザの向きを変えないようにバックスイングして下さい。

 

ここに緊張感がなくなると、右ひざが伸び上体が伸び上がり必要以上に体が右にながれます。これが、スウェーする原因です。

 

そして、切り返しで上半身よりも先に、体の中心(腰)を動かすことがポイントで、上体が先に動いてしまうと、軸も大きく左に動き、クラブも正しいスイングプレーンに乗らず、ミートしにくくなってしまいます。

 

切り返しでは、左足ひざに積極的に体重を乗せるように腰を移動させますが、その際に、右肩はトップのポジションに(右肩が前に倒れる)留めることを意識して下さい。

 

少しでも右肩を残すことができれば、下半身との時間差が生まれヘッドスピードも加速でき、ウエイトも右サイドから自然と左サイドに移行していきます。

 

下半身と上半身が同時に回るドアースイングの参照はこちらから

 

【必見!】ゴルフグラブ・ボール・ウエア・アクセサリ特集

 

スエ―の原因

 

スエ―の原因は、アドレスからテークバック、バックスイングで意識して体重移動をすることです。

 

体重移動はテークバックで右足の乗せるのでなく、右足で踏ん張れる状態をつくることです。回転軸そのものを右足に乗せることは回転軸が右に大きく移動し、ダウンスイングでは逆に大きく左に回転軸が移動し、スイング軌道が安定しなくなります。

 

ネジレは下半身を止めて上半身をネジルことで、体重を自然に右に移動するものです。

 

テークバックでは下半身特に股関節から下をしっかり安定させ、アドレスの右腰骨の位置を右にスライドさせないことです。

 

クラブを持たず、右腰骨を右手で押さえたまま、左肩を右に回して確認すれば感覚が理解できるとおもいます。

 

両足のスタンスを少し大きめに取り、股関節を安定させ、左肩が右ひざの上に来るよう回転させてください。この時に右腰のいちが変わらず回転することがポイントです。

 

「大きなトップを作りたい」や「大きく振り抜きたい」という思う意識が強すぎると、上体に力が入り意識が行くので、足の踏ん張りを忘れてしまいます。
この踏ん張りがないと両膝の移動や間隔が狂い、スエ―してしまいます。

 

また、テークバックする時、大きく頭を右に移動することもスエ―につながります。

 

無理せず、踏ん張れる範囲で上体を動かすことが、スウェー防止に効果的な方法になるのです。

 

 

【関連記事】

 

ヘッドスピードとシャフトの硬さの参考資料

 

自分に合う適正クラブ重量

 

初心者向きドライバーはこちらから



初心者向きアイアンセットはこちらから


 

 

練習機

ゴルフ練習機の一覧はこちらからご覧ください

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 


 

 

100を確実に切るポイントに戻る

 

 

ゴルフクラブ

 

メンズクラブ

レディースクラブ

キッズ・ジュニア―用クラブ

クラブ用パーツ・シャフト



ウエアー

 

メンズウエア―

レディーウエアー

キッズ・ジュニア用ウエアー

 

シューズ

 

メンズシューズ

レディーシューズ

キッズ・ジュニア用シューズ

シューズ用アクセサリー


バッグ・グローブ・ボール・その他

のアイテム

グローブ

バッグ・ケース

ヘッドカバー

ラウンド用ボール

トレーニング用具

ラウンド用品・小物

コンペ用品

その他


人気の新作クラブ・シューズ・ウェア・バッグ・グローブ・ボール・ゴルフナビなどが大集合!レディース・メンズ・子供用も品数豊富に取り揃え。口コミ・ランキング・各種特集ページから簡単にお選びいただけます。





ゼクシオ

スリクソン

ブリジストン

ミズノ

テーラーメイド

タイトリスト

ヤマハ

キャロウェイ

コブラ

ホンマ

ヨネックス

オデッセイ

アダムス

ピン

オノフ

ロイヤルC

クリーブランド

マルマン

リンクス




ATTAS11

ゴルフクラブ最新モデル一覧はこちらから





関連ページ

ドライバーでスライスを打たない【初心者】
100を切れないゴルファーはそれなりの理由があります。ドライバーでスライスやOBがよくでて、致命傷になりスコアー大きくくずれることです。 スライスさせないスイング、クラブ選びを解説。
スイングで力を抜く
ゴルフで力を入れて打つ方が飛びますが、ゴルフは体の回転を使いクラブという道具を使い打つスポーツです。 つまり、クラブが良い仕事をしてくれなければボールを遠くに飛ばせないのです。そこで、クラブに良い仕事をさせる方法を解説します。
ショートホールを確実のパー3で上がる
パー3でダボやトリプルを打ってしまっているようではなかなか100切り達成とはいきません。アマチュアにとっては比較的スコアをまとめやすいパー3。 逆を言えばパー3でダボやトリプルを打ってしまっているようではなかなか100切り達成とはいきません。 パー3ホールの賢い攻め方や考え方、そして練習場で出来るショートホール攻略のための練習方法を解説していきます。
100の壁はグリーンを知ることから
100を切れないゴルファーはそれなりの理由があります。スコアーの多くを占めるパター数は、グリーンを知ることから始まります。 特に、芝目はボールの距離や曲がりに大きく影響するからです。
初心者のクラブ選択
100を切れないゴルファーはそれなりの理由があります。OBがよくでる、パターで大たたきする、トップ、ダフルがよくでる方ではないでしょうか。 これらを、少しでも改善することが100切リのはや道です。これらについて解説します。
プレイング4で絶対OBを打たない
100を切るには、OBを打たないことが重要です。 ロフトの小さなクラブでは、球をこすりやすく、球の捕まりが悪くスライスが出やすくなります。OBの危険があるホールでは少しロフトのあるウッドの使用がボールの捕まりがよく、OBのリスクを軽減できます。
トップ・ダフリを減らす
100を切れないゴルファーはそれなりの理由があります。その理由の多くにトップ、ダフルがよくでる方ではないでしょうか。 これらを、少しでも改善することが100切リの早道道です。まず、スイングの基礎からこれらのリスクを減らす方法を解説していきます。
グリーン周りで往復びんた
100を切れないゴルファーはそれなりの理由があります。スコアーを崩すグリーンまわりの往復びんたは、対処の経験不足から無造作に行うことです。 その対応の仕方についてクラブの選び方、打ち方について解説します。
グリーンの攻略は手前から
グリーン手前の攻略は手前から攻めるのがセオリーです。それは、日本のゴルフ場は山岳、丘陵にあり、グリーン奥のスペースが限られて敷地内に工夫して設計されていまっす。その結果グリーン奥嘉新のアプローチが難しシチュエーションになってしまうのです。
バンカーからは1回で脱出
100を切れないゴルファーはそれなりの理由があります。バンカーショットは初心者には大きな壁になります。1発で脱出する簡単な3つのポイントを説明します。
100を切る・4パットは絶対しない
100を切れないゴルファーはそれなりの理由があります。パターで大たたきする理由は芯でボールを打てない原因がすべてです。それは距離感、球の曲がり方は、芯でボールを打てることから始まります。
初心者のスライス病を直す
初心者のスライス病は、インパクトでフェースが開いてインパクトすることです。 フェースが開く原因は初歩的なスイングの基礎を理解することで修正できます。 その方法を解説していきます。
初心者のアドレスの取り方
初心者の最大の悩みの一つにスライス病があります。このスライスの原因の1つにアドレスの取り方に問題があります。ゴルフの基本をしっかりマスターしてこそ、ゴルフの上達が可能になります。
スイングの基礎は前傾姿勢
スイングを正しく覚えるには、いつもスイング軌道が安定していることせです。スイング軌道の安定には、アドレスで取った、頭とボールの距離をスイング中安定させなけらば正しいスイング軌道の再現ができません。
長いアドレスはミスショットを誘発
飛距離アップや安定したショットを打つにはゴルフ理論を理解することが重要です。 クラブやスイングの物理的、科学的根拠を学習することで、無意味な練習や無駄なクラブ選択での時間浪費をなくし、効率良く飛距離アップや方向の安定を習得できます。
初心者が簡単に捻転する方法
捻転とはアドレスで構えてた、体とクラブをバックスイングを行うことで、身体に大きなネジレを作り、より遠くにボールを飛ばすヘッドスピードの向上を高める要素の一つになります。
OBを防ぐ方法
100、90を切る秘訣は1打目のティ―ショットが肝心です。 考えて下さい、初心者や中級者がスコアーを崩す大たたきは、大抵の場合ティ―ショットでOBを打つからです。また、大きく左や右に曲げ、グリーンを直接狙えなかったり、出すだけの無駄な1打を増やしてしまうからです。
ドライバーを真っすぐ打つコツ
ドライバーを真っすぐ打つには、正しいアドレスが取れていないと、話は前に進みません。 アドレスでのスタンスは両足、腰 量肩の位置がターゲットラインに対してすべて平行になる様に構えてください。また、クラブフェースはターゲットに直角になる様、正しくセットしてください。
グリップ力で飛距離アップ
グリップ力や、グリップの仕方で飛距離アップを図ることも可能です。グリップにはウイーク、ノーマル、ストロングと3種類の握り方がありますが、飛距離アップにはインパクトで球をしっかり捕まえることが重要で、ストロンググリップがその役目には最適です。
正しいアドレスの取り方
初心者の多くは無造作ティーアップをしますが、ゴルフ場は練習場と違いフラットな面ばかりではありません。また、コースも変化に富んでいるのがゴルフの醍醐味です。正しい方向のアドレスはコース戦略の基本です。
ティーエリア上の注意点
ティ―グラウドとフェアウエーの間に、谷がある場合、フェアイエーが高台になっている場合など、フェアウエーとの高低差による錯覚が原因で、どの位置にティ―アップしたら良いのかわからない場合があります。この点の注意の解説です。
グリップの仕方でスライス防止
ゴルフの入り口はグリップにあると言っても過言ではありません。 クラブと腕の支点でクラブを振る行為に大きな影響を与えるからです。 初心者のボールが曲がる原因の多くが、グリップの握り方にあります。 実際、グリップを直すことで、簡単にミスがなくなる事があります。
アドレスでグリップは柔らかく握る、強く握る
100を切れないゴルファーはそれなりの理由があります。飛距離が出なかったり、安定して打てない原因にアドレスのグリップの握り方の強さも影響するのです。
芯でボールを捕えるアドレス
飛距離アップや安定したショットを打つにはゴルフ理論を理解することが重要です。 クラブやスイングの物理的、科学的根拠を学習することで、無意味な練習や無駄なクラブ選択での時間浪費をなくし、効率良く飛距離アップや方向の安定を習得できます。
苦手なバンカーからの脱出
バンカーからの脱出が苦手なゴルファーの多くにボールを上げようと意識が強すぎる場合が挙げることができます。 まず、脱出だけを目標に、ヘッドが砂にめり込まないようにバンスを利用して打つことです。
オーバースイングの解消
ゴルファーは誰しも遠くに飛ばしたいと、願うのはごく当たり前のことです。その結果、スイングワークを必要以上に大きくする事で、ヘッドスピードが上がりボールを強く打て、遠くに飛ばせると考えていませんか? その、意識がオーバースイングを生む原因です。
トップスイングの力みを解消
トップの力みは決して良い結果はうまれません。この力みは意識の問題から生じています。遠くに飛ばそうとすれば誰でも力み、余分な力はスイングを硬直させミスショットに直結します。そこで、この力みの解消方法はメンタルの作りかたです。
ダフリの解消法
ビギナーのほとんどがスライスやスイングの方法に悩みを抱えています。そこで解りやすくピンポイントで原因と結果、さらに矯正方法を解説し、100の壁をクリアー出来る方法を解説します。
トップの解消法
ビギナーのほとんどがスライスやスイングの方法に悩みを抱えています。そこで解りやすくピンポイントで原因と結果、さらに矯正方法を解説し、100の壁をクリアー出来る方法を解説します。
アイアンのシャンク解消法
アイアンのシャンクの原因はボールと体の距離感やスイング軌道の原因でおこります。 ボールよりスイング軌道が外側になりネックよりでインパクトするからです
アウトサイドのスイングを直したい
飛距離アップや安定したショットを打つにはゴルフ理論を理解することが重要です。 それにはアウトサイドのスイングをインサイドに改善することです。 スイングでの正しい体重移動、テークバックでの捻転を正しく行う必要があります。
100を切る正しいテークバック
テ―クバックはスイングのスタート原点で、ショットの結果に影響を及ぼします。手首をねじて上げれば、インパクトでヘッドの遅れの原因でスライスが出やすくなります。
ヘッド加速の方法
ゴルフスイングにおいて、力みはヘッドスピードを減速させてしまうブレーキになります。 スイングで力を入れることは、ダウンスイングでその力みが右腕に集中し、腕のタメやシャフトのタメを活かせなくなり、ヘッドの加速を妨げてしまいます。 そこで、ヘッドを加速させる方法について解説します。
ハザードの確認
初心者は、特にハザードで大たたきする危険があります。フェアウエーバンカーや池、川など、ハザードからの脱出方法を練習して挑戦してからでも遅くありません。まずはフェアウエーをキープすることに集中しましょう。
左肩でスライス防止
ビギナーのほとんどがスライスやスイングの方法に悩みを抱えています。その多くに、トップスイングで左肩が十分回らず、早打ちやアウトサイドのスイングでスライス病にかってしまいます。左肩を十分回せる方法を解説します。
体の開きでスライス
どうしても遠くに飛ばそうと、余分な力を入れる為、体が開きます。この力みは、ダウンスイングで右足のケリで体重移動が早く起こり、下半身と上半身が連動して早く開くことでおこります。
ギッタン、バッタンのスイング矯正
スイングをスムーズに行うには無駄な筋肉を使わずにスイングすることで、スイング全体の流れで、部分、部分を気にしてスイングすれば、なかなか上手いきません。また、スムースな体の回転は体重移動も水平面で行えキッタン、バッタンの矯正が出来ます。
ティーエリアの傾斜に注意
全てのテイーエリアがフラットとなっているとは限りません。急いてテイ―アップした時、気づかず前下がり、前上がりになっている場合があります。 テイーエリアに上がる前に、傾斜があるかどうかを確認するのがミスショットの防止に役立ちます。
スイング軸安定させる
テイ―ショットで何時も方向性が安定せず、2打目が難しショットが残ってしまう。これは、回転軸の移動が回転を大きくして、不安定にするわけです 回転軸を安定させることで、スムーズなスイングが出来、ヘッドの加速で飛距離アップ、正確なショットができます。
頭の上下動を直す
頭を全く動かさずにスイングすれば、体が硬直してスイングできません、多少の左右移動は、かえってスイングをスムーズに行う為にも必要です。
アプローチのミスを防ぐ方法
アプローチをなくす方法は、スイング中の前傾姿勢をキープ、体の軸を動かさないでスイングすることです。
フォロースルーがうまく取れない
フォロースルーで左に乗り切らず右に倒れてしまう原因は、体重移動がうまくいってない証拠で、飛距離もあまり出ません。スイングも最後まで振りぬく意識をきっちり持ってください。
アドレスが原因でスライス
スライスの原因はいろいろ考えられますが、意外とアドレスの取り方で、スライスが出やすい構えになっている場合をよく見かけます。 目標に対してオープンに構えている場合、正しくスイング出来ても、クラブの軌道は目標に対してアウトサイドインになりスライスがでます。
ドローを打つコツ
ドローのスイング軌道はインサイドアウトになります。目標に対して、スクエアに構えますが、スタンスは右足を少し後ろに移動し、クローズドスタンスにします。
ボール初速を上げ飛距離を伸ばす方法
40M/Cのヘッドスピードでジャストミートすれば230y前後は飛びます。しかしミート率が80%の場合、約30yもロスしてしまい200y前後の飛距離になります。ミート率をあげて飛距離アップする方法です。
連続ミスショットが続いた
連続ミスが続いた場合、多くはスイングを力んでしている為、窮屈な打ち方になっているからです。焦らず、大きく息をすい上体をリラックスさせてください。
即10打縮める方法
100を切れないゴルファーはそれなりの理由があります。OBがよくでる、パターで大たたきする、トップ、ダフルがよくでる方ではないでしょうか。 これらを、少しでも改善することが100切リのはや道です。これらについて解説します。

サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページに戻る シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み ゴルフ場予約サイト