クラブ選択・シャフト・キックポイント・トルクの解析

キックポイントの役割

 


特価クラブ




 

キックポイントの役割

 

キックポイントは、シャフトがシナルを起こす位置でシャフトのチップ(先端)から41%~50%の中で、それぞれの先調子、中調子、元調子のキックポイントが設定されています。

 

よくグリップの手前でシャフトのシナリが起こるイラストが描かれていますが、この様な位置ではシャフトのシナリは起こりません。キックポイントはシャフトのセンターからチップの間で設定しています。

 

シャフトのキックポイントの役割

 

スイングは角運動でシャフトには角振動がおこります。この角振動でスイングで発生するエネルギーをシャフトに貯める役割を担うのがキックポイントになります。

 

このエネルギーをためる位置が、シャフトのどの位置になるのかが先調子か中調子か元調子で、インパクトでのシャフトの反転角度が決まり、ボールの打ち出し角度に大きく影響してきます。

 

キックポイント

 

つまり、シャフトのキックポイントの設定の違いで、ヘッド(ロフトはここで考えず)からの球の飛び出し角度が変わります。キックポイントが低い場合(シャフトの先端側)は球が上がりやすく、高い場合(シャフトのグリップ側)は球が低くなります。

 


NEWXIO




 

また、キックポイントの位置の違いで、スイングフィーリングやスイングのリズムや打感が大きく違ってきます。

 

チップ側(シャフトの先端部分が柔らかい)にキックポイントがある先調子のシャフトの場合、バット部分(グリップ側)が硬くなるため、打感のフィーリングは硬く感じ、当然シャフトの振動数は高くなります。

 

この様な先調子シャフトの特性は弾き系タイプにシャフトに分類されます。

 

逆に、手元(グリップ)にキックポイントがある元調子のシャフトの場合、シャフトのシナリをグリップ側で感じ、打感もチップ側にあるシャフトより、柔らかく感じます。そのため、シャフトの特性から粘り系タイプのシャフトに分類されます。

 

元来、シャフトはチップ(先端)からバット(グリップ)側にかけて徐々に太くなり、その結果、シャフト全体の硬さはチップからバットにかけて徐々に硬く太くなっていきます。

 

粘り系シャフトはシャフトのシナリ位置がセンター部分からグリップ側にに設定されている為、シナリを感じやすくゆったりスウイングするスウインガータイプのゴルファー向きで、アウトサイドインの矯正に効果があります。
シャフトがゆっくりシナル感じから初心者に向くといえます。また、シナリ地点からフェ―スまでの距離が長いのでロフトを立てて使えるのが特徴です。

 

シャフト剛性表

 

 

先調子、中調子、元調子の弾道

 

ロフト角

 

キックポイント

 

 


 

 

先調子、中調子、元調子の特徴

 

先調子
先調子はチップ部分(シャフトの先端部分)が軟らかく、バット部分が硬く設計されています。シャフト全体のシナリ位置が最も下にある為、高弾道の球筋が生まれます。

 

また、先シナリのシャフトはインパクトでヘッドの返りは鋭角になり、シャープで球の捉まりはよくなります。

 

インパクトで球の捕まりの悪いゴルファーには向きますが、球が捕まり過ぎるゴルファーには向かないシャフトになります。

 

中調子
中調子はシャフト全体でシナリを起こすので、スウイングが比較的ゆっくり行え、中弾道の球筋が生まれます。

 

また、シャフトのシナリ方をスイングの中で感じやすく、シャフトのコントロール性は高くなり、スイングを安定させたゴルファー向けシャフトといえます。

 

元調子
元調子はバット部分(グリップ側)の硬い部分を軟らかく設計し、シャフト全体の中で一番グリップ側でシナリを起こす為、おさえの効いた低弾道の球筋が出ます。

 

また、元シナリのシャフトはダウンスイングでグリップ側でシナリを起こすことから、ヘッドを遅らせる効果があり、スイングのタメが作りやすくなります。 
スイングでタメの作りかたが、上手く作れないゴルファー向きです。

 

さらに、元調子のシャフトはスイングの遠心力を利用するゴルファーには、ヘッドスピードの加速が行いやすいシャフトといえ、長尺シャフトには向くシャフトになります。

 




人気ゴルフメーカーの新製品・話題商品など、豊富な品揃え「NIKIGOLFonline」

 

高弾道に打てるアドレス

 

A タメが強く、飛距離を求める

 

トップでタメの強い人や、切り返しのタイミングが早い人には、「先調子」のシャフトが合っています。先調子は手元が硬くて先端が動く先調子のシャフトは、例えるなら釣り竿。自分の意図したところに、先端をピュッとキャストできるシャフトです。ハードヒッター向きになります。

 

先調子ドライバー売れ筋人気ランキングはこちらから


 

B タメが弱く、安定した方向性を求める

 

非力なアマチュアゴルファーや、女性ゴルファーにも合う人がたくさんいます。手元が柔らかい元調子のシャフトは、トップから切り返しにかけて自然とタメを作ってくれます。このおかげで、タメのないゴルファーがタイミングよく振れるようになります。

 

元調子ドライバー売れ筋人気ランキングはこちらから


 

C タメが強く、方向性を重視

 

手元と先端が硬いシャフトは、ゴルファーが振ったときにシャフト全域が均一にしなるように感じます。こういったタイプのシャフトが中調子です。使い手であるゴルファーのタイプを選ばない、万人向けのシャフトと言えるでしょう。中調子のシャフトは、しなり方にクセがなく、動く部分が少ないので、安定感を得られるのが長所です。

 

中調子ドライバー売れ筋人気ランキングはこちらから


 

D タメが弱いが、飛距離を求める

 

ダブルキックにはしなるポイントが2つあるので、しなり量が大きく、いわば飛び系のシャフト。アベレージゴルファーだけでなく、実は上級者にも良さが分かるのがダブルキックになります。

 

元調子ドライバー売れ筋人気ランキングはこちらから


 

上記のクラブ選択では以下の条件を基準にしてください。

 

ヘッドスピードが40m/s  ドライバ―シャフト重量は50g前後、5アイアンのクラブ重量は400g前後

 

ヘッドスピードが43m/s  ドライバ―シャフト重量は50g前後、5アイアンのクラブ重量は410g前後 

 

を基準にしてください。

 

 




 

 

キックポイントの特徴からシャフトを2タイプに分類

  シャフトのシナリ特性から粘り系、弾き系にも分類できます。

 

粘り系シャフトはシャフトのシナリ位置がセンター部分に設定されている為シナリを感じやすくゆったりスウイングするスウインガータイプのゴルファー向きで、アウトサイドインの矯正に効果があります。

 

先調子

中調子

元調子

粘り系

インテンショナル

フックの悩み

 

弾き系シャフトはセンター部分を硬く設定されている為素早くスウイングするヒッタータイプのゴルファー向きで、インサイドアウトの矯正に効果があります。

 

先調子

中調子

元調子

弾き系

スライスの悩み

インテンショナル

 

シャフト分類

 

 

中間系 シャフト全体がシナリ万人向けシャフト
  フジクラスピーダー エボリューションⅡ
  三菱 クロカゲ XM
  三菱 クロカゲ FUBUKI-AT
  UST マミヤ ATTAS 6
  フジクラスピーダー 661/757
  フジクラ ランバックス Type-S
  三菱 FUBUKI Kシリーズ
弾き系 インパクトの戻りが早いスライサー向きシャフト
  フジクラスピーダー エボリューション
  UST マミヤ ATTAS G7
  三菱 FUBUKI Kシリーズ
  三菱 ディアマナ Rシリーズ
  グラファトデザイン AD MJシリーズ
  グラファトデザイン AD MTシリーズ
  グラファトデザイン AD DJシリーズ
  三菱 ディアマナ Wシリーズ
  三菱 ディアマナ Bシリーズ
  グラファイトデザイン AD GTシリーズ
粘り系 手元がシナルフッカー向けシャフト
  グラファイトデザイン GPシリーズ
  三菱 クロカゲ XT
  三菱 ディアマナ アヒナシリーズ
  フジクラ ランバックス TypeーX
  UST マミヤ ATTAS 4U
  UST マミヤ ATTAS 3

 

 

 

 

 

 

キックポインントの役割

 

先調子   
マークもう少し弾道を高弾道にしたい。
マークスライスをなくしたい。
マークヘッドの抜けをもっと鋭くしたい。
マークインテンショナルなフック系の球筋にしたい。
マーク球の捉まりを良くしたい。

 

中調子  
マーク球がつかまりすぎる。
マーク中高弾道の強い球を打ちたい。
マークイメージ通りのインテンショナルな球を打ちたい。

 

元調子    
マークフックを直したい。
マーク中弾道で強い球を打ちたい。
マークダウンスイングでもっとシャフトのタメをつくりたい。
マーク球をつぶし、風に強いインテンショナルな弾道に。

 

 

ダブルキック
マークダウンスイングでシャフトのタメを作りインパクトヘッドでのヌキを求めるシャフトになります。

 

クラブを購入される時は、キックポイントをそろえて購入してください。ウッドとアイアンで異なるキックポイントは選択しないで、そろえることは大切です。

 

最近の大型ヘッド、特に450cc以上の容積ではシャフトが長く、重心距離も長く、インパクトでのタイミングが取りづらくなっています。そのためシャフト重量が軽めで、タメの作りやすく、タイミングの取りやすい、中、元調子のシャフトを選択するのがベストです。

 

アイアン・飛距離重視の人気商品・イチオシ商品リストはこちらから


 

メーカシャフト情報

 

グラファイトデザイン・フジクラシャフト・三菱シャフト・マミヤATTS・日本シャフト・ツルーテンパーシャフトはこちらか

 

関連記事のトルク・スパイン・トウダウンにつてはこちらから参照してください。

 

 

ヘッドスピードとトルク、キックポイント

 

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 


 

次の項目:トルク・スパインの役割に進む

 

 

ゴルフクラブ

 

メンズクラブ

レディースクラブ

キッズ・ジュニア―用クラブ

クラブ用パーツ・シャフト



ウエアー

 

メンズウエア―

レディーウエアー

キッズ・ジュニア用ウエアー

 

シューズ

 

メンズシューズ

レディーシューズ

キッズ・ジュニア用シューズ

シューズ用アクセサリー


バッグ・グローブ・ボール・その他

のアイテム

グローブ

バッグ・ケース

ヘッドカバー

ラウンド用ボール

トレーニング用具

ラウンド用品・小物

コンペ用品

その他


人気の新作クラブ・シューズ・ウェア・バッグ・グローブ・ボール・ゴルフナビなどが大集合!レディース・メンズ・子供用も品数豊富に取り揃え。口コミ・ランキング・各種特集ページから簡単にお選びいただけます。





ゼクシオ

スリクソン

ブリジストン

ミズノ

テーラーメイド

タイトリスト

ヤマハ

キャロウェイ

コブラ

ホンマ

ヨネックス

オデッセイ

アダムス

ピン

オノフ

ロイヤルC

クリーブランド

マルマン

リンクス




ATTAS11

ゴルフクラブ最新モデル一覧はこちらから





 

 

 

 

 

トップページに戻る

 

 

 

 

関連ページ

シャフト理論の定義
ゴルフの上達はゴルフ理論でシャフトとスイングのメカニズムを理解することから。
クラブが先か?スイングが先か?
ゴルフは18ホールをいかに少ない打数で、ボールをカップに入れるかを争うゲームです。 そこで長年に渡り議論されている、スイングが先か?道具が先か?の議論です。 もちろん、クラブもスイング共に重要であることには違いはありませんが、この議論を長年のゴルフ歴史を振り返ることで、この問題点をひも解くポイントがが見つかります
シャフトの役割と基礎知識
ゴルフの話題と言うとどうしてもクラブヘッドに関心が集まりますが、ゴルフクラブに大きな要素としてシャフトがあり、むしろシャフトより重要な役割を果たしているといえます。 その理由はシャフトはスイングに直接影響を与えるものだからです。ヘッドがボールに影響を与えるものであれば、シャフトはスイングを決める重大な要因になるからです。
シャフトの重要性とメカニズム
ヘッドスピードとシャフトの硬さの不一致は飛距離ロスや方向性を不安定にします。飛距離アップや正確なショットはミート率を上げボール初速度をあげることです。そのためにも、ヘッドスピードとシャフトの硬さを一致させる事は絶対条件です。
シャフト選択の3つのポイント
ゴルフ上達にはクラブ選択が欠かせません。あらゆるスポ―ツ゚に科学的分析が取り入れられ道具でも目覚ましい進化が認められます。ゴルフシャフトも飛距離や方向性において画期的な進化を遂げてきました。ここでは、シャフト選択の重要なポイントを解説します。 .
シャフト測定の問題点
シャフトの硬さの測定には静止的測定と動的測定があります。シャフトの硬さを正確に知る事は、飛距離アップや正確なショットなど色んな悩みの原因を解決できます。それには、静止的測定の問題点が存在します。この問題点をゴルフ理論・スイング理論で科学的、物理的に理解する事でゴルフの上達は驚く程早くなります。無駄のないクラブ選択、効果的なスイング練習ができます。ノウハウなくて決して上達はありません。 .
固有振動数の定義
ドライバーの飛距離アップはヘッドスピードのミート率を高める事で、ボール初速度を速め飛距離アップや方向性の安定に繋がります。この仕組みを、ゴルフ理論・スイング理論で科学的、物理的に理解する事でゴルフの上達は驚く程早くなります。無駄のないクラブ選択、効果的なスイング練習ができます。ノウハウなくて決して上達はありません。 .
シャフトの絶対硬度
ヘッドスピードとシャフトの硬さの不一致は飛距離ロスや方向性を不安定にします。飛距離アップや正確なショットはミート率を上げボール初速度をあげることです。そのためにも、ヘッドスピードとシャフトの硬さを一致させる事は絶対条件です。
シャフトのタイミングのメカニズム
シャフトのタイミングは直接飛距離、方向性に大きな影響をあたえます。このタイミングとはシャフトのシナリの時間であり、ヘッドスピードに比例関係にあります。シナリのメカニズムを知ることで自分に合うクラブの選択が明確になってきます。
シャフトとヘッドスピードの一致
ヘッドスピードとシャフトの硬さの不一致は飛距離ロスや方向性を不安定にします。飛距離アップや正確なショットはミート率を上げボール初速度をあげることです。そのためにも、ヘッドスピードとシャフトの硬さを一致させる事は絶対条件です。
ミート効率で飛距離アップ
飛距離アップにはボール初速を上げることで可能になります。このボール初速を上げるにはインパクトでミート率を上げるです。ヘッドスピードが速いからと言う理由で飛距離が出ることにはならないのです。
正確な方向に打つミート効率
ヘッドスピードとシャフトの硬さの不一致は飛距離ロスや方向性を不安定にします。飛距離アップや正確なショットはミート率を上げボール初速度をあげることです。そのためにも、ヘッドスピードとシャフトの硬さを一致させる事は絶対条件です。
トルク・スパインの役割と重要性
シャフトはインパクトにかけて、複雑な動きをします。 それは、シャフトの本来の性質である直進性のシナリです。このシナリはシャフトの硬さになりますが、それとば別に直進性のシナリに同調するようにシャフトにはネジレがおこります。このねじれがトルクです。
シャフトの振動数
シャフトはダウンスイングでヘッド重量と体の回転の加速でシナリを起こします。 このシナリは一定の固有の速度で元の状態に復元特性を持っています。 このシャフトの特性は振動数で表現できヘッドスピードに大きく関係しています。
シャフト重量と重量フロー
ゴルフで重要なスイングのリズムは、スイングスピードに適したクラブ重量、すなわちシャフト重量でリズムよくスイングできることになります。 クラブの構成要素の中でシャフト重量の重さの幅が最も大きくヘッドスピードに密接に関係してきます。 また、このシャフト重量は、ウッドとアイアンの重量フローが正しくないとリズムが狂い、ミスショットを打つ原因になるのです。
メーカシャフト情報
シャフト選択の方法の一つとして、シャフト重量も大きなファクターです。 シャフト重量はクラブ総重量と比例し、シャフトの硬さ、トルクと比例していきます。

サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
ゴルフ場予約サイト シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み