パターグリップ

パターグリップの選び方・握り方

 



ゴルフ場予約、検索ならリクルート運営の[じゃらんゴルフ]


 

商品紹介:ゴルフパターはこちらから


 

 

パターグリップの選び方・握り方

 

 

パターはスコアーアップの重要クラブ

 

パターには、通常のショット以上に繊細なタッチが要求されます。

 

この繊細なタッチは、グリップの握り方、グリップの素材によってもフィーリングが大きく変わってきます。

 

グリップの握り方の基本は、オーバーラッピンググリップと逆オーバーラッピンググリップがあります。基本の方法でうまくいかない方は、クロウグリップなどの特殊な握り方を試して、ボールの転がりの変化を確認して下さい。。

 

パット数を3、4減らすことで、すぐにスコアーアップできます。

 

初心者が100を切るのに、パット数を減らすのが最も取り組やすいのではないでしょうか。

 

おそらく100以上を打つ方の45%以上がパット数になるのではないでしょうか。

 

自分に合うグリップを見つけ、パッティングを安定させてスコアアップに繋げられるようにしましょう。

 


手ぶらでゴルフ場へ!ラウンドするにもクラブを借りる時代

xx10

 

適合グリップのチェック方法

 

オーバーラッピンググリップ

 

同じストロークで10球程度打ってみてください。

 グーグルとデータ提供者

オーバーラッピング

打った球が同じ様な距離と球筋であればOKです。

 

もし、打ちづらく、なんとなくストロークしにくいと感じれば、他のグリップを試す価値があります。

 

逆オーバーラッピンググリップ

 

逆オーバーラッピンググリップは右手グリップが上(手元側)にくるグリップの仕方で、左手インパクトでカットしたり、右手がストロークでカブってしまうゴルファーに向いています。

 グーグルとデータ提供者

逆オーバーラッピング

右手の動きを抑え、左手でフォロスル-が取れるグリップで、方向性が正確に取りやすいのが特徴です。

 

クロウグリップ

 

クロウグリップという握り方で、ちょっと特殊な握り方です。

 

この握り方は、左手はオーバーラッピンググリップと同じなのですが、右手をペンを握るような感じでそえてしまいます。

 

そうすることで、右手の力があまりパターに伝わらず、より力が抜けたパターになります。

 グーグルとデータ提供者

クロウグリップ

どうしても決めたいという思いが、パターに出てしまう人にかなりオススメのグリップスタイルです。

 

 

【必見!】ゴルフグラブ・ボール・ウエア・アクセサリ特集

 

 

太さからグリップの選択

 

太さ 適合ヘッド

適合詳細

細目 ピン型 軽い分スイングしやすく、フィーリングを感じやすい
普通 どのヘッドにも 細目と太目の中間になります
太目 マレット型 重量が重くなり、手を使いずらく、真っすぐ引いて真っすぐ出しやすい

 

形状からグリップ選択

 

形状

特徴

詳細

テーパー形状 グリップ先は細い 自分でヘッドをコントロールしやすく、ボールを真っ直ぐ打ちやすくします
ノンテーパー形状 太さがすべて同じ 手とグリップの一体感が作りやすく、右に押し出グルファー方向き

パター形状

 

素材からグリップの選択

 

項目

ラバーグリップ

コードグリップ

構造

ゴムのみ

ゴムに糸を練り込む

グリップ力

普通

高い

硬さ

普通

硬い

耐久性

普通

強い

適合タイプ

どんな方でも

手に汗を書きやすい人

 

グリップの重さから選択

 

パターを選択するポイントにパター総重量に注目が集まりますが、パターグリップ重量もパッテングする際のフィーリングに大きな影響をあたえます。

 

そこで大きく分類すれば、軽いグリップと重いグリップになり、その特徴については以下の通りになります。

 

軽いタイプのパターグリップ

 

軽いパターグリップの場合、バランスがヘッドが重く手元が軽くなります。

 

そのことから、パッテングの際のヘッドの重さを感じやすく、距離感が合しやすくなります。

 

また、自然と安定したストロークが行え、ヘッドの重さを感じながら、オートマチックに打ちたい方はにはおすすめです。

 

重いパターグリップ

 

重いパターグリップの場合は、手元が重くなりヘッドの部分が軽く感じられます。

 

ヘッドパターの慣性モーメントが手元に比べ小さくなることで、インパクトの操作性が向上し、手元でパターのコントロールすることが可能になります。

 

そのため、ヘッドにオートマチックに任せるのではなく、自分でコントロールをしたい方におすすめです。

 

ヘッドが重い場合慣性力が大きくなりコントロールが難しく、ヘッドの軽いパターの方が慣性力が小さくなりコントロールできるのです。

 

パターグリップ選びの基準

  ショート気味 オーバー気味 方向性不安定
グリップの太さ

細い

太い

太い

グリップの重さ

軽い

重い

重い

グリップの形状

テーパー

ノンテーパー

ノンテーパー

 

グリップ重量の基準

 

軽いグリップ   :60g前後
普通のグリップ  :70g前後
重いグリップ   :100g前後

 

 

 

 

 

パターヘッド

 

 

 

 

 

 


早割り トク割 直前割 無料プレー券 優待券などお得な情報満載

高弾道に打てるアドレス




スーパーセール50%Off


 

 

 

トップページに戻る

 

 

クラブメーカーリンク

ゴルフクラブ ゴルフウエアー ラウンド用品・ボール

バック・ケース

シューズ

アクセサリー


ゼクシオ

スリクソン

ブリジストン

ミズノ

テーラーメイド

タイトリスト

ヤマハ

キャロウェイ

コブラ

ホンマ

ヨネックス

オデッセイ

アダムス

ピン

オノフ

ロイヤルC

クリーブランド

マルマン

リンクス




ATTAS11

ゴルフクラブ最新モデル一覧はこちらから





 

 

 

トップページに戻る

予約キャンペーン


サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
ゴルフ場予約サイト シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み