パット理論(正しい打ち方)

正しいパッテング理論

 

パッテング

 

 

ドライバーで240y飛ばしても、1~2mのパッツと簡単に外せば、同じ1打と考えると重要度はパターの方にあると言えます。
結果それは、スコアーに大きく影響してくるからです。それ以上に精神的なダメージが大きいのではないでしょうか。

 

パットの重要性は、上級者と初心者のスコアーのパット数をを見れば一目瞭然です。

 

上級者の全員はパターが上手のが共通点です。上級者、特に70台を平均に出すゴルファーの平均パット数は34前後であるのに対して、100以上叩く初心者の場合の平均パット数が、50以上と大きく差が出てしまいます。

 

スコアーの50%を占める、パット数はスコアーメイクにはとても重要で、プロはフルスイングの練習よりパットの練習に時間を割く所以です。1打でもスコアー縮める方法としてパターは最も有効な手段になるからです。
パターの決め手である、パターの「長さ」も「重さ」も「見た感覚」も「バランス」も「グリップ仕様」も「ボールがヒットした打感」も「たまの転がり方」、すべてがそのプレーヤーの感覚以外何ものでもありません。

 

ただ、この感覚、例えば、重いと感じたら何グラムと言う様に、数値化は可能です。ただ、漠然とパターを選択することでなく、自分のフェーリングに合ったパターを数値化したり見た感覚で選択することが、パターが上達になる秘訣といえます。

 

その上で以下のパッチング理論を参考にしてください。

 

 

 

 

パッテング理論の目次

 

 

 

 

商品紹介:ゴルフパターはこちらから


 

 

 




 

 

 

 

 

 

 

パット理論(正しい打ち方)記事一覧

パット理論の重要な4要素

パット理論で4つの重要な要素とはパットを上手く打つのも、それなりにパット理論を理解した上で、練習する事です。そこで、パットをラインに合わせて打った時、ボールが狙った方向に転がらない理由は 4つあります。① ストロークが目標ラインに正しく行えているか。② インパクトでフェースの向きが正しく向いているか...

≫続きを読む

 

パッテイングのストローク、正しい軌道とは

ストロークのやり方ストロークのやり方は、通常のゴルフスイングでは股関節を左右に回転させエネルギーを貯め、遠くにボールを飛ばしますが、、パッティングの場合は、スイングで使う股関節をほとんど使わず固定することです。上半身は腕で三角形を作り、スイングの回転軸(背骨と首の付け根)をキープして、腹筋と腹斜筋を...

≫続きを読む

 

芯で打てるアドレス

芯で打てるパターアドレスゴルフスイングの中で一番個性的アドレスを取れるのが、パターではないでしょうか。どの様なスタイルであれ、パターを上手くなるポイントは、パターの芯で打つ、パターのインパクトではフェースがターゲットに真っすぐ向ける、この2点です。パターの基本中の基本は、球を縦回転で打つことです。こ...

≫続きを読む

 

距離感はヘッドの芯で打つ

パターを芯で打つ理由パターの種類には、長さでは長尺パターや短尺、ヘッド形状では、マッスルタイプ、センターシャフトタイプ、ピンパタータイプ、など、色んな形状パターが販売されています。どの形状のパターであれ、またどのような打ち方スタイルであれ、パターを上手く打つゴルファーの共通点はボールを芯で打っている...

≫続きを読む

 

ストロークの振り幅で距離感を養う

ストロークの振り幅で距離を決めるパターの距離感は、まずパターヘッドの芯で打つことが大前提になります。それは、芯で打った距離と、芯を外した距離は明らかに違ってくるからです。芯で打つことで、ボールの回転が順回転になり、曲がらず球足の長い転がりになります。一方、芯を外したボールは、回転軸に角度のついたボー...

≫続きを読む

 

ショート・ロングをミスしないパット

ミスしないパッテング方法パターも、スイングと同様、シンプルな安定性の高いパッティングフォームが求められます。まず、パターはヘッドの芯でボールを打つことで、正しい球の転がりが生まれ、イメージ通りの距離とラインに打ち出すことができるのです。もし、芯を外ずして打ってしまった場合、ボールは思った程距離が出な...

≫続きを読む

 

パット数を50に抑えるパッティング

パター数を50以内に抑えるパット術パットを正しく行う必須条件には重要なポイントが3つあります。1点はグリップの握り方 2点はストロークの仕方、3点目はスタンスの取り方になります。この3点に共通する事は共に、パターヘッドのフェース面をボールに正しく当てることになります。そのためには、インパクトの瞬間に...

≫続きを読む

 

3パットしないライン読み、距離感

3パットしないラインの取り方と距離感1打目をフェアウエーに置き、ショートゲームを正確に打ち、3パットしないゴルフは理想ですが、そう上手く行かないのがゴルフです。ところが、1打を理論で考えることで、意外と解決策が見つかることがあります。それは、その解決方法を見つけるノウハウを持っていない場合が多く見受...

≫続きを読む

 

下りパット・上がりパットを上手く打つ

下り上がりのパットを上手く打つ理論グリーンは上りや下りのラインがあり、パターを難しくしています。そこで、上り下りのパターの打ち方で、距離感とパターのストロークの取り方について解説します。上がり下りの距離感のつかみ技上がり下りの距離感のつかみ方2パット以内で納めるには、上がり、下りの距離感をきっちり合...

≫続きを読む

 

アドレスの正し目の位置

正しい目の位置でしか正確なラインに打てないパッティングの構えで、ボールと想定したラインの真上に両目がくる構えが基本になります。しかし、真っすぐ打てない原因に目の位置が間違って行っているゴルファーは以外に多くおられます。よくグリーン上で「引っ掛けてしまった」とか「右にプッシュしてしまった」などの言葉を...

≫続きを読む

 

スネークラインの狙うライン

スネークラインはどこを狙うかグリー上でのスネークラインに球が残った対処方法は、まずスライスの傾斜部分とフックの傾斜ラインとに2つに分けてラインを考える必要があります。図で示したように、カップに対して30cmのフックラインと、10cmのスライスラインと考えると、ラインの最終判断は30-10=20cmの...

≫続きを読む

 

2段グリーンの攻略方法

2段グリーンの攻略方法グリーン上のパッテングで、スネークラインと共に、2段グリーンの攻略は2パットで納めることが難しく、プロでさえ3パットする光景を良くみかけます。これらのベストな攻略方法の定義はなく、やはり経験を積むことでしか解決できないのが現状です。特に、段差で起こる距離感はつかめても、上段と下...

≫続きを読む

 

グリーンの順目、逆目の見極め方

芝の順目逆目の見極め方グリーン上の芝の生え方に「順目」と「逆目」について、パターの距離感や曲がり方に大きく影響を及ぼします。順目とはカップとボールの間の芝の生え方で、ボールからカップの間の芝の芽がカップに向いている場合を順目になります。その逆で、ボールからカップの間の芝の芽がボールの方向に向いている...

≫続きを読む

 

サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
ゴルフ場予約サイト シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み