ユーティリティの選択

ユーティリティの選び方

 

ユーティリティーの上手な選び方

 

ユーティリティはフェアウェウッドとアイアンの中間のようなクラブで、ハイブリッドクラブとも言われ、多くの一般ゴルファーが使用するようになりました。

 

ロングアイアンの難しさをカバーするクラブとして誕生。ロングアイアンはゴルファーにとり難しいクラブの一つですが、ハイブリッドはその距離を容易に打つことが出来るクラブです。

 

現在、トーナメントプロのほとんどがキャヂィーバックに常備されるほど、重要なクラブとして位置づけられています。

 

 

ユーティリティの特徴は、打ちにくいライやベアーグラウンドなど広範囲での使い方ができる、まさにユーティリティなクラブです。

 

ロングアイアンは、ヘッドのソール部分の厚みがないため、重心位置が高くなり、ボールも上がらず、ミートしづらいクラブです。重心深度もないに等しい状態でスイングスピードがなければ正確にヒットできないクラブです。
初心者や中級者には難しいクラブになります。

 

その点、ユーティリティは低重心で重心深度も深く設計されており、簡単に高弾道の球が打てるのが特徴です。

 

ロングアイアンだと弾道が低く、そのためグリーンでボールも止まりにくいが、ユーティリティなら、高弾道の球が打てるので、グリーンでボールが止める事ができやすくなります。

 

ユーテリテー

値下げ断行お買い得商品

 

ユーティリティのヘッドの形状種類

 

大きく分けてウッド型とアイアン型に分かれます
ウッドタイプアイアンタイプ

 

この2種類のタイプのユーティリティを選ぶ場合、一般的にはにウッド型のユーティリティの方が主流になっています。

 

アイアン型のユーティリティの場合、テーショットでの使用に限られ、ウッド型のユーテリテーが使い勝手には優れています。

ソールタイプ

ユーティリティのソール部分の両端が削れていて、ソールが丸みの大きなヘッドは、クラブの抜けはいいですが、ラウンドする分、重心位置が高くなるため球が上がりにくくなります。ヘッドスピードの少ない方は、ソール部分がフラッドのヘッドが、低重心でやさしいクラブになります。

 

また、クラブを構えて、フェースプログレッションが小さいほうが、球の捉まりが良く、打ちやすいクラブです。

 

予約
超!直前割

トク割

早割り

 

今最も人気のユーテリテーの一覧

 

ユーティリティ選びの重要なポイントはヘッド形状

 

ユーティリティヘッドの形状によっても、ヘッド機能は大きく変わります。
その違いは、FP値(フェースプログレッション)の違いで、球の捉まりの難易度が変わってきます。

FP値

 

黄色の線が、シャフトの延線上とフェースのリーヂングエッジ間の距離を表しています。この距離が短い方が球の捉まりは良くなります。
特にアイアンでグースネックタイプのアイアンを使用されている方には、FP値の小さいヘッドを選んでください。
ヘッドスピードのある方は、FP値の大きなヘッドが向くと思います。

 

 

ユーティリティヘッドのフェースの高さも難易度に関係してきます。

 

ヘッドのソールからクラウンの頂点との間の距離(黄色い線)がフェース高になります。フェース面が高い程、重心は高くなり、低い程、重心は低くなります。

フェース高

球を捉まえやすさは、重心の低いヘッドになりますが、リスクもあります。
ティーショットや深いラフでヘッドが下をくぐったり、テンプラになり易いリスクもあります。

 

 

 

ユーティリティ選びの重要なポイントはロフト総重量

 

ロングアイアンの代替えクラブとして使用する場合、現在使用ドライバーやフェアウェイウッドよりも重く、アイアンやウェッジよりは軽いユーティリティを選び使用してください。
5wの次のクラブにユーティリティをセッテングする場合、5wの重量より重いクラブにしてください。

 

ロフト角とは、クラブヘッドのフェースの角度で、このロフト角が飛距離とボールの高さに関係してきます。ユーティリティ選びをする時は、ヘッドの番手で選ぶのでなく、ロフト角を何度にするか、しっかり検討してください。

 

ユーティリティはロフトで選択してください

 

何故ならば、ユーティリティは、メーカーによって、ロフト角にバラつきがあり、番手ではなく、ロフト角を基準にして選ぶことです。
(メーカーの番手のロフトはバラつきがあるので、決して番手だけを見て判断し購入するのは避けてください)

 

使用クラブの番手に沿ってロフトを考えセッテングしてください。

 

例えば5Wのロフトが18度であれば、番手表示は無視して21度位のロフトのユーティリティを選んでください。

 

 

平均的ゴルファー(ヘッドスピード40m/c)のロフトと距離の関係

 

ロフト角17° ロフト角19° ロフト角21° ロフト角23°

195y

185y

175y

165y

ロフト角25° ロフト角27°    

155y

145y

   

 

上の表から5アイアンが150yを打てるゴルファーは
4アイアン、3アイアンの変わるユーティリティウッドのロフトは以下の選択になります。

 

3アイアンの代わりに
23度のロフト ユーティリティウッド 165y前後の距離

 

4アイアンの代わりに
25度のロフト ユーティリティウッド 155y前後の距離

 

5アイアン   145y
以上のように、5アイアンから大きい番手、例えば4アイアン、3アイアンの代替えユーティリティウッドを選ぶ場合、5アインの飛距離に比例してロフトを決める方法です。

 

 

 

お勧め商品

 

メーカー:ダンロップ.ブランド:XXIO..
ゼクシオ ナイン ユーティリティ MP900カーボン

 

 

ウッドヘッドに戻る

年末予約

関連ページ

ディープフェースとシャロ―フェース
ドライバーの飛距離アップはヘッドスピードのミート率を高める事で、ボール初速度を速め飛距離アップや方向性の安定に繋がります。この仕組みを、ゴルフ理論・スイング理論で科学的、物理的に理解する事でゴルフの上達は驚く程早くなります。無駄のないクラブ選択、効果的なスイングの練習ができます。ノウハウなくて決して上達はありません。 .
ヘッドの大きさと操作性
ドライバーの飛距離アップはヘッドスピードのミート率を高める事で、ボール初速度を速め飛距離アップや方向性の安定に繋がります。この仕組みを、ゴルフ理論・スイング理論で科学的、物理的に理解する事でゴルフの上達は驚く程早くなります。無駄のないクラブ選択、効果的なスイングの練習ができます。ノウハウなくて決して上達はありません。 .

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ シャフト理論 スイング理論 ゴルフ場予約サイト ゴルフルール