ゴルフ理論で飛距離アップ、スコア―アップが実現!

適正スイングウエイトの基準

 

ゴルフ予約

詳しくはこちらから

 

 

適正スイングウエイトでクラブ選択

 

スイングウエイトはヘッドスピードとシャフトの硬さ、重さに関連してきます。

 

スイングウエイトの意味は、ヘッドの効き具合を示す数値になり、スイングしたりワッグルした時に、ヘッドの重量感をどの程度感じるかの値になります。
これらの値は、ヘッドの重さ、シャフトの重さ、グリップの重さの、シャフトの長さなどで変化します。

 

【ヘッドが重く、シャフトとグリップ側が軽い場合はヘッドバランスは重くなり、反対に、ヘッドが軽くグリップ側が重いとヘッドバランスは軽くなります。
スイングウエイトはただヘッドの重さだけでなく、ヘッドと支点からヘッド側のシャフト重量と、支点からグリップまでのシャフト重量とグリップ重量の比率になります】

 

ただ、スイングウエイトは個々のフィーリングにより十人十色で、一定の法則はありません。

 

現在のバランス測定法は14インチバランス測定法で、グリップエンドから14インチの場所を支点にして、ヘッド側がどれだけ重いかを測定して値化したものです。

 

このスイングウエイトはヘッドの軽い方から A B C D E の5段階に分けれます。さらに、このアルファベットの中でさらに0~9までの10段階に分かれています。

 

 

またクラブ重量では、グラブの総重量が重い程、バランスは重めで、クラブ総重量が軽い程、バランスは軽くなります。
この事から、上級者向けのクラブはスイングウエイトが大きめで、一般ゴルファーにはスイングウエイトが軽めが一般的になります。

 

クラブのバランスの範囲は、ゴルフの各パーツ、ヘッド、シャフト、グリップ の製造重量から、常識的に製造された男性用クラブのバランスは、C6~D5の範囲に、女性クラブの場合はB8~C6のバランス値になります。

 

バランスの問題点としては、バランスはあくまで、静止測定の記事で述べてように、同じバランスのクラブでもシャフト重量やシャフトの硬さがが異なった場合、全く違ったフィーリンになります。

 

たとえば、クラブ重量が異なった2本のアイアンが、カーボンシャフト装着とステール装着のクラブでは、振りやすさの違いや、フィーリングがかなり異なってきます。
普通、軽いカーボンシャフトの方が振りやすくなるはずです。

 

また、シャフトの硬さが異なる同じバランスのクラブの場合でも、フィーリングが大きく違ってきます。非力なゴルファーが同じバランスのクラブでも、シャフトがヘッドスピードに比較して硬い場合、打ちずらいクラブに感じてしまいます。

 

つまり、バランスの決め方は、いくらのバランスが自分に最適かでなく、自分が最もスイングしやすいクラブのバランスが、いくらのバランスであるかで求めるのがポイントです。

 

 

XX10・大幅値下げ情報

 

スイングスタイルから見たバランスの傾向

 

重めのスイングウエイトのクラブ使用は、ゆったりしたスイングをされるゴルファーに向き、軽めのスイングウエイトのクラブ使用は、スイングテンポの比較的早いゴルファーに向きになります。

 

 

 

チェックマーク
ヘッドスピードとクラブ重量とバランスの参考資料です
45インチのドライバーを基準にしています

 

ヘッドスピード 34m/c以下 275g以下   C0以下
ヘッドスピード 37m/c以下 290g以下   C4以下
ヘッドスピード 38~39m/c 295g±5g   C5~C8
ヘッドスピード 40~42m/c 300g±10g  C9~D1
ヘッドスピード 43~44m/c 310g±5g   D1~D2
ヘッドスピード 45~47m/c 315g±5g   D2~D3
ヘッドスピード 48~50m/c 320g±5g   D2~D3
ヘッドスピード 51m/c以上 325g以上   D3以上

 

振動数(シャフトフレックス)とバランスの参考資料
45インチのドライバーを基準にしています

振動数  

シャフトスペック

バランス

219cpm以下

LL

220cpm~229cpm

C0~C5

230cpm~239cpm

C6~C9

240cpm~249cpm

D0±1

250cpm~259cpm

SR

D1±1

260cpm~269cpm

D2±1

270cpm~279cpm

D3±1

280cpm以上

XX

D3以上

 

 

正しいストロークと芯で打つ練習にはピッタリです。
パッテング練習松山

松山プロも愛用のパター練習機はこちららか参照

 

 

スイングウエイトの調整

 

使い慣れたクラブのヘッドのバランスが頼りなくなって、バランスを重くしたい場合
① ヘッドのシャフト延線上に鉛貼ることでバランスが重くなります。1gの鉛を貼ることで、45インチのドライバーで約0,5ポイント アイアン38インチで0,5ポイント増えます。
 注意:シャフトの中に鉛を入れてバランスを取ることは、ヘッドの重心位置が高くなるの
     で、避けてください。直接ヘッドに鉛を貼ることが正しいバランスの取り方です。

 

② 45インチのシャフトを長くすれば、0.5インチ長くすると、2.5ポイントバランスが増えます
   シャフトを短くした場合のこの逆になります。

 

バランスを軽くたい場合
① グリップを重くすれば、グリップ重量を5g重くすることで、1ポイントバランスが軽くなります。
② 45インチのシャフトを短くする、0.5インチ短くすることで2.5ポイント軽くなります。

 

この程度はご自身で簡単に調整が行えますから、新品を買うのでなく、合わなくなったクラブでお蔵入りのクラブを、一度バランス調整を行い使ってみてはいかがでしょうか。

 

クラブの適正バランス

 

クラブの適正バランスは上の表にある様に、ヘッドスピードやシャフトの硬さを基準に算出していますが、問題はクラブセッティングした場合のバランスのとり方が重要になります。

 

まずドライバーとアイアン全体のバランスに置ける統一性は、極端にならない様に注意してください。

 

例えば、ウッドのバランスがD3でアイアンのバランスがC8の様な、極端なバランスの開きは、ティ―ショットの後、すぐに使用するアイアンのリズムが掴めずミスショットの原因になり、できれば3ポイント程度の、バランス差に留めるべきです。

 

次に、ウエッジなどを除き、フルスイングする各アイアン番手のバランスは統一すべきです。または、最低限フローバランスにしてください。
フローバランスとは番手が小さくなるほどバランスが比例的に増えるセッテングのことです

 

但し、0.5ポイント程度のバランス誤差については、余り意識する必要はないと考えてください。アイアンヘッド単体のヘッド重量は、各番手ごとに7g前後の重さで制作されていることから、バランスが極端に変化すれば、ヘッド重量の重さが統一されてない事になります。

 

この場合は、ヘッド重量の調整が必要になり、余り完成度の高くないヘッドといえます。

 

 

バランスに関しては、個人のスイング感覚の問題で、全てのゴルファーに当てはまる法則はありません。言い換えると、ゴルファー自身の好みの問題で、心地よいスイングが出来るバランスのクラブが最適バランスと考えてください。

 

ご自宅で簡単のバランスを図る方法について、バランスとはヘッド単体の重さだけでなく、シャフトの重さも加えた重量バランスのことですので勘違いされない様にしてください。ヘッドだけの重さではありません。
バランスはシャフト重量とヘッド重量によって形成されています。

 

バランス測定方法

 

バランス測定方法

 

バランス値が上の表の数値になりますから、その数値の左の値がバランスになります。

 

1オンス=25.4mg    1オンス=28.35  になります。

 

上で述べた様に、重いシャフトの場合は当然バランスは大きな値でシャフトが軽い場合はバランスは軽くなり、逆は存在しません。
この事から、バランスの適正はヘッドスピードと比例し、シャフトの硬さとも比例する事になります。

 

最適バランスとは、C、D、で選ぶのでなく、自分がスイングして、感じ良くスイング出来るクラブのバランスで、バランスの値を決めつけるのは、間違いです。同じバランスでも、シャフトの硬さや、重さで当然フィーリングが大きく変わるからです。

 

XX10・大幅値下げ情報

 

 

 

関連記事

 

シャフトの硬さとともに重要な適正クラブ重要

 

特集超お買い得ゴルフアイテムキャンペーン一覧

 

トップページに戻る

 

 

クラブメーカーリンク

 

ブリヂストン

ダンロップ

キャロウェイ

テーラーメイド

タイトリスト

ピン

ミズノ

ヤマハ

ヨネックス

オデッセイ

オノフ

フォンテーン

プロギア

本間ゴルフ

クリーブランド

キャメロン

マルマン

WOSS

T.PMLLS

他メーカー

 

クラブメーカーリンク

ゴルフクラブ

ドライバー
ドライバー

フェアウエーウッド

フェアウエーウッド

ユーテリチィー

ユーテリチィー

アイアンセット

アイアンセット

単品アイアン

単品アイアン

ウエッジ

ウエッジ

パター

クラブセット

クラブセット

シャフトパーツ

ゴルフシャフト

ゴルフシャフト

スリーブ

スリーブ

グリップ

</td

ウエイト・レンジ

ウエイレンジト

クラブリペアー品

リペアー用品

ゴルフウエア―

ポロシャツ

ポロシャツ

アウター

アウター

セータトレーナー

ベスト

ベスト

パンツ

サカートワンピース

アンダーウエア

アンダーウエア―

レインウエア―

帽子

帽子

靴下

サングラス

時計

時計

ベルト

ベルト

ウエア―小物

お買い得セット

お買い得セット

ラウンド用品・ボール

ゴルフボール

ゴルフボール

グローブ

グローブ

距離測定機

距離測定機

マーカー

マーカー

テイー

テイ―

グリーンフォーク

グリーンフォーク

パターカバーホルダー

ホルダー

タオル

タオル

傘

ラウンドバック

ラウンドバック

ゴルフボールケース

ゴルフボールケース

ボトルホルダー

ボトルホルダー

ポーチ小物入れ

ポーチ

ラウンド小物入れ

ラウンドコ小物入れ

ゴルフバックケース

キャヂィーバック

キャヂィーバック

トートバッグ

トートバッグ

リュックバック

リュクバック

クラブケース

クラブケース

シューズケース

シューズケース

トラベルカバー

トラベルカバー

ヘッドカバー

ヘッドカバー

ラウンドバック

ラウンドバック

ゴルフボールケース

ゴルフボールケース

ボトルホルダー

ボトルホルダー

ポーチ小物入れ

ポーチ小物入れ

バックアクセサリー

バックアクセサリー

ボストンバック

ボストンバック

シューズ

ゴルフシューズ

ゴルフシューズ

他のシューズ

その他のシューズ

スパイク鋲

スパイク鋲

シューズケース

シューズケース

シューケアー

シューケアー

ゴルフアクセサリー

サポートグッツ

サポートグッツ

時計

時計

コンペ景品

コンペ景品

書籍

書籍

ビデオ・DVD

ビデオ

カレンダー

カレンダー

ゴルフ練習器具

ショット練習機

ショット練習機

スウイング分析機

スウイング分析機

パター練習機

パター練習機

アプローチ練習機

パター練習機

アプローチ練習機

アプローチ練習機

ネットゲージ

ネットゲージ

フィットネス

スナックゴルフ

スナックゴルフ

 

 

 

 

トップページに戻る

年末予約


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ シャフト理論 スイング理論 ゴルフ場予約サイト ゴルフルール