シャフトでヘッドスピード上げる

シャフトでヘッドスピードを上げる

 


特価クラブ




 

 

シャフトでヘッドスピードを上げる

 

シャフトでヘッドスピードアップできる要素は。

 

シャフトでゴルフは変わると良くいわれますが、スイングを作るのはシャフトと言っても過言ではありません。

 

スイングのメカニズムは体の捻転から、シャフトにエネルギーをタメ、そのタメでできたパワーをヘッドを通してボールに伝達することです。つまりエネルギーの源はシャフトにあるからです。

 

XシャフトからSシャフトに変えると飛距離が伸びる原因は,、XシャフトよりSシャフトの方がシャフトのタメが作れてヘッドが加速できるからです。

 

しかし、シャフトの硬さがスイングスピードと一致するという条件つきです。

 

でもこの様な柔らか目のシャフト選択は、飛距離を伸ばすメリットはありますが、方向性の安定からは不安が残ることになります。

 

 

 

シャフト理論からも、スイングとシャフト関係は、ヘッドスピードに一致させるシャフトの硬さが最もヘッドスピードを上げる重要要素になります。

 

自分のヘッドスピードに一致する振動数のシャフトはシナリ速度とヘッドスピードのタイミングが一致することで、シナリを上手く使え、方向性が不安定になるリスクをなくし、ヘッドスピードを上げることができます。

 

シャフトの戻り時間

図は同一の長さで同一の硬さを持つ250cpmのシャフトです。

 

固有振動数の原則から、シャフトのシナリ幅AとA’とはシナリの大きさでヘッドの位置異なりますが、シャフトの最下点Mまでの時間は同じです。しかしシャフトのシナリ幅の大きさは異なります。このことから、Aのシャフトの方がA’より加速がより速いことになります。

 

この事から、スイング中シャフトのシナリ幅を大きくする事がヘッドスピードを上げることができるのです。例えば、ヘッドスピードを1m/sアップすることで約10y飛距離を伸ばすことができるのです。

 

自分のヘッドスピードに一致するシャフトで、ダウンスイングで手首のリリースを遅くするレートヒッテングは、慣性力が大きく働き、シャフトを大きくシナらせヘッドを加速することができます。

 

 

 

さらに、シャフトでヘッドスピードを上げる方法は、スイングで体の使い方があります。

 

トップから、腰の始動から腕を使い最後にクラブを振る、いわゆる時間差をもってスイングすることです。この時間差こそシャフトを有効に使いヘッドを加速できるのです。腰とクラブの時間差が大きいほどシャフトでヘッドスピードが大きくなります。

 

また、このような時間差で行うスイングは、インパクトで左サイドの壁ができ、インパクトにかけてグリップ速度が落ち、シャフトのタメが大きくなりヘッドの加速が高めます。

 

これは、ムチで手元をとめるとムチのシナリが最高になる原理と同じで、シャフトでヘッドスピード上げるにはスイングワークは大きく使い、手元のグリップの動きを最小限にすることです。

 

これは、インパクト時、グリップ速度を落とすことや、回転軸を小さく使うコンパクトなスイングがヘッドスピードを上げる要因です。

 

 

シャフトでヘッドスピード向上には、手打ちのスイングでなく、捻転を十分使ったスイングを心掛けてください。

 

タメを作るのが苦手な方は手元調子のシャフトの使用も有効になります。

 

また、シャフトでヘッドスピードを上げる要素としてシャフト重量があげられます。

 



 

 

ヘッドスピードを上げるシャフト重量

 

上記記事でドライバ―のシャフトをXシャフトからSシャフトに変える事で、飛距離が伸びる原因は、Xシャフトはシャフト重量が70g~80g以上あり、Sシャフトのシャフト重量は60g~70g前後で、約10g程度軽くなります。

 

では、この10gのシャフトの軽量化は、スイングにどのような影響を与えるのでしょうか。

 

10g程度では重量の軽量化は、手で持った感触ではあまりその重さの変化はありませんが、円運動のゴルフスイングの場合、10g程度の重さは何倍ものG(遠心力)が体の中心に掛かってきます。

 

つまり、0から速度を加速する場合には、シャフトの軽量化は明らかに効果があらわれヘッドスピードも加速します。

 

当然10gの重量差はゴルファーの体への負荷を大きく軽減するため、スイングしやすくなり体幹のブレを抑えヘッドスピードを加速、ミスショットのリスクも軽減に繋がります。

 

クラブの総重量はシャフト重量で決まることから、シャフトを軽量化すればクラブ総重量は軽くなります。

 

ただし、シャフトでヘッドスピードを上げようと、むやみやたらに軽くすることは手先でテークバックを行い、トップスイングが浅くなり早打ちや手打ちのスイングになり逆効果になり、ヘッドスピードはむしろ上がらなくなります。

 

 

最適クラブ重量はこちらを参考

 

 

 

ヘッドスピード上げるシャフトの長さと左腕

 

シャフトでヘッドスピードを上げるのに、シャフトを長くする方法があります。

 

そのために、シャフトの軽量化はクラブを長くでき、ヘッドスピードを上げることが可能になります。

 

例えば
44インチのドライバーを45インチにした場合    F=45÷44    1.02の2乗の運動量増加になります。 ヘッドスピード42mcで1インチクラブを長くすることで約8ヤード前後伸びることになります。

 

しかし、クラブ重量と同様、スイングできる適正な長さが重要で、飛距離を伸ばそうと過度のクラブ長は逆に、スイングしづらくなりヘッドスピードを落とす結果になります。

 

それは、クラブの長さが長くなればなるほど、スイング中の慣性モーメントが大きくなります。この慣性モーメントはゴルフスイングの場合、数値が大きくなれば振りにくさが増すことです。
シャフトの長さを最大限有効に使う方法に、腕の使い方があります。

 

スイング軌道は左肩の付け根からクラブヘッドまでの長さがシャフトと考えてください。

 

左腕もシャフトの役目をしていることに気づかないゴルファーがほとんどではないでしょうか。

 

ダウンスイングで左腕をしならせることもヘッドスピードを上げる重要な要素です。

 

左腕をうまく使えば、クラブを長くする効果だけでなく、シャフト自体のシナリを大きくできるインサイドのスイング軌道ができるのです。

 

左手をうまく使う左手リードのスイングはこちらから参照

 

最適クラブ長はこちらを参考

 

シャフト重量はこちらを参考

 

【必見!】ゴルフグラブ・ボール・ウエア・アクセサリ特集

 

シャフトのトルクがヘッドスピードを上げる

 

トルクは、シャフトのねじれ度合いを示す数値で基準値として1.5~7程度まで設定されています。

 

この数字が大きいほど、ねじれの大きいシャフトという意味になります。 トルクとは、クルマのハンドルでいう“遊び”のようなもので、トルクが大きいほど、遊びが大きく手の動きに対してヘッドの動きが鈍感になります。その分ヘッドの回転速度を上げることが可能になります。

 

ヘッドスピードの少ないゴルファーやスイングが不安定なゴルファーほど、大きなトルクの恩恵を受け、ヘッドスピードを加速する要素に大きく影響するのです。

 

ただし、このトルクもヘッドスピードに比較して大きすぎるトルク値は逆にインパクトでヘッドが暴れ、方向不安定でOBやチーピンの可能性が高くなるリスクもあるといえます。

 

ゴルフ上達にはスイングと自分に合うクラブが揃ってこそ、初めて最高のパフォーマンスを行えるといえます。

 

【ドライバーを重量から選ぶ】


ドライバー重量が290g以下の売れ筋ランキング



ドライバー重量が291~319gまでの売れ筋ランキング



ドライバー重量が320g以上の売れ筋ランキング




 

練習機

ゴルフ練習機の一覧はこちらからご覧ください

 

ゴルフクラブ

 

メンズクラブ

レディースクラブ

キッズ・ジュニア―用クラブ

クラブ用パーツ・シャフト



ウエアー

 

メンズウエア―

レディーウエアー

キッズ・ジュニア用ウエアー

 

シューズ

 

メンズシューズ

レディーシューズ

キッズ・ジュニア用シューズ

シューズ用アクセサリー


バッグ・グローブ・ボール・その他

のアイテム

グローブ

バッグ・ケース

ヘッドカバー

ラウンド用ボール

トレーニング用具

ラウンド用品・小物

コンペ用品

その他


人気の新作クラブ・シューズ・ウェア・バッグ・グローブ・ボール・ゴルフナビなどが大集合!レディース・メンズ・子供用も品数豊富に取り揃え。口コミ・ランキング・各種特集ページから簡単にお選びいただけます。





ゼクシオ

スリクソン

ブリジストン

ミズノ

テーラーメイド

タイトリスト

ヤマハ

キャロウェイ

コブラ

ホンマ

ヨネックス

オデッセイ

アダムス

ピン

オノフ

ロイヤルC

クリーブランド

マルマン

リンクス




ATTAS11

ゴルフクラブ最新モデル一覧はこちらから





 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 


 

 

トップページに戻る

 

 

 

 

サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
ゴルフ場予約サイト シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み