アイアンヘッド名称とその機能

アイアンヘッドの名称及び解説

 

 

 




ゴルフ場予約、検索ならリクルート運営の[じゃらんゴルフ]


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アイアンクラブの名称及び解説

アイアンヘッド1

アイアンヘッド2


 

ホーゼルの長さ

 

アイアンのホーゼルの長さが長い程重心の位置が高くなり更にヒールよりに位置することになります。
標準の高さは60mm~65mmでそれより短いか長いかでおおよその重心の位置を判断できます。

 

フェースの高さ(フェースの厚み)

 

フェースの高さによって重心の位置が変化します。フェースの形はモデルにより異なるため標準値は表せませんが、性能に与える影響は大きいものになります。
フェースが高ければ重心が高く、打球は低い弾道を描きます。(高重心タイプでハードヒッター向き)
逆にフェースが低ければ重心は低くなり打球は高い弾道を描きます。(低重心タイプスインガー・一般ゴルファー向き)

 

 

ソールの幅

ソール幅
ソールの幅が広いほど低重心になり、狭い程高重心になりやすくなります。

 

ソール面には若干丸みをつけたラウンドソールになっています。これは、アイアンはインパクトでヘッドを直接地面に打ち込むため、ヘッドが地面に食い込むことを防止し、ヘッドがスムースに抜けるように設定されています。

 

また、ソールとフェース面の境のエッジ部分がカットされています。これもラウンドと同様、ヘッドが地面に食い込むことを防止し、ヘッドがスムースに抜けるようにするためです。

 

 

 

オフセット

 

ネックからヘッドのリーデングエッジまでの長さを言います。
オフセットが大きい程ハンドファーストのインパクトをしやすくなり、スライスやボールの捕まえが悪いゴルファーにはこのオフセットの大きなアイアンヘッドが向いていると言えます。

 

 

グースネックとストレートネック

 

ネック

 

ネックの後方から後方に曲がっているアイアンヘッドです。その形状がガチョウの首のように見えることかから、この名前がつけられました。
一般的にはオフセットの度合いが大きい場合に用いる表

 

グースネックのアイアンは、ストレートネックのアイアンと比べてボールに当たるタイミングが遅くなるので、インパクトでフェースをスクェアに戻しやすくボールをとらえやすくなる反面、操作性は悪くなります。

 

ネックの後方とヘッドがストレートの場合、ストレートネックで操作性が優れているため上級者が好むタイプのヘッドになります。

 

ただし、ボールに当たるタイミングが早いため、シッカリインパクトできないとスライスが出やすくなります。

 

上級者のゴルファーは、このグースナックの度合いの少ないストレートネットが使われています。

 

優しいアイアン 振動数対応クラブ 人気売れ筋商品

Aデザイン ゴルフ Aグラインド ハイブリッド アイアン単品 NSプロ 950GH スチールシャフト A DESIGN GOLF GRIND HYBRID 振動数対応クラブ

Aデザインアイアン振動数

 

トップライン

 

アイアンを構えて時、フェースの上にあるラインがトップラインになります。

 

このラインには、幅の違いがありトッププレートと呼ばれ、その幅が厚いヘッドはフェース上部にウエイトをのせ、芯をはずした場合のヘッドのぶれを押さえミスを防ぎます。キャビティアイアンでみられるタイプになります。

 

一方、トッププレートが薄場合は、ヘッドを返しやすい上級者モデルになります。

 

 

アイアンスコアーライン【溝】の意義

 

アイアンのフェースには、シャフトに対して直角にスコアーラインと呼ばれる溝が彫られています。

 

この溝の役目は、フェースにボールがコンタクトした瞬間、その溝で摩擦が発生しボールにスピンがかかります。

 

つまり、この溝はボールとフェースの摩擦を減らさない為に工夫されてきたというのが正しい解釈です。

 

この摩擦で起こるスピンはボールの揚力をつけ、ボールの方向性を安定させるため溝といえます。

 

また、雨の中のラウンドでは、フェースとボールの間に水の膜でボールのスピンがかかりにくくなり、摩擦力が極端に低下してボールの回転が不安定になります。

 

そのような場合、この溝はフェースの水の膜を溝から逃がす役目をもっています。

 

また、ラフショットの場合、フェースとボールの間に芝が挟まりボールのスピン量を減らしてしまいます。

 

このような場合、フェースの溝は摩擦を減らさない役目を持つことになります。

 

アイアンフェースの溝は、このように多様な役目をもっているのです。

 

 

初心者の方等、あまりスコアラインのことを気にされない方もいますが、溝に泥が挟まったままのでスイングをすると、摩擦力は減少しスピン量が落ちることがあるので、しっかりと溝の掃除をすることが重要です。

 

ティー棒の先のとがった部分でも、溝を掃除できますから常に溝をクリアーにすることをお勧めします。

 

 

アイアンホーゼルの長さと重心位置

 

初心者バナー

 

アイアンにはヘッドとシャフトをつなぐ治具があります。このジグ部分がホーゼルと呼ばれるアイアンヘッドの重量配分において大きな影響をあたえます。

 

このホーゼルが短いと実際のヘッド重量はその分ヘッド側に配分され重くなり、逆にホーゼルが長いとホーゼルの重量に配分されヘッド重量は軽くなるのです。

 

すなわち、ホーゼルの長さがヘッドフェース面の重量に密接に関係してきます。

 

一般的に、マッスルやスコッチタイプのアイアンヘッドはホーゼルが長く、そのため重心位置が高くネックよりに移動します。

 

逆に、ホーゼルが短いアイアンヘッドは重心位置が低くなりややトウ側に移動します。

 

このことから、ホーゼルの長いアイアンヘッドはヘッドスピードのある上級者モデルで、ホーゼルの短いアイアンヘッドは低重心で一般ゴルファーや初心者に向くアイアンと言えます。

 

バランス調整において、バランスを増やす方法としてホーゼルの中に鉛などの重りを入れることは、重心が高くなりネックよりに移動、打ちにくいクラブになります。

 

バランス調整が必要な場合、アイアンヘッドのバックファースに鉛をハリ調整することです。

 

 

 

 

 

優しいキャビティアイアンはこちらから


 

 

上級者向きアイアンセットの紹介はこちらから


 

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 


 

 


早割り トク割 直前割 無料プレー券 優待券などお得な情報満載

高弾道に打てるアドレス




スーパーセール50%Off


 

 

 

トップページに戻る

 

 

 

 

 

予約キャンペーン


サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
ゴルフ場予約サイト シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み