アイアンクラブの名称及び解説

アイアンクラブの名称及び解説

ゴルフ場地域一覧
全国のゴルフ場キャンペーン特集・注目の特集・エリア限定キャンペーン特集・ゴルフ旅行・プレー時期に合わせた特割・などのお得な情報が満載

こちらからご覧いただけます。

 

特集・全てのゴルフアイテムキャンペーン一覧

 

 

 

アイアンクラブの名称及び解説

アイアンヘッド1

アイアンヘッド2


 

ホーゼルの長さ

アイアンのホーゼルの長さが長い程重心の位置が高くなり更にヒールよりに位置することになります。
標準の高さは60cm~65cmでそれより短いか長いかでおおよその重心の位置を判断できます。

 

フェースの高さ(フェースの厚み)

フェースの高さによって重心の位置が変化します。フェースの形はモデルにより異なるため標準値は表せませんが、性能に与える影響は大きいものになります。
フェースが厚ければ重心が高く、打球は低い弾道を描きます。(高重心タイプでハードヒッター向き)
逆にフェースが薄ければ重心は低くなり打球は高い弾道を描きます。(低重心タイプスインガー・一般ゴルファー向き)

 

ソールの幅

ソールの幅が広いほど低重心になり、狭い程高重心になりやすくなります。

 

オフセット

ネックからヘッドのリーデングエッジまでの長さを言います。
オフセットが大きい程ハンドファーストのインパクトをしやすくなり、スライスやボールの捕まえが悪いゴルファーにはこのオフセットの大きなアイアンヘッドが向いていると言えます。

 

グースネック

ネックの後方から後方に曲がっているアイアンヘッドです。その形状がガチョウの首のように見えることかから、この名前がつけられました。
一般的にはオフセットの度合いが大きい場合に用いる表現です。
上級者のゴルファーは、このグースナックの度合いの少ないストレートネットが使われています。

 

 

アイアンヘッド機能に戻る

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

特集超お買い得ゴルフアイテムキャンペーン一覧

予約早割

サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ シャフト理論 スイング理論 ゴルフ場予約キャンペーン ゴルフルール