女性・ジュニア―のクラブ選び

女性・シニア―クラブの選び方



 

ジュニア―のクラブ選び方はこちらから

 

 

女性・シニア―の最大の悩みは「スライス」

 

女性と男性には、歴然とした体力、体格の違いがあります。この違いはクラブを振る速さです。
クラブを速く振れない原因から、初心者の女性ゴルファーは、自分の球筋をしっかりと把握できず、如いていえば、ほとんどがスライス病ではないでしょうか。

 

 

 

 

クラブの不適合な選択や未熟なアドレスの取り方で、スライスに悩まされます。スライスはサイドスピンが多く発生して目標から大きく右にそれるばかりか、飛距離も余りでないでしょう。

 

初心者の女性が、スライスを克服し飛距離を伸ばすには、デザインや色などでクラブ選択されるより、クラブ重量とシャフトの硬さやクラブの長さ、グリップの太さを基準に選ぶことが重要です。

 

初心者の多くは、スイングそのものが未完成の状態です。ヘッドスピードも30m/c前後でドライバーの飛距離は約150ヤード前後程度が目一杯ではないでしょうか。

 

この様な女性ゴルファーのクラブ選択は、軽く、やわらかいシャフトが絶対条件になります。この条件でこそ、クラブを速く振れる技術を身につけ、ボールの弾道を高弾道にでき飛距離を出せるようになるのです。

 

また、初心者の悩みのスライスは、軽い、シャフトの軟らかいクラブを使うことや、高ロフトのドライバーの使用は、インパクトでボールを捕まえやすくなり、スライスを防止する事ができます。

 

中級者の女性ゴルファーで、飛距離も170y以上打てる平均的なゴルファーで、さらに上を目指される方には、女性クラブ用に固守する必要はありません。

 

従って、体力に自信のある方は、よりボールを上手く打つために、クラブの重さやシャフトの硬さは、自分に合ったスペックでクラブ選択をすべきだと思います。

 

さらに、200y前後を平均に飛ばせる、上級者の女性ゴルファーは、選択肢に 男性用クラブを視野に入れて検討して見る必要があります。

 

そのクラブの候補としては、スイング・スピードが遅めな男性仕様のメンズ・クラブを選択肢に入れ選択すべきです。

 

ヘッドスピードが42m/cで飛距離が230y以上打てる方には、女子プロが使っているようなクラブも選択の一つです。

 

自分に合うクラブ選択には、それなりのクラブの知識がないと、難しい選択になりクラブの基本の知識を理解する必要があります。

 

下の表で、その詳細を参考にして下さい。

 

【初回75%OFF】どろあわわの泥洗顔セット

 

 

シャフトの硬さ

 

自分の体力に合わない硬すぎるシャフトでスウイングした場合、シャフトが硬すぎるとヘッドが戻りきらずフェースが開いた状態でボールを捉えるので、ボールをカットする状態でボールの回転軸が右に傾くため、スライスになります。

 

この防止策として、振動数の少ない軟らかいシャフトにする事です。やわらかいシャフトはシナリが大きくなり、トルクも大きく働き、ヘッドの返りを効果よく飛距離アップとスライス防止に役立ちます。

 

またシャフトのシナリの最下点が、インパクト時に起こりヘッドスピードのパワーを効率良くボールに伝達でき、ボールの回転が順回転になり目標に真っすぐ飛び、スライスを防止できます。

 

また軟らかめ目のシャフトは、インパクトでアップライトにインフェーズするので、スライス防止に大きな役割を発揮します。

 

女性ゴルファーの中でも、体力のある女性ゴルファーには、男性シニア―や非力な男性用クラブを使用する方がシックリする場合がああります。

 

女性のヘッドスピードと対応クラブ

27~31m/s

32~36m/s

37~40m/s

41m/s~

R2

R・R1

普通

やや速い

速い

けっこう速い

女性用クラブ

女性用クラブ

女性・男性シニア

男性用

女性の体力タイプからのクラブ情報

非力な女性

125y

210cpm

普通の女性

150y

220cpm

少し体力のある女性

175y

230cpm

R2

体力に自信のある女性

190y

240cpm

R1/R

 

クラブ重量

 

女性の場合、非力なことから軽いクラブの選択が無難といえます。ただあまり軽すぎるのも、しっかりスイングを身につける事が出来なくなり、少し重さを感じる程度のクラブがベストと言えます。

 

女性クラブを選ぶ時、クラブ総重量が軽く、手に取った時、振りやすく感じて、実際にボールを打つとボールの捕まりが悪い場合があります。これは、ドライバーのバランスが軽すぎたりした場合で、適正なバランスのクラブを選ぶべきで、B8~C5程度のバランス範囲が理想です。

 

女性用クラブの重量のクラブ目安としては、体力にあまり自信がない人の場合で、ドライバーのヘッドスピードが30m/c前後でクラブ重量は255g~270g、スポーツ経験があり体力に自信のある人は、37m/c前後でクラブ270g~295g程度が最適重量といえます。
非力な女性ゴルファーの7アイアンの重量基準は、約330g前後の重量になります。体力のある女性ゴルファーの7アイアンの重量基準は、355g前後が最適重量と考えてください。

 

 

クラブの長さ・ロフト

 

ドライバーの長さは身長に関係なく平均42.5~44インチを目安に選んで下さい。飛距離重視の場合は長めのクラブ、正確でミスショットを出さない事を重視する場合は、短めのクラブ選択になります。

 

ロフトはボールの弾道の高低を決定します。この弾道の高さは直接飛距離に結びつき、非力な女性にはボールの打ち出し角度の大きい程飛距離を稼ぐことができます。

 

高ロフトはボールの打ちだし角度も高く、多くのバックスピンをボールにかけ、高弾道の球筋を作ってくれます。低い弾道では距離が出なくボールも失速しやすく、必ず高ロフトで低重心のヘッドを選択してください。

 

そのため、初心者はまだボールを上げる技術が伴いません。そのため、ボールを上げるには、ドライバーのロフトは15~16度程度がおすすめで、ロフトの数値が大きい程、ボールの捕まりもよくなります。

 

フェース向き

 

非力な女性特有のスライス球は、フェースが開いてインパクトする場合がほとんどで、ヘッドの選択としては、ターゲットに対してヘッドフェースが左に向いているヘッドは、球の捉まりが良くスライス防止も効果があります。

 

アドレスの段階からフェース面がフックフェース(少し閉じた状態)はインパクトで戻りきらないヘッドを正しい状態まで補ってくれます。 フェースアングルが1.5度のフックフェースでかなりスライスの防止には効果があります。


アップライトと重心距離

 

 

非力な女性ゴルファーの大半は、ヘッドスピード不足で球の捕まりが悪いのです。このためインパクトでヘッドの返りが不十分になりスライスが出てしまいます。

 

その防止のためトウが高めのアップライトなヘッドの使用は、ヘッドの先の慣性力が強く働くため、ヘッドの返りを助ける効果があり、インパクトでのヘッドのヌケをよくしてくれます。

 

また、ヘッドの重心距離の深いヘッドは、球を上げやすく球の捉まりも良くなり、ヘッドスピードの少ない女性にも球を上げやすくなります。
女性・シニア―のクラブ

 

以上が、女性特有のスライスの悩みから少しでもリスクを減らす、クラブの選択条件です。

 

特に、女性にはミドルアイアンやロングアイアンを使いこなす程、ヘッドスピードが走りません。女性は苦手なクラブを使用するより、ロングアイアンやミドルアイアンの代替えクラブとしてフェアウエーウッドやユーティリティを上手く活用して、不足分の距離を埋めてください。

 

フェアウエーウッドやユーティリティのクラブのヘッドは、ドライバーなどに比べて慣性モーメント大きく設計されていて、多少芯をはずしても大きな飛びで飛距離ロスを最小限に抑えます。ヘッドの設計においても、重心位置を低重心設定にされていて、球が上がりやすいく飛距離をかせげます。

 

女性アイアンの場合は、インパクトで打ち込むのでなく、ボールを払う打ち方の方が、向いています。そのために、アイアンはキャビティアイアンでソール幅のある低重心アイアンヘッドを選んでください。

 

また、エッジの部分でラフの抵抗に捕まり、ミスショットに繋がる場合があり、リーデングエッジが丸みをもったアイアンヘッドがお勧めです。

 

アイアンがどうしても苦手で、自信の無い方には、、ユーテリテーアイアンのヘッドは、ソール厚が大きいくラフでもソールがスベル状態になり、球も上がりやすく、楽にスウイングできミスショットをカバー出来ます。

 

また、クラブ長もアイアンより長いので、ヘッドスピードが上がり飛距離が伸ばすことができます。

 

この様な特徴を持つユーテリテークラブは、女性ゴルファーやシニア―ゴルファには最強の武器になります。

 

難しいクラブでラウンドするより、易しいクラブを活用してスコア―アップを計ってください。

 

最後に、グリップはアドレスで左手グリップの甲上を向く程度のストロンググリップは必須条件になりますから、注意してグリップを行ってください。

 

 

 

初心者向き広いコースの紹介

女性特典レヂィースプランの紹介

女性ドライバーの詳細はこちら
                

 

 



 

ショットスイング練習機かこちらから

 

 

 

ジュニア―ボタン

 

ジュニア―クラブ選択 

 

 

私見ですが、ジュニア―ゴルファーの育成経験から、クラブ選択の考え方について説明します。

 

この時期、子供の頭脳は 軟らかく教えられた事を素早く吸収していきます。体験した経験もどんどん身につけていく、能力が非常に高い年齢です。 

 

この大切な時期に間違ったクラブ選びは、上達の妨げになります。
正しいクラブ選びは理想のスイングを作ることに大きく関係します。

 

子供にとって重いクラブは、バックスイング時に正しいコックを使えずトップに入ります。トップでは、体がのびきりオーバースイングになったり、ヘッドが垂れ下がる状態になります。

 

さらに、ダウンスイングでは、体をシャクル様なスイングになります。この原因はクラブの重さが関連しています。

 

重いクラブを持ち上げるには、アドレスの前傾姿勢を保てず、体が伸びきるためボールを打ちに行くとき、その反動で体が下がるのです。

 

極端に、軽いクラブは、体を使うことを忘れ手先だけでスイングしてしまいます。軽すぎても上達の妨げになります。

 



 

 

 

 

クラブの選び方

 

クラブ重量の適正

 

クラブを速く振れクラブ選択が重要で、ミート率や方向性を求める必要はありません。スイングを速く振ることを覚えれば、自然とスイングができあがります。

 

クラブが重過ぎると速く振ることができません。

 

そこで適正クラブ重量とは・・・・・

 

まず使う本人がスイングして、重く感じないクラブ重量が大切です。スイングして下半身が安定しないクラブも重すぎると判断しても間違いではないでしょう。

 

他の方法として、左手だけでクラブをテークバックし地面に平行になる位置で止めてみてください。その時点でクラブを重く感じれば重すぎると判断してください。

 

次にクラブの長さは、両腕を下にたらしグリップした場合、ヘッドが正しくセットアップできる長さがベストです。 横ブリをしないとスイング出来ないクラブは長すぎるといえます。               

 

シャフトの硬さは、Rの軟らか目で良いとおもいます。クラブとして選ぶ場合には、女性用の初心者クラブや、男子用の初心者のクラブでもいいとおもいます。

 

問題は大人のクラブ使用が必要になった時のクラブ選択です。色んな条件を考慮して、慎重にクラブ選びを行ってください。

 

ヘッドスピードとシャフトの硬さ、重さの参考資料はこちらをチエックして下さい。

 

ショットスイング練習機かこちらから

 

 

 

 

女性クラブ情報サイトに戻る

hotprise

全国ゴルフ場予約に対応:事前購入だからできる驚きの価格&ポイントゲットChecK!

関連ページ

女性の飛距離不足と改善
初心者の女性ゴルファーで距離が出ない理由として、共通するスイングパターンがあります。 それは、、ドアースイングと呼ばれるスイングです。 ドアースイングとは、上の図の通りドアーの開け閉めに見られる動きで、これを、実際のスイングに当てはめると次の様になります。 下半身と、肩の回転を同じ速さで、同じ角度だけ回転し、体を回転させて作るべき捻転が全く出来ないスイングのことです。
女性のスライス原因と防止
ライスの原因の多くの一つに、女性特有のオーバースイングがあります。 これは、男性の体格にくらべて、一般女性は少し貧弱な体格から起こります。 テークバックからトップスイングにいたる過程で、右サイドが伸びてしまい、上体が飛行方向に傾き、正しいと思われるトップの位置から大きくオーバースイングしてしまいます。
初心者の女性クラブセッテング
女性初心者は、ゴルフ知識が少なく、自分のゴルフについて何も良く分からないのが現状ではないでしょうか。クラブの購入についても、高価なレヂィースセットを購入するのでなく、 あまり高価でない レディス・セットを 購入して スタートする方法がベストです。

サブメニュー