ボールと飛距離の理論

 

 

 

ボールと飛距離の理論記事一覧

ボールのキャリーとランを科学する

ボールのキャリーとランを科学的に分析ボールと飛距離の理論ボールのキャリーとランの関係ボールの飛距離は科学的にいうとスイング中のインパクトによってクラブヘッドの運動エネルギーがボールに伝えられ飛び出し、ボールに与えられた運動エネルギーが消耗する要素として次の2つが考えられます。飛行中の空気抵抗と芝の抵...

≫続きを読む

 

適正ロフトでボールスピン量を科学する

最適ロフト角とヘッドスピード最適ロフト角を求めるボールのスピン量で説明した通り、ロフト角によってボールにかけられるスピン量は理論的に説明ができます。ゆえに異なるロフト角のドライバーによる弾道計算ができ、最長飛距離を出す最適なスピン量とロフトを得る事ができます。10度のロフト角のドライバーと17度のス...

≫続きを読む

 

ボールコンプレッションと飛距離の関係

ボールコンプレッションと飛距離の理論ヘッドスピードとボール反発特性(ミート率)図は質量Mの物体(クラブヘッドと考える)が静止している質量mの物体(ボールと考える)に衝突する時のものとします。これを衝突前後の運動量保存とエネルギー保存から、図の中の式がえられます。ここで、Vo , Vbはそれぞれの衝突...

≫続きを読む

 




サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページに戻る シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み ゴルフ場予約サイト