自分に合うクラブ

自分に合うクラブ



住友カード

 

 

合うクラブとは違和感なくスイングできるクラブ重量・シャフト硬さ、好みのモデルで決まる

 

目   次

 

自分に合うクラブとは


合うクラブは使用クラブの分析から


ヘッドスピードに一致したシャフトの硬さとクラブ重量


スイングスタイルに合わせたシャフトタイプ


好みと機能に合致したヘッドの選択


メーカー別クラブにリンク


適正クラブ長

 

関連記事:やさしいクラブ・初心者・中級者・上級者

 

 

 

 

 

自分に合うクラブ

 

自分でクラブが合わないと感じている方は、何故クラブが合わないのかは分からなくても、結果からクラブが合わないと感じるからです。

 

この結果とは、大きく分類して、人より飛ばない、フック、スライス、が良く出る、トップ、ダフリで悩む、スイングのタイミングがどうしても合わないなど挙げれば限がありません。

 

それは、あなたが技術的に未熟なのか、クラブ自体が自分に合わないことでミスが出るのか、、ということになります。

 

たとえば、あなたが初心者で上級者が使うクラブでは難しいクラブになり、逆に上級者が初心者のクラブではとても使いにくいクラブになります。

 

単刀直入にいえば、見栄を張り過ぎ、スキル以上のクラブを使われている方は、いろんなミスがでて当然で、ゴルフが下手とは言い切れません。

 

初心者には初心者のクラブ、中級者には中級者のクラブ、上級者には上級者に合うクラブがあるのです。

 

つまり、自分に合うクラブとは、あなたの現状のスキルに見合ったクラブを使うことが、自分に合うクラブと言えます。

 

単純に自分に合うクラブは、球の捕まりが良く、振りやすいクラブに要約く出来ると思います。 

 

また、クラブを構えた時の、クラブの印象も意外と大切です。何となく構えてシックリこないクラブは、心理的にも不安を感じてしまいミスショットの確率が増えるのです。まずは、好みのヘッドが自分に合うクラブの最低条件といえます。

 

具体的には、初心者は殆ど方はスライサーではないでしょうか。まずボールを真っすぐ打つためのヘッドのフェースがややフック、重心角度の大きなヘッドで、スイートスポットの広いクラブヘッドが向くでしょう。

 

次に初心者のゴルファーのシャフト選択は、最初から余り硬く重いクラブよりは、R(245cpm前後)で高ロフトで球が上がりやすいシャフトを選ぶことです。そこで、まず真っすぐボールを打てる自信をつけることが出来るクラブが重要です。

 

少し経験が増えてくれば、スイングもある程度安定することから、上達のための次のクラブ選択が必要になります。

 

スイングはシャフトを作るといえます。そのことからシャフト選びも、上達には欠かせないファクターで慎重に選ぶ必要があります。

 

その上で、科学的、物理的手法で合うクラブ選択情報を知る方法について説明します。

 

その方法と基準は、使用クラブの情報とスイングの結果のすり合わせになります。

 

使用クラブは新しくクラブを購入するとき、使用経験を生かせる生き字引になります。これほど合理的に自分に合うクラブ選択の基準を作る方法は他にありません。

 

一般的に言って、自分に合うクラブを探すことは大変難しい選択ですが、次の方法では、意外と簡単に確実に自分の合うクラブを見つける事ができます。

 

 

上

 

 

特集キャンペーン一覧・ゴルフクラブ・ゴルフボール

 

 

現在の使用うラブ情報から解決

 

何故スライスやフックがでるのか?どうして他のゴルファーのようにドラーバーで飛距離がでないのか?

 

まずは、今現在、自分の使用クラブから、その謎を解決するのが、一番早くその原因と修正の方法を見つけることができるのです。

 

必要な条件は、まずあなた自身の情報と使用クラブの情報を、キッチリ数値化する事です。従来の勘やフィーリングでは数値化できないことから、いつまで経っても問題の解決はできません。

 

そこで、使用中のクラブ情報から、ミスの原因とその解決方法を見つける方法です。

 

それには、使用クラブの現状のシャフトのcpm(硬さ)、クラブ総重量などを詳しく分析出来れば、そこから起こるミスショットの原因が必ず見えてくるのです。

 

グラフの見方

下の表は特許シャフト分析Golsysを使いシャフトの硬さをデジタルに変えた値になります。横軸はクラブの長さで46インチ~33インチ、縦軸はシャフトの硬さを220~380cpmで表しています。数値が大きい程シャフトは硬くなります。また、数値が大きい程シャフト重量も重くなります。
個人情報や、クラブ使用者のヘッドスピードからシャフトの最適振動数を青の斜めのラインで、実際の使用クラブのシャフトのcpm(シナリ速度の時間)を白の折れ線グラフで表示しています。

振動数分析

 

 

ブルーラインより使用クラブのデータが上にくれば、シャフトの硬さがヘッドスピードに比べシャフトが硬く、重いクラブで、シャフトの最下点がインパクト前に迎えます。

 

結果、ヘッドの遅れや、フェースが開いてインパクトするため、フェースがボールに正面衝突できずシャフトのエネルギーをヘッドを通してボールに十分伝達できず、スライス系やヘッドの遅れやフェースの開きを無理に戻そうと手首を使いヒッカケの球になります。場合によってはチーピンがでてしまいます。

 

また、ヘッドスピードに比べシャフトが硬い場合は、シャフトのトルクも小さく、インパクトでヘッドの挙動も少ない事から、球の捕まえが鈍く、方向性は安定しますが、飛距離は出なくなります。

 

逆に、ブルーラインより使用クラブのデータが下にくれば、シャフトの硬さがヘッドスピードに比べ柔らかく、クラブも軽いクラブになります。

 

シャフトが軟らかいとシャフトの最下点がインパクト直後で迎えるため、フック系やタイミングを外すと曲がりの大きなスライス系の球になります。

 

シャフトがやわらかい場合、インパクトではヘッドの開閉の挙動は大きくなりフェース面が安定せず、方向性が不安定になりますが、打ちやすさと球の捕まりはよくなります。

 

 

下の表は特許シャフト分析Golsysを使いクラブの硬さをデジタルに変えた値になります。
個人情報から、クラブ使用者の最適クラブ重量をグリーンの棒グラフで、クラブ重量が合わないクラブは赤の棒グラフで上は重すぎ、下向きは軽すぎの情報として表示しています。

重量分析

 

グラフのセンターのラインより棒グラフが上に突き出た赤の場合は、ヘッドスピードに比較して重いクラブで、下に向く棒グラフは逆に軽いクラブになります。

 

重いクラブは、スイング中クラブの重さで、外側に働く遠心力が強く働き、ダウンスイングは腕からクラブ向けて慣性力が働くことから、遠心力で体が振られ回転軸の安定しないスイングになります。

 

結果、回転軸の移動で腕の振りが鈍くなりヘッドスピードが出なくなります。

 

結果、回転軸の移動で腕の振りが鈍く、ヘッドスピードも上がらず、フェースが開いた打ち負け状態でスライス系の球筋になります。

 

当然クラブが重い事でインパクトを手首の力で行うためスイング軌道がアウトサイインで安定せず、更にボールの頭を叩いたり、力みでヘッドがインパクト前に落ちるダフリがでてしまい、上手くタイミングが取れても左に引っ掛けたボールを打ってしまいます。

 

逆に、軽る過ぎる場合も、回転軸が安定しなくなります。スイングを行うのに必要な遠心力を得られずスイングが手打ちになります。

 

また、手首を使ったインパクトでヘッドがカブリフック系の球がでやすくなり、場合によってはチーピンがでてしまいます。

 

軽いクラブの最大の特徴は打ちやすさはあるのですが、軽すぎるとスイングのタイミングが非常に取りにくく、飛距離も十分でず方向性も不安定になります。

 

 

この様に、シャフトの硬さの不一致はいろんな問題点を抱え、その硬さの幅の違いで、ミスの症状も変わってきます。
シャフトが硬い場合スライスになり、さらにトルクが小さくなることからスライス系のボールが出る原因を増幅するのです。

 

使用クラブの以下の情報を分析

 

ラジオボックス使用クラブの(シャフトcpm、長さ、重さ等)

 

などの情報を元に、

 

ラジオボックス使用クラブの(飛距離、方向性の情報、弾道)

 

ラジオボックスあなたのヘッドスピード

 

のデータを照らし合わせて分析すれは、おのずと原因ははっきりわかり、自分に合うクラブの情報が導きだせるのです。

 

飛距離が出ない、スライス フック 振りにくい 等、主にはシャフトの硬さ(cpm)とクラブの重さと断定してください。シャフトの不一致がインパクトで球の捕まりを十分機能していないからです。シャフトの硬さ、重さ、トルクが球の捕まりを決める重要な要素になるからです。

 

そこで、シャフトの硬さは、飛距離、方向性を決める大きな要素になることから、ヘッドスピードを正確に知ることが、あなたに合うクラブのシャフト硬度を決定する重要な要素になります。

 

その上で、シャフトに適合するヘッド容量、ロフト、ヘッドの重心の高さ、重心角度、フェース向きなどヘッド機能を検討すれば、自分に合うクラブ選択が可能になります。

 

ゴルグクラブは、ボールを捕えるまではシャフトの役目で、クラブ全体からの重要度は70~80%と考えても間違いないと思います。

 

それは、スイングで出来るシャフトのエネルギを、シャフトからヘッドを通してボールに伝達するメカニズムから、シャフトが最も重要になります。

 

シャフトの硬さが重要課題になり、色んな情報誌では、シャフトの重さ、トルク、キックポイントなどの情報があふれています。

 

しかし、シャフトの硬さ(cpm)を決める事で、シャフトの硬さ以外のすべての項目(重さ、トルク)が自動的に決まってしまう事に、一般ゴルファーが理解出来ていないのが現状です。逆から考えれば、最適シャフトの選択はシャフト重量が決まれば最適なシャフトの硬さに行きつくことにもなります。

 

クラブの総重量は以下の様にシャフトの振動数で決定します。

 

シャフトの振動数の多いクラブ(硬い)
200g(ヘッド重量)+70g(シャフト重量)+50g(グリップ)=320g 重いクラブ

 

シャフトの振動数の少ないクラブ(やわらかい)
197g(ヘッド重量)+45g(シャフト重量)+30g(グリップ)=272g 軽いクラブ

 

つまり、シャフトが硬い場合は、当然クラブの総重量は重くなり、トルクの値も小さくなります。

 

逆に、シャフトが軟らかいと、クラブ総重量は軽く、トルクも大きくなるのです。

 

この逆は理論的には存在しないことを理解してください。

 

そこで結論は、自分にマッチするシャフトの硬さか分かれば最大の課題のクラブ重量やトルクなどを同時に克服できると言えます。

 

 

以上の事から、クラブ総重量はシャフト重量の違いだけで総重量が異なることになります。

 

ゴルフの上達には、スイングとクラブの両輪が必要で、スイングを正しく作るには、自分に合うクラブでしか上達が出来ないと理解してください。

 

自分に合わないクラブでは、上達が見込めないばかりか、間違ったスイングでボールを打つことを覚えてしまい、練習場シングルのような、実際のコースのラウンドでは、アンジレーションのあるフェアウエーではなかなか上手く打てなくなるのです。

 

特に皆さんか経験される、合わないクラブの特徴として、練習場に行って第1球目を正しく打てないことです。

 

1球目を正しく打てないクラブはシャフトがスイングに合っていない場合が多く、人間は合わないクラブでも学習効果で何度も繰り返すことで、上手く打てるようになります。

 

このように学習効果により、自分に合うクラブの判断が狂ってしまうのです。

 

実際自分に合うクラブでは、この様な現象はなく、一打でも比較的無理なくスイングできボールを正確に打てるのです。

 

あなたの得意クラブでは一打目からでも自信をもって打っているはずです。

 

練習で十分なストレッチを行ってからの1球目を正しく打てるクラブは合うクラブと判断できます。

 

何故なら練習場と違い、ゴルフ場では1球しか打てないからです。

 

関連記事

 

シャフトによるトップ解消方法

 

シャフトによるダフリ解消方法

 

 

 

下の資料ではヘッドスピードと振動数(シャフトの硬さ)、ヘッドスピードとクラブ重量、シャフトの特性の適合情報などが参考資料として提示しました。

 

上

 

 

 

31日間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】

 

クラブ選択にシャフトcpmとクラブ重量

 

使用クラブを参考にする以外でのクラブ選択

 

自分に合うクラブがわからない場合、シャフトの硬さ、クラブの重さ、クラブの長さの選択が基本になります。

 

特に、シャフトの硬さ、重さ、長さは直接人間の体感に直結するフィーリングになり、フィーリングがシックリこなければ、自分のイメージに合わないと感じるのです。
その、フィーリングを生み出すシャフトの硬さはクラブ機能の80%を占めていると言っても過言ではありません。

 

何故なら、ボールを打つ直前までは、シャフトの役目になるからです。

 

 

以下のヘッドスピードとシャフトの硬さ(cpm) ヘッドスピードとクラブ重量の表で、ご自身の情報を比較対象にして自分に最適なクラブ選択の参考にしてください。

 

ヘッドスピードとシャフトの硬さ(CPM)を一致させる

 

下の表は45インチでのヘッドスピードに一致するシャフトの硬さをCPMで表示しています。

 

ヘッドスピード

38m/s以下

39m/s

40m/s

最適CPM

230cpm以下

235cpm

240cpm

誤差±3

3cpm

3cpm

3cpm

ヘッドスピード

41m/s

42m/s

43m/s

最適CPM

245

250cpm

255cpm

誤差±3

3cpm

3cpm

3cpm

ヘッドスピード

44m/s

45m/s

46m/s

最適CPM

260cpm

265cpm

270cpm

誤差±3

3cpm

3cpm

3cpm

ヘッドスピード

47m/s

48m/s

59m/s以上

最適CPM

275cpm

280cpm

285cpm以上

誤差±3

3cpm

3cpm

3cpm

 

 

例 45インチのドライバーでヘッドスピードが40m/c、グラブ総重量300gの場合のシャフトcpmは240cpm前後がミート率が高く飛距離、方向性が安定する硬さになります。

 

 

ヘッドスピードに対する適正クラブ重量

 

ヘッドスピード36m/s以下の適正クラブ重量

250g

260g

270g

280g

やや軽い

普通

普通

少し重い

 

 

ヘッドスピード37~39m/sの適正クラブ重量

260g以下

270g

280g

290g

非常に軽い

軽い

普通

普通

300g

310g

少し重い

重い

 

 

ヘッドスピード40~41m/sの適正クラブ重量

280g以下

280g

290g

300g

非常に軽い

軽い

やや軽い

普通

310g

315g

320g

325g以上

普通

少し重い

重い

かなり重い

 

 

 

ヘッドスピード43~44m/sの適正クラブ重量

290g

300g

305g

310g

非常に軽い

軽い

やや軽い

普通

315g

320g

325g

330g以上

普通

少し重い

かなり重い

非常に重い

 

 

ヘッドスピード45~46m/sの適正クラブ重量

300g

310g

315g

320g

非常に軽い

軽い

やや軽い

普通

325g

330g

普通

少し重い

 

2018NEWクラブ画像

 

ヘッドスピード47~49m/sの適正クラブ重量

310g

315g

320g

325g

軽い

やや軽い

普通

普通

330g

335g

少し重い

重い

 

 

 

 

ヘッドスピード50m/s以上の適正クラブ重量

315g

320g

325g

330g

軽い

やや軽い

普通

普通

335g

少し重い

 

上のヘッドスピードとシャフトの硬さ(cpm)、ヘッドスピードとクラブ重量の資料から、この2点を組み合わせる事で、自分に合うクラブの基準はわかります。

 

その中でも、方向性の安定を重視される方は、自分に合うクラブ値より少し重めのクラブ、逆に飛距離を重視されるゴルフーにはやや軽めのクラブ選択がベストの選択になります。

 

ただ、方向重視の重目のクラブは、スイング中ヘッド側に大きな慣性力が働きやすくなるので、スイングの回転軸が大きくなる分、スイングスピードをロスすることもありますから、むやにに重いクラブはお勧めできません。

 

また、飛距離重視の軽めのクラブは、クラブを変えた瞬間は打ちやすく飛距離も出やすくなりますが、だんだんと慣れてくると、手打ちになるゴルファーが結構おられます。ゴルフの上達には自分のスキルを下のレベルに合すのでなく、上のレベルに合すことが上達志向のゴルファーには大切ではないでしょうか。

 

 

 

上

 

毛髪蘇生士が20年間研究した天然SORAスカルプシャンプー

 

 

自分のスイングスタイルにシャフトのタイプを合す

 

自分に合うクラブ選択で、シャフトの硬さ、重さ、クラブの長さ以外ではシャフトのキックポイントがあります。

 

シャフトのキックポイントはシャフトのチップ(先端)から41%~45%の中でそれぞれのキックポイントが設定されます。

 

キックポイントとは、シャフト全体の中で一番しなる位置で、先調子は先端がしなり易いためボールが上がり易く、球の捕まりやすタイプのシャフト。

 

中・手元調子はシャフト全体のセンター付近でシナリが起こり、操作性が良くミート率を高め、正確なショットがし易くなるタイプのシャフト。

 

またスイングタイプからは、、スイングのタイミングの速い人はしなりの戻りが早い先調子で弾き系シャフト、スイングのタイミングをゆっくり振る人は手元調子で粘り系シャフトが適しています。

 

 

 

キックポイントは 先調子 中調子 元調子 ダブルキック の4タイプがあり、それぞれに特徴や特性がデザインされています。

 

先調子    
 球のツカマリを良くしたい。 もう少し弾道を>高弾道にしたい。 ヘッドの抜きをもう少し鋭くしたい。 インテンショナルなフック系の球筋にしたい。

 

中調子    
 球がつかまりすぎる。中高弾道の強い球を打ちたい。 ダウンスイングでもう少しシャフトのタメ<をつくりたい。

 

元調子   
 中弾道で強い球を打ちたい。ダウンスイングでもっとシャフトのタメ<をつくりたい。 球をつぶし風に強いインテンショナルな弾道に。

 

ダブルキック
  ダウンスイングでシャフトのタメを、をインパクトでヘッドのヌキを良くしたい。

 

自分のスイングスタイルにシャフトを合す方法に粘り系か弾き系シャフトに合す方法があります。

 

まず、粘り系シャフトの場合、ダウンスイングでシャフトの切り返しが粘っこく起こり、シナリを感じやすいシャフトになります。

 

この粘りは、トップからの切り返しで間が取りやすいく、タメの出来ないゴルファーには自然とタメが作れる特徴があります。

 

このため、粘り系シャフトは、ゆっくりスイングするスインガータイプに向いているといえます。

 

一方、弾き系タイプは、粘り系シャフトとは反対に、ダウンスイングでシャフトシナリが一気に復元を起こすため、比較的レイトヒッティングできるハードヒッター向きです。

 

球がつかまり過ぎたり、スイング軌道でインサイドに振りすぎる、フックの出やすいゴルファー向きになります。

 

スイングテンポ速度とシャフトの弾き系と粘り系の相性

 

粘り系シャフトはシャフトのシナリ位置がセンター部分からグリップ側にに設定されている為、シナリを感じやすくゆったりスウイングするスウインガータイプのゴルファー向きで、アウトサイドインの矯正にも効果的です。

 

シャフトがゆっくりシナル感じから初心者に向くといえます。また、シナリ地点からフェ―スまでの距離が長いのでロフトを立てて使えるのが特徴です。

 

 

先調子

中調子

元調子

粘り系

インテンショナル

フックの悩み

 

弾き系シャフトはセンター部分からシャフトの先端にかけて硬く設定されている為素早くスウイングするヒッタータイプのゴルファー向きで、インサイドアウトの矯正に効果があります。
粘り系シャフトに比べて、シャフトの先端部分の質量が軽く弾道は高く、球の捕まりは良くなります。

 

先調子

中調子

元調子

弾き系

スライスの悩み

インテンショナル

 

粘り系シャフトと弾き系シャフトが同じ重さのシャフトの場合、弾き系のシャフトは硬く感じ、粘り系のシャフトは軟らかく感じます。

 

上の表から、粘り系と弾き系シャフトの特徴の違いで、スイングや球筋の矯正にも役立つ事がわかります。

 

結果、粘り系シャフトは元調子のシャフト、弾き系シャフトは先調子のシャフトといえます。

 

 

スイングスタイルにシャフトのトルクを合す

 

トルク

トルクの値は数値が小さい程、シャフトの円形のネジレの遊びが小さく、数値が大きい程ねじれの遊びが大きくなります。一般的にトルクの基準は5.0前後が基準となります。

 

シャフトのトルクは、ダウンスイング時のシャフトのシナリとは別に、シャフトの先に装着しているヘッドの慣性力で起こる、シャフト全体のネジレル現象です。

 

このシャフトのネジレはインパクト時のヘッドを返す上でとても重要で、よく言われるヘッドのヌケや球の捕まりに大きく影響してきます。

 

最近はドライバーの大型ヘッド化で、重心距離が長く設定され、インパクトでヘッドの返りが悪くなています、そのため、遊びの大きいトルクのあるシャフトを使った方がヘッドの返りが良くなります。

 

逆に、トルクが小さいシャフトでは、遊びが少ない分、意図的にヘッドの動きがを変えることが出来る敏感なクラブになり、操作性に優れたシャフトで、自分のスイングをきっちり行える、上級者に好まれるシャフトといえます。

 

ただ、このシャフトのネジレは、基本的にはシャフトの硬さと比例しており、硬いシャフトや重いシャフトはトルクが少なく、やわらかい軽いシャフトはトルクが大きくなります。この逆は物理的に言ってありえない事を理解して置いてください。

 

ドラオバーシャフトのトルク参考資料

T/Q  2-3

T/Q  4-5

T/Q 6-7

HP 48m/s±3

HP  42m/s±3

HP 38m/s以下

 

 

 

トルクの少ないシャフトに向くタイプ

       ヘッドスピードが速いゴルファー
       フック、ドローボールの出やすいゴルファー
       中弾道のボールを好むゴルファ

 

トルクの多いシャフトに向くタイプ

      ヘッドスピードが遅いゴルファー
       スライスが出やすいゴルファー
       打ち出し角度を大きくしたいゴルファ

 

上

 

 

2018NEWクラブ画像

 

 

弾道、球筋にヘッドを合す

 

ドライバーヘッドのフェース向きにはフックフェースとストレーフェースの2種類があります

 

近年ヘッド素材の進化でヘッドが大型化したことに伴い、インパクト時にフェースが開きやすくなり、そこで、フェースが開かない様最初からフックフェースに製作される傾向が強くなりました。
ヘッドの大型化はシャフトから重心の距離が長くなる分、ヘッドの返りが鈍くなり、フェースが開きやすくなり、その分フェースをフックに設定されています。
ドライバーのフェース形状から、スライサーにはフックフェース、フック、チーピンが出やすい方にはストレートフェースが一般的には向いています。

 

ロフト角

 

クラブの合う合わない原因にヘッドのロフト角も重要な要素に上げることができます。

 

インパクト時の球の捕まり方や弾道の高さに影響するからです。ロフトが少ないと球の捕まりは悪く、ロフトが大きいと球の捕まりが良くなります。

 

また、インパクト時のボールの打ち出し角度が適正かどうかも大きなポイントです。

 

打ち出し角度

 

打ち出し角度とは、写真で示すように、インパクト直後にボールの飛び出し角度と地面との間にできた角度で、大きい程、高弾道で、小さい程、低弾道になります。

打ち出し角度

ボールのスピン量は多い程高弾道、少ない程低弾道になり、ロフトで起こるボールとフェースの抵抗で起こる現象です。

 

打ち出し角度は、ヘッドのロフト、スイング軌道で決まりますが、最近のドライバーの特徴は高弾道、低スピンが飛距離をだす条件になってきています。

 

この、高弾道で低スピンは物理的には相反する条件になりますが、ヘッドの大型化により重心位置を深くして打ち出し角を大きく、スピンを作るスコアーラインをなくす方法で、スピン量を抑え、高弾道、低スピンの弾道を実現しています。また、ボールの進化でスピン量をコントロールできる時代になって来ています。

 

一般的には、使用クラブロフト角に2~3度プラスした値で15度±3が、ボールの最適打ち出し角度になり、非力でヘッドスピードの少ない方には、20度前後になりますが、市販のクラブのロフトはリアルでなく、9,5度で11度程度のロフトになっているのがほとんどで、実際の打ち出し角度は20度前後になると思われます。

 

この打ち出し角度が低いと、ボールの最高度到達地点が低くなり、落下が早くなり飛距離が出なくなります。地面を這うボールは空気中のボールよりはるかに抵抗が大きく、ボールは飛びません。

 

自分に合うクラブのロフト角とは、やはり打ち出し角度が高い高弾道の得れれるロフト角といえます。

 

ヘッドスピードに適合するドライバーのロフト角(リアルロフ)の参考資料

 

一般男性ゴルファーの場合

ヘッドスピード

ロフト角

ヘッドスピード 50m/s以上

8.5  ±0.5

ヘッドスピード 46~49m/s

9.0  ±0.5

ヘッドスピード 43~45m/s

9.5  ±0.5

ヘッドスピード 40~42m/s

10.5 ±0.5

ヘッドスピード 38~39m/s

11   ±0.5

ヘッドスピード 36~37m/s

11.5 ±1

ヘッドスピード 35m/s以下

12  ±1.5

 

女性やグランドシニア―の場合

 

ヘッドスピード

リアルロフト角

体力状況

43m/s以上

10±0.5

女子ツアープロ

38m/s~42m/s

11±0.5

力のある女性

33m/s~37m/s

11.5~14

平均的な女性

32m/s以下

14以上

非力な女性

 

さらに詳しい情報はこちらから

 

【注意事項】ロフトはメーカ指定のロフトと実際のロフト(リアルロフト)があります。メーカ指定のロフト9.5はリアルロフトでいけばほとんど11度前後のロフトになります。これはメーカサイドが11度表示ではクラブが売れない事からユーザのアップスペックを好む志向に合わせた結果です。

 

またロフトは球筋に影響を及ぼします。ドロー系の球筋にはロフトが大きめ、フェード系の球筋にはロフトの少ないヘッドが効果的です。

 

ドライバーのヘッド形状は2種類あり、フェース高が高いデープヘッド、フェース高の低いシャローヘッドがあります。

 

デープヘッドはヘッドの重心が高く、バックスピンを抑えた中弾道の球筋が特徴です。
ヘッドスピードの比較的速いゴルファー、上級者向きのヘッドになります。

 

シャローヘッドは重心が低く高弾道の球筋でバックスピンがかけやすくなります。
比較的ヘッドスピードの遅いゴルファーで初心者、女性、シニア―向きのヘッドになります。

 

特集超お買い得ゴルフアイテムキャンペーン一覧

 

 

自分に合うクラブ選択の総合的なポイント

 

ヘッドスピードが速いゴルファー向き

 

シャフトの振動数の多いシャフト   比較的に重いシャフト  トルクの少ないシャフト  デープフェースヘッド  ヘッドの重心に浅く重心が比較的高い フェース向きストレート キックポイントは先、中調子のタイプ

 

 

ヘッドスピードが遅いゴルファー

シャフトの振動数の少ないシャフト   軽いシャフト  トルクの大きいシャフト  シャロ―ヘッド 重心が深い低重心ヘッド フェース向きフックフェース

 

最適ヘッドの選択

 

ゴルフのインパクトでは、、ヘッドがボールにコンタクトした瞬間からは、ヘッドスピードとシャフトの復元スピードの合体のシャフトエネルギーを、ヘッドがボールにロスなく伝達する事になります。

 

そこでヘッドの役目が重要になり、ヘッドスピードに合わせたヘッドの選択がポインントになります。

 

主にウッドでは、ロフト、重心深度 重心高 重心角度の選択(ウッドヘッド機能)は最低限必要になり、アイアンではヘッドスピードに合わせてヘッドモデルの選び方が大切になってきます。

 

そこで、自分に合うクラブ選びのために以下の関連記事を是非参考にしてください。

 

関連情報

 

ドライバーヘッドの選び方を参考にしてください。

 

アイアンヘッドの選び方を参考にしてください。

 

 

 

勘やフィーリングで選ぶより、ご自身の勘やフィーリングをデータ化し参考資料と参照比較し、本当に自信を持ってスイング出来るクラブを手にしてください。

 

上達の鍵は、自分に合うクラブに出会えたゴルファーだけが得られる特権になると言えます。

 

自分に最適なクラブ選択のシャフト、ヘッドについてポイントを解説しました。これを参考にベストチョイスしてください。

 

 

自分に合わないクラブの実例はこちらから参照してください。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

自分に合うクラブ

全国ゴルフ場予約に対応:事前購入だからできる驚きの価格&ポイントゲットChecK!

 

 

トップページに戻る

 

 

 

 

倶楽部メーカー

 

 

 

 

クラブメーカーリンク

ゴルフクラブ

ドライバー
ドライバー

フェアウエーウッド

フェアウエーウッド

ユーテリチィー

ユーテリチィー

アイアンセット

アイアンセット

単品アイアン

単品アイアン

ウエッジ

ウエッジ

パター

クラブセット

クラブセット

シャフトパーツ

ゴルフシャフト

ゴルフシャフト

スリーブ

スリーブ

グリップ

</td

ウエイト・レンジ

ウエイレンジト

クラブリペアー品

リペアー用品

ゴルフウエア―

ポロシャツ

ポロシャツ

アウター

アウター

セータトレーナー

ベスト

ベスト

パンツ

サカートワンピース

アンダーウエア

アンダーウエア―

レインウエア―

帽子

帽子

靴下

サングラス

時計

時計

ベルト

ベルト

ウエア―小物

お買い得セット

お買い得セット

ラウンド用品・ボール

ゴルフボール

ゴルフボール

グローブ

グローブ

距離測定機

距離測定機

マーカー

マーカー

テイー

テイ―

グリーンフォーク

グリーンフォーク

パターカバーホルダー

ホルダー

タオル

タオル

傘

ラウンドバック

ラウンドバック

ゴルフボールケース

ゴルフボールケース

ボトルホルダー

ボトルホルダー

ポーチ小物入れ

ポーチ

ラウンド小物入れ

ラウンドコ小物入れ

ゴルフバックケース

キャヂィーバック

キャヂィーバック

トートバッグ

トートバッグ

リュックバック

リュクバック

クラブケース

クラブケース

シューズケース

シューズケース

トラベルカバー

トラベルカバー

ヘッドカバー

ヘッドカバー

ラウンドバック

ラウンドバック

ゴルフボールケース

ゴルフボールケース

ボトルホルダー

ボトルホルダー

ポーチ小物入れ

ポーチ小物入れ

バックアクセサリー

バックアクセサリー

ボストンバック

ボストンバック

シューズ

ゴルフシューズ

ゴルフシューズ

他のシューズ

その他のシューズ

スパイク鋲

スパイク鋲

シューズケース

シューズケース

シューケアー

シューケアー

ゴルフアクセサリー

サポートグッツ

サポートグッツ

時計

時計

コンペ景品

コンペ景品

書籍

書籍

ビデオ・DVD

ビデオ

カレンダー

カレンダー

ゴルフ練習器具

ショット練習機

ショット練習機

スウイング分析機

スウイング分析機

パター練習機

パター練習機

アプローチ練習機

パター練習機

アプローチ練習機

アプローチ練習機

ネットゲージ

ネットゲージ

フィットネス

スナックゴルフ

スナックゴルフ

 

 

自分に合うクラブに戻る