ボール選びの3条件

ボール選びの3条件



 

ゴルフボールの選び方、3条件とは

 

ゴルフスタイルで選ぶ

 

ゴルフボールは多品種にわたり、自分に合うボールは何が良いのか非常に悩むところです。
選択の基準としては、まず自分のゴルフスタイルで何を目指すかが重要です。何が何でも飛ばしたい方、絶体フェアウエーをキープしたい方では、使用球は大きく変わってきます。
飛距離を出したい方には、デスタンス系、方向性を重要視される方にはスピン系のボールに分類できます。

 

飛距離重視のデスタンスタイプ

 

打感方向性重視のスピンタイプ

 

ヘッドスピードで選ぶ

 

ゴルフボールはヘッドスピードの合わせて製造されているので、自分がどのボールに一番適しているか、ヘッドスピードを知る事が大切です。
何故なら、インパクトの瞬間はボールはつぶれる状態になり、このつぶれた球のバネ効率で飛んでいきます。

 

この、球のつぶれ度合いが適正な状態でなければあ、適正なスピン量が生まれず、理想の弾道の球を打つことができないのです。
例えば、ヘッドスピードの速い方が、やわらかいスピン系のボールを使えば、スピン量が必要以上増え、ボールがふき上がり飛距離を大きくロスするからです。

 

 

ヘッドスピードと適合ボール

 

 

 

技術レベルで選ぶ

 

ゴルフの技術による選択では、初心者の多くは方向性が不安定なのに、スピン系のボールではスピン量の増加でさらに不安定さが増してしまいます。まずは、スピン系のボールは避ける方か、技術の面からみると適合といえます。上級者は、インパクト時の打感やフィーリング重視で、また、ショートゲームでのスピンを優先するため硬めのスピン系ボールを好みます。

 

 

 

ボールの飛びを決める要素

 

ボールの初速
ボールの初速はヘッドヘッドスピードとミート効率で決まります。
ヘッドスピードが速いほどボール初速が速くなり、ミート効率が高い程ボール初速が速くなります。

 

打ち出し角度
この打ち出し角度は、ロフト角とスイング軌道で決まります。最大の飛距離を得る打ち出し角度は15°~20°が理想と言われています。

 

 

スピン量
ボールのスピン量は、ボールにスピンを掛けることで、ボールに浮力が働き高く遠く運ぶ要素になります。

 

ドライバーでスピン量が多すぎると、球がふき上がり飛距離が出なくなります。
このため、最適弾道を打つには、ヘッドスピード40mcで毎分2500前後が最適のスピン量になります。

 

 

 

ゴルフボールの公認球の規格

 

ボールの重さ   45.93g(1.62オンス)以下

 

直径       42.67m(1.68インチ)以上

 

ボール初速   秒速143.8フィート(約43.9メートル)の速度でボールを打ったときに飛び出すボールの速度が、250フィート/秒(約76.27m/s)以下である事

 

飛距離     ヘッドスピード120マイル/時(53.6m/秒)で打ち、ボールが256フィート/秒(約84m/s)、 打ち出し角10度(±0.5度)、 スピン42回転/秒(2620回転/分)±2回転/秒(120回転/           分)で飛び出したときに317.0ヤード(+3.0ヤード)を越えない事

 

ボールの構造と特徴

 

ボールの構造上からツーピースボール、スリーピースボール、フォーピースボールの3種類があります。
特にフォーピースボールでは。多層構想にすることで、飛距離やフィーリングの特性を作りだしています。
カバーの素材はウレタンやアイオノマーカバーで、優れた飛行性やコントロール性、優れたフィーリングが特徴です。

 

ボールの構造

 

 

ボールの硬さ、柔らかさ

 

一般的にはボールの硬さは、コンプレッションで表現され、数値が大きい程硬く、数値が小さい程軟らかいと言えます。

 

このコンプレッションはインパクトでボールのつぶれ方の大きさを意味して、理想のつぶれ方はボールの3分の1が最適と言われています。
それから言えることは、自分のヘッドスピードでボールが3分の1つぶれるボールが最適になります。

 

つぶれ過ぎは、ボールの初速度が低下して、結果、飛距離を大きくロスします。またサイドスピンも増えミスした時の球の曲がりが大きくなります。
逆に、ボールのつぶれ方は不十分な場合、ボールの球離れが早く十分なスピンを得られず、ボールも上がらずキャリーが出ないことで飛距離をロスしてしまいます。

 

このことから、ヘッドスピードの速いゴルファーにはコンプレッションが高い(硬い)ボールを選び、ヘッドスピードが遅く、芯でミートできないゴルファーには、コンプレッションの低い(やわらかい)ボールを選んでください。

 

 

 

ゴルフボール情報

 

 

 

ボール選びに戻る

 

 

クラブメーカーリンク

 

ブリヂストン

ダンロップ

キャロウェイ

テーラーメイド

タイトリスト

ピン

ミズノ

ヤマハ

ヨネックス

オデッセイ

オノフ

フォンテーン

プロギア

本間ゴルフ

クリーブランド

キャメロン

マルマン

WOSS

T.PMLLS

他メーカー

ボール選びの3条件記事一覧

ティーショットで飛距離優先

飛距離重視の柔らか感触のデスタンス系表面のカバーが比較的軟らかくボールのつぶれが大きく、比較的低弾道で打て、低スピンで、サイドスピンも少ないためミスでの曲がり少ない。柔かいデスタンス系XX10 SUPER SOFT X  ダンロップスーパー ソフト   キャロウエーPHYZ   ブリジストンNEW ...

≫続きを読む

 

ティショットで安定を求めるスピン系

方向重視のスピン系ボール飛距離重視より安定した方向性を求め、打感の良さとボールの操作性に優れています。少し柔らかいスピン系スリクソン Z-STAR XV   ダンロップTOUR B330X   ブリジストン  PRO V!x    タイトリストRS SPIN   プロギア―軟らかい打感重視のスピン系...

≫続きを読む

 

ヘッドスピードと適応ボール

ヘッドスピード・技術レベルが平均的な方・初心者向き下の表は初心者や平均的なゴルファーに適合ボールの候補になります柔かいデスタンス系XX10 SUPER SOFT X  ダンロップスーパー ソフト   キャロウエーPHYZ   ブリジストンNEW egg DISTANCE   プロギア―硬めのデスタン...

≫続きを読む

 
父の日

日頃の感謝を込めて父の日プレゼントChacK!

サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ シャフト理論 スイング理論 ゴルフ場予約キャンペーン ゴルフルール