スイング理論(アイアン編)

アプローチ上達のポイント

 

 

ウエッジクリーブランド

詳しい詳細はこちらから

 

 

 

 

グリーン回りのアプローチショット

 

残り100y前後のショットは、距離感と方向性の重要性が求められます。使用クラブを一般ゴルファーではP/W や9アイアン程度の番手になります。
距離が上手く合ってもグリーン上でボールを止めるための打ち方や、グリーン上のどこに止めるのかも問題になります。

 

この様に100y前後のショットは、方向性が正しくても距離やボールのスピンの掛け方など、工夫が必要とされるショットになります。このすべてが合わなければ、グリーンを捕えることはできません。

 

つまり、方向と距離とボールのバックスピンを同時に合わせることは、ヘッドの芯で正しく打てないと達成できない難易度の高いショットです。まずは、アプローチショットでのミスを減らすために、基礎をしっかり理解することです。ここでは、100y以内の基本の打ち方を解説します。

 

アプローチショットを上手く行うポイントは3点  力まない  前傾姿勢を変えない  回転軸の移動を少なく  この3点に尽きます。
この3点はトップ、ダフリを減らし、正しいクラブ軌道の再現にはとても大切で、これが出来れば100y前後のアプローチは克服できます。

 

 

距離のあるランニングアプローチのコツ

 

30ヤード前後のアプローチのコツ

 

 

80ヤード前後のアプローチのコツ

 

 

アプローチの苦手が得意に、得意はもっと得意になる

アプローチスイング理論記事一覧

距離のあるランニングアプローチ

距離のあるランニングアプローチグリーン奥にピンがある長いランニングアプローチの場合、キャリーとランの両方を使う打ち方になります。この時、ボールにスピンがかかり過ぎるとショートしてしまい距離が不足してしまいます。そこで、以下のスイング方法を理解してください。ヘッドを鋭角に入れ、ボールを打つとバックスピ...

≫続きを読む

 

30y前後のアプローチショット

詳しい詳細はこちらからアプローチ上達のコツアプローチ上達のポイントピンまで残り30yのグリーン回りの攻略は、やはり正確な方向と、正確な距離でピンそばに寄せる打ち方が出来るかどうかです。まず、残りの距離とボールを結んだ状態により、色んな選択肢がでてきます。ピンまで花道があるとか、バンカーが存在している...

≫続きを読む

 

90y前後のアプローチショット

詳しい詳細はこちらからアプローチの苦手が得意に、得意はもっと得意になる90y前後のアプローチのコツアプローチ上達のポイントグリーンに残り90ヤードでは、正確な方向と、正確な距離感でピンに近づけようと力が入るものです。この力みは失敗するのではないか、などの自信の無さで力んでしまうのが要因です。まず、正...

≫続きを読む

 
年末予約


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ シャフト理論 スイング理論 ゴルフ場予約サイト ゴルフルール