アイアンヘッドタイプとその機能

アイアンヘッドタイプと機能

 


今がおススメ・旬のキャンペーン特集



 

 

アイアンヘッド機能

 

 

スコッチタイプ(マッスルタイプ)

 

一番オーソドックスなアイアンヘッドで、打感がよくインテンショナルな球を打ち分けるのに適した上級者、プロに好まれるヘッドです。

アイアンマッスルタイプ

 

スイートスポットが狭くヘッドは比較的に小ぶりです。地面からトウの部分までの距離が短く薄いため、ヘッドを返すより真っすぐヘッド押し出すイメージになります。

 

弾道は直進性の高いストレートやハイドロ―・ハードフェードを打つイメージになります。

 

バックソールの上側にウエイトがあるため、重心は高めでヘッドの芯(重心)で打たないと弾道は低く飛距離が出せません。しかし、ヘッドが小ぶりのため実際地面から重心までの距離は短く、重心位置は意外と低くなり、ダウンブローで芯で打てば高弾道の強い球を打つことが出来ます。

 

また、ソールはバンス(ラウンド)は小さく、ほぼフラットに設計されており、インパクトでのクラブの切れ味に優れているのが特徴で、上級者やプロゴルファーが好んで使用しているアイアンヘッドです。

 

練習機

ゴルフ練習機の一覧はこちらからご覧ください

 

 

キャビチィーアイアンタイプ

 

バックフェースが凹んでいて、その分ヘッドの周りに重量を配置した周辺重量タイプアイアンです。

 

中心部を薄くして、外側に重量を配分することで、スートエリアを拡大、インパクト時のフェースブレを抑えることで安定した方向性を可能にしています。

 

相対的にヘッドは大きめで、スイートエリアも大きく初心者、中上級者まで幅広く使用されています。

キャビテータイプ

 

重心は低めの設計で扱いやすく、弾道も高く飛距離の出やすいのが特徴です。

 

打感はマッスルのような感覚はなく、少し頼りなく感じるゴルファーもいます。

 

さらに、キャビティアイアンの中でも、さらに大きめ目サイズのキャビテーヘッドはソールも厚くラウンドソールを採用していることから、ミスに対して強く、高弾道で方向性や飛距離が出やすいヘッドで、初心者にはお勧めのアイアンヘッドになります。

 

キャビティアイアンに、マッスルタイプの様な操作性と打感を待たせ、ミスショットに強いアイアンがセミキャビテータイプになります。

 

セミキャビチィーアイアンは上級者やプロの間で人気のアイアンになっています。このタイプは、上の写真の様に、バックフェースの打点部分に肉厚を持たせた設計で、打感の良さを向上させていて、この肉厚が厚い程打感は軟らかくなり、スリーとやプロの人気モデルになっています。

 

つまり、セミキャビティアイアンはマッスルタイプとキャビテータイプの両方の良さを引き出したアイアンと理解してください。

 

優しいキャビティアイアンはこちらから


 

 

 

上の図は同じ重量のマッスルタイプとキャビチィータイプです。

 

センターをくりぬいているのがキャビチィーで、くりぬいた重量を外側に配分することで慣性モーメントを大きくしヘッドのブレを抑制しています。また左右重量の増加で、左右慣性モーメントも大きくなりスイートエリアも広くなりますが芯で打った時の打感に物足り差を感じます。

 

逆にマッスルタイプは、ヘッド全体に重量配分されていてスイートスポットは狭いが芯で打った打感はよく、インテンショナルの弾道を生みだします。重心を外すとヘッドのブレが起こり、上級者やプロ向きのヘッドといえます。

 

人気アイアンの商品紹介はこちらからご覧ください

 

 

市販の5アイアンの標準的なライ角度は 60度~61度になります

 

アイアンのライ角の重要性

 

 

アイアンのライ角度はスコアーラインが地面と平行になった時、水平地面とシャフトの中心線が作り指す角度になります。

 

このライ角度が大きいと、アドレスでシャフトが立つ状態のアップライトになります。

 

逆に、この角度が小さいと、アドレスでシャフトが寝る状態でフラットになります。

 

ウッドやフェアウエー・UTと違い、アイアンの場合芝の上にあるボールを打つことライ角の合わない場合は

ミート率の低下を招く フック、スライスが出やすくなる
クラブの抜けが悪い 距離が安定しない

以下の影響を強く受けることになります。

 

適正ライ角度はアドレスで構えて時に、トウ部分が少し浮く(10円玉2~3枚程度)が理想になります。

 

アップライトすぎる場合に、左に引っ掛けやすくなり、フラット過ぎる場合に、スライスやインパクトでボールをコスル原因になります。

 

アイアンのライ角度が適正かどうかをチエックする方法

 

アイアンのソールは、地面に対して全体が均等に接することで、正確な方向にボールを打ち出せます。

 

つまり、アイアンのソールの底の傷から、インパクト時のソールの接し方が分かります。

 

 

アイアンのソールのA(ヒール側)に傷がついている場合、インパクトでヘッドはアップライになり過ぎています。

 

逆に、B(トウ側)に傷がついている場合、インパクトでヘッドがフラットになり過ぎています。

 

 

 

今すぐ欲しい!即着れるウエアー特集一覧



 

市販クラブの平均的ライ角度の設定

3アイアン

4アイアン

5アイアン

6アイアン

60度

60.5度

61度

61.5度

7アイアン

8アイアン

9アイアン

PW

62度

62.5度

63度

63.5度

 

優しいアイアン 振動数対応クラブ 人気売れ筋商品

Aデザイン ゴルフ Aグラインド ハイブリッド アイアン単品 NSプロ 950GH スチールシャフト A DESIGN GOLF GRIND HYBRID 振動数対応クラブ

Aデザインアイアン振動数

 

ライ角度が、スイングプレートに合わない場合、正確なショットが打てなくなります。
また、アイアンクラブの重心でボールを捕えることが難しくなり、飛距離が出なくなります。

 

アイアンライ角

 

① スイトースポットでボールを捕えることが出来る
② 重心が本来の位置より上にくるため芯から外れ飛距離をロスしたり、右に出やすくなる(スライス)。
③ 重心が本来の位置より上にくるため芯から外れ飛距離をロスしたり、左に出やすくなる(フック)。

 

お買い得アウトレッド情報!

 

ロフト角度

 

ロフト角は、アイアンの角番手に設定されており飛距離に影響をあたえる値になります。
ライ角度に合わせ、シャフトを立てた時、シャフトの延線上とフェース面の間に
出来る角度がロフトになります。

 

番手別毎に、約10~15ヤードの違いが出るよう設定されていますが、近年ドライバーと同じ様に飛距離を求めるゴルファーの多くストロングロフトが主流になってきました。

 

ストロングロフトの市販クラブの設定

4アイアン

5アイアン

6アイアン

7アイアン

20度

22度

25度

28度

8アイアン

9アイアン

PW

 

31度

35度

40度

 

 

アマゾン初心者ゴルフ


 

ストロングロフトとは5アイアンに4アイアンのロフトを設定し飛距離を伸ばす様な設計で、結果ロングアイアンがますます難しいクラブになっています。

 

そのため、ミドルアイアンでもヘッドスピードが、要求されることになり、特に難度の高い、ロングアイアンを補う目的で、ユテリチィーの存在が大きくなってきました。
最近では、一般ゴルファーのみならずプロゴルファーでもユテリチィーを常備するようになっています。

 

ノーマルロフトの市販クラブの設定
アイアン

ロフト角度

ライ角度

クラブ長

4アイアン

24°

60.0°

38.5

5アイアン

27°

60.5°

38.0

6アイアン

31°

61.0°

37.5

7アイアン

35°

61.5°

37.0

8アイアン

39°

62.0°

36.5

9アイアン

43°

62.5°

36.0

P/W

47°

63.0°

36.0

S/W

56°

63.5°

35.5

 

アイアン番手別・一般アマチュアの平均飛距離

番手別 クラブ

男性

女性

4アイアン

170y

120y

5アイアン

160y

110y

6アイアン

150y

100y

7アイアン

140y

90y

8アイアン

130y

80y

9アイアン

115y

70y

PW

105

60y

SW

80y

50y

距離の出るゴルファーの場合は約20y+
距離の出ない非力なゴルファーの場合はー15yを目安にしてください。

 


商品紹介:距離測定器/ショットナビの紹介

 

 

フェースプログレッション

 

アイアンヘッド

 

クラブをライ角に合わせ、シャフトを垂直にした状態で、シャフト軸線とリーディングエッジとの間にできた距離(mm)がフェースプログレッションになります。

 

ストレートネックは、フェースプログレッションが大きく、グースネックになるほど、フェースプログレッションが小さいか無くなります。

 

フェースプログレッションが大きい程、インパクトでヘッドがボールをつかまえにくく、小さいほど球の捕まりは良くなります。

 

下の写真は、横から見たアイアンヘッドで、グースネックアイアンとストレートネックアイアンでシャフトのセンターからアイアンヘッドエッジとの距離を示しています。
FP値の小さい、無い場合がグースネック、FP値が大きいほどストレートネックアイアンになります。

 

 

グースネック

ストレートネック


 

グースネックのアイアンが球の捕まりが良いのは、フェースプログレッションが小さいとヘッドの開閉がしやすく球の捕まりがよくり、逆に、ストレートネックでフェースプログレッションが大きいほどヘッドの開閉が鈍く、球の捕まりが悪くなります。

 

初心者やスライサーには、このグースネックタイプのヘッドでは、インパクトでヘッドの返りが良くなり球の捕まりが改善できます。

 

フェースプログレッションの大きさはアイアンの重心角に連動します。

フェースプログレッションの大きいアイアン = 重心角の小さいアイアン=重心距離が長い=ストレートネック=フックしにくいアイアン

 

フェースプログレッションの小さいアイアン = 重心角の大きいアイアン=重心距離が短い=グースネックアイアン=スライスしにくいアイアン

 

 

ソールの幅

 

ソール幅

一般的にソールが広いアイアンはボールが上がりやすく、ダフりやトップなどのミスにも強く、やさしいクラブになります。

 

反対にソールが狭いアイアンは弾道の打ち分けがしやすいクラブとなりますが、ボールが上がりにくく、ミスの許容範囲が狭いため、曲がりやすく難しいクラブになります。

 

楽に簡単なクラブでゴルフをしたいと考えている場合は、ソールが広いアイアンの選択をお勧めします。

 

逆に、ボールをコントロールしてコースを攻めたいと考えている場合は、ソールが狭いアイアンを選ぶのが良いでしょう。

 

 

ソールのバンス

 

アイアンのソールにはバンスと呼ばれるラウンドが設定されています。このラウンドはリーデングエッジからバックフェースにかけた凸の部分で、このラウンドはクラブが
地面に接する時発生する地面や芝生の抵抗を軽減させる効果があります。

ティ―アップ領域

また、ラウンドがある事でヘッドが地面に入り込もうとする力を押さえ、ヘッドを持ち上げる効果があります。この力はアイアンのソール幅が広い、バンスの高さが
高い程、その効果は大きくなり、特にサンドウエッジではソール幅を広く、バンスを高くすることで、ヘッドが砂の中にめり込んないように設計されています。

 

また、バンスが高い程ヘッドのエッジ幅が大きく、バンスが低い程エッジ幅は小さくなります。このエッジ幅はインパクトでヘッドがボールに入り込む度合いに関係してきてダウンブローにクラブを入れるゴルファーはエッジ幅の狭いクラブが、どちらかといえば払うスイングにはエッジ幅の広いヘッドが適合しやすくなります。

 

練習機

ゴルフ練習機の一覧はこちらからご覧ください

 

フォーゼル

 

アイアンヘッドのネック部分をフォーゼルといいます。この部分、にシャフトのチップ部分(先端)を挿入する事になります。

 

このホーゼルは重量配分にも、大きな影響を与え、この部分が長い程、重心がシャフト側にくるため、アイアンの重心位置がシャフト側に高くなります。このことでヘッドも小ぶりになり、スイートスポットは小さく、難しいクラブになりなす。
この様なアイアンヘッドは上級者向きになります。

 

逆に、このホーゼルが短いヘッドは低重心になり、打ちやすいやさしいクラブヘッドになります。
 

 

アイアンヘッド
スコアーラインはインパクト時にボールに回転を与えます。
この球の回転は、安定した弾道をつくり、ボールをグリーン上に止める役割を持っています。
トウはアイアンヘッドの外側にあたります。
この、部分にウエイトを置くことで、ヘッドが返りやすくなります。
また、トウに重量を配分することで、左右慣性モーメントが大きくなり、左右のブレを抑え、安定した球筋を生みます。

 

アイアンのロフトは4度刻みで設定されています。もしこのロフトの±1の誤差があれは、上下のロフト差は2度しかなくなります。

 

アイアンは正確に距離を刻む、大変重要な要素で、この様に、番手違いで距離の差がなくなるようだと、アイアンの真の機能を果たせなくなり、スコアーメイクにも大きく影響してしまいます。

 

ボールバーナ

お買い得各メーカラウンドボールはこちらから参照!

 

 

アイアンの素材について

 

もし、ロフトを正確に設定し直す場合、ロフト調整の方法があります。もし、運悪く、その様なアイアンを購入してしまった場合は、そのアイアンヘッドの素材が【軟鉄】、であればロフトの調整が可能になります。

 

軟鉄の素材は比較的軟らかい金属で、ロフト角を調整できるのです。もし、購入したアイアンヘッドが174ステンレス、チタン、マレージン鋼、クロームモリブデン鋼などの素材の場合は硬い金属で。ロフトの調整はできません。

 

 

 

 

ライ角、ロフト角とシャフトの硬さの関係
アイアンの番手ごとのシャフトの硬さが、バラバラの場合、ヘッドの入射角が一定になりません。
シャフトが適正硬度より硬ければ、インパクトでヘッドは通常よりフラットでロフトは開き、軟らかければヘッドは通常よりアップライトでロフトは立ってしまいます。

 

ショップで展示している場合は問題ありませんが、スイングすればシャフトの硬さが、ライ角に大きく影響します。
この、影響を排除するには、シャフトの振動数統一で番手ごとのハーモニーは絶対必要になります。

 

シャフトの硬さを統一するため、ツアープロは振動数管理されたアイアンシャフトを使用しています。
その主流アイアンシャフトは、ダイナミックゴールドシャフトになります。

 

日本のアマチュアゴルファーには、このシャフトの重量が重いため、軽量シャフトとして日本シャフトのNS Proの使用が多く、最近女子プロの使用率も増加しています。

振動数対応のリシャフトのご相談はこちらから 

 

以下のアイアンシャフトリストはすべてのシャフト硬さを統一された、振動数対応シャフトになります。

 

アイアン・飛距離重視の人気商品・イチオシ商品リストはこちらから


 

 

アイアンシャフト

古くからアメリカのツアープロの多くが使用しているダイナミックゴールドシャフトで振動数管理がされています。

 

アイアン、cpm

 

 

アイアン、cpm
ダイナミックス シリーズ

 

アイアン、cpm
ダイナミックス ツアーイシュー シリーズ

 

アイアン、cpm
ダイナミックスゴールド SL シリーズ

 

ドライバーの様に出来るだけ遠くに飛ばすクラブと違い、アイアンは距離感と方向性を重視されるクラブです。番手ごとのシャフトの管理(cpm)がされていないと距離感がバラバラになり、硬さの違いでヘッドがインパクトで暴れやすく不安定な方向性を生んでしまいます。スコア―重視で考えれば是非振動数管理のアイアンシャフトの使用をお勧めします。

 

シャフトメーカーの商品紹介はこちらから

シャフトスピーダー


 

 

 

ゴルフクラブ

 

メンズクラブ

レディースクラブ

キッズ・ジュニア―用クラブ

クラブ用パーツ・シャフト



ウエアー

 

メンズウエア―

レディーウエアー

キッズ・ジュニア用ウエアー

 

シューズ

 

メンズシューズ

レディーシューズ

キッズ・ジュニア用シューズ

シューズ用アクセサリー


バッグ・グローブ・ボール・その他

のアイテム

グローブ

バッグ・ケース

ヘッドカバー

ラウンド用ボール

トレーニング用具

ラウンド用品・小物

コンペ用品

その他


人気の新作クラブ・シューズ・ウェア・バッグ・グローブ・ボール・ゴルフナビなどが大集合!レディース・メンズ・子供用も品数豊富に取り揃え。口コミ・ランキング・各種特集ページから簡単にお選びいただけます。





ゼクシオ

スリクソン

ブリジストン

ミズノ

テーラーメイド

タイトリスト

ヤマハ

キャロウェイ

コブラ

ホンマ

ヨネックス

オデッセイ

アダムス

ピン

オノフ

ロイヤルC

クリーブランド

マルマン

リンクス

ドライバー

フェアウエー

ユーィテリテ

アイアンセット

セットクラブ

単品アイアン

単品ウエッジ

パター

中古クラブ

シューズ

バック

Mウエアー

Lウエアー

ボール

グローブ

ヘッドカバー

盛暑・UV対策

防寒小物

グリップメンテナンス

ゴルフ練習機

ラウンド用小物

日傘


OUTLET

ブランド一覧



 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 


 

 

トップページに戻る

 

 

gotoキャンペーン




サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページに戻る シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み ゴルフ場予約サイト