ゴルフのストレッチ

ゴルフの為のストレッチ

ゴルフを楽しむための実践ストレッチ方法

 

ゴルフを趣味にしている人もたくさんいますが、スポーツと本格的に考えている人は、意外に少ないと思われます。
それは、他のスポーツと違いハードな体力を必要をしないため、スポーツ感覚が薄いためです。

 

ゴルフは激しい動きがないように思われますが、コースを何キロも歩き、スイングの際には全身の筋肉を使うれっきとしたスポーツです。

 

筋肉を使う以上、事前に筋肉を使う準備が必要です。
急に筋肉を使うことで、様々な部位に負担がかかり、膝や腰などを痛め、怪我のもとになります。

 

ゴルフは長年楽しめるスポーツでが、日ごろの運棒不足で体の筋肉が硬くなり、ラウンド中に腰を痛めるゴルファーがたくさんおられます。

 

ラウンド前日は軽く体を動かし、ラウンドに向けて体づくりをしてください。

 

ゴルフ当日のスタートで、筋肉がほぐれない状態で、朝一のショットが大きなミスを犯してしまうと、その日一日中、スイングのリズムが狂い修正できなくなります。

 

ストレッチをするメリットは、怪我を防ぐというだけでなく、体の筋肉をほぐし柔軟にしておく事で、成績にも反映されますので、必ず実践して下さい。

 

ここでは、わたくしが研修生に指導していた、スタート前のストレッチを紹介いたします。

 

スタート前の5分程度で行える、肩甲骨、背骨 股関節のストレッチ方法です。
この3つの筋肉を柔軟にすることで、スイングをリラックスでき、飛距離を出す意味でも有効です。是非、スタートの少しの時間をさいて、平常心を養う為にも行ってください。
心理的にも、ルーテインの効果にもなります。

 

肩甲骨のストレッチ

 

両手を体の前で、まえにならえの姿勢を取ってください。
手の平を合わせ、腕をいっぱい伸ばしてください。
今度は手の甲を合わせ同じ様に、腕をいっぱい伸ばしてください。
これを数回、くり返してください。

 

右手の手の平部分を首の後ろに添えて出来た右肘を後ろ側に引いて、引くと同時に深呼吸してください。この時必ず胸を張ってください。左腕も同じ動作で数回繰り返してください。
  グーグルとデータ提供者
ストレッチ
両手の甲の部分を腰に当ててください。両肘を胸で合わせるように閉じてください。閉じる時は胸を張り息を大きくはいて深呼吸してください。
きつい場合は、片手で交互に行ってください。
これも、数回程度繰り返してください。

 

背骨のストレッチ

 

一番長いクラブ(ドライバー)を首の後ろに、地面と平行になる様置いてください。
クラブの両端を手で握ってください。その時、手の平が前に向く角度でにぎる様にしてください。
次に、握ったクラブを平行にスイングする様に回転させてください。回転する時は、腰を同じように回転せず、止めておくことがポイントです。
回転がスムースできる様になれば、実際のスイング角度で数回行ってください。

 

大腿骨のストレッチ

 

相撲のしこを踏むスタイルを取ってください。
次に、両手を頭の後ろで組んでください。その時、背骨は真っすぐ、両肘は開くいてください。
その姿勢で、腰をまっすぐ限界まで落としてください。
これを数回、繰り返えしてください。

 

以上、短時間で肩の回転、回転軸、腰の切り返しに効果的なストレッチをおこなえます。場所もスタート前に十分できると思いますので、是非実行してください。
必ず、効果があります。

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

 

トップページの戻る

年末予約


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ シャフト理論 スイング理論 ゴルフ場予約サイト ゴルフルール