やさしいクラブ選択

やさしいクラブ選択で飛距離アップ

 

 

 

 

やさしいクラブ選択

 

やさしいクラブの定義は、、どのようなクラブを指すのでしょうか?

 

基本的には次の4つに分けることができます。

 

1: ボールが上がりやすい(ロフトが大きい、低重心)

 

2: スライスしにくい(シャフトがシャフトが軟らかい)

 

3: ミスショットが出にくい

 

4: 振りやすい(クラブが重すぎない)

 

以上の条件に合うには、それずれの経験や技術のレベルで考える必要があります。

 

そこで、初心者にとってやさしいクラブは、上級者には難しいクラブになります。当然、初心者にとって上級者のクラブは難しいクラブになります。

 

やさしいクラブとは、ゴルファーの経験や技術レベルなど様々な要素が一致して、初めてやさしいクラブになるのです。

 

つまり、やさしいクラブは、その方の現状の、年齢、体格、スキル 経験などから、比較的無難に、ボールを芯で打て、球の捕まりがよくて、思い通りの球を打てるクラブではないでしょうか。

 

難しいクラブは、ボールを芯で捕らえられず、ボールも上がらず、球筋をコントロールできないクラブは難しいクラブと定義できます。

 

目   次

 

初心者にやさしいクラブとは


中級者にやさしいクラブとは


上級者にやさしいクラブとは


 

 

 

ゴルフ場予約

超!直前割

トク割

早割り

再来週の日曜日までの優待情報はこちら

プレー日限定・スタート限定プランはこちら

早めの予約が断然お得はこちら

 

 

初心者にとってやさしいクラブ

 

初心者は、クラブを速く振るノウハウをまだ身についていません。
初心者スイング軌道
その為、上の図のように、正面から見た時、スイング軌道は体の軸を中心として、左側に膨らんだ楕円形の軌道になります。

 

これは、ダウンスイングでクラブを十分タメル技術が身についていないことで、トップから体の回転やインパクトへの正しい体重移動が出来ない事で起こりやすいスイングパターンです。

 

また、初心者の多くの方は、スイングを体の回転と腕の回転を同調できず、どうしてもボールを強く打とうとする意識が強く働き、手でクラブを振り下してしまいます。

 

その結果、トップからダウンスイングへの切り返しで、ヘッド先行のスイング回転でスイングのタメが解け、左側に膨らんだ楕円形の軌道になります。
この楕円形のダウンスイングは、ヘッドスピードが上がらず飛距離を伸ばせなくなり、インパクト直後のヘッドの加速も大きくロスしてしまいます。

 

この様な、ダウンスイングでは、スイング軌道が大きく外側に膨らみ、結果、インパクトでヘッドが戻りきらず、フェースが開いた状態でインパクトするのでスライスが出てしまいます。この様なスイングブ軌道はアウトサイドインになり、初心者が必ず経験する道といえます。

 

ダウンスイングが膨らむ分、フォロースルーが小さくなり、不十分な体重移動で、インパクトのフェースコントロールも安定せず、理想のフォロースルーを取れなくボールは不安定な球筋になります。

 

この様なスイング傾向の強い初心者の場合、例えば、クラブ全体が重く、シャフトが硬過ぎたり ロフトの少ないクラブでは、正しいスイングに戻す矯正には、とても難しいクラブになります。

 

これは、クラブを速く振れない、回転軸が安定しない初心者には、重いクラブやシャフトが硬いクラブの使用では、スイングを行う時、回転軸の外側により大きな慣性力がかかり、スイングで最も大切な飛距離をだすためのタメの出来ないドアースイングになります。

 

この様なドアースイングは、体のネジレがないため、スイングスピードが上がらず、手打ちのスイングになり、インパクト時の理想の入角度軌道よりヘッドがフラットに入るため、小さな打点になってボールを上げる事が難しくなるのです。

 

また、手打ちの特徴は、インパクトでフェースのロフトが大きくなるので、ボールに必要以上のバックスピンかかり飛距離も出なくなります。

 

解決方法は、スイングの軌道の矯正も一つの方法ですが、やさしいクラブで練習をする方が、この問題の解決の早道になり、スキルアップをしやすくなるのです。

 

初心者に取って、現状に適合していない難しいクラブでの練習は、かえってゴルフを難しくしてしまいます。ある程度、経験を積んで技術が向上するまで、使用を控えることをお勧めします。

 

そこで初心者のやさしいクラブは以下の条件になります

 

初心者のドライバー重量は、290g~300g程度が理想重量です。重いクラブではヘッドスピードは逆に上がりにくいと思われます。
シャフトの硬さでは、Rシャフト(振動数では240cpm程度)の使用をお勧めします。

 

240cpmの硬さでは、ダウンスイングでシャフトのシナリを作りやすく、、自然にタメを作れ、球の捕まりがよくなります。また、タメのできやすい中調子や元調子のシャフトも選択肢の一つになります。

 

また、軟らかいシャフトは通常トルクも大きく、インパクトでのヘッドの返りを助け、球の捕まりがよくなります。柔ら目のシャフトは、クラブの最下点が比較的インパクト後に起きやすく遠心力でヘッドの加速でき、スライス防止にもメリットもあり強い球が打てます。

 

初心者の中でも体力のある方は、上記シャフトデーターのワンランク上の250cpm 305gのクラブでも問題ないと思います。

 

また、非力な女性ゴルファーの方は、逆に、220cpm~230cpm程度の軟らかいシャフトで、クラブウエイトも270g前後のクラブがお勧めです。

 

ロフトは10.5度以上程度で無理なく高弾道の打てる高ロフトにするのがベストです。

 

飛距離を出すための条件は、ボールの打ちだし角度を高くし、ボールのスピン量を高めることです。これにはロフトが大きく影響してきます。見栄を張らず高ロフトの選択をしてください。

 

ロフト以外のヘッド機能では、重心深度の距離が長いヘッドが、ボールの捕まりが良く、ボールも上げやすくなります。

 

ドライバーは大型ヘッドの使用が、スイートスエリアも広く、方向性も安定します。ヘッドのタイプとしては、デープフェースよりシャロ―フェースの方が、低重心に設計されており、球のつかまりが良く、ボールを上げやすくなります。

 

但し、大型ヘッドが魔法のクラブではありません。ヘッドが大きい分フェースが開き気味にインファースしやすくなります。初心者の多くがスライスに悩んでいるなか、スライスを助長するようになり、この防止策として、フェース向きがフックフェースで、シャフトは硬めで軽いシャフトの選択がフェースの開きの防止には効果があります。

 

さらに詳しい情報はこちらを参照

 

シャフトの長さは45.5~46.5インチの中で一番構えやすく、スイングが窮屈のならない、違和感のない長さを選んでください。

 

次に、アイアンヘッドの形状は、スイング軌道がドライバーと同じように、インパクトゾーンでフラットになるため、ソールの分厚い重心を下に設定された低重心アイアンが、球の捉まりも良く自然に球が上がり、やさしいクラブになります。

 

また、方向性を安定させるには、ヘッドのウエイトを外側に配置したキャビティアイアンは慣性モーメントが大きいヘッドで、スイートエリアが広く設定され、インパクトの衝撃でのフェースのブレを抑えたやさしいクラブになります。
さらに詳しい情報はこちらを参照

 

初心者のロングアイアンは、難易度が高くきれいに打とうと練習を重ねても、かえってスイングを壊してしまい、他のクラブに悪い影響を及ぼす危険があります。

 

ここは、ユーテリテーで難しいロングアイアンの距離を補充する様にしてください。ユーテリテーアイアンを選ぶ基準は、アイアンとのロフトの繋がりを持ってセットする選び方がコツになります。

 

ロングアイアンのやさしいクラブはユーテリテーと認識して下さい。
さらに詳しい情報はこちらを参照

 

ルコック

こちらから


 

 

上

 

 

 

中級者にとってやさしいクラブ

 

中級者とは、ある程度経験を積むことで、クラブをスムースに振れ、クラブの芯でボールを捕え、弾道の高い球を打てるようなゴルファーが対象になります。
中級者軌道

 

上の図のように、正面から見た時、スイング軌道は体の軸を中心として、左の膨らみは改善されてきます。右側のスイング軌道が少し膨らんだ楕円形の軌道になります。

 

トップからダウンスイングに切れ替えるタイミングも、感覚的に行えるようになり、、トップからパワーアングルをインパクト近くまで維持できることで、クラブがインサイドからスイングできるようになります。

 

インサイドのスイング軌道は、ダウンスイングでクラブを縦に下すことで、左側が小さな円形を描き、その分インパクトゾーンを長くでき、インサイドのクラブ軌道から、フォロースルーも左サイドより大きな軌道になります。

 

このようにフォロースルーを大きく取れることは、ダウンスイングでウエイトが左サイドに正しく移動でき、インパクトゾーンも長く使え、飛距離を伸ばすことや、正確な方向に球を打つことが出来るようになります。

 

特集:キャンペーン一覧

 

ゴルフの経験がある程度身についてくると、ドライバーの打感や打感音など、いろいろとこだわりが出てくるものです。

 

中級者のドライバーの選択条件は、クラブの長さ、クラブの重さ、シャフトの硬さ、ヘッドの大きさ、フェースの高さ等が上げられます。

 

これらの、スペックを自分のスイングに合す事が重要になり、一段レベルアップするには、スイングに合すクラブが求められる時期になります。

 

その中で、シャフトが飛距離アップや正確なショットを打つ重要なポイントで、それには、自分のヘッドスピードにシャフトの硬さを一致させなければなりません。

 

それには、まず自分のヘッドスピードを知ることです。ゴルフ量販店の測定機で測定出来ますが、測定値は少し甘い様な気がします。大体1~1.5m/c程度速くで出る様です。

 

そこで、ヘッドスピード測定の機会がない方には、自分のヘッドスピードを知る方法として、飛距離から自分のヘッドスピードを知る事ができます。ドライバーの飛距離はボール初速度で決まりますから、逆算でヘッドスピードの計算が可能になります。振動数とヘッドスピード飛距離とcpmの関係資料を参照してご自身のヘッドスピードを認識して下さい。

 

シャフトは飛距離を伸ばす最大の要因です。自分に合うシャフトの硬さを見つかれば、芯でボールを捕まえ、ボールを自然に上げることもでき、球の方向性をコントロールできます。

 

シャフトの肩さのスペックを決定することで、トルク キックポイント 重量などが自動的に決定されます。一般てきには、シャフトが硬くなるほど程、重くなり、トルクが小さくなり、シャフトが軽くなれば、トルクが大きくなります。

 

競技志向を目指されている、中級者ゴルファーには、現在のスキルから少し上目のクラブ選択が目安になります。その時には自分が構えやすい、自分の好みのモデルを対象にすることも良い選択肢といえます。
例えば、キャビテーアイアンより重心にウエイトのあるセミキャビテーを選ぶとか、、

 

上で述べた様に、まずは、ヘッドスピードに一致するシャフトの硬さを選ぶことで正しいスウイングの生成にも大きな役割をは果たします。

 

正しいシャフト選択は、不安感を払拭し、自信を持って練習に打ち込め、結果大きな学習効果が生まれてきます。

 

 

結論 中級者のやさしいクラブとは、現状のスキルに合ったシャフトの硬さを慎重に選ぶことです。それが、ゴルフ上達の秘訣です。

 

 

次にクラブ重量ですが、スイング出来る最大の重さが基準になりますが、重すぎてヘッドスピードが落ちたり、スイングが窮屈でスムースにスイング出来ないようにならないクラブ重量が重要です。

 

硬く、重いクラブはダウンスウイングで力が入り、右肘が伸びやすくなるため、タメができず、スイングが早打ちになります。早打ちは、スウイングプレートがアウトサイドインのカットスイングになり、打球はスライスになります。

 

例えば、重い鉄棒でボールを打ってみると、鉄棒の重さに耐え切れず、右肘が伸びてしまい、シナリのない低弾道のボールで球も上がらず、全く飛ばない事に、気づかれると思います。
反対に、軽すぎるクラブは振りやすさはありますが、トップからヘッドがすぐに下りてしまい、タメが出来ず、インパクトで手首を使うためフェースがカブリやすく、フックボールが出てしまいます。
また、体の軸が左側に倒れやす(体がスエ―)くなり、インパクトでヘッドが遅れることで、インパクトでヘッドフェースが開いてスライスやプッシュアウトにもなります。

 

中級者になれば、当然クラブ重量も敏感に感じられ、シャフトの硬さと同様、さらなるスキルアップのための分岐点になりります。

 

ここでの、選択ミスはスキルの成長を止めるばかりか、スランプに落ちる危険性の高い時期になります。

 

クラブの重量は、ヘッドやグリップで変化するのでなく、シャフトの重さでかわりますから、シャフト選びが上手く出来ないと、自分にやさしいクラブとの出会いはありません。

 

売れ筋人気アイテム特集

 

下の表はシャフトの硬さの違いで、クラブ総重量の変化を表した資料です。

 

Aシャフト装着のクラブ標準クラブ総重量
クラブ長 45インチ カーボンシャフトの場合

シャフト重量

ヘッド重量

グリップ重量

グラブ総重量

45g

194g

50g

289g

±5g程度の誤差があります
Rシャフト装着のクラブ標準クラブ総重量
クラブ長 45インチ カーボンシャフトの場合

シャフト重量

ヘッド重量

グリップ重量

グラブ総重量

55g

196g

50g

301g

±5g程度の誤差があります

 

Sシャフト装着のクラブ標準クラブ総重量
クラブ長 45インチ カーボンシャフトの場合

シャフト重量

ヘッド重量

グリップ重量

グラブ総重量

65g

198g

50g

313g

±5g程度の誤差があります

 

Xシャフト装着のクラブ標準クラブ総重量
クラブ長 45インチ カーボンシャフトの場合

シャフト重量

ヘッド重量

グリップ重量

グラブ総重量

75g

200g

50g

325g

±5g程度の誤差があります

 

中級者のやさしいクラブとは、現状のヘッドスピードに合わせたシャフトの選び方で、特にやさしさを追求するには少し軟らかめシャフトが有効になります。ヘッドはその方が、一番理想の弾道を打てる、球の捕らえやすいタイプのモデルをチョイスしてください。

 

ヘッドのタイプ別機能にはこちらから

 

ヘッドスピードとシャフトの硬さはこちらから

 

アイアン

こちらから


 

 

アイアンのヘッド形状

 

アイアンヘッドには、2種類の製造方法があり、鍛造(たんぞう)製法と鋳造(ちゅうぞう)製法になります。製造方法の大きな違いは、インパクト時の打感の違いにあらわれます。
鍛造製造のアイアンは軟鉄で作られているので、打った感じは軟らかく、一方の鋳造ではステンの合金で作られてるので、打感は硬く感じます。

 

一般的には鍛造製法で作られたクラブは中級者、上級者向けが多く打感の良さ、操作性に優れたヘッドになります。一方、鋳造製法で作られたクラブは初心者向で、ミート率や正確なショット打てることを重視した、ヘッドが主流になっています。

 

アイアンヘッドには、キャビティアイアン、セミキャビティアイアン、マッスルアイアン、コンベンションアイアンなどがありますが、モデルごとに機能が異なります。

 

中級者がアイアンを買い替える場合、さらなる上達を目指すというタイプであれば、マッスルバックも選択肢の一つになります。

 

ただし、そこまでの意欲がないレジャー志向の方は、マッスルバックのアイアンの様に、スイートスポットの狭いクラブを選ぶより、バックフェースが大きく空いた「キャビティ」もしくは、「ハーフキャビティ」といったモデルのアイアンセットがスイートエリアも広く設定されているのでやさしいクラブと言えます。

 

キャビティーアイアンを購入する際は、ソールの厚さやヘッドの大きさに特に注意が必要です。あまりにも厚く、大きすぎるモデルを購入してしまうと、ヘッドの抜けが悪くなってしまうため、なるべく小ぶりヘッドのモデルを選ぶようにしてください。

 

基準ロフト ライ角

 

クラブ長さ (インチ)
38.25   37.75   37.25   36.75   36.25   35.75   35.25   35.25

 

ロフト角(°)
22.0    25.0    28.0    32.0   36.0    40.0    45.0    55.0

 

ライ角(°)
61.0    61.5    62.0    62.5   63.0    63.5    63.5    63.5

 

結論 やさしいクラブとは、現状のスキルに合ったクラブを選ぶことです。それが、ゴルフ上達の秘訣です。
やさしいクラブ選びは、シャフトの硬さ、トルク ヘッドタイプを、ヘッドスピ―に一致させるシビアなクラブ選択になります。

 

上

 

 

 

上級者のやさしいクラブ

 

ゴルフ歴も長く、相当の練習量と経験を積んでこられたゴルファーです。

 

スイング軌道も、トップからコックをしっかりキープでき、インパクトでヘッド走らせる技術を身につけた方にになります。
上級者軌道
図で示しているスイング軌道の左サイドが極端に小さな円軌道を描いています。これは、トップスイングからシャフトを立てて下すことで、スイング軸の体の回転が小さくなり、ヘッドの慣性モーメントが大きく働きヘッドスピードを加速させることが出来ます。

 



 

 

 

 

上級者にとってやさしいドライバー

 

上級者にとってのやさしいドライバーは正しいスイングが出来た時、満足できる結果が得られるクラブです。

 

その為には、シャフトの硬さが自分のヘッドスピードに完全に一致しているかどうかです。さらにシャフトやヘッドの詳細なスペックが、自分のスイングスタイルに合うかどうかのフィーリングや慣性の世界になります。

 

ヘッドスピードが速ければ速い程、シャフトの硬さの影響を受けやすく、微妙な違いにより、大きく結果が違ってきます。インテンショナルな球筋やインパクトでの繊細なフィーリンを追及する方は、振動数(cpm)でシャフトの硬さを管理されることをお勧めします。

 

インパクトでシャフトのシナリがボール直前で最下点を迎え、ヘッドスピードのパワーを効率良くボールに伝達してボールの初速度を上げることのできるシャフトになります。

 

シャフトの特徴は、ダウンスイングが上から下の方向の軌道になるので、直進性にすぐれ、ハジキの良いシャフトが向きます。さらに、球の打ち分けが要求されるので、ヘッドの操作性もしやすいいシャフトになります。

 

ヘッドスピードとシャフトの硬さについての参照はこちらから

 

次に、クラブ重量については、ヘッドスピードが45m/c以上のハードヒッターには、ある程度スイングできる最大の重さのクラブが最適になります。これは、スイングを安定させるには適度な重量が必要だからです。

 

また、クラブの重さが大きい程、スイング中の遠心力が大きく働き、スイングの回転速度が上がるからです。

 

軽すぎるクラブは、ダウンスイングでコックが解けるタイミングが遅れ、フェースが開いてインパクトするのでスライスの球筋になります。タイミングを合わそうと無理に手首を使うことで、フェースがカブリフックの球筋になります。

 

ドライバーのヘッドは操作性を考えると、小ぶりのヘッドになります。ロフトは9° 9.5°でフェース角度はストーレートが基準になります。ただ、フェードボールを好まれる方は少しフックフフェース(0,1°)で、ドローボールを好まれる方は基準(ストレート)で良いと思います。

 

クラブの長さは、シャフトの長さで飛距離を上げる必要はなく、44.5インチ程度でスイングの回転速度を上げる方がベストです。

 

最近の傾向として、高弾道、低スピンのヘッドが多く販売されています。低ロフトでボールのスピンを押さえ、重心深度を深くすることで打ち出し角度を高くする、このような大型ヘッドはボールの直進性も高くロウスピンで飛距離を伸ばせるヘッドになり、近年トーナメントプロさえ、このようなヘッドを使用し始めて来ています。

 

上級者のアイアン

 

上級者は飛距離が出るアイアンでなく、番手ごとに正確性に距離をきざめ、インパクトでヘッドの芝の切れの良さを求めたアインになります。

 

ヘッドは、弾道も風に対して影響をあまり受けず、球が上がりすぎないヘッドになります。
また、アイアンは各番手の飛距離を正確に把握するために距離のバラツキがないアイアンが最適です。意図的にスライスやフックを打ち分けるため、操作性に優れた小ぶりのヘッドになります。

 

クラブ長さ (インチ)
38.25   37.75   37.25   36.75   36.25   35.75   35.25   35.25

 

ロフト角(°)
22.0    24.0    27.0    31.0   36.0    42.0    48.0    55.0

 

ライ角(°)
61.0    61.5    62.0    62.5   63.0    63.5    63.5    63.5

 

上級者には、ミスの原因がはっきりわかるヘッドである「セミキャビティ」か、「マッスルバック」を使用する事をお勧めします。

 

アイアンシャフトは、各番手ごとの距離の誤差をなくすため、各番手ごとにシャフトの硬さを振動数管理できる、ダイナミックゴールドや、日本人に合わせた、軽量のシャフトで振動数管理された日本シャフトなど、スチールシャフトの使用率が高くなっています。

 

これは、シャフトの硬さを振動数で正確に管理されたシャフトで、すべての番手が同じフィーリングでスイングできるように製造され、かつ番手ごとの飛距離の誤差が出ないように製造されています。
これは、振動数を管理することで、インパクト時における正確なロフト、ライ角が実現できことにあります。

 

上級者のやさしいクラブは、ヘッドスピードに一致した振動数管理されてシャフト選択になります。

 

超お買い得特注キャンペーン一覧 ‼

 

 

 

woodbotton

 

 

U/T

 

詳細はこちら

 


ironbotton

日本シャフト

ヘッドスピード 40m/c
詳細はこちら
nsp850

 

ヘッドスピード 41m/c~43m/c
41m/c±1はRシャフト 43m/c±1はSシャフト
詳細はこちら
nspro950

 

ヘッドスピード 45m/c以上
詳細はこちら
nspro105

 

ダイナミックゴールド AMT

ヘッドスピード42~44m./c
42m/c±1S200   44m/c ±1X100
詳細はこちら
dgamt

 

 

dgamt
patter

 

自分のスタイルに合わせたパター
やさしいパター選びの詳細はこちらから

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

 

 

トップページに戻る

 

 

hotprise

全国ゴルフ場予約に対応:事前購入だからできる驚きの価格&ポイントゲットChecK!