ミート率を高めるスイング

ミート率を高めるスイング

 


 

 

 

ミート率を高めるシャフトの硬さ

 

ミート率を高める要素として、インパクトでフェースがボールに直角にコンタクトして芯でボールを捕まることですが、これにはスイング軌道を正確に行う必要があります。

 

フェース軌道

 

インパクト前後を飛行方向にレベルスイングの軌道で、かつフェースが直角になる正面衝突状態でボールを捕らえることが、最も有効なミートをすることができます。

 

まず、上の条件を満たすには、自分のスイングスピードに一致したシャフトの硬さや重さが必要不可欠です。

 

何故かといえば、スイング中シャフトはシナリ、インパクトでシナリが反転することです。

 

この反転こそシャフトの硬さのタイミングであり、シャフトの重さから来るリズムになるからです。

 

そこで、ミート率がシャフトの硬さに大きく影響される例を挙げて見ましょう。

 

以下の表はシャフトの硬さの違いからシャフトのタイミングが異なることを数値(cpm)で表せます。
【当サイトが日本で最初に振動数理論と重量理論の特許を取得した固有振動数の定義をご覧ください】

 

例えば、250cpmが自分に最もミートできるシャフトと仮定すれは、硬いシャフトS【260cpm】、やわらかいシャフトR【240cpm】では以下の計算でインパクト(シャフトの最下点)までの到達時間(インパクトのタイミング)を計算できます。

 

計算方法は以下になります
1分間で240回振動するわけですから1回の振動時間は
60秒÷240cpm=0.25秒
インパクトは上の波形から4分1になります
0.25秒÷1/4=0.0625秒
結果、240cpmのインパクト時間0.0625秒です。
上の式で260cpmシャフトにインパクトは0.057秒です。

 

シャフトの硬さ

シャフト復元時間

タイミング

適合

240cpm

0.0625秒

遅い

×

250cpm

0.06秒

260cpm

0.057秒

速い

×

【シャフトの復元時間はシャフトのシナリが反転する瞬間で、最もシャフトに蓄えられてエネルギーを効果的に発揮できる時間帯と言え、スイングのミート率が最も高いタイミングになります】

 

 

 

無駄な力を使わずコンパクトなスイングが自然にできることは、自分に合うクラブ(ミートできる)を使用していることになります。そのことからクラブはスイングを作ると言われているのです。

 

ミール率アップのための適正シャフトの硬さはこちらを参照に

 

ミール率アップのための適正クラブ重量はこちらを参照に

 

ミートを高めるスイングをするのは、スイングの中心である回転軸が安定させないと行えないのです。

 

これには、スイングできる最大のクラブ重量、すなわち最適なクラブ重量でこそ、ミート率を高めるスイングが可能になるのです。

 

クラブが重すぎれば回転軸が不安定になり、スイング軌道も安定せず、ミートする条件を満たせないからです。

 

実際、回転軸の移動が少ない力みのないコンパクトなスイングを行うことですが、何もスイングを小さくする意味ではありません。

 

回転軸を安定させ小さく使い、スイングワークは大きく使うことです。

 

シャフトのミート効率を高めるシャフトのタイミング

 

先調子ドライバー売れ筋人気ランキングはこちらから


中調子ドライバー売れ筋人気ランキングはこちらから


元調子ドライバー売れ筋人気ランキングはこちらから


 

ミート率を高めるスイング軸

ミート率を高めるスイング軸の作り方

 

 

そこで、スイング軸を安定させるには、自分の背中の首すじの付け根が回転軸である認識を強くもってください。

 

その回転軸の中心に上に頭が乗る格好になります。つまり回転軸は背骨と頭であると言えます。

 

回転軸が不安定になるのは、頭が動くことも原因の一つなるからです。

 

回転軸

 

回転軸

 

ミートを高めるコンパクトなスイングをするうえで、背骨が回転軸である意識は、スイングの体重移動と回転軸の作り方において、大変重要なポイントになります。

 

それは背中の回転軸を動かさず左肩を右膝の上あたりに回転を始めれば、自分の体の厚み分上半身だけが右に移動し、背骨は背中から飛行方向に対して正面を向くようになります。

 

その結果軸がそのままで、ウエイトの移動も肩を入れると同時に、自然と右サイドに移行していきます。。

 

写真を参考に解説すれば

回転軸

トップスイングでの回転軸はオレンジ線で地面に対して少し右傾斜に置くのが理想的です。

 

それは、バックスイングでもダウンスイングと同じく右サイドに壁を作ることでエネルギーを貯め、トップからヘッドを切り返す反復運動が始めやすくなるためです。又回転軸がブレないコンパクトなスイングを行えるからです。

 

多くのアマチュアゴルファーはトップスイングで青のラインに回転軸を置く方が多くおられますが、これでは、頭も回転軸も大きく右に移動するため、スイングの回転軸が大きくなり、コンパクトなスイングはできずミート率を高めることはできません。

 

この防止策として、テークバックするとき、股関節に重心を置いて両スタンスで体の体幹をしっかり作ることです。そのうえで、右腰をキープして上体(左肩と左腕、クラブを一体化)を右膝の上あたりに回転すれば、軸が右にずれることなく、自然にウエイトの移動が可能になります。

 

トップスイングでの体重のウエイトは右足80%、左足20%程度にするのが理想になります。

 

ボールバーナ

お買い得各メーカラウンドボールはこちらから参照!

 

次に重要なことは、ダウンスイングを行う頭の位置です。ボールより左に移動しないことです。

 

頭の重さは平均ご自身の体重の8分1程度と言われています。

 

この頭の重さを上手く使い回転軸を安定させることです。スイング中に頭の位置がビハインド、ザ、ボールの位置であれば、トップで出来た手首のコックを崩さずダウンスイングを自然におこなえるのです。

 

また、ミート率を高めるスイングは、ダウンスイングで回転軸のブレないインサイドからインパクトではストレートのスイングがもとめられます。

 

それには、トップスイングから、下半身のリードから(両ひざを左にスライド)、次に左腕でダウンスイングを行うことになります。

 

この腰の始動を行えば両肩の動きは抑えられ肩がインパクトで開かず、クラブをインサイド・ストレートのスイング軌道でスイングができるのです。

 

この、動きが難しいと感じる方も多いとおもいますが、スイングの軸が決まっていれば自然と出来るものです。インサイドからクラブを下せない方は、テークバックからの軸の作り方ができていないからです。

 

初心者のゴルファーには難しければ、アドレスで力を入れず両脇を絞めてバックスイングを行い、体からクラブを離さず、体の回転でスイングする事です。

 

ダウンスイングではクラブを体に巻きつけるイメージで、右脇を空けず自然と体の回転を解くようなイメージが大切になりまが、トップでの捻転はきっちり行うようにしてください。

 

詳しくインサイドのスイング軌道を行う左腕のスイングの方法はこちらを参照してください。

 

 

 

インパクト後の、フォロースルーではやや左足直立の回転軸になります。その結果、回転軸の移動も小さく、左サイドに壁を作れ、ヘッドのヌケを加速できる遠心力も大きく働き、ミート効率の高いスイングができます。

 

最後のフィニッシュは右腕を大きくのばし、左足の回転軸を中心にクラブヘッドを地面に対して低く、ターゲットに向かって真っすぐ長く出し、大きくクラブを振り抜くことです。

 

ミート率を高めるには、以上の様にスイングの回転軸を小さくすることで、安定したスイング軌道の再現性を高め、ヘッドがインパクトゾーンをストレートの軌道で振り抜け、ヘッドも正面を向いた状態でフォロースルーを取る事ができます。

 

 

 

 

 

ドライバー/アイアンのミート率を上げるポイント

ドライバーのミート率を高める

 

 

ドライバーでコンパクトなスイングとは回転軸を小さく使うことは上の記事でご理解されたと思います。

 

そこで、ドライバーでミート率を上げるには、インパクトでボールの前後をストレートにヘッドを振り抜く、フラットなスイングプレートで行う必要がります。

 

上の写真から、ドライバーはクラブが長い分、当然前傾姿勢も緩やかでフラットのスイングから、ボールを横から払いインパクト前後をストレートに走らせることになるからです。

 

ドライバーでクラブを立ててスイングすれば、ダウンスイングでインパクト直前でクラブを寝かす複雑な動きが起こり、ミート率の低下を招き、最悪の場合、クラブの長さが邪魔になりダフル原因になります。

 

ドライバーのミート率向上の基本はボールを横から叩くフラットなスイングができるよう心掛けてください。

 

アイアンのミート率を上げる

 

アイアンのミート率を高めるには、トップスイングの捻転をしっかり行うのが基本ですが、スイング軌道も重要です。

 

ドライバーが横振りなら、アイアンは縦振りになります。これば、縦振りのスイングを意識して行うのでなく、上の写真でも分かる様に、クラブが短い分当然スイングプレートはアップライトになります。

 

ダウンスイングでは、体重移動よりクラブを振り下すイメージで芝の上にあるボールに対して、緩やかなダウンブローのスイングになります。

 

アイアンのミート率が上がらないゴルファーの多くが、ボールを上から叩こうとすることで、手でクラブを上げて手でボールを打とうとすることです。

 

アイアンのアドレスはグリップがボールより先になるハンドファーストの構えになりますが、ドライバーのようにヘッドスピードを上げて打つのでなく、体の正面でクラブを扱うことです。

 

そのためには、テークバック、バックスイングは体の動きと腕の動きをリズムよく同時に行い、腕単独でスイングを行わないことです。

 

以上が、アイアンのミート率を高める打ち方になります。

 

 

他に、ミート率を高める方法として、クラブを少し短く持つことで、スイング軌道が小さくできミート率の向上につながります。

 

アイアンの練習方法として、ボールの手前20cmにボールかティーを飛行線に平行において、こボールやティーを打たない練習方法も有効です。
フェース軌道のボール

 

トップスイングの切り返しはゆっくり行い、力みは厳禁です。力みは右腕に伝わりクラブのスイング軌道が外側にふれるからです。

 

スイングでミート効率を高め方法は、インパクトでクラブ軌道の正確な再現であり、これはコンパクトなスインを行うこに他ならないと理解してください。

 

 

ビッグヘッド

ドライバー大型ヘッド・高反発クラブはこちらを参照!

 

ゴルフクラブ

 

メンズクラブ

レディースクラブ

キッズ・ジュニア―用クラブ

クラブ用パーツ・シャフト



ウエアー

 

メンズウエア―

レディーウエアー

キッズ・ジュニア用ウエアー

 

シューズ

 

メンズシューズ

レディーシューズ

キッズ・ジュニア用シューズ

シューズ用アクセサリー


バッグ・グローブ・ボール・その他

のアイテム

グローブ

バッグ・ケース

ヘッドカバー

ラウンド用ボール

トレーニング用具

ラウンド用品・小物

コンペ用品

その他


人気の新作クラブ・シューズ・ウェア・バッグ・グローブ・ボール・ゴルフナビなどが大集合!レディース・メンズ・子供用も品数豊富に取り揃え。口コミ・ランキング・各種特集ページから簡単にお選びいただけます。





ゼクシオ

スリクソン

ブリジストン

ミズノ

テーラーメイド

タイトリスト

ヤマハ

キャロウェイ

コブラ

ホンマ

ヨネックス

オデッセイ

アダムス

ピン

オノフ

ロイヤルC

クリーブランド

マルマン

リンクス

ドライバー

フェアウエー

ユーィテリテ

アイアンセット

セットクラブ

単品アイアン

単品ウエッジ

パター

中古クラブ

シューズ

バック

Mウエアー

Lウエアー

ボール

グローブ

ヘッドカバー

盛暑・UV対策

防寒小物

グリップメンテナンス

ゴルフ練習機

ラウンド用小物

日傘


OUTLET

ブランド一覧



 

golf5sumersale

 

 

トップページに戻る

 

 

 

シューズ特価




サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページに戻る シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み ゴルフ場予約サイト