ゴルフの豆辞典(スイング編)

ゴルフ豆情報

 


XX10


 

 

豆情報

 

 

シャフトの役割・重要性 シャフトの種類と特性
シャフトの硬さはタイミング シャフトの重さはリズム
シャフトの基本知識 飛びの3要素
やってはいけないドアースイング クラブ スペック
グリップに握り方の基本 クラブを短く持つメリット・デメリット
ゴルフが変わる左親指の使い方 クラブを短く持つメリット・デメリット
アドレスで左を向く アドレスで右を向く
スイングの正しい回転軸の作り方 レイトヒッティング
シャフトの最下点 シャフトの粘り系・弾き系の違い
スパインとは ギア効果とは
簡単にスイングウエイトを測定 雨の中での距離間のつかみ方
ゴルフボールの知識 ヤードとメーターの距離
ボールが失速する原因 バランスの良い構え
パター重量とストローク ハンドダウンとハンドアップ
スイングの遠心力と向心力 パターのロフトについて
スイングの再現性を高める パターの慣性モーメント
雨の中でのルール・トラブル 素振りのやり方と効果
リシャフトとスリープ スイングと向心力/遠心力
手のひらの豆とスイング グリップで飛距離アップする方法
ヘッドスピード別ボール選択 ゴルフボールの基本
打ちぱなしで上達練習法 飛距離アップできる有効打点
風の中でのプレー対策 ヘッドバランスの鉛の貼り方

 

 

 

 

ドライバー編 ドライバーのティ―ショットでヘッドを芝から浮かす
  飛距離を伸ばす回転軸を作る
  フットワークの使い方で飛距離アップできる方法
  飛距離アップできる右足の使い方
  インパクトをやさしくするには
  飛距離アップするためのフォロースルーの必要性
  正しいインパクトには前傾姿勢を取る
  ダウンスイングで体重移動とスエ―の違い
  スイングの回転軸と理想の体重移動
  スイングでの主役は左手
  シンプルでコンパクトなスイングの作り方
  スイング軌道と球筋
  意外と気づかない大型ヘッドの落とし穴
  ボールが曲がる理由
  トルクで球筋が変化する
  スイング軌道で飛距離アップできる
  上手なフェースコントロール
  ウッドの芯を外して飛ばす
  絶対OBを打たない方法
  風がフォローの時は低い球を打たない
  直ドラの打ち方
  ドライバーで低い球を打つ
  体の硬いゴルファーのスイング方法
  アームローテイションとボヂィーターンの違い
  ドライバーのフックフェース・オープンフェースの違い
  ドライバーでの理想のアドレス
  ドライバーでの理想のテークバック
  ドライバーでの理想のトップスイング
  ドライバーでの理想のダウンスイング
  理想のインパクト・フォロースルーを作るには
  上手なアームローテーションの作り方
  デイーショットの打ち上げの注意点
  ティ―ショットで打ち下しの注意点
  アゲインストとフォローの打ち分け方
  ウッドを真っすぐ打つ方法
  飛距離を伸ばす打ち出し角度
  ウッドとアイアンの打ち方の違い
  フェアウエーのティ―アップ
  フェアウエーウットでグラブバンカー攻略
  フェアウエーウットでトップする
  ユーテリテウッドを選ぶ4大要素

 

 

 

 

 

アイアン スチールシャフトとカーボンシャフトの違い
鍛造アイアンと鋳造アイアンの違い
アイアンフェースのスコアーラインの意義
スチールシャフトのステップの意義
ウッドとアイアンの打ちかたの違い
  アイアンで距離のでるインパクト
  アイアンのラインの出し方
  距離をだせるアイアンヘッド
  アイアンセットの調和の重要性
  アイアンでドローボールの打ち方
  アイアンで速いグリーンの攻め方
  アイアンでフェードボールの打ち方
  硬過ぎる、重すぎるアイアンの落とし穴
  アイアンショットでフライヤーの落とし穴
  柔らかすぎるアイアンの落とし穴
  バックスピンをかける打ち方
  クラブを短く持ってコントロールショットの打ち方
  シャフトの調整でフックの防止
  シャフトの調整でスライスを止める
  つま先上げり打のち方
  つま先下がりの打ち方
  左足上がりの打ち方
  左足下がりの打ち方
  アプローチで砲台グリーンの攻めかた
  深いラフからの打ち方
  アイアンで高弾道の球を打ちたい
  池越え、谷越えでトップ・ダフリの解消
  ショートホールで砲台グリーンの打ち方
  林からの脱出

 


早割り トク割 直前割 無料プレー券 優待券などお得なゴルフ場予約情報満載

高弾道に打てるアドレス




スーパーセール50%Off


 

ショートアプローチ・ウエッジ

ウエッジの打ち方に悩み バンカーショットの基本
左足上がりのバンカーショット 左足下がりのバンカーショ
つま先上がりのバンカーショット つま先下がりのバンカーショット
バンカーの目玉からの脱出 ウエッジのアプローチの基本
グリーン回り下りの逆目アプローチ グリーン回りの下りのアプローチ
深いラフからのアプロ―チ チップショットをダフらない

パターバー

 

シックリこないパタ 右にプッシュするパター
左にヒッカケやすいパター 使いやすいパター
ショートパットを外さない ロングパットの距離感
オープンかスクエアースタンスか? 練習はロングパットから
フォロースルーは大きく?小さく? ダウンブローかアッパーに打つのが?
方向が安定しない ラインの狙いは直線か曲線か
距離でアドレスの姿勢を変える グリーンエッジからの寄せ
トウを浮かすかヒールを浮かす? 傾斜のラインを読む
パターで2度打ちする 短いパットはグリップを強く握る

 



ゴルフ場予約、検索ならリクルート運営の[じゃらんゴルフ]


 

 

関連記事

 

ゴルフ悩み

 

100を切るために

 

0打を締める

 

ゴルフでのルール

 

ゴルフ場のトラブル対処方法

 

 

クラブメーカーリンク

ゴルフクラブ ゴルフウエアー ラウンド用品・ボール

バック・ケース

シューズ

アクセサリー


ゼクシオ

スリクソン

ブリジストン

ミズノ

テーラーメイド

タイトリスト

ヤマハ

キャロウェイ

コブラ

ホンマ

ヨネックス

オデッセイ

アダムス

ピン

オノフ

ロイヤルC

クリーブランド

マルマン

リンクス




ATTAS11

ゴルフクラブ最新モデル一覧はこちらから





 

 

ゴルフ豆情報に戻る

 

ゴルフ豆情報記事一覧

ゴルフボールの基礎知識

ボールの基準と飛ぶメカニズムボールの大きさは直径 42.67cm以上、 重さが45.93g以下、 に決められ、デンプルは270~450個です。この、デンプルはボールを高弾道に安定した方向打つには欠かすことのできない構造で、ボールが空気中を飛ぶ時、ボールの進行方向の後ろに低気圧部分は発生し、ボールの加...

≫続きを読む

 

ヘッドスピード別ゴルフボールの選び方

ヘッドスピード別ラウンドボールの選び方ゴルフボールの選び方のポイントは、自分のヘッドスピードに最適なボールのコンプレッション(硬さ)に合わせて選ぶ方法と、飛距離重視が方向性重視で選ぶ方法です。ゴルフボールメーカはゴルファーに推奨出来るボールの商品説明がついています。そのほとんどは、ヘッドスピードに対...

≫続きを読む

 

シャフトの種類と特性

シャフトの種類とその特性現在のシャフトはステールシャフトとカーボンシャフトが主流をしめています。以前には、ボロン、ケブラー、チタン、ウイスカーといった新素材が使われていましたが、最近はあまり使用されていませんが、これもカーボンとの複合させたシャフトになります。新素材シャフトというよりは新素材入りカー...

≫続きを読む

 

ヘッドバランスの鉛の貼り方

バランスの調整方法使い慣れたクラブのヘッドのバランスが頼りなくなって、バランスを重くしたい場合① ヘッドのシャフト延線上に鉛貼ることでバランスが重くなります。2gの鉛を貼ることで、45インチのドライバーで約1ポイント アイアン38インチで1ポイントバランスが増えます。 注意:シャフトの中に鉛を入れて...

≫続きを読む

 

アイアンのスコアーラインの意義

アイアンスコアーライン【溝】の意義アイアンのフェースには、シャフトに対して直角にスコアーラインと呼ばれる溝が彫られています。この溝の役目は、フェースにボールがコンタクトした瞬間、その溝で摩擦が発生しボールにスピンがかかります。つまり、この溝はボールとフェースの摩擦を減らさない為に工夫されてきたという...

≫続きを読む

 

シャフトの役割・重要性

シャフトの役割と重要性ゴルフクラブの構成要因にはヘッド、シャフト、グリップの3点で構成されています。この3要素の中で、ヘッドの話題に関心が集まりますが、むしろヘッドよりシャフトが重要な役割を果たしています。その理由はシャフトがスイングに直接影響を与えるものだからです。ヘッドがボールに影響を与えるもの...

≫続きを読む

 

シャフトの硬さはスイングのタイミング

シャフトの硬さはスイングのタイミングを作るシャフト選択がミスを減らしスイングを変える!シャフトはトップから切り返しで生まれる複雑な動きを、パワーに変えボールを遠くに飛ばし、かつ正確に打ち出すエネルギーに変換する大きな役割をもっています。その様な複雑なシャフトの動きは、シナリ(硬さ)とトルク(シャフト...

≫続きを読む

 

シャフト重量はスイングのリズム

クラブの重さはリズム影響シャフトの硬さがインパクトのタイミングなら、クラブの重さはスイングのリズムに関係してきます。クラブ重量の基本はシャフト重量で決定されます。重さとスイングのリズムの関係は、以下の例で理解できると思います。長い竹の棒と、鉄棒を交互にスイングしてみてください。多分竹の棒は振りやすさ...

≫続きを読む

 

ヤードとメータの換算数値

下の表はヤードをメータに変換した数値ゴルフコースでの距離表示は基本的にはヤード表示されています。中にはメータ表示のコースもあり、そこで、メータをヤードに変換早見表を作成しました。1mをヤードに変換すると、1ヤードは0.91mになります。同じ距離であっても、ヤード表示の方が、メータ表示より数値は大きく...

≫続きを読む

 

クラブ スペック

クラブの種類・長さ・ロフトの基準ゴルフクラブには、ウッド(柿木パーシモン・メタル・カーボン・特殊鋼)とアイアン(軟鉄・ステンレス・特殊鋼)などがありますが、特にウッドは現在チタン系が主流で、他の素材は姿を消しました。それはシャフトやグリップの軽量化で軽く強い資材(チタン)を用いたヘッドの大型化が可能...

≫続きを読む

 

ハンドダウンとハンドアップ

ハンドダウンとハンドアップハンドアップやハンドダウンはグリップとシャフトにできる手首の角度です。この手首が伸びればハンドアップ、逆に角度が出来ればハンドダウンになります。正しいアドレスは写真の赤の線で示しているポジションです。アドレスでヘッドを地面に置いた時、クラブヘッドのトゥが若干上がっている状態...

≫続きを読む

 

飛びの3要素

ボールを遠くに飛ばす3要素飛びの3要素のシャフト/ヘッドの条件ゴルフスイングでボールをより遠くに飛ばすには、体の捻転を十分に行い、スイングスピ―トを上げれば良いことは、誰にでも分かることです。でも、ヘッドスピードを上げることだけでは、ボールを遠くに飛ばす条件にはなりません。それは、ハンマー投げのよう...

≫続きを読む

 

飛距離アップできる有効打点

ウッドの有効打点で飛距離アップウッドの有効打点のエリアは図で示されている太いグリーンラインに当たります。このエリアはフェース高から重心高を引いた部分が有効打点になります。このことから、有効打点の広いクラブはフェース幅の高いデープフェースや重心の低い低重心のクラブと定義できます。つまりウッドクラブの有...

≫続きを読む

 

飛距離を伸ばし正確に打つ回転軸の作り方

飛距離を伸ばし正確に打つ回転軸の作り方ドライバーで飛距離を伸ばし、正確な方向に打つには、安定したスイングの回転軸がなければ実行できません。スイングは回転軸を中心に、体と腕を使った回転運動になりますから、軸が安定しなければ腕の振りが効果的に行えず、ヘッドスピードは上がらないのは当然で、スイング軌道もス...

≫続きを読む

 

ドアースイングの解消

やってはいけないドアースイングの原因・解消ドアースイングとはバックスイングで上半身と下半身にネジレの差ができないことです。スイングは下半身と上半身で起こるネジレ(捻転)を、インパクト直前に一気に開放することで、クラブのスピードを上げそのエネルギーをボールに伝達し遠くに打つことです。スイングは角運動(...

≫続きを読む

 

スイングの再現性

スイングの再現性を高めるゴルフスイングにおける再現性とは、アドレスからフィニッシュまでのスイング軌道を、再び全く同じ要素や要因の条件を整えて、まったく同じスイングができる性質のことです。つまり、ゴルフスイングは、どのような条件下でも、いつでも、全く同じスイングを再現ができる事が、ゴルフにおける術の高...

≫続きを読む

 

バランスの良い構え

バランスの良い構えの3っのメリットゴルフのスイングで覚えなければならないのは、アドレスつまりボールにどう構えるか?です。簡単なようで結構悩む方が多くおられるのも事実です。それは、アドレスで体とボールの距離はどの程度に取ればいいのか、、どの様にクラブを上げたら(テークバック)いいのか、、またどのように...

≫続きを読む

 

シャフトの基本知識

ゴルフ上達のためのシャフト知識シャフトの基礎知識ゴルフクラブはヘッド、シャフト、グリップの3点で成り立っています。この3点は、ボールを遠くに、正確に飛ばすため物理的、科学的な根拠に基づき色んな機能が施されています。そこで、シャフト理論では、シャフトの各機能がインパクトでボールにどのような影響を与える...

≫続きを読む

 

ボールが失速する原因

ボールが失速する原因・スイングと道具打ったボールが余り上がらず途中から急速に失速し、飛距離が出ない場合には、いろいろの原因がありますが、共通点はヘッドスピード不足と、飛び出し角度不足、ボールのスピン不足が原因です。このボールの失速にも、スイングとクラブの両方にその原因を見出せます。クラブによる原因ロ...

≫続きを読む

 

グリップピングの基本

グリップの握り方と伝達力フィンガーグリップとパームグリップ グーグルとデータ提供者グリップはクラブと体をつなぐ唯一の支点で、スイングに与える影響も大きくゴルフを覚える基本になります。その、グリップの握り方には、2通りのタイプがあります。フィンガーグリップは手の指で握るタイプでパームグリップは手の平で...

≫続きを読む

 

飛距離アップできるグリップ

飛距離アップするグリップの仕方飛距離アップにはヘッドスピードとタメが重要な事は、殆どのゴルファーなら理解できることです。このヘッドスピードを上げたり、タメを作るには、手首のコックが大きな役目を担っています。飛距離アップするには、コックを作りやすいクリップの握り方にする事で、タメができインパクトのヘッ...

≫続きを読む

 

飛距離アップできる右足の使い方

飛距離アップできる右足の使い方グーグルとその情報提供ダウンスイングでの右足の使い方は、スイング軸の安定やヘッドスピードをアップできる重要な要素になります。ダウンスイングからインパクトにかけて、右足のフットワークはヘッドスピードを上げるポイントです。上の写真から、デリバリーゾーンでは右足は地面から浮か...

≫続きを読む

 

ゴルフが変わるグリップで左親指の使い方

ゴルフが変わるロングサムのグリップの握り方グリップの握り方は、野球のように両手でわしつかみでなく、指で握るフィンガーグリップと手の平で握るパームグリップがあります。両手のわしつかみは強く握れる反面、手の甲が移動しやすく、フェース面をボールに正面衝突させるゴルフには不向きといえます。例えば、かなずちで...

≫続きを読む

 

ティ―ショットではヘッドを芝から浮かす

ティ―ショットはヘッドを芝に置かないティ―ショットでティ―アップした際、ヘッドのソールを芝に押し付けてアドレスしている初心者の方を多く見受けます。別に、ドライバーのヘッドを芝生の上に置いて構えることは、何も問題はありませんが、初心者の陥りやすいミスショットに繋がりやすい原因になります。スイングの基本...

≫続きを読む

 

やさしいインパクト

やさしいインパクトやさしいインパクトの意味は、ヒッテングゾーンを大きく取るか、小さく取るかできまります。当然ヒッテングゾーンが大きいほどボールを捕まえやすく、小さい程ボールの捕まりは悪くなり、難しいインパクトになります。インパクトゾーンの大きさは、ゴルフが上達するにつれて、インパクトを点で打つのでな...

≫続きを読む

 

クラブを短く持つメリット、デメリット

クラブを短く持つメリット、デメリットはクラブの長さがスイングに影響を及ぼす例として、一番分かりやすいのは、ショートアイアンとドライバーのどちらが振りやすいかです。ショートアイアンが振りやすいのは、ドライバーに比べクラブの長さが短いからです。つまりクラブを短く持つ方が、スイング軌道が小さくなり芯でボー...

≫続きを読む

 

飛距離アップできるフォロースルー

飛距離アップできるフォロースルーの仕方飛距離アップできる方法には、ヘッドスピードを上げることや、ボール初速を高めるミート効率など、探せば本当に沢山の要素があります。その、ほとんどがボールをインパクトする直前の、様々なファクターについ注意が集まってしまっています。でもインパクト後に力を抜くと、ボールは...

≫続きを読む

 

フットワークで飛距離アップ

フットワークで飛距離アップ日本人は欧米人に比べて、体力が劣ると言われていますが、スイングのポイントをつかむことで、体力をカバーでき、最大の飛距離を打つことが可能になります。無論、飛距離を伸ばすには、ヘッドスピードが大きく影響してきますが、ヘッドスピードを上げるための、いくつかのポイントを押さえること...

≫続きを読む

 

アドレスで右を向く

アドレスで右を向いてしまうラウンド中、右に打ち出すトラブルショットを打っ後、同伴者から右を向いたアドレスになっていたと、アドバイスを受けたゴルファーは意外と多くおられるのではないでしょうか。たしかに、初心者のアドレスの取り方は、スタンスが右を向いているゴルファーが以外に多いようです。右を向いたいアド...

≫続きを読む

 

アドレスで左を向く

アドレスで左を向いてしまうアドレスで左を向けば、テークバックでクラブが外に上がり、スイング軌道がアウトサイドになり、いろんなミスを誘発する原因になります。左を向く原因は、右に打たない意識から自然と左を向いてします場合、またグリップの取り方で自然と右を向いたアドレスを取る場合です。アドレスで右を向いて...

≫続きを読む

 

スイングの正しい回転軸の作り方

正しいスイングの回転軸の作り方スイングの回転軸はスイング中動かないのが、ゴルフの基本中の基本になります。それは、回転軸になる背骨の使い方になります。この背骨がスイング中安定している事が、ヘッドスピードを速め、スイング軌道を正しく導くためには必要不可欠になります。つまりスイングで,回転軸を安定させるこ...

≫続きを読む

 

スイングの遠心力と向心力

上の図をご覧いただきながら解説していきます、ゴルフのスイングはトップスイングからフィニッシュまで、角運動という円運動になります。スイングスピードを上げ正しい円軌道を描くスイングをすれば、必ず遠心力が生まれます。この 遠心力とは、慣性力の一種で、「車が急カーブを曲がるとき何かわからない力で外側に体が引...

≫続きを読む

 

体重移動とスエ―の違い

体重移動とスエ―の違い体重移動とスエ―の違いは、基本的には全く異なった体重移動になります。ゴルフ教室に通われた方の多くは、指導者から体重移動の指導は必ず受けておられると思います。ゴルフ理論の物理的見地から体重移動は意識して行うものではありません。回転(テークバック)する事で自然に下半身と上半身との間...

≫続きを読む

 

正しいスイングは前傾姿勢から

正しいスイングは前傾姿勢からゴルフは野球やテニスと同じように、道具を使って行うスポーツという点では、共通しているように思えますが、まったく異なる点があります。それは、野球もテニスも高速で飛んでくるボールに反応して打ち返すスポーツですが、ゴルフは止まっているボールを打つという点では、大きく異なります。...

≫続きを読む

 

スイング軸と理想の体重移動

スイング軸と体重移動ゴルフ情報誌などで、スイングはコンパクトにクラブを振ると良いと書かれた記事をよく見かけますが、このコンパクトなスイングはとはどのようなスイングを言っているのか、よく理解できないゴルファーが多くおられると思います。このコンパクトなスイングを行う意味は、スイングする時、スイング軸を小...

≫続きを読む

 

シンプルなスイングの作り方

シンプルなスイングの作り方シンプルなスイングとは、回転運動をスムースに行うことです。つまり、バックスイングで腕の動作、肩の回転動作、腰の動作を同じリズムで行い、一体感を持たせてスイングを行うことで生まれます。この一体感が欠如したスイングは、体の回転と手の回転とのリズムが取れず、ダウンスイングでも手と...

≫続きを読む

 

スイングの主役は左手

スイングは左手リードが重要ゴルフスイングにおいて、飛距離や方向性に最も影響を及ぼす要素に、スイングプレートがあります。スイングプレートは回転軸で腕の振りから描くクラブ軌道で、そのクラブ軌道の再現性が高い程、ボールを正確にインパクトできるのです。このスイング軌道の主役が、左肩を支点とした、左手(腕)に...

≫続きを読む

 

ウッドを真っすぐ打つ方法

ドライバーを真っすぐ打つアドレスドライバーのように、距離を打つクラブで真っすぐ打つには条件があります。クラブすべてに言えることですが、真っすぐ打つための、正しくアドレスが取れているかどうかです。どうしてアドレスが大切か、それはアドレスの時点で、ボールに対してフェースが目標に真っすぐ向いているか、さら...

≫続きを読む

 

ボールはなぜ曲がる

ボールが曲がる訳ボールが曲がるのはインパクト時のスイング軌道とフェ―ス向きの関係によります。インパクトでのフェース向きで球筋が決まるインパクトでヘッド軌道はストレートでインパクト後もストレートに振り抜く場合、ボールに接触するフェースの向きがストレート、オープン、クロスの3通りがあります。フェースがス...

≫続きを読む

 

大型ヘッドの落とし穴

大型ヘッドの落とし穴大型ヘッドは、スイートスポットが広くボールを芯で捕えやすく、又ボールの曲がりも少なく、飛距離が出る、がうたい文句の定番になっています。確かに、大型ヘッドを上手く扱えば、うたい文句通りの結果が出来るのも事実です。しかし、多くのゴルファーがこの説明通りにボールを打てているかと言えば、...

≫続きを読む

 

フックフェースとオープンフェースの違い

フックフェースとオープンフェースフックフェースとオープンフェースフェース角とは、ウッド系クラブに関する数値で、水平な地面にソールがピタリと着くようにクラブを固定し、シャフトを地面と垂直にした時に、そのシャフトの中心線を通る面とフェースが作る角度がフェース角度になります。そこでプラス角はフックフェース...

≫続きを読む

 

トルクと球筋

トルクが球の方向性と曲がりに大きい影響しますトルクの値は数値が小さい程、ネジレの遊びが小さく、数値が大きい程ねじれの遊びが大きくなります。一般的にトルクの基準は4.0前後が基準となります。特集・ゴルフアイテムキャンペーン一覧ヘッドスピードの速いゴルファーがトルクの多いクラブで打つとトルクが発生する原...

≫続きを読む

 

飛距離をのばす打ちだし角度

飛距離を伸ばす理想の打ちだし角度飛距離をのばす理想の打ち出し角度ボールの飛距離を決定する要素として、ヘッドスピードから生まれたボール初速とボールの飛び出し角度、ボールのスピン量の3項目を上げることができます。この3項目の内、ボール初速についてはこちらの記事をごらんください。最大飛距離を得る、ボールの...

≫続きを読む

 

上手なフェースコントロール

上手なフェースコントロールの仕方上手なフェースコントロールゴルフで飛距離を伸ばす事、方向性を安定させる事は、プロ、アマ問わづすべてのゴルファーの最も大きな願望でもあり、永遠のテーマではないでしょうか。その為のポイントとして、フェースコントロールを上手く行うことが上げられます。まず、満足の飛距離、方向...

≫続きを読む

 

スイング軌道と球筋

スイング軌道と球筋スイング軌道は球筋を弾道の高さを決定する要素の一つで、スライス、フックの球筋の原因になります。ゴルフは止まった球を打つことで、結構難易度の高い技術を求められている事は、一般的に余り知られていないのではないでしょうか。インパクトで真っすぐのスイング軌道を行える条件は、ボールに対してフ...

≫続きを読む

 

スイング軌道で飛距離を伸ばす

スイング軌道で飛距離を伸ばすプロゴルファーはどうしてあのように球が遠くに飛ばせるのでしょうか。もちろん、ヘッドスピードの違いによることは事実ですが、ボールを遠くに打つスイング軌道でロフトの使い方がアマチュアゴルファーと大きくく異なります。アマチュアゴルファーでも、スイング軌道でロフトの使い方が上手く...

≫続きを読む

 

ドライバーで芯を外して飛ばす

ドライバーで芯を外して飛ばすドライバーで芯を外して打つことは、どのような事かと不思議に思われるでようが、これはスイートスポットの上側でインパクトすることを意味します。インパクトでヘッドの芯がボールの芯より少し下め入る事で高弾道でオーバースピンを掛けれる弾道の球が打てるからです。つまり、ドライバーで飛...

≫続きを読む

 

OBを打たない方法

OBを打たない方法スコアを大きく崩す原因に、OBを打ってしまうことが1番多いのではないでしょうか。初心者から上級者にいたるまで、誰でも、OBを打ってしまいます。しかし、プロや上級者は、アマチュアゴルファーに比べて、比較にならない程OBの数が少ない事がわかります。それは、OBを打たないコース戦略がしっ...

≫続きを読む

 

風がフォローの時低い球を打たない

フォロー風の時低い球は打たない多くのゴルファーがフォローの時、風の影響を受けやすい高弾道の球より、風の影響を受けない低弾道を選ぶのを良くみかけますが、これでは十分な飛距離を打つことができません。フォローの風が吹いている場合、低い球を打つと、ボールが風に叩かれ飛距離が伸びなくなります。これは、低い弾道...

≫続きを読む

 

アゲインストとフォローの打ち方

アゲインストとフォローの打ち方風がショットに与える影響ゴルフ当日、もっとも悩まいしことは強風下でのプレーではなでしょうか。気象条件で、雨の場合は多少の距離の低下で、大きくプレーに影響はしないでしょうが、強風下でのゴルフでは、アゲインストやフォローの風の対応のショットを打つことを求められます。さらにサ...

≫続きを読む

 

ウッドとアイアンの打ち方の違い

ドライバーとアイアンの打ち方の違いドライバーとアイアンの打ち方は基本的には同じであると言えます。異なるのはクラブの長さとヘッド形状のちがいで、インパクトの入射角度が異なってきます。ドライバーは長い分、入射角度は穏やかになりますが、アイアンは短い分アップライトのスイングで入射角度は鋭角になります。ただ...

≫続きを読む

 

フェアウエーのティ―アップの打ち方

フェアウエーのティ―アップの打ち方フェアウェイは、芝の上にあるボールを、直接打つ第2打目に活躍するクラブになります。ドライバーとは違いフェアウェイウッドは、ティ―アップしたボールを打つのでなく、芝の上のボールを直接打つわけですから、ティ―アップするドライバーの様にアッパーブロー(すくい打ち)では打つ...

≫続きを読む

 

フェアウエーでトップする

フェアウエーでトップの防止フェアウエーでトップしてしまうゴルファーの多くは、直接ボールを打とうする意識が強すぎることです。アイアンと違いフェアウエーウッドはクラブの長さもあり、ダウンスイングを鋭角にに振ろうとすると、インパクトでスイングが窮屈になり、ヘッドから先に下りることでボールの頭を叩いてしまい...

≫続きを読む

 

アームローテイションとボデーターン

./img/headermame1.jpg アームローテイションとボデーターンの違いアームローテイションとボデーターンの違いは。アームローテイションとボデーターンもインパクトを作る手段で、球を打つインパクトのスタイルと考えてください。一般的に言われている背骨を中心に体を回す、いわゆるボディターンは、ダウンスイングで腰のリードと左腕の引付でイン...

≫続きを読む

 

レイトヒッティングの方法

レイトヒッティングの習得方法上の図はテークバックのクラブヘッド軌道A、ダウンスイングのクラブヘッド軌道B、クラブトップスイングC、グリップ軌道E、インパクトゾーンFレートヒッテングを行うには、ダウンスイングでクラブとグリップの時間差を作ることが重要です。レートヒッテングはトップでできたパワーアングル...

≫続きを読む

 

シャフトの最下点

シャフトの最下点で最大のエネルギーを活用スイング中のシャフトの最下点シャフト最下点とは、スイング中クラブがアドレスの状態に戻る瞬間を意味します。アドレスからバックスイングを経てトップにはいりますが、トップスイングから切り返しでダウンスイングでヘッドの重みと、クラブを振り下す力で、シャフトにシナリが発...

≫続きを読む

 

理想のアドレス

正しいスイングをする為のアドレスの取り方理想のティークバックをどう取ったら良いのか、初心者が最初に悩むテーマではないでしょうか?アドレスは理想のスイングを作る上でティークバックをいかにスムーズに行えるかで、インパクトの成否を決定する大きな要因になります。正確に遠くにボールを打つためには、クラブ軌道の...

≫続きを読む

 

理想のテークバック

理想のテークバックテークバックを行う行為は、ボールをより遠くに正確に打つため、理想の体のネジレを作るスタートラインになります。そこで、体のネジレで捻転を作る方法を、基本的な原理で理解すれば、有効なネジレの意味が解ると思います。分かりやすい例をもって説明します。日常生活でだれでも使用するタオルを絞ると...

≫続きを読む

 

理想のトップ

理想のトップを作る理想のトップポジションのスタイルはインパクトの成否を決める重要な部分です。そのためにも、アドレス、テークバックを正しく行うことが条件です。少しテークバックの解説とかぶりますが、左膝はあまり前に折らず(倒さず)右サイドへ送りこむ様ににテークバックしください。左膝をあまり前に折りすぎる...

≫続きを読む

 

理想のダウンスウイング

理想のダウンスウインのポイント理想のダウンスイングとは、トップでできた体の捻転でシャフトのタメを作り、インパクト直前まで維持することです。この捻転はアドレスからトップに至るまで形成されるもので、トップスイング時点で形成されるものではありません。この捻転を上手くダウンスイングに結びつけてこそ、トップス...

≫続きを読む

 

理想のインパクトとフォロースル

フォロースルーの大切さインパクトは,ヘッドスピードが最も速いゾーンで、ヘッドが最初にボールに当たる地点です。インパクトの瞬間は10000分数秒の世界で、この瞬間はヘッドコントロールを意識で行える世界ではありません。そこで、インパクトの世界は、ダウンスウイングとフォロースルーの通過地点と捉えるべきです...

≫続きを読む

 

上手なアームローテイションの作り方

上手なアームローテイションスイングの流れの中でアームローテーションというワードがあります。スイングは直進性運動でなく円軌道で行われるため慣性モーメントの働きで遠心力が発生します。この遠心力をより大きく使いヘッドスピードを上げるため、ダウンスイングからフォロースルにかけてトップスイングでできたタメ(コ...

≫続きを読む

 

アイアンセットの調和が重要

アイアンセットの調和アイアンの得意、不得意が意外なところにあることに、初心者やアマチュアゴルファーが無関心なことです。トーナメントでプロが正確無比のアイアンショットを打つているのには、それなりの理由があります。むろん技術的な面は当然として、その技術を生かせるクラブの管理が完璧に行われているからです。...

≫続きを読む

 

スチールシャフトとカーボンシャフトの違い

カーボンシャフトとステールシャフトの違いゴルフスイングはシャフトの素材、性能により大きくかわります。スチールシャフトとカーボンシャフトでは、平均40g程度シャフト重量がことなります。スチールシャフトの重量が110g前後と平均とすると、カーボンシャフトの重量は60g前後でスチールシャフトのほうが重くな...

≫続きを読む

 

アイアンシャフトのステップ【節】

アイアンシャフトのステップアイアンシャフトの独自の特徴に、シャフトのステップがあります。このステップは竹の節のような形状で、ステイールシャフトのみにみられ、以下の写真に矢印で示されている部分がそれにあたります。スティールシャフトのステップは、シャフト自体の強度を高め、折れの防止に役立つためです。また...

≫続きを読む

 

距離の出るアイアンヘッド

距離の出るアイアンヘッドの選び方ドライバーと同様、アイアンも飛距離を伸ばすには、ヘッドスピードが必要不可欠です。また、アイアンはダウンブローのスイングで、正しいロフトで飛距離の出すのが一般的です。特に、ロングアイアン、ミドルアイアンは、ヘッドそのものがドライバーの様に容積も無く、厚みもなく、重心深度...

≫続きを読む

 

軟鉄鍛造と鋳造アイアンの違い

軟鉄鍛造と鋳造アイアンの違い鍛造アイアンの素材と製法鉄に炭素を0.25%程含んだ鉄の丸棒を高温で真っ赤に熱し、金型に入れプレスしたり叩いたりしながら成型し、さらに仕上げは研磨して最後にメッキを施して仕上ゲルアイアンです。軟鉄鍛造アイアンの場合多くが、フォージド(FORGED)アイアンと刻印されていま...

≫続きを読む

 

アイアンで距離の出るインパクト

アイアンで距離を出せるインパクトインパクトの基本的考えは、ダウンスイングとフォロースルーの通過点と考えてください。何故なら、インパクトの瞬間はクラブコントロールが効かないからです。インパクトの良し悪しは、ほぼダウンスイングで決まりますが、インパクトではボールの赤道より下の部分に、ヘッドを鋭角に打ち下...

≫続きを読む

 

アイアンのライン出し

アイアンのライン出しのポイントアイアンのライン出しは、飛距離で求めるのでなく、確実にグリーンオンさせるショットのことです。また、ショートホールで確実にグリーンに乗せる打ち方になります。この打ち方は、トーナメントでプロが残り150y前後で多用する打ち方の1つの方法です。プロの場合、いかにピン近くにボー...

≫続きを読む

 

アイアンでフェードの打ち方

アイアンでフェードを打つ方法アイアンでフェードボールを打つ方法フェードボールは例えばコースで左側を狙いフェアウエーのセンターに球を落とす球筋の事をです。フェードボールは、飛距離が伸びないのでなく、しっかりミートすれば強い球の弾道で、安定した飛距離を打つことができます。特に、アイアンで球の上がらないゴ...

≫続きを読む

 

アイアンで高弾道の打ち方

アイアンでもっと高弾道の球を打ちたいアイアンでロフト通りの高弾道の球を打つには、シャフトとスイングの両面を検証する必要があります。シャフトが原因で高弾道の球が打てないクラブによる原因は、自分のヘッドスピードに比べ、シャフトが硬すぎてシナリ不足で起こる場合、またクラブが重すぎてスイングのリズムが合わず...

≫続きを読む

 

アイアンでドローの打ち方

アイアンでドローを打つコツドローボールは、打球が強く、ランも良く出るので、しっかりミートして打てば飛距離は伸びます。ドローボールは通常、前に障害物があり、目標にどうしてもダイレクトに打てない場合には有効なショットになりますが、やはり打ち出し角度がストレートやフェードに比べて低く、ランが出るためグリー...

≫続きを読む

 

アイアンでバックスピンのかけ方

アイアンでハックスピンをかけて球を止める方法アイアンでバックスピンのかけ方アイアンのバックスピンとは、ボールに時計まわりと反対の回転を与えることで、ボールが落下してからの転がりを、抑えるボールの回転のことです。この時計と反対の回転は、ボールがインパクトでフェースのスコアーライン(溝)の表面を下から上...

≫続きを読む

 

アイアンで速いグリーンの攻め方

アイアンで速いグリーンの攻め方速いグリーンの奥にバンカーや奥が池に囲まれたグリーンの場合、せっかくグリーンオンしてもグリーンでボールが止まらずバンカーや池に転がり落ちる場合があります。自分自身で、納得のいくショットを打っても、いい結果と結びつかず、精神的にきつい、リズムを崩しその後のプレーに大きく影...

≫続きを読む

 

アイアンのコント―ロールショット

アイアンでコントロールショットをする方法アイアンのコントロールショットはスイングの軌道を小さく安定させることです。つまりコンパクトなスイングに徹することです。コンパクトなスイングとは、クラブを短く持ってスイングすることが、一番コントロールがやりやすい打ち方になります。特にアイアンの場合、グリップ一杯...

≫続きを読む

 

アイアンのフック矯正

シャフトでフック矯正アイアンでフックに悩むゴルファーは、スイングをしっかり行える比較的上級者のゴルファーになります。特に経験をあるゴルファーが、長年使用しているアイアンセットが、イメージ通りスイングできたと思ってもフック系の球筋に悩み、思い切ったスイング出来なくなりリズムを壊す方は結構おられます。こ...

≫続きを読む

 

アイアン・シャフトでスライス矯正

アイアンシャフトでスライス矯正アイアンでスライスの原因は、アドレスで左を向いている、グリップがウイークグリップ、オーバースイング、振り遅れ、などいろいろ原因はありますが、フェースが開いてインパクトすることでは共通しています。この共通点のフェースの開きの大きな原因は、スイングがアウトサイドでインパクト...

≫続きを読む

 

ショートホールの砲台グリーンの打ち方

ティーショットで砲台のグリーンの打ち方砲台グリーンは転がして乗せることや、結果オーライは望めないホールです。また、コースによってはフェアウエーからかなりの高低差がある砲台グリーンはグリーンからボールが転がり落ちると、返しのショットが非常に難しく大たたきの危険もあります。砲台グリーンに乗せるには、ショ...

≫続きを読む

 

打ち上げのホール

打ち上げホールの攻略ボールのある位置から打ち上げのフェアウエーを視野に入れると、どうしても目線や意識が高いところに誘導されてしまいます。その状態でアドレスをすると、どうして球を上げないといけないと意識してしまい、ウエイトが右側に傾き、右足体重で上半身が必要以上に右に傾く結果になります。その為、ダウン...

≫続きを読む

 

打ち下しのホール

打ち下しホールの攻略打ち下しのフェアウエーを視野に入れると、どうしても目線や意識が低いところに誘導されてしまいます。、アドレスの目線は下にせず、少し上目の標的に置いてください。通常のアドレス通り体重は均等で構えるのが基本になります。ドライバ―の場合の打ち下しのスイングは、インパクトをレベルスイングす...

≫続きを読む

 

つま先下がりの打ち方

つま先下がりの打ち方初心者の多くが、ドライバーで右に大きくスライスしてしまい、崖下まで落ちず傾斜面の途中でボールが止まってしまうことは、よくあります。このような場合の基本的な打ち方です。急な斜面からのスイングボールの止まった場所が急な前下がりの場合は、無理せずフェアウエーにレイアップすることが、大た...

≫続きを読む

 

つま先上がりの打ち方

つま先上がりの打ち方ドライバーで右に大きくスライスでOBに。。。幸運にも球は出てきてセーフ、しかし斜面で止まり難しいつま先上がりの、2打目がの残ってしまう事がよくあります。このような場合の打ち方の基本を説明します。急な斜面からのスイングまず、ボールの落ちた地点の状態が、スイングができるかどうか、まず...

≫続きを読む

 

左足上がりの打ち方

左足上がりの打ち方アドレスを正しく構えることが出来るかどうか重要です。正しい左足上がりの打ち方は、スイング軌道が斜面に喧嘩せずスムースに振り抜けるアドレスを作ることです。その為、斜面に対して膝 腰 肩は傾斜に対して平行になる様に構えてください。スタンスの幅はスウイングバランスを安定させるためやや広く...

≫続きを読む

 

左足下がり打ち方

 左足下がりの打ち方アドレスを正しく構えることが成否につながります。左足下がりの正しい打ち方は、アドレスで、スイング軌道が斜面に沿ってスムースに行えるスイングで、斜面に対して膝 腰 肩は平行になる様に構えてください。スタンスの幅はスウイングバランスを安定させるためやや広く取ります。ボールの位置はセン...

≫続きを読む

 

シャフトの粘り系、弾き系の違い

シャフトの弾き系・粘り系の違いシャフトのキックポイントを基本に、シナリの粘りに関する2種類のタイプがあります。この2種類とは、弾き系シャフトと粘り系シャフトになります。まず、粘り系シャフトの場合、ダウンスイングでシャフトの切り返しが粘っこく起こり、シナリを感じやすいシャフトになります。この粘りは、ト...

≫続きを読む

 

硬すぎるアイアンの落とし穴

目   次シャフトが硬すぎるアイアンの落とし穴ショートゲームでの硬いシャフトのリスク重すぎるアイアンのリスクオーバースペックしない最適振動数カテゴリー別ゴルフ場シャフトが硬くなればなるほどクラブは重くなる硬すぎるシャフトの落とし穴シャフトの硬さとインパクトのメカニズムを理解することです。ダウンスイン...

≫続きを読む

 

軟らかいシャフトの落とし穴

軟らかいクラブで招くスウイングの乱れゴルフの醍醐味はやはりドライバーで遠くに飛ばすことです。飛距離も伸び、方向性も安定すると心理的にもリラックスできるものです。私が診断したお客様で40才、175cm、体重65kgで素晴らしスウイングの持ち主で、最近、買い替えたクラブでどうも結果が出ず、使用クラブに疑...

≫続きを読む

 

アイアンでフライヤーの落とし穴

アイアンでフライヤーの落とし穴フライヤーの落とし穴フライヤーとは、特に深いラフからのショットでインパクトする時、フェースとボールの間に芝生が絡み、ボールがフェースでスリップして十分なバックスピンがかからず飛びすぎる現象です。また、芝生が濡れている場合も同様、水の膜がフェースに張り、十分なバックスピン...

≫続きを読む

 

フェアウエーグラスバンカーの打ち方

フェアウエーでグラスバンカーの攻略法フェアウエーのクボミ「草のバンカー」です。通常バンカーと言われると砂を思い浮かべますが、グラスバンカーはコースのくぼ地に深いラフをあしらった障害物です。深さや形はコースによって様々ですが、深さ2mにも及ぶグラスバンカーもあります。このハザード内ではバンカーではない...

≫続きを読む

 

バンカーショットの打ち方

バンカーショットを1回で出す基本のポイント【1】アドレス時の手首の角度ハンドファーストの構えを取らず、ハンドダウンで構えてください。これはバンカーショットの絶体必要な入射角をつける意味でとても重要。【2】グリップの握り方左手グリップはストロンググリップで、右グリップを上からかぶせるのがポイントです。...

≫続きを読む

 

アプローチ攻略

アプローチの基礎グリーンまで100y切ったショットはスコア―メイクには欠かせない重要なショットになります。。多くの記事や解説書などで、いろんな理論や解決方法が、所狭しと書かれていますが、いろんな事を頭にに入れても体はついてこないでしょう。逆に多くの事を考えるあまり、自分がどの様なスイングをしてるか訳...

≫続きを読む

 

砲台グリーンの攻略

砲台グリーンの攻略方法砲台グリーンでは、まず、グリーンに乗せる事が第1で、安全で確実な方法を選択することが大切です。その確実な方法は3点です。① 砲台の高さを認識して打つ距離を把握し、使用クラブの決定する② クリーンエッジからピンまでの距離の把握する③ 距離感を正確に出すため、高弾道の球を打つグリー...

≫続きを読む

 

ウエッジの悩み

ウエッジの種類と役割ウエッジは4種類のクラブがあり、使用用途に合させた使い方できまります。PW・・ウエッジの中で一番ロフトの立っているクラブでランニングアプローチや転がす場合に使用。 距離は100y前後AW・・PWとSWの中間を補うクラブで、ピッチ&ランに向くクラブ 距離は80y前後SW・・バンカー...

≫続きを読む

 

バンカーで左足下がり

左足下がりのバンカーショット攻略方法バンカーショットの中でも、左足下がりを苦手にしているゴルファーが結構たくさんおられます。でも、基本の打ち方をマスターすれば、バンカーからの脱出はそう難しいショットではありません。斜面があるから、難易度が高いと思いがちですが、斜面に喧嘩しないスイングをするだけです。...

≫続きを読む

 

バンカーで左足上がり

左足上がりのバンカーショットグーグルとその情報提供者左足下がりのバンカーショットに比べると比較的にやさしいバンカーショットになります。ただし、基本をきっちりマスターしていないと、大たたきする事になります。人間は本能的に斜面に逆らって立ちますが、斜面に逆らって立つとダウンスイングでヘッドが必要以上に上...

≫続きを読む

 

バンカーでつま先上がり

つま先上がりのバンカーショット攻略バンカーショットの中でも、比較的な難易度の高いショットになります。バンカーショットはボールの手前にクラブを鋭角に入れて、ダフリが基本ですが、つま先上がりの場合、トウ部分が砂の提供を大きく受け、ダフリ過ぎになりやすく難しいショットです。スタンスはつま先だけに力を入れず...

≫続きを読む

 

バンカーでつま先下がり

つま先下がりのバンカーショットつま先下がりのアプローチと基本的には同じです。斜面の傾斜角度に合わせ、つま先体重で膝を折り、下半身を砂の中で安定させてください。スタンスはテークバックで砂が邪魔にならない様に、オープンスタンスでやや広くとり、スイング軌道はアップライトの軌道になります。前下がりの場合、体...

≫続きを読む

 

バンカー目玉からの脱出

バンカー内で球が目玉に!バンカー内で、ボールが砂の中にボールが埋もれている状態です。このような目玉のバンカーショットはボールを上げようとせず、砂の中にヘッドを強く打ち込んで、ボールの下をクラブをくぐらすイメージで、フィニッシュまできれいに振り切る必要はありません。ボールを上げないと意識を持つと、バン...

≫続きを読む

 

ディポットからの脱出方法

デポットの打ち方ドライバーでナイスショット、ところが行ってみるとデポットにボールが。。。この様な場合の打ち方 グーグルとデータ提供者デポットとは、アイアンショットでターフを取って打った後に出来るクボミで、大抵の場合は砂が入れられています。運悪くデポットの中に砂がなく、ボールが沈んでいる状態をいいます...

≫続きを読む

 

グリーンまわり下りアプローチ

グリーン奥から下りのアプローチ初心者やアマチュアゴルファーがトップやダフリを最も行いやすい場面の一つです。グリーンをオバーしてグリーン奥から下りのアプローチは難易度の高いショットになります。ただ、難易度の高いショットは、どのように処理すれは良いか解らないために難しく思ってしまいます。基本をしっかり理...

≫続きを読む

 

チップショットをダフらない

チップショットをダフらない打ち方グリーン周りからのチップショットの成否は、パターに大きなプレッシャーがかかり、スコアーメイクに大きな影響がでてしまいます。必ずワンピンによせるチップショットを打つことが、その後のゴルフのリズムの流れをよくするのです。どうすれば、グリーン周りからミスせず確実に寄せるには...

≫続きを読む

 

グリーン周りのクラブ選択

グリーン周りの短い逆目からアプローチアマチュアゴルファーや初心者の場合、グリーン回りの1打は大たたきするリスクが潜んでいます。アマチュアゴルファの大抵は、グリーン周りはすべてウェッジで打つというクラブ選択をしてしまいます。しかし、ライの状況によってリスクが少ないクラブを選ぶ勇気をもつことです。ゴルフ...

≫続きを読む

 

シックリこないパター編

しっくりこないパターチェック編ゴルフのスコア―メイクで最も重要なショットはアプローチとパターです。ドライバー アイアン アプローチがうまくいき、ピンそば1メートルにつけ、絶対入れたい場面はよくあります。ゴルフクラブは、近年画期的な進歩を成し遂げてきましたが、パターも例外なく大きく変化してきました。数...

≫続きを読む

 

右にプッシュするパター

右にプッシュしない、パターを正確に行う大前提はインパクトでのフェースの向きと芯で打つことですパットで右にプッシュプッシュアウトの原因がストロークショートパットが苦手なゴルファーの多くが、パッテングする姿勢に入って、緊張のあまり腕が硬直したり震える経験をされ方が、多くおられると思います。特に、初心者や...

≫続きを読む

 

左にヒッカケやすいパター

左に引っ掛けるパターコースに出て、ラウンド中パターが決まらないと、スコアーメイクはままならず、逆にラウンド中ストレスが溜まり他のショットに悪影響を与えて大きくスコアーを崩してしまいます。ゴルフのスコアーはパター数で決まるほど打つ回数も多く、その分精神的に大きな影響を与えるのです。パターは家でも比較的...

≫続きを読む

 

使いやすいパター

使いやすいこだわりのパター自分のパッテングスタイルに合うパター!ゴルフスコア―の半分近くを占めるパターはスコア―を作る上で大きなウエイトを占めています。自分に合った打ちやすいパターを見つけるのは結構難題です。パター程個性が出るクラブはありません。そこで、ご自身のパッテングフォームにパターを合わせるの...

≫続きを読む

 

パターにロフト角がついている意義

パターにロフトが絶対必要な訳パットにも他のクラブと同様にロフトがついている事を、知らない一般ゴルファーが結構多くおられるのに驚きます。ではボールを転がすのにどうしてロフトが必要なのか理解できないのでは。これは、グリーンに乗っているボールの環境を理解出来ていないからです。もちろん、運動伝達の効率から言...

≫続きを読む

 

パターの慣性モーメント

パターの慣性モーメントで選択パターにも他のクラブと同様慣性モーメントがあります。パターをオートマチックに打ちたい方には、この慣性モーメントの数値は結構重要にります。慣性モーメントとはMOI(Moment Of Inertia)で表現され、数値が大きい程MIOが強く働きます。このMIOは回転軸を中心に...

≫続きを読む

 

ショートパットを外さない

ショートパットを外さない1m前後のショートパットをよく外し、その日のゴルフが楽しいはずが、不愉快な思いをしてしまいます。この様なゴルファーには以下のチエックを行うと、ショートパットの成功率が高くなります。まず、■ アドレスを決めたら、迷わずしっかり打つ■ 打った後、ボールを追わないでカップにボールが...

≫続きを読む

 

短いパットはシッカリ握る

短いパットはグリップを強く握ることでストロークが安定短いパットのグリップはしっかり握る短いパットでラインだしが不安定なアマチュアゴルファーは多いです。ゴルフのストロークは半分がパットになり、このパットの上達は一気にスコアーアップをが可能になります。特に、短いパットを外すのは、精神的にも落ち込み、ゴル...

≫続きを読む

 

パッテングの二度打ち

2度打ちはパターのストロークを加速せず等速度で!パッテングで2度打ちをしてしまうのです初心者が短いパットや下りのパットを丁寧に打とうとする余り、パターヘッドでボールを二度打ちすることがあります。フォロースルーを大きく使い距離を合わそうとすると、右かいパットで2度打ちしてしまう事がありあす。フォロース...

≫続きを読む

 

ロングパットの距離感

ロングパットの距離感をつかむグリーンにボールが乗っても、ロングパットでいつも3パットしてしまう。まず、ボールの転がりをイメージすることです。インパクトした時のボールのスピードをイメージしてカップまでどのように寄っていくのか。打つ前にしっかりイメージできていることが重要となります。このイメージ作りは、...

≫続きを読む

 

オープンかスクエアースタンスのどちらが

オープンかスクエアーの どちらが確率が高いかツアートーナメントの世界で、最も勝負に直結するといえば“パッティング”ではないでしょうか。1%でも入る確率をアップさせるため、ツアープロはパターの掛ける練習時間を多く取ります。ツアープロにかかわらず、一般ゴルファーのパター成功率も大きくスコアーに直結してき...

≫続きを読む

 

練習パッテングはロングパットから

練習グリーンではロングパットから練習グリーンではロングパットかショートパット、どちらに比重を置いて練習を行えばいいのか、その日のスコアを大きく左右すると言っても過言ではありません。それは、パット数を30台前半で収めるか、40前後かでは、トータルスコアに大きく関わってきます。そこで重要なのが、ラウンド...

≫続きを読む

 

フォロースルーは小さく?大きく?

フォロースルーは大きく?小さく?どちらが正確に打てるかパッティングで調子が悪くなるとインパクトが大きすぎるのかとか、フォロースルーがでていないのかと迷い、さらにスランプに陥ります。ゴルフで大切なことは、芯でボールを捕まえることで、パッティングも例外なく大事なことです。フェースの芯でボールをとらえるに...

≫続きを読む

 

パターはアッパーかダウンブローか?

パットはアッパーかダウンブローのどちらが正しいかパターの打ち方でアッパーに打つのがいいのか、ダウンスイングで打つのか良いのかに正確な答えはありません。しかし、パターで大切な3つの事は、直進性の高い順回転・打ったボールがラインから外れにくい・グリーン上の凹凸に影響を受けない、がカップインの確率を高める...

≫続きを読む

 

方向性が安定しない

パターの方向が安定しない理由と矯正方法方向性が安定しない1~2mの簡単なラインのパットをいつも外すと、精神的なダメージを受けてしまいます。これは、一般ゴルファーの多くが、パッテングの正しい打ち方が「真っすぐ引いて、真っすぐ出す」意識が強すぎ方向性を悪くしているからです。パターヘッドを「真っすぐ引いて...

≫続きを読む

 

ラインの狙いは直線か曲線か

ラインの読み方は直線か曲線かを明確にパット力を上げるにラインをどの様に読むかは、スコアーメイクを大きな左右する要素で大きな役割をします。パッテングを行う場合、その状況に応じてその使い分けが大切です。ラインに乗せジャストタッチで行くか、カップに対して直線的に強めで行くか?パッテングスタイルは人により異...

≫続きを読む

 

距離で前傾姿勢を変える

距離でアドレスの前傾姿勢を変えるパッティング時のアドレス姿勢。ロングパットとショートパットで、前傾姿勢の角度を浅くしたり深くしたり、どちらが正しいのか正解はありませんが、その都度角度を調整してパットする方が距離感を合わせやすいのが一般的です。ダイジェストから情報ただ一般ゴルファーの多くは自然に前傾姿...

≫続きを読む

 

グリーンエッジからの寄せ

パターでグリーンエッジからの寄せエッジからパターで寄せるグリーン周りのエッジにボールがこぼれて、カップとボールのライが良かったときに、パターを使おうかウェッジを使おうか迷うことが良くあると思います。プロのトーナメントの場合、よくウェッジを使って寄せる光景を見ますが、一般ゴルファーの場合、転がす方が断...

≫続きを読む

 

トウを浮かすかヒールを浮かすか

アドレスでトウを浮かすかヒールを浮かすかか?ヘッドの構えはトウ側かヒール側パターのアドレス程、「パットの型なし」と呼ばれるほど個人の個性に合わせたフィーリングが重要視されます。そこで、パターのアドレスで、目標に向けてヘッドをソールする場合、その構え方にソールを浮かすか、それともヒール側を浮かすかのが...

≫続きを読む

 

傾斜のラインを読む方法

傾斜のラインを読むポイントグリーン上のボールとカップのラインを読むことはパッティングする時、誰もが行う必要のあることです。真っ直ぐに見えてもスライスだったり、フックだったりすることもよくあることです。まず、カップまでの距離と上がりのラインか下りのラインかの確認が最も重要になります。次に、ボールを打っ...

≫続きを読む

 

スパインて?

シャフト・スパインの意味と役割シャフト交換する場合、よく話題になるのがスパイン調整です。スパインの意味は背骨でシャフトの円形硬度のなかで一番硬い部分を指します。シャフトの製作は、カーボンシートをマンドリル(真鍮棒)に巻き付け90度の温度でシャフトを焼き付けるのですが、シャフトのスペックに合わせて準備...

≫続きを読む

 

ギア効果

ギア効果とはギア効果とは、2個の歯車を想像してください。一方の歯車が右回転を起こすと、もう一方の歯車は反対方向の左に回転します。この様に、2つの円形の物体が衝突した時に起こる現象で、クラブとボールの関係においても、円形のボールとラウンド(丸みを持った)のあるヘッドフェースがお互い衝突(インパクト)す...

≫続きを読む

 

スイングウエイトの計算方法

スイングウエイを自宅で簡単に測定バランスに関しては、個人のスイング感覚の問題で、全てのゴルファーに当てはまる法則はありません。言い換えると、ゴルファー自身の好みの問題で、心地よいスイングが出来るバランスのクラブが最適バランスと考えてください。ただし、ここち良くスイングできる前提には、ご自身のヘッドス...

≫続きを読む

 

池越え、谷越えでトップ・ダフリ

池越え、谷越えのショットの基本「池に入れるんじゃないか」「谷に落とすんじゃないかと」と不安を持ってのショットは、余分な力が入りトップ、ダフリの原因になります。自信を持ってショットするのが第1です。スイングを中途半端に行うと、確実にヘッドスピードが落ち、インパトでのグリップのゆるみがおき、あと少しでグ...

≫続きを読む

 

林からの脱出

林の中から脱出ドライバーで打ったショットが左に大きくフックして林の中に・・・・この様な場面は、ほとんどゴルファーは一度ならず何回も経験している事です。プロは高度な技術で、いろんな方法でリカバリーできますが、ここは一般ゴルファーに限り、心構えと脱出方法について説明します。高リスクを選択せず安全に脱出を...

≫続きを読む

 

深いラフから脱出

深いラフからの脱出フェアウエーやグリーン周りにある、深いラフはゴルファー泣かせの状況を作りだします。まずは、芝の中のボールの状況を確認、どのような脱出方法がベストかイメージしてください。ミスショットした場合を考え、一番リスクの少ない打ち方、クラブの選択が重要になり、そのためには、深いラフでの打ち方の...

≫続きを読む

 

雨が飛距離に及ぼす影響

雨が飛距離に及ぼす影響雨の中でのゴルフの心構え。ゴルフラウンドは余程の悪天候以外は、プレーを続けなければなりません。中には、グリーンが止まることで、好んで雨のプレーを好まれるゴルファーも中にはおられます。とはいえ、雨の中でのゴルフプレーには、いろいろのリスクは生じてきます。 グーグルとデータ提供者ま...

≫続きを読む

 

雨の中でのルール・トラブル

雨の中のプレーの注意点朝、ゴルフ場に向かう時に、雨は降っていないから雨具の用意を怠ることは、実際、突然雨に会うとプレーに大きく影響することがあります。 グーグルとデータ提供者雨に備えた雨具として最低用意するアイテムは傘、レインウエア―、シューズ、グローブ、タオル、などです。傘はゴルフ場で用意されてい...

≫続きを読む

 

風の中のプレー対策

風の中のプレー対策ゴルフ場での風の影響はプレーヤを悩ます要因の一つです。そこで、風の対策を心がけることで、スコアーメイクに大きく影響するのです。特に、ラウンド中に突然、風が強くなってクラブ選択や打ち方で、戸惑い思い通りにいかないプレーを、経験されたゴルファーも多いとおもわれます。そのような場合の「風...

≫続きを読む

 

素振りのやり方と効果

素振りのやり方とその効果ゴルフを練習場にいかないで練習する方法として、素振りによる方法があります。ゴルフ場で、ティ―アップする前の素振りと実際のスイングとがあまりのも違うゴルファーの方をよく見かけることがあります。ではなぜ素振りと実際のスイングで、このようにスイングに違いが出てくるのでしょうか。素振...

≫続きを読む

 

リシャフトとスリーブの効果

リシャフトとスリーブ(シャフト脱着式)シャフトの脱却方法最初に注意する点は、ヘッドの形成で複合素材を使用しているヘッドがあります。チタンとカーボンの組み合わせの場合、シャフトを抜く時の熱で変色や脱却の恐れがありますから、この様な場合はシャフトを抜くのには適さないヘッドになります。どうしても、複合ヘッ...

≫続きを読む

 

飛距離アップの向心力と遠心力

飛距離アップの向心力と遠心力ドライバ―で飛距離を伸ばす方法に、遠心力をうまく使う方法があげられます。特に非力な女性やシニアーゴルファーには遠心力をうまく利用することでヘッドスピードを上げることができます。また、スイングスタイルとしてスインガータイプのゴルファーがこれにあたります。そこで、この向心力と...

≫続きを読む

 

直ドラの打ち方

直ドラを打つ方法グーグルとその情報提供者「直ドラの打ち方」は状況次第では実戦での武器となるので、覚えておいて損はないと思われます。また、直ドラの練習はドラーバーを正確に打てる練習としても、とても有効です。通常、ドライバーショットはティアップして打ちますが、直ドラの場合は地面から打つので、ボールを上げ...

≫続きを読む

 

ドライバーで低い球を打つ

ドライバーで低い球を打つラウンド中に低い球を打たなければならない場面が、色んな場面で出てきます。アゲンストで風の影響を受けないで低い曲がらないボールを打ちたい、林の中に入り低い球で脱出する、また、ティーグラウンドがら極端に低くなっているフェアウエーに打つ場合などです。距離を必要としないパンチショット...

≫続きを読む

 

ユーテリテウッド選択の4大要素

ユーテリテウッド選択の4大要素自分に合うユーテリテウッドの選び方ユーティリティの位置づけは、一般ゴルファーが苦手とするロングアイアンを打ちこなせない代替えクラブで、フェアウエーウッドより短い距離でロングアイアンと同じ距離を、もっとやさしく打てるように作り出されたのがユーティリになります。つまり、ユー...

≫続きを読む

 

手の平にできる豆とスイング

手の平にできる豆とスインググリップはクラブとの支点で、スイング中の負荷がかかり手に豆ができます。その豆の出来る位置からスイングの傾向が分かります。ただ、手のひらに比較的大きく硬い豆ができるゴルファーの多くがグリップを固く握る傾向があります。グリップは強く握ることで、両腕に力が入りヘッドの走りを邪魔し...

≫続きを読む

 

体が硬いゴルファーのスイング

体の硬い方のスイングの方法元々体が硬い方や、加齢により体が硬くなったゴルファーのスイングの方法スイングの基本は、トップスイングで下半身と上半身のネジレから捻転を作る事ですが、体の硬い方には、トップスイングでエネルギーを貯めた捻転を作るにはとてもきつい動作になります。このような状態でのスイングは遠心力...

≫続きを読む

 

打ちっぱなし(練習場)の効果的練習法

打ちっぱなしで上達練習法ゴルフを始めようすれば、誰でも打ちっぱなしに行きボールを打つことから始めるのが一般的です。打ちっぱなし場はボールが外に出ないよう防御ネットで囲まれていて、打席も両サイドのネットの間に設けられています。そのため、打席は左サイド、センター、右サイドと大きく分類することができ、また...

≫続きを読む

 

早割り トク割 直前割 無料プレー券 優待券などお得なゴルフ場予約情報満載

高弾道に打てるアドレス


サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
ゴルフ場予約サイト シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み