ゴルフの豆辞典(スイング編)

ゴルフ豆情報

 

豆情報

 

 

シャフトの役割・重要性 シャフトの種類と特性
シャフトの基本知識 飛びの3要素
グリップに握り方の基本 クラブを短く持つメリット・デメリット
グリップで飛距離アップする方法 アドレスで右を向く
正しい回転軸 レイトヒッティング
シャフトの最下点 シャフトの粘り系・弾き系の違い
スパインとは ギア効果とは
簡単にスイングウエイトを測定 雨の中での距離間のつかみ方
ゴルフボールの知識 ヤードとメーターの距離
ボールが失速する原因 バランスの良い構え
パター重量とストローク ハンドダウンとハンドアップ
スイングの遠心力と向心力 パターのロフトについて
スイングの再現性を高める パターの慣性モーメント

 

ドライバー編 ドライバーのティ―ショットでヘッドを芝から浮かす
  フットワークの使い方で飛距離アップできる方法
  インパクトをやさしくするには
  飛距離アップするためのフォロースルーの必要性
  正しいインパクトには前傾姿勢を取る
  ダウンスイングで体重移動とスエ―の違い
  スイングの回転軸と理想の体重移動
  スイングでの主役は左手
  シンプルでコンパクトなスイングの作り方
  スイング軌道と球筋
  意外と気づかない大型ヘッドの落とし穴
  ボールが曲がる理由
  トルクで球筋が変化する
  スイング軌道で飛距離アップできる
  上手なフォロースルー
  ウッドの芯を外して飛ばす
  絶対OBを打たない方法
  風がフォローの時は低い球を打たない
  アームローテイションとボヂィーターンの違い
  ドライバーでの理想のアドレス
  ドライバーでの理想のテークバック
  ドライバーでの理想のダウンスイング
  理想のインパクト・フォロースルーを作るには
  上手なアームローテーションの作り方
  デイーショットの打ち上げの注意点
  ティ―ショットで打ち下しの注意点
  アゲインストとフォローの打ち分け方

気になるコースがあれば今すぐ応募しよう! いつもよりお得な優待券にてプレーができます!

アイアン ウッドとアイアンの打ちかたの違い
  距離をだせるアイアンヘッド
  アイアンセットの調和の重要性
  アイアンでドローボールの打ち方
  アイアンでフェードボールの打ち方
  硬過ぎる、重すぎるアイアンの落とし穴
  アイアンショットでフライヤーの落とし穴
  柔らかすぎるアイアンの落とし穴
  バックスピンをかける打ち方
  クラブを短く持ってコントロールショットの打ち方
  シャフトの調整でフックの防止
  シャフトの調整でスライスを止める
  つま先上げり打のち方
  つま先下がりの打ち方
  左足上がりの打ち方
  左足下がりの打ち方
  砲台グリーンの攻めかた
  深いラフからの打ち方
  アイアンでもっと球を上げる

ショートアプローチ・ウエッジ/パター

ウエッジの打ち方に悩み バンカーショットの基本
左足上がりのバンカーショット 左足下がりのバンカーショ
つま先上がりのバンカーショット つま先下がりのバンカーショット
左足上がりのバンカーショット 左足下がりのバンカーショット
バンカーの目玉からの脱出 ウエッジのアプローチの基本
グリーン回り下りの逆目アプローチ グリーン回りの下りのアプローチ
深いラフからのアプロ―チ  

 

シックリこないパタ 右にプッシュしやすいパター
左にヒッカケやすいパター 使いやすいパター

 

豆辞典

スコアーメイクのための打ち方

 

ティ―ショットで左がすべて池 距離の長いミドルのティ―ショット
打ち下しで池越えのグリーン

 

 

 

 

 

関連記事

 

ゴルフ悩み

 

100を切るために

 

0打を締める

 

ゴルフでのルール

 

ゴルフ場のトラブル対処方法

ゴルフ豆情報記事一覧

ゴルフボールの基礎知識

ボールの基準と飛ぶメカニズムボールの大きさは直径 42.67cm以上、 重さが45.93g以下、 に決められ、デンプルは270~450個です。この、デンプルはボールを高弾道に安定した方向打つには欠かすことのできない構造で、ボールが空気中を飛ぶ時、ボールの進行方向の後ろに低気圧部分は発生し、ボールの加...

≫続きを読む

 

シャフトの種類と特性

ゴルファーから絶大な人気を誇るゼクシオシリーズの10代目・『ゼクシオX』がついに登場。”ゼクシオらしさ”を残しつつ、さらに進化を遂げた『ゼクシオX』。ドライバーからアイアンまですべて『ゼクシオX』でそろえるもよし、歴代ゼクシオシリーズと組み合わせるもよし!GDOゴルフショップのバイヤーコメントを参考...

≫続きを読む

 

シャフトの役割・重要性

シャフトの役割と重要性ゴルフクラブの構成要因にはヘッド、シャフト、グリップの3点で構成されています。この3要素の中で、ヘッドの話題に関心が集まりますが、むしろヘッドよりシャフトが重要な役割を果たしています。その理由はシャフトがスイングに直接影響を与えるものだからです。ヘッドがボールに影響を与えるもの...

≫続きを読む

 

ヤードとメータの換算数値

下の表はヤードをメータに変換した数値ヤードメータヤードメータ1yd0.91m120yd109.72m10yd29.14m130yd118.87m15yd13.72m140yd128.01m20yd18.29m150yd137.16m25yd22.88m160yd146.30m30yd27.43m17...

≫続きを読む

 

ハンドダウンとハンドアップ

ハンドダウンとハンドアップ正しいアドレスは写真の赤の線で示しているポジションです。アドレスでヘッドを地面に置いた時、クラブヘッドのトゥが若干上がっている状態が理想的です。トウを浮かす理由は、ダウンスイングでシャフトは複雑な動きする中で、ヘッドの重みで下向きに重量はかかり、シャフトが下側にシナル、トゥ...

≫続きを読む

 

飛びの3要素

a8adscript('body').showAd({"req": {"mat":"2NI4PD+987WC2+1A4+TRGJ5","alt":"商品リンク","id":"2P5PBlk-g7-qwFKoS0"},"goods": {"ejp":"h"+"ttp://shop.golfdigest...

≫続きを読む

 

スイングの再現性

スイングの再現性を高めるa8adscript('body').showAd({"req": {"mat":"2NI4PD+987WC2+1A4+TRGJ5","alt":"商品リンク","id":"2P5PBlk-g7-qDkSGm4"},"goods": {"ejp":"h"+"ttp://res...

≫続きを読む

 

バランスの良い構え

バランスの良い構えの3っのメリットゴルフのスイングで覚えなければならないのは、アドレスつまりボールにどう構えるか?です。簡単なようで結構悩む方が多くおられるのも事実です。それは、アドレスで体とボールの距離はどの程度に取ればいいのか、、どの様にクラブを上げたら(テークバック)いいのか、、またどのように...

≫続きを読む

 

シャフトの基本知識

こちらからゴルフ上達のためのシャフト知識シャフトの基礎知識ゴルフクラブはヘッド、シャフト、グリップの3点で成り立っています。この3点は、ボールを遠くに、正確に飛ばすため物理的、科学的な根拠に基づき色んな機能が施されています。そこで、シャフト理論では、シャフトの各機能がインパクトでボールにどのような影...

≫続きを読む

 

ボールが失速する原因

a8adscript('body').showAd({"req": {"mat":"2NI4PD+987WC2+1A4+TRGJ5","alt":"商品リンク","id":"2P5PBlk-g7-qB19Pv7"},"goods": {"ejp":"h"+"ttp://news.callawaygo...

≫続きを読む

 

グリップピングの基本

グリップの握り方と伝達力フィンガーグリップとパームグリップ グーグルとデータ提供者グリップはクラブと体をつなぐ唯一の支点で、スイングに与える影響も大きくゴルフを覚える基本になります。その、グリップの握り方には、2通りのタイプがあります。フィンガーグリップは手の指で握るタイプでパームグリップは手の平で...

≫続きを読む

 

飛距離アップできるグリップ

飛距離アップするグリップの仕方飛距離アップにはヘッドスピードとタメが重要な事は、殆どのゴルファーなら理解できることです。このヘッドスピードを上げたり、タメを作るには、手首のコックが大きな役目を担っています。飛距離アップするには、このコックを作りやすいクリップの握り方一つですぐにできるのです。そこで、...

≫続きを読む

 

ティ―ショットではヘッドを芝から浮かす

a8adscript('body').showAd({"req": {"mat":"2NI4PD+987WC2+1A4+TRGJ5","alt":"商品リンク","id":"2P5PBlk-g7-qy12pI0"},"goods": {"ejp":"h"+"ttps://golf.dunlop.co...

≫続きを読む

 

やさしいインパクト

a8adscript('body').showAd({"req": {"mat":"2NI4PD+987WC2+1A4+TRGJ5","alt":"商品リンク","id":"2P5PBlk-g7-quv8qVt"},"goods": {"ejp":"h"+"ttp://shop.golfdigest...

≫続きを読む

 

クラブを短く持つメリット、デメリット

クラブを短く持つメリット、デメリットは初心者が、スコアーを縮める方法の一つに、スイングやクラブでなく、グリップを少し短く持つことで、意外と大きなメリットが生まれます。ドライバーやアイアンを、グリップ一杯に握ってスイングすると、ボールをより遠くに飛ばせると思っているゴルファーが結構おられますが、意外と...

≫続きを読む

 

飛距離アップできるフォロースルー

詳細はこちらから飛距離アップできるフォロースルー仕方飛距離アップできる方法には、ヘッドスピードを上げることや、ボール初速を高めるミート効率など、探せば本当に沢山の要素があります。その、ほとんどがボールをインパクトする前の、様々なファクターについ注意が集まってしまっています。でもインパクト後に力を抜く...

≫続きを読む

 

フットワークで飛距離アップ

フットワークで飛距離アップ日本人は欧米人に比べて、体力が劣ると言われていますが、スイングのポイントをつかむことで、体力をカバーでき、最大の飛距離を打つことが可能になります。無論、飛距離を伸ばすには、ヘッドスピードが大きく影響してきますが、ヘッドスピードを上げるための、いくつかのポイントを押さえること...

≫続きを読む

 

アドレスで右を向く

アドレスで右を向いてしまうラウンド中、右に打ち出すトラブルショットを打っ後、同伴者から右を向いたアドレスになっていたと、アドバイスを受けたゴルファーは意外と多くおられるのではないでしょうか。たしかに、初心者のアドレスの取り方で、スタンスが右を向いているゴルファーが多くおられます。右を向いたいアドレス...

≫続きを読む

 

正しい回転軸

正しい回転軸の作り方アドレスで体の軸は背骨になる事を紹介しました。この背骨はスイングの軸になり、スイング中安定している事がヘッドスピードを速め、スイング軌道を正しく導くためには必要不可欠になります。つまりスイングで,回転軸を安定させることが、正しいスイング軌道ででヘッドスピードを生み、理想のインパク...

≫続きを読む

 

スイングの遠心力と向心力

上の図をご覧いただきながら解説していきます、ゴルフはトップスイングからフィニッシュまで、角運動という円運動になります。スイングスピードを上げ正しい円軌道を描くスイングをすれば、必ず遠心力がうまれます。この 遠心力とは、慣性力の一種で、「車が急ブレーキした時前につんのめる」のと同じことです。スイングで...

≫続きを読む

 

体重移動とスエ―の違い

体重移動とスエ―の違い体重移動とスエ―の違いは、基本的には全く異なった体重移動になります。ゴルフ教室に通われた方の多くは、指導者から体重移動の指導は必ず受けておられると思います。ゴルフ理論の物理的見地から体重移動は意識して行うものではありません。スイングは自分の体の回転軸を作り、その体の回転で自然に...

≫続きを読む

 

正しいスイングは前傾姿勢から

正しいスイングは前傾姿勢からゴルフは野球やテニスと同じように、道具を使って行うスポーツという点では、共通しているように思えますが、まったく異なる点があります。それは、野球もテニスも高速で飛んでくるボールに反応して打ち返すスポーツですが、ゴルフは止まっているボールを打つという点では、大きく異なります。...

≫続きを読む

 

回転軸と理想の体重移動

回転軸と体重移動ゴルフでコンパクトなスイングで、クラブを振ると書かれた記事をよく見かけますが、このコンパクトとはどのようなスイング言っているのか、よく理解できないゴルファーが多くおられると思います。このコンパクトなスイングを行う意味は、スイングする時、軸を動かさずクラブを体から離さず、体の回転でスイ...

≫続きを読む

 

シンプルなスイングの作り方

シンプルなスイングの作り方シンプルなスイングとは、回転運動をスムースに行うことです。つまり、バックスイングで腕の動作、肩の回転動作、腰の動作を同じリズムで、一体感を持たせて行うことで生まれます。この一体感が欠如したスイングは、体の回転と手の回転とのリズムが取れず、ダウンスイングでも手と体が回転がバラ...

≫続きを読む

 

スイングの主役は左手

お盆特集はこちらからスイングの主役は左手リードゴルフスイングにおいて、飛距離や方向性に最も影響を及ぼす要素に、スイングプレートがあります。スイングプレートはスイングで描くクラブ軌道で、そのクラブ軌道の再現性が高い程、ボールを正確にインパクトできるのです。このスイング軌道の主役が、左肩を支点とした、左...

≫続きを読む

 

ウッドを真っすぐ打つ方法

ドライバーを真っすぐ打つ方法ドライバーのように、距離を打つクラブで真っすぐ打つには条件があります。クラブすべてに言えることですが、真っすぐ打つための、正しくアドレスが取れているかどうかです。どうしてアドレスが大切か、それはアドレスの時点で、ボールに対してフェースが目標に真っすぐ向いているか、さらにイ...

≫続きを読む

 

ボールはなぜ曲がる

ボールが曲がる訳ボールが曲がるのはインパクト時のスイング軌道とフェ―ス向きの関係によります。スイング軌道がスロレートでフェース向きで球筋インパクト直前のヘッド軌道はストレートでインパクト後もストレートに振り抜く場合、ボールに接触するフェースの向きがストレート、オープン、クロスの3通りがあります。フェ...

≫続きを読む

 

大型ヘッドの落とし穴

大型ヘッドの落とし穴大型ヘッドは、スイートスポットが広くボールを芯で捕えやすく、又ボールの曲がりも少なく、飛距離が出る、がうたい文句の定番になっています。確かに、大型ヘッドを上手く扱えば、うたい文句通りの結果が出来るのも事実です。しかし、多くのゴルファーがこの説明通りにボールを打てているかと言えば、...

≫続きを読む

 

トルクと球筋

トルクが球の方向性と曲がりに大きい影響しますトルクの値は数値が小さい程、ネジレの遊びが小さく、数値が大きい程ねじれの遊びが大きくなります。一般的にトルクの基準は5.0前後が基準となります。ヘッドスピードの速いゴルファーがトルクの多いクラブで打つとヘッドスピードが速いプレイヤーが、トルクが非常に大きい...

≫続きを読む

 

飛距離をのばす打ちだし角度

飛距離を伸ばす理想の打ちだし角度飛距離をのばす理想の打ちだし角度ボールの飛距離を決定する要素として、ヘッドスピードから生まれたボール初速とボールの飛び出し角度、ボールのスピン量の3項目を上げることができます。この3項目の内、ボール初速についてはこちらの記事をごらんください。そこで最大飛距離を得る、ボ...

≫続きを読む

 

上手なフェースコントロール

上手なフェースコントロールの仕方上手なフェースコントロールゴルフで飛距離を伸ばす事、方向性を安定させる事は、プロ、アマ問わづすべてのゴルファーの最も大きな願望でもあり、永遠のテーマではないでしょうか。その為のポイントとして、フェースコントロールを上手く行うことが上げれれます。まず、満足の飛距離、方向...

≫続きを読む

 

スイング軌道と球筋

ウイング軌道と球筋スイング軌道がスライス、フックの球筋を生みます。ゴルフは止まった球を打つのですが、これが結構難易度の高い技術を求められている事は、一般的に余り知られていないのではないでしょうか。真っすぐ打つインパクトの条件は、ボールに対してフェースが直角に、ボールを芯で捕える、クラブの軌道がターゲ...

≫続きを読む

 

スイング軌道で飛距離を伸ばす

スイング軌道で飛距離を伸ばすプロゴルファーはどうしてあんなに球が遠くに飛ばせるのでしょうか。もちろん、ヘッドスピードの違いによることは事実ですが、もう一つロフトの使い方がアマチュアゴルファーと大きくく異なります。アマチュアゴルファーにおいても、ロフトの使い方が上手くなれば、さらに飛距離アップができる...

≫続きを読む

 

ドライバーで芯を外して飛ばす

ドライバーで芯を外して飛ばすドライバーで飛距離が最も出るのは、フェースの芯で打った時と思われているゴルファーが意外と多くおられます。しかし、最もボールが飛ぶのは、ヘッドの芯を少しに上に外した有効打点にあることは、あまり知られていません。この有効打点での打感は芯で打つた程、会心ではありませんが、確実に...

≫続きを読む

 

OBを打たない方法

OBを打たない方法スコアを大きく崩す原因に、OBを打ってしまうことが1番多いのではないでしょうか。初心者から上級者にいたるまで、誰でも、OBを打ってしまいます。しかし、プロや上級者は、アマチュアゴルファーに比べて、比較にならない程OBの数が少ない事がわかります。それは、OBを打たないコース戦略がしっ...

≫続きを読む

 

風がフォローの時低い球を打たない

フォロー風の時低い球は打たない多くのゴルファーがフォローの時、風の影響を受けやすい高弾道の球より、風の影響を受けない低弾道を選ぶのを良くみかけますが、これでは十分な飛距離を打つことができません。フォローの風が吹いている場合、低い球を打つと、ボールが風に叩かれ飛距離が伸びなくなります。これは、低い弾道...

≫続きを読む

 

アゲインストとフォローの打ち方

アゲインストとフォローの打ち方風がショットに与える影響ゴルフ当日、もっとも悩まいしことは強風下でのプレーではなでしょうか。気象条件で、雨の場合は多少の距離の低下で、大きくプレーに影響はしないでしょうが、強風下でのゴルフでは、アゲインストやフォローの風の対応のショットを打つことを求められます。さらにサ...

≫続きを読む

 

ウッドとアイアンの打ち方の違い

ドライバーとアイアンの打ち方の違いドライバーとアイアンの打ち方は基本的には1つであると考えてください。異なるのはクラブの長さとヘッド形状のちがいで、イメージが異なるだけです。ウッドもアイアンもワンピースにスイングすればどちらもシンプルに行えます。ドライバーは上手く打てるのにフェアウェイウッドやロング...

≫続きを読む

 

フェアウエーのティ―アップの打ち方

フェアウエーのティ―アップの打ち方フェアウェイは、芝の上にあるボールを、直接打つ第2打目に活躍するクラブになります。ドライバーとは違いフェアウェイウッドは、ティ―アップしたボールを打つのでなく、芝の上のボールを直接打つわけですから、アッパーブロー(すくい打ち)では打つことができません。アッパーブロー...

≫続きを読む

 

フェアウエーをトップする

8/16(水)まで!今年もやりますお盆企画フェアウエーでトップの防止フェアウエーでトップしてしまうゴルファーの多くは、直接ボールを打とうする意識が強すぎることです。ダウンスイングで打とうとする余り、早く左サイドに体重が乗り、回転軸がボールより左サイドに傾きスイング軌道が狂いが生じトップします。青のラ...

≫続きを読む

 

アームローテイションとボデーターン

アームローテイションとボデーターンの違いアームローテイションとボデーターンの違いはアームローテイションとボデーターンもインパクトを作る手段で、球を打つインパクトのスタイルと考えてください。一般的に言われている背骨を中心に体を回す、いわゆるボディターンは、ダウンスイングで腰のリードと左腕の引付でインパ...

≫続きを読む

 

レイトヒッティングの習得方法

レイトヒッティングの習得方法レイトヒッティングは一般的にダウンスイングできたタメを、インパクト直前までそのタメを維持して、出来るだけ遅く解放するスイングです。ダウンスイングのリリースでは、グリップとシャフトの間にできたパワーアングルを、インパクト直前に手首を返すことでフェースをボールに対してスクエア...

≫続きを読む

 

シャフトの最下点

シャフトの最下点で最大のエネルギーを活用ゴルフスイングのシャフトの最下点シャフト最下点とは、グリップエンドからシャフトの先(ヘッド)までの長さを10とした場合、アドレスからバックスイング、トップからダウンスイングにかけてヘッドの重みと、クラブを振り下す力で、シャフトにシナリが発生します。例えばアドレ...

≫続きを読む

 

理想のアドレス

正しいスイングをする為のアドレスの取り方理想のティークバックをどう取ったら良いのか、初心者が最初に悩むテーマではないでしょうか?理想のトップを作るのにティークバックをいかにスムーズに行えるかで、インパクトの成否を決定する大きな要因になります。初心者、経験者にかかわらず、最初の段階から正しいスイングの...

≫続きを読む

 

理想のテークバック

理想のティークバックテークバックを行う行為は、ボールをより遠くに正確に打つため、体のネジレを作るスタートラインになります。そこで、体のネジレで捻転を作る方法を、基本的な原理で理解すれば、有効なネジレの意味が解ると思います。初心者のみならず経験者も、この基本のネジレの作り方を理解することが、理想のスイ...

≫続きを読む

 

理想のトップ

理想のトップを作る理想のトップポジションのスタイルはインパクトの成否を決める重要な部分です。少しテークバックの解説とかぶりますが、左膝はあまり前に折らず(倒さず)右サイドへ送りこむ様ににテークバックしください。左膝をあまり前に折りすぎると下半身のタメがなくなり、ドアースウイングになりやすく、ティーク...

≫続きを読む

 

理想のダウンスウイング

理想のダウンスウインのポイントトップの切り替えしのタイミングはスウイング中でも最もデリケートで重要なポイントです。このポイントは、アドレス、ティ―クバック、トップを正しく行うことで、トップスイングからダウンスイングへの理想的な切り返しが可能になります。この流れの中のチェックポイントは、トップまでの流...

≫続きを読む

 

理想のインパクトとフィニッシュ

フォロースルーの大切さインパクトは,ヘッドスピードが最も速いゾーンで、ヘッドが最初にボールに当たる地点です。インパクトの瞬間は10000分数秒の世界で、この瞬間はヘッドコントロールを意識で行える世界ではありません。そこで、インパクトの世界は、ダウンスウイングとフォロースルーの通過地点と捉えるべきです...

≫続きを読む

 

上手なアームローテイションの作り方

上手なアームローテイションスイングの流れの中でアームローテーションというワードがあります。スイングは円軌道で行われるため、アドレスで構えてできたフェース面が、スイングの移動位置で開閉が発生します。この開閉はアドレス、テークバック、トップ、インパクト、フォロースルーの一連の動作の中でダウンンスイング、...

≫続きを読む

 

アイアンセットの調和が重要

こちらからアイアンセットの調和アイアンの得意、不得意が意外なところにあることに初心者やアマチュアゴルファーが気づかないことです。トーナメントでプロが正確無比のアイアンショットを打つています。試合で無論のアイアンでOBを打つ場面を見たことがありません。プロである以上、スイングの完成は当たり前のことです...

≫続きを読む

 

距離の出るアイアンヘッド

a8adscript('body').showAd({"req": {"mat":"2NI4PD+987WC2+1A4+TRGJ5","alt":"商品リンク","id":"2P5PBlk-g7-qt8xj5f"},"goods": {"ejp":"h"+"ttp://shop.golfdigest...

≫続きを読む

 

アイアンでフェードの打ち方

アイアンでフェードを打つ方法アイアンでフェードボールを打つ方法フェードボールは、飛距離が伸びないのは間違いで、しっかりミートして打てば強い球の弾道で、安定した飛距離を打つことができます。特に、アイアンで球の上がらないゴルファーには、かえって弾道が高めのフェードボールの方が飛距離を伸ばせることあります...

≫続きを読む

 

アイアンでドローの打ち方

アイアンでドローを打つコツドローボールは、打球が強く、ランも良く出るので、しっかりミートして打てば飛距離は伸びます。ドローを打つ構え方は、通常よりもクローズドスタンスにしてくださいクローズドスタンスの取り方は、ボールの位置は通常のまま構えて、右足を後ろに引いて、クローズドスタンスにするのがポイントで...

≫続きを読む

 

アイアンでバックスピンのかけ方

アイアンでハックスピンをかけて球を止める方法アイアンでバックスピンのかけ方アイアンのバックスピンとは、ボールに時計まわりと反対の回転を与えることで、ボールが落下してからの転がりを、抑えるボールの回転のことを言います。この時計と反対の回転は、ボールがインパクトでフェースのスコアーライン(溝)の表面を下...

≫続きを読む

 

アイアンのコント―ロールショット

アイアンを短く持ってコントロールショットクラブを短くもつことで起こる変化、クラブを短く持つことで、そのクラブのフィーリングが大きく変化します。短くクラブを持つことで、ヘッドの重さが軽くなります。(0.5インチで2ポイント)例えば、0.5インチクラブを短くすることで、D2バランスD0になります。さらに...

≫続きを読む

 

アイアン・シャフトでフック矯正

シャフトでフック矯正長年使用しているアイアンセットで、最近、フック系の球筋に悩み、思い切ったスイング出来なくなってきた。このように、スイングのヘッドスピードが向上して、使用クラブが合わなくなることは良くあることです。新しいクラブに買い替えるのも不安で、なかなか買い替えの決心がつかない、この様な場合、...

≫続きを読む

 

アイアン・シャフトでスライス矯正

アイアンシャフトでスライス矯正アイアンでスライスの原因は、アドレスで左を向いている、グリップがウイークグリップ、オーバースイング、振り遅れ、などいろいろ原因はありますが、フェースが開いてインパクトすることでは共通しています。この共通点のフェースの開きの大きな原因は、スイングがアウトサイドでインパクト...

≫続きを読む

 

打ち上げのティ―ショット

打ち上げのティーショットの攻略ティーアップで打ち上げのフェアウエーを視野に入れると、どうしても目線や意識が高いところに誘導されてしまいます。その状態でアドレスをすると、どうして意識してしまい、ウエイトが右側に傾き、右足体重で上半身が必要以上に右に傾く結果になります。その為、ダウンスイングで右肩が下が...

≫続きを読む

 

打ち下しのティ―ショット

打ち下しのティーショットの攻略ティーアップで、打ち下しのフェアウエーを視野に入れると、どうしても目線や意識が低いところに誘導されてしまいます。、アドレスの目線は下にせず、少し上目の標的に置いてください。通常のアドレス通り体重は均等で構えてください。打ち下しのスイングはインパクトをレベルスイングするこ...

≫続きを読む

 

つま先下がりの打ち方

つま先下がりの打ち方初心者の多くが、ドライバーで右に大きくスライスしてしまい、崖下まで落ちず傾斜面の途中でボールが止まってしまうことは、よくあります。このような場合の基本的な打ち方です。ボールの止まった場所が急な前下がりの場合は、無理せずフェアウエーにレイアップすることが、大たたきせずにスコアーをま...

≫続きを読む

 

つま先上がりの打ち方

つま先上がりの打ち方ドライバーで右に大きくスライスでOBに。。。幸運にも球は出てきてセーフ、しかし斜面で止まり難しいつま先上がりの、2打目がの残ってしまう事がよくあります。このような場合の打ち方の基本を説明します。まず、ボールの落ちた地点の状態が、スイングができるかどうか、まず確認することです。フル...

≫続きを読む

 

左足上がりの打ち方

左足上がりの打ち方アドレスを正しく構えることが出来るかどうか重要です。正しい左足上がりの打ち方は、スイング軌道が斜面に喧嘩せずスムースに振り抜けるアドレスを作ることです。その為、斜面に対して膝 腰 肩は傾斜に対して平行になる様に構えてください。スタンスの幅はスウイングバランスを安定させるためやや広く...

≫続きを読む

 

左足下がり打ち方

 左足下がりの打ち方アドレスを正しく構えることが成否につながります。左足下がりの正しい打ち方は、アドレスで、スイング軌道が斜面に沿ってスムースの行えるスイングで、斜面に対して膝 腰 肩は平行になる様に構えてください。スタンスの幅はスウイングバランスを安定させるためやや広く取ります。ボールの位置はセン...

≫続きを読む

 

シャフトの粘り系、弾き系の違い

シャフトの弾き系・粘り系の違いシャフトのキックポイントを基本に、シナリの粘りに関する2種類のタイプがあります。この2種類とは、弾き系シャフトと粘り系シャフトになります。まず、粘り系シャフトの場合、ダウンスイングでシャフトの切り返しが粘っこく起こり、シナリを感じやすいシャフトになります。この粘りは、ト...

≫続きを読む

 

硬すぎるアイアンの落とし穴

目   次シャフトが硬すぎるアイアンの落とし穴ショートゲームでの硬いシャフトのリスク重すぎるアイアンのリスクカテゴリー別ゴルフ場こちらからシャフトが硬くなればなるほどクラブは重くなる硬すぎるシャフトの落とし穴シャフトの硬さとインパクトのメカニズムを理解することです。ダウンスイングではシャフトはトップ...

≫続きを読む

 

軟らかいシャフトの落とし穴

a8adscript('body').showAd({"req": {"mat":"2NI4PD+987WC2+1A4+TRGJ5","alt":"商品リンク","id":"2P5PBlk-g7-quIqahx"},"goods": {"ejp":"h"+"ttp://shop.golfdigest...

≫続きを読む

 

アイアンでフライヤーの落とし穴

視認性を高めコースの的確な状況を可能”レンズアイアンでフライヤーの落とし穴フライヤーの落とし穴フライヤーとは、特に深いラフからのショットでインパクトする時、フェースとボールの間に芝生が絡み、ボールに十分なオーバースピンがかからず飛びすぎる現象です。また、芝生が濡れている場合も同様、水の膜がフェースに...

≫続きを読む

 

フェアウエーグラスバンカーの打ち方

フェアウエーのグラスバンカーの打ち方フェアウエーのクボミ「草のバンカー」です。通常バンカーと言われると砂を思い浮かべますが、グラスバンカーはコースのくぼ地に深いラフをあしらった障害物です。深さや形はコースによって様々ですが、深さ4mにも及ぶグラスバンカーもあります。このハザード内ではバンカーではない...

≫続きを読む

 

バンカーショットの打ち方

バンカーショットの攻略方法バンカーショットの基本基本をきっちりマスターすれば、苦手なバンカーショットも克服できます。バンカーの苦手な方がオープンフェースを作る場合、手首でオープンフェースを作る方がおられますが、インパクト時にフェースがカブル結果になりバンカーからの脱出に失敗します。必ず、オープンフェ...

≫続きを読む

 

アプローチ攻略

アプローチの基礎グリーンまで100y切ったショットはスコア―メイクには欠かせない重要なショットになります。。多くの記事や解説書などで、いろんな理論や解決方法が、所狭しと書かれていますが、いろんな事を頭にに入れても体はついてこないでしょう。逆に多くの事を考えるあまり、自分がどの様なスイングをしてるか訳...

≫続きを読む

 

砲台グリーンの攻略

砲台グリーンの攻略方法砲台グリーンでは、まず、グリーンに乗せる事が第1で、安全で確実な方法を選択することが大切です。グリーンの面が見えない砲台グリーンは、まずピンの位置がエッジからどのくらいの距離にあるか、必ず確認してください。ピンまでの距離感をしっかりつかめるかが、ショットの成否に繋がります。打ち...

≫続きを読む

 

ウエッジの悩み

合わないウエッジの悩みグリーン周りやバンカーからのショットはスコア―メイクに大きく左右します。ウエッジはプレーヤーの好みに合わせた多種類のスペックが用意されていてウェッジの関心の高さが伺えます。ウェッジの特徴はバンスがあることです。バンスとはシャフトを地面に垂直に構えた時にソールがどれだけ出っ張って...

≫続きを読む

 

左足下がりのバンカーショット

左足下がりのバンカーショット攻略方法バンカーショットの中でも、左足下がりを苦手にしているゴルファーが結構たくさんおられます。でも、基本の打ち方をマスターすれば、バンカーからの脱出はそう難しいショットではありません。斜面があるから、難易度が高いと思いがちですが、斜面に喧嘩しないスイングをするだけです。...

≫続きを読む

 

左足上がりのバンカーショット

左足上がりのバンカーショット左足下がりのバンカーショットに比べると比較的にやさしいバンカーショットになります。ただし、基本をきっちりマスターしていないと、大たたきする事になります。左足上がりのスイング軌道はスクープ(バンカーの傾斜)に打つのが基本です。つまり、傾斜に沿ったスイング軌道でスイングを行う...

≫続きを読む

 

つま先上がりのバンカーショット

つま先上がりのバンカーショット攻略バンカーショットの中でも、比較的な難易度の高いショットになります。スタンスはつま先だけに力を入れず、足全体にウエイトを置き、砂の中にスタンスをしっかり取り、クラブは体とボールの距離が短くなる分、短く持つのが基本です。スタンスはオープンに構えず、スクエアーにかまえてく...

≫続きを読む

 

つま先下がりバンカーショット

つま先下がりのバンカーショットつま先下がりのアプローチと基本的には同じです。斜面の傾斜角度に合わせ、つま先体重で膝を折り、下半身を砂の中で安定させてください。スタンスはテークバックで砂が邪魔にならない様に、オープンスタンスでスイング軌道はアップライトの軌道になります。前下がりの場合、体とボールの距離...

≫続きを読む

 

バンカー目玉からの脱出

バンカー内で球が目玉に!まずバンカー内で目玉状態のボールを確認し、脱出の方向を決めなければなりません。打ち方は通常のバンカーショットが基本ですが、目玉の場合、通常のバンカーショットに比べて、強く打ち込まないと脱出は難しくなります。強く打ち込むため、ヘッドは砂に潜った状態で、ヘッドを砂の中に留め、フォ...

≫続きを読む

 

ディポットからの脱出方法

デポットの打ち方ドライバーでナイスショット、ところが行ってみるとデポットにボールが。。。この様な場合の打ち方 グーグルとデータ提供者デポットとは、アイアンショットでターフを取って打った後に出来るクボミで、大抵の場合は砂が入れられています。運悪くデポットの中に砂がなく、ボールが沈んでいる状態をいいます...

≫続きを読む

 

グリーンまわり下りアプローチ

飛ぶボール!ひと伸び違う JPX DE ボールは空気力学を応用し設計された新形状デイイプル構造、ボール表面に世界最多の512個のデイイプルを配置してボールの最高到達点から落ち際までの低速エリアのひと伸びを実現、飛距離アップを達成飛ぶボールはこちらからグリーン奥から下りのアプローチ初心者やアマチュアゴ...

≫続きを読む

 

グリーン周りのクラブ選択

グリーン周りの短い逆目からアプローチアマチュアゴルファーや初心者の場合、グリーン回りの1打は大たたきするリスクが潜んでいます。アマチュアゴルファの大抵は、グリーン周りはすべてウェッジで打つというクラブ選択をしてしまいます。アマチュアゴルファーほど、ライの状況によってリスクが少ないクラブを選ぶ勇気をも...

≫続きを読む

 

シックリこないパター編

しっくりこないパターチェック編ゴルフのスコア―メイクで最も重要なショットはアプローチとパターです。ドライバー アイアン アプローチがうまくいき、ピンそば1メートルにつけ、絶対入れたい場面はよくあります。ゴルフクラブは、近年画期的な進歩を成し遂げてきましたが、パターも例外なく大きく変化してきました。数...

≫続きを読む

 

右にプッシュするパター

短いパットで右にプッシュパターでプッシュアウトの原因がストロークで起こる原因ショートパットが苦手なゴルファーの多くが、パッテングする状態に入って、腕が硬直したり震える経験をされ方が、多くおられると思います。特に、初心者や中級者の場合、必ず入れなといけない意識が強く働くため、必要以上に緊張することで体...

≫続きを読む

 

左にヒッカケやすいパター

左に引っ掛けるパターコースに出て、ラウンド中パターが決まらないと、スコアーメイクはままならず、逆にラウンド中ストレスが溜まり他のショットに悪影響を与えて大きくスコアーを崩してしまいます。ゴルフのスコアーはパター数で決まるほど打つ回数も多く、その分精神的に大きな影響を与えるのです。パターは家でも比較的...

≫続きを読む

 

使いやすいパター

使いやすいこだわりのパター自分のパッテングスタイルに合うパター!ゴルフスコア―の半分近くを占めるパターはスコア―を作る上で大きなウエイトを占めています。自分に合った打ちやすいパターを見つけるのは結構難題です。パター程個性が出るクラブはありません。そこで、ご自身のパッテングフォームにパターを合わせるの...

≫続きを読む

 

パターにロフト角がついている意義

ミスでも転がる3パット激減 打てなかった9割保!パターにロフトが絶対必要な訳パットにも他のクラブと同様にロフトがついている事を、知らない一般ゴルファーが結構多くおられるのに驚きます。ではボールを転がすのにどうしてロフトが必要なのか理解できないのでは。これは、グリーンに乗っているボールの環境を理解出来...

≫続きを読む

 

パターの慣性モーメント

パターの慣性モーメントで選択パターにも他のクラブと同様慣性モーメントがあります。パターをオートマチックに打ちたい方には、この慣性モーメントの数値は結構重要にります。慣性モーメントとはMOI(Moment Of Inertia)で表現され、数値が大きい程MIOが強く働きます。このMIOは回転軸を中心に...

≫続きを読む

 

スパインて?

シャフト・スパインの意味と役割シャフト交換する場合、よく話題になるのがスパイン調整です。スパインの意味は背骨でシャフトの円形硬度のなかで一番硬い部分を指します。シャフトの製作は、カーボンシートをマンドリル(真鍮棒)に巻き付け90度の温度でシャフトを焼き付けるのですが、シャフトのスペックに合わせて準備...

≫続きを読む

 

ギア効果

ギア効果とはギア効果とは、2個の歯車を想像してください。一方の歯車が右回転を起こすと、もう一方の歯車は反対方向の左に回転します。この現象ははゴルフクラブとボールの関係でも起こるのです。昔のウッドはパーシモン(柿の木)で制作されていましたが、ヘッド重量が軽いため、バックソールやソール部分に重さをだすた...

≫続きを読む

 

スイングウエイトの計算方法

スイングウエイを簡単に測定バランスに関しては、個人のスイング感覚の問題で、全てのゴルファーに当てはまる法則はありません。言い換えると、ゴルファー自身の好みの問題で、心地よいスイングが出来るバランスのクラブが最適バランスと考えてください。ご自宅で簡単のバランスを図る方法について、バランスとはヘッド単体...

≫続きを読む

 

池越え、谷越えの

ジャパン ナショナル チーム コレクション はこちらから池越え、谷越えのショットの基本「池に入れるんじゃないか」「谷に落とすんじゃないかと」と不安を持ってのショットは、余分な力が入りトップ、ダフリの原因になります。自信を持ってショットするのが第1です。次にショートホール場合は、池や谷をキャリーで十分...

≫続きを読む

 

林からの脱出

林の中から脱出ドライバーで打ったショットが左に大きくフックして林の中に・・・・この様な場面は、ほとんどゴルファーは一度ならず何回も経験している事です。プロは高度な技術で、いろんな方法でリカバリーできますが、ここは一般ゴルファーに限り、心構えと脱出方法について説明します。高リスクを選択せず安全に脱出を...

≫続きを読む

 

深いラフから脱出

深いラフからの脱出フェアウエーやグリーン周りにある、深いラフはゴルファー泣かせの状況を作りだします。まずは、芝の中のボールの状況を確認、どのような脱出方法がベストかイメージしてください。ミスショットした場合を考え、一番リスクの少ない打ち方、クラブの選択が重要になり、そのためには、深いラフでの打ち方の...

≫続きを読む

 

雨が飛距離に及ぼす影響

雨が飛距離に及ぼす影響雨の中でのゴルフの心構えゴルフラウンドは余程の悪天候以外は、プレーを続けなければなりません。中には、グリーンが止まることで、好んで雨のプレーを好まれるゴルファーも中にはおられます。とはいえ、雨の中でのゴルフプレーには、いろいろのリスクは生じてきます。 グーグルとデータ提供者まず...

≫続きを読む

 

雨の中のプレー

雨の中のプレーの注意点朝、ゴルフ場に向かう時に、雨は降っていないから雨具の用意を怠ることは、実際、突然雨に会うとプレーに大きく影響することがあります。 グーグルとデータ提供者雨に備えた雨具として最低用意するアイテムは傘、レインウエア―、シューズ、グローブ、タオル、などです。傘はゴルフ場で用意されてい...

≫続きを読む

 

左がすべて池の場合のティ―ショット

左サイドがグリーンまで池の攻略ティーグランドからグリーンまでは見とうせる、ほぼフラットなコースですが、280y付近で少し左にドッグレッグしています。2打目は池越えのショットが残ります。右サイドは林がフェアウエーに沿っていて、林に打ち込む危険があり、左サイドはティーグラウンド近くからグリーンまで池が続...

≫続きを読む

 

距離の長いミドルホールのティ―ショット

緩やかな登りのタフなミドルの攻略緩やかな登り、左ドッグレッグのタフなミドルホールで398Y パー4。左サイドは、林で奥は崖になっています。赤のラインでショートカットの林越えを狙うには、260y打たないと越えません。このラインで成功すれば、残り60y前後でバヂィーが狙えるポジションになります。赤のライ...

≫続きを読む

 
年末予約


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ シャフト理論 スイング理論 ゴルフ場予約サイト ゴルフルール