ウッドヘッド機能・モデル

ウッドヘッドの機能・モデル

ウッドヘッド機能・モデル記事一覧

ウッドヘッドの進化

ウッドヘッドの機能現在の金属ヘッド以前のウッドは、パーシモン(柿の木)を使用していました。しかしパーシモンだけでは、ウッドヘッドしての重量には適正重量にならず、十分な重さを確保できません。さらにシャフトも現在のように軽いカーボンシャフトでなく、ステールシャフトが主流でシャフトの重さも120g以上で軽...

≫続きを読む

 

飛ぶハイテックヘッド

ハイテックヘッド(たわみ理論)クラブの進化はチタン素材の開発により、ヘッドの大型化でスイートスポットを広げ、慣性モーメントを大きくすることで、飛距離アップやヘッドのブレを抑え、方向性の安定を実現してきました。軽くて強いチタンヘッドは飛距離を伸ばし、初心者にも扱いやすい、簡単なクラブを誕生させたのです...

≫続きを読む

 

ウッドヘッド重量

ウッドヘッド重量ウッドの種類フェアウエーウッド重量ユーティリティ重量ゴルフクラブメーカドライバーのへッド重量ウッドヘッド重量は、シャフト重量のように多様な重さがありません。ウットヘッドはシャフトのエネルギーをヘッドを通してボールに伝える役割があるわけですが、その伝達にはヘッドの重さが重いほど大きく影...

≫続きを読む

 

ロフト角・ライ角度

ウッドヘッドのロフト機能以下の写真のように、ロフト角には2種類の測定方法があります。シャフトの中心線を含む垂直平面とフェース平面のなす角度がリアルロフト角とソール平面とフェース面なす角度が表示ロフト角があります。このように2種類のロフトは測定位置で異なり、一般市販ゴルフのロフトは表示ロフトでリアルロ...

≫続きを読む

 

重心距離

ウッドヘッドの重心距離重心距離重心距離は、球の捉まりを左右する重要なファクターになります。言い換えると、インパクトでのヘッドが返りやすいか、返りにくいかのフェースローテイション(ヘッドの回転)になります。重心距離は(図写真赤い線)シャフトの延線上から、ヘッドの重心までの距離になります。大型ヘッドでは...

≫続きを読む

 

重心高

ヘッドの重心高クラブの重心点からフェース面に直角に引いたラインがフェース面で交わる位置から、ソールのリーデングエッジからの距離が重心高になります。(黄色の太い線)一般的には、重心が低いほど球にスピンが掛かりやすく球が上がりやすくやさしいクラブになり、逆に重心が高いとほど球のスピン量が少なく球は上がり...

≫続きを読む

 

重心深度

ヘッドの重心深度ウッドヘッドの自由設計で重心深度にも、浅め、中間、深めの3種類があります。重心の浅いヘッドはボールの球離れが早く、球筋は中低弾道になります。重心深度が深い場合の特徴は、上の写真でわかるように、重心が深くなればなるほど、重心点は下に下がることになります。これは、ヘッドの重心がボールの重...

≫続きを読む

 

重心角

ヘッドの重心角度クラブを平らなテーブルに置いた時、ヘッドが下を向き、フェース面は斜めに傾き上の方を向く恰好になります。この時、オレジ線で出来た角度が重心角度になります。重心角度は、球の捉まりを左右する重要な数値で、方向性を決める重要なファクターです。フェースはトップ位置からインパクトにかけて約45度...

≫続きを読む

 

フェースプログレッション

ウッドのフェース・プログレッションの役割ウッドやアイアンにはフェース・プログレッション【FP値】と呼ばれる機能があります。以下は平均的なFT値になります。ウッドF/W・U/Tアイアン15mm~22mm3mm~20mm0mm~6mmクラブヘッドを地面にソールした時に、ヘッドのエッジ部分の出具合を数値化...

≫続きを読む

 

ヘッドの慣性モーメント

クラブの慣性モーメントクラブの慣性モーメントについて説明する前に、ミスショットの原因について説明します。それは、ミスショットの原因は、慣性モーメントと大きく関係してくるからです。平均的なヘッドスピード40m/sのゴルファーがドライバーでボールを打った場合、インパクトの瞬間は1万分5秒前後で、たった4...

≫続きを読む

 

スルー・ブラインド・ボアの違い

スルーボアーとブラインドボアの違いウッドクラブやアイアンクラブヘッドのシャフトを差し込み装着方法には2通りの方法があります。これは、クラブヘッドのホーゼル部分にシャフトを差し込む場合、このホーゼル部分(ネック)はシャフトとヘッドをつなぐ部分として、どうしても必要な部分になります。スルーボアーとは、シ...

≫続きを読む

 

フェースのバルジ「ラウンド」

フェースのバルジの意義ウッドヘッドを上から見ると、フェースが丸みを帯びている事に気づかれると思います。この、水平方向につけられたバジルは一般的にはラウンドとも呼ばれていて、インパクトでボールとフェースのギア効果でサイドスピがかかるのを抑える効果があります。特に、ヒールやトウの部分でインパクトすれは、...

≫続きを読む

 

ディープフェースとシャロ―フェース

デイープフェースとシャロ―フェースの選択基準ドライバーのヘッドの形は大きく分けて、デイープフェースタイプとシャロ―フェースタイプの2種類になります。この違いは、フェース厚の違いにより分類できますが、アドレス状態でのヘッドの視覚はかなり異なってきます。デイープフェースはいかにも難しそうで、球を上げにく...

≫続きを読む

 

ヘッドの大きさと操作性

大型ヘッドと小型ヘッドの相違ヘッドの大型化はドライバーの進化に伴い、パーシモン時代、金属ヘッド時代、現在主流のチタンヘッドへと進化してきました。チタンヘッドやチタン複合素材ヘッドに入ってからも、さらに大型化が進み、300ccから現在は460ccのヘッドまで大型化して来ました。現在主流の450ccや4...

≫続きを読む

 




サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページに戻る シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み ゴルフ場予約サイト