ゴルフの悩みQ&A

ゴルフの悩み

 

 

ゴルフの悩みQ&A

 

ゴルフで悩みのないゴルファーはプロ、アマを問わず誰もおられないのではないでしょうか。
レベルに応じて、すべてのゴルファーは多かれ少なかれ悩みを持っています。しかし、悩みの結果は、何か原因があるから起こる訳で、大切な事は、その原因が技術的問題か道具による問題かを、しっかり分けて考えることが、問題解決には大切です。

 

その為、記事の中では、原因をスイングとクラブを併記しております。また、ゴルフ豆情報にも関連記事がありますから是非参考にしてください。

 

ウッドの悩み

 

質問のマーク 
朝一ショットがいつもスライスする

質問のマーク 
手打ちが直らない

質問のマーク 
ヘッドアップが直らない

質問のマーク 
練習場で打てるがコースでは打てない

質問のマーク 
トップスイングで背中が反り返る


質問のマーク 
トップでタメの作り方が分からない

質問のマーク 

トップスイングで左肩が十分入らない

質問のマーク 
トップで右脇が開く

質問のマーク 
トップで背中が反りかえる

質問のマーク 
左腕の一体感の作り方

質問のマーク 
左手リードのスイングがわからない

質問のマーク 
テークバックで左腕が折れる

質問のマーク 
ドライバーで振り遅れる

質問のマーク 
左サイトに壁を作りたい

質問のマーク 

フィニッシュをきれいに決めたい

質問のマーク 
トルク選び方が分からない

質問のマーク 
正しい体重移動の方法が分からない

質問のマーク 
ボール初速のが速いが飛ばない

質問のマーク 
飛距離をもっと伸ばしたい

質問のマーク 
インパクトでヘッド走らせたい

質問のマーク 
ドローボールがフェードボールより飛ぶ?

質問のマーク 
ドローボールを打ちたい

質問のマーク

フェードボールを打ちたい

質問のマーク
ダウンスイングが上手くできない

質問のマーク
スライスに悩んでいる

質問のマーク
インパクトで体が左にスエ―してしまう

質問のマーク
もう少し高弾道の球を打ちたい

質問のマーク
フックを直したい

質問のマーク
チーピンで悩んでいる

質問のマーク
方向性を安定させたい

質問のマーク

ユーティリティが苦手で上手くなる方法

質問のマーク
フォローの風でも距離が出ない

質問のマーク
スイングのリズムがわからない

質問のマーク
自分に合うクラブ、シャフトが分からない

質問のマーク
初心者、中級者、上級者のクラブ選択



質問のマーク
あと30ヤード飛距離を伸ばしたい

質問のマーク
以前ほど飛距離がでなくなった

質問のマーク

フェアーウエウッドが苦手である

質問のマーク
フェアーウエウッドで球が曲がる

質問のマーク
林の中から成功率の高い脱出方法

質問のマーク
ゴルフをうまくなりたい

 

アイアンの悩み

 

質問のマーク
パンチショットの打ち方は

質問のマーク
アイアンでダフリ・トップで悩む

質問のマーク
アイアンのティ―アップ

質問のマーク
アイアンで球が上がらない

質問のマーク
アイアンが苦手である

質問のマーク
アイアンショットで飛距離がでない

質問のマーク
アイアンが芯に当たらず打感が悪い

質問のマーク

強い球を打ちたい

質問のマーク
アイアンのシャンクが止まらない

質問のマーク
アイアンのトウで打ってしまう

質問のマーク
アイアンで番手を変えても距離がかわらない

質問のマーク
シャフトのタメをもっと作りたい

質問のマーク
ショートアイアンを引っ掛けてしまう

質問のマーク
ランニングアプローチ1パット以内に寄せる打ち方

質問のマーク
合うウエッジがわからない

質問のマーク

フェアーウエ-バンカーからの脱出方法

質問のマーク
グリーン回りで寄せワンを確実に行うには

質問のマーク
グリーン上で球を止めるアプローチの打ち方

質問のマーク
ショートアイアンでダフリ・トップで悩んでいる

質問のマーク
アプローチでダフリ・トップで悩んでいる

 

パターの悩み

 

質問のマーク 
ストロークの取り方がわかない

質問のマーク 
パットを芯で打つ

質問のマーク 
パッテングの距離感がわからない

質問のマーク 
上り下がりのパット術

質問のマーク 
上り下りの距離感の錯覚を克服

質問のマーク 
グリーンの傾斜の距離をつかむ法則

質問のマーク 
ショートパットが入らない

質問のマーク 

パターで球の転がりを良くしたいが入らない

 


トップページに戻る

ゴルフの悩みQ&A記事一覧

朝一ショットがいつもスライスする

朝一ショットがいつもスライスするラウンドの1番最初のショットは、誰でも緊張する場面です。ティ―グラウンドに立てば、いつもの失敗事を考え、自然と体が硬直して納得のいくスイングが出来ず、ミスショットしていまうのです。どうして、スライスが出るのか、原因をいくつか考えてみると、無駄な力みで、体の回転が不十分...

≫続きを読む

 

手でクラブ上げる癖が治らない

手でクラブを上げる癖が治らない初心者の多くが、テークバックを手であげてしまい、その結果、体の左肩の回転が不十分でダウンスイングがアウトサイドのクラブ軌道でスライス系の球が出てしまいます。これは、バックスイングで体の回転と手の回転とのリズムが取れず行う為、ダウンスイングでも手と体が回転がバラバラになり...

≫続きを読む

 

ヘッドアップを直したい

ゴルフ予約!年末年始のお得パックヘッドアップの原因を直す方法ヘッドアップの矯正方法として、色んな記事が書かれていますが、要因はただ一つだけです。ヘッドアップとルックアップは同じ様な用語ですが、内容的には異なります。ヘッドアップはボールと頭の距離が変わることで、ルックアップはボールを凝視するかしないか...

≫続きを読む

 

練習場で打てるがコースで打てない

練習場では打ててコースで打てない練習場で打てるのにコースに出ると打てない、自信を持って臨んだのに、どうしてかわからない。初心者の多くの方が、実際コースでは練習場の様に打てなく、ミスの繰り返しを経験された方が、ほとんどではないでしょうか。それは、経験不足と考えるのは、余り賛成できません。何故なら、練習...

≫続きを読む

 

トップで捻転の作り方

ヘッドスピードを上げるトップでの捻転の作り方トップスイングの捻転は下半身と上半身のネジレを作ることが捻転になります。この捻転はスイングスピードを高め、ボールを遠くに飛ばす原動力になります。スイングの捻転が不十分なトップは、いろんなリスクを負うことになります。その為には、正しいねじり方を知ることです。...

≫続きを読む

 

左肩が十分回らない

テークバックで肩が十分入らないアマチュアゴルファーの大多数のスイングを見てみると、スイングトップでの肩の回転角度が90度以下と浅くなる人が多くおられます。肩の回転が不十分で浅い状態では胸の回転も不十分な状態になるため、ダウンスイングからインパクトでは胸が正面方向を通り越し、胸が開いた状態でインパクト...

≫続きを読む

 

トップで右肘が開いてしまう

トップスイングで右ワキが開いてしまう正しいスイング軌道は回転軸を中心にきれいな角度を持った円軌道が理想です。右脇が開いたトップスイングになる方のスイング軌道は、テークバックから外側にクラブの軌道を描き正しい円軌道を描けなくなります。おそらくテークバックにおいて体の回転と腕の回転のタイミングがスムース...

≫続きを読む

 

トップで背中が反り返る

こちらからトップで背中が反る原因ゴルフを始めたばかり初心者や女性ゴルファーに多く見られます。スイングの回転軸が飛行方向に傾く結果、背中が反りかえリ、右側の腰や脇が伸びる状態になります。 トップの反り返りの原因のほとんどが、スイングの回転軸の位置と腕の使い方に問題があるためおこります。その原因の多くは...

≫続きを読む

 

球筋を高弾道にしたい

目   次球筋を高弾道にするにはシャフトで球筋高弾道にスイングで球筋を高弾道にゴルフクラブメーカー球筋を高弾道にしたい高弾道の球はキャリーを伸ばして飛距離を伸ばす事ができる球筋ですが、ボールの飛ぶ方向性も同時に安定しないと意味がありません。高弾道の球を打つには、ボール初速をあげると同時にボールの最高...

≫続きを読む

 

左手リードのスイングがわからない

全国のゴルフ場キャンペーン特集・注目の特集・エリア限定キャンペーン特集・ゴルフ旅行・プレー時期に合わせた特割・などのお得な情報が満載こちらからご覧いただけます。左手リードのスイングが出来ないスイングを左手リードで行う重要性は、ゴルフスイングの最も重要な部分にあたります。その理由はスイング軌道を正しく...

≫続きを読む

 

左腕の一体感のはどうして作る

こちらから左腕の一体感の作り方左腕の一体感をつくりたい。ゴルフスイングで、左腕とクラブの一体感はシンプルにクラブを振るには重要なポイントになってきます。正確に芯でボールを捕えるには、インパクトで左腕とクラブに一体感が出来ていないと、いろいろのミスショットに繋がる確率が非常に高くなります。また、この一...

≫続きを読む

 

テークバックで左腕が折れる

テークバックで左腕が折れるテークバックで左腕が折れる癖が治らないゴルフにおいて、遠くにボールを飛ばす夢をだれもが抱いています。これは、テークバックをゆっくり、大きく取る事で体のネジレを十分引き出せます。テークバックで左腕が折れは、手首てクラブを早く上げることで体のネジレが十分行われず、ボールを遠くに...

≫続きを読む

 

ドライバーが振り遅れる

ドライバーで振り遅れる原因ドライバーの振り遅れの原因と修正情報が多くでていますが、ゴルフの振り遅れはスイングスピードが遅くインパクトに間に合わないからではありません。野球の様に時速140kmで向かって来るボールに振り遅れは理解できますが、ゴルフの場合、ボールは動いていません、止まっているのです。つま...

≫続きを読む

 

左サイドに壁を作りたい

冬秋ゴルフウエア―MAX50%OFF 人気ブランド左サイドにスイングの壁を作りたいスイングで左サイドに壁を作ることが、飛距離アップに繋がる事は間違いありません。よくダウンスイングで左サイドに体を流すなと言うことを聞かれた方も多いと思われます。この体を流さない事が壁を作る上で大切な要素になる訳ですが、...

≫続きを読む

 

正しい体重移動の方法が分からない

 正しい体重移動の方法が分からない飛距離が出ないゴルファーの共通の原因は「体重移動の不足」が多くみられます。むろん、正しい体重移動は下半身を安定させて体の捻転を作ることが正しい体重移動の基本になります。そこで、体重移動の正しい割合は、アドレスからトップ スウィングにかけて右足に体重移動し、トップスイ...

≫続きを読む

 

フィニッシュをきれいに決めたい

フィニッシュをきれいに決めたいグーグルとその情報提供者アマチュアゴルファーの多くはフィニッシュを大切に考えていない傾向があります。フィニッシュはスイングプレートの完結を意味しており、正しいスイングを行った結果として現われるだけでなく、フォロースルーの後のヘッドの加速を行う大切な要素です。では、アマチ...

≫続きを読む

 

ヘッドスピードを上げて飛距離をもっと伸したい

飛距離をもっと伸ばす方法シャフトで飛距離アップシャフトで飛距離アップは,、シャフトの最下点が自分のスイングスピードに合わすことで、ヘッドスピードのエネルギーとシャフトの最下点で貯められたエネルギーをインパクトで同時にボールに伝達することです。芯で捕えてボールは適正スピンと適正打ち出し角度で、低スピン...

≫続きを読む

 

ボール初速は速いが飛ばない

a8adscript('body').showAd({"req": {"mat":"2NI4PD+987WC2+1A4+TRGJ5","alt":"商品リンク","id":"2P5PBlk-g7-quYg1n6"},"goods": {"ejp":"h"+"ttp://shop.golfdigest...

≫続きを読む

 

インパクトでもっとヘッドを走らせたい

インパクトでヘッドを走らす方法一つの例を上げて、インパクトでヘッドを走らせる方法のメカニズムを理解して下さい。電車に乗った時、急にブレーキがかかると、体が前のめりになり、進行方向に重力がかかる体験は、どなたでも経験されていると思います。これは、電車が減速する事で、進行方向に慣性力が働くための現象です...

≫続きを読む

 

ドローボールがフェードボールより飛ぶ?

ドローボールがフェードより飛ぶ理由ゴルフボールの表面にはデンプルと呼ばれる凹凸が施されています。これば、ボールの揚力や方向性の安定には必要不可欠で、ボールの球筋を決めるのに大きな要因になります。実際、ヘッドでヒットしたボールはフェース面の抵抗で回転を起こします。この回転には、ストレート、ドロー、フェ...

≫続きを読む

 

理想のドローボールを打ちたい

ドローボールの打ち方コントロールの利いたドローボールを打ちたい。ゴルファーの誰しもが、インテンショナルなドローボールで豪快に飛距離をかせぎたいと思うのはあなただけではありません。コースに出ると数ホールは必ず、左ドッグレグのホールが存在、アゲインストの風や、長いミドルホールでは1番手でもグリーンに近づ...

≫続きを読む

 

理想のフェードボールを打ちたい

フェードボールの打ち方コントロールの利いたフェードーボールを打ちたい。スイングでフェードボールを打つ方法フェードボールとはインパクト後、左方向に飛び出し、次第にスライスする球筋のことを言います。そのため、コースのレイアウトで、右にドッグレッグしてグリーンを直接狙えない場合、フックボールの球筋は目標の...

≫続きを読む

 

ダウンスイングが上手くできない

ダウンスイングが上手くできないダウンスイングが上手く出来ないのは、原因があるから、結果上手くできないのです。まずその原因は、間違ったスイングの流れです。アドレスからバックスイングそしてトップ。このトップスイングでダウンスイングを正しく行うトップスイングが出来ていない可能性があります。バックスイングを...

≫続きを読む

 

インパクトで体がスエ―する

全国のゴルフ場キャンペーン特集・注目の特集・エリア限定キャンペーン特集・ゴルフ旅行・プレー時期に合わせた特割・などのお得な情報が満載こちらからご覧いただけますインパクトで体が左にスエ―するのが止まらない体がスエ―すれば、インパクトでフェースが開き、スライス系の球になるばかりか、ヘッドが走らず飛距離も...

≫続きを読む

 

スライスに悩んでいる

スライスに悩んでいる初心者が最初に”悩み”を持つのはスライスではないでしょうか?ゴルフを始めた方なら、必ず通る道だと思って下さい。これはどの様なクラブで練習すればいいか、どの様にスイングしたらいいのか、何も分からずやみくもにボールを飛ばそうとするからです。ある程度、ボールを打つ経験を積んで行くと、だ...

≫続きを読む

 

フックを直したい

フックを直したいフックの原因はインパクトでフェースが左に向いたり、カブル状態で、ボールの打ち出方向は真っすぐで、途中から大きく左行く場合と、初めから左に飛び出し、途中から大きく左曲がる場合の二通りがあります。どちらにしろ、このフックが出る原因にはシャフト、スイングの両面で考える必要があります。シャフ...

≫続きを読む

 

チーピンで悩んでいる

チーピンの原因と対処方法初心者や一般ゴルファーでも、突然チーピンに襲われることはよくあります。良く考えてみてください。、ドライバーショットによるチーピンが出やすいところは、意外と谷越え、池越えなど、緊張するホールではないでしょうか。ダックフックと呼ばれるこのチーピンは、緊張から力みで起こります。OB...

≫続きを読む

 

以前ほど飛ばなくなった

飛距離が以前より落ちた年齢加齢による体力の衰えや病気による体力の低下は、誰にでも起こりうることです。体力強化の努力も必要ですが、ここはクラブで飛距離をカバーする方法のいくつかを解説します。少し軟らかいシャフトに変更しましょうシャフトを若干柔らかくすることで、飛距離不足を解消には結構効果があります。下...

≫続きを読む

 

あと30ヤード飛距離を伸ばしたい

a8adscript('body').showAd({"req": {"mat":"2NI4PD+987WC2+1A4+TRGJ5","alt":"商品リンク","id":"2P5PBlk-g7-qudx93K"},"goods": {"ejp":"h"+"ttp://reserve.golfdig...

≫続きを読む

 

方向性を安定させたい

方向性の安定 シャフトによる安定シャフトが硬すぎたり、柔らかすぎたりした場合、方向性が不安定になる要因になります。図の赤のマークはヘッドスピードに比べてシャフトが硬いドライバーでスライスやヒッカケが出やすく、逆に緑のマークはヘッドスピードに比べてシャフトが軟らかいドライバーでフックやスライスが出やす...

≫続きを読む

 

フォローの風でも飛距離が出ない

風がフォローでも飛距離が出ない風がフォローでも飛距離が伸びないのには、それなりの原因があるからです。風がフォローの時には、普段より飛距離が伸びるのが当然です。しかし、中には飛距離があまり伸びず悩む方がおられます。フォローで飛距離を出す絶対条件は、弾道を高くして、風に乗せることです。インパクトではボー...

≫続きを読む

 

合うクラブ・シャフトがわからない

自分に合うクラブ選択・シャフト選択自分でクラブが合わないと感じている方は、何故合わないのかは分からなくても、結果からクラブが合わないと感じるからです。この結果とは、大きく分類して、人より飛ばない、フック、スライス、が良く出る、トップ、ダフリで悩む、など上げれば限がありません。それは、あなたが技術的に...

≫続きを読む

 

合うウエッジがわからない

合わないウエッジの悩みウエッジの苦手な方に多く見られる共通点があります。それは、ボールを上げようと、手でクラブを上げる事で、コックを早く使た、バックスイングになっています。手首を使うスイングはヘッドが芝生に鋭角に入り過ぎ、ダフリのミスの原因をつくります。ウエッジのスイングは他のクラブと違い、フルスイ...

≫続きを読む

 

トルクの選び方が分からない

a8adscript('body').showAd({"req": {"mat":"2NI4PD+987WC2+1A4+TRGJ5","alt":"商品リンク","id":"2P5PBlk-g7-qwFKoS0"},"goods": {"ejp":"h"+"ttp://shop.golfdigest...

≫続きを読む

 

ランニングアプローチを1ピンに寄せる打ち方

詳しくはこちらからランニングアプローチを1パット以内に寄せる方法グリーンを外した場合、リカバリーの方法としてランニングアプローチがあります。その時、ランニングアプローチを1パット以内に寄せることは、スコアーマイクに大きく繋がるとともに、その後、スイングのリズムも良くなり気分よくラウンド出来るものです...

≫続きを読む

 

フェアウエーが苦手である

フェアーウェーウッドが苦手であるシャフトによる苦手意識解消ブルーのラインが各番手のシャフトの同じ硬さ(cpm)を示しています上の図の黄色○マークは3Wのクラブの硬さを表示していますが、グラフの中の青ラインはヘッドスピードに一致するシャフトの最適振動数で、それに比較した場合硬く、ドライバーのフィーリン...

≫続きを読む

 

フェアウエーウッドで球が曲がる

フェアウエーウッドを正確に打てないウッドの中でも、フェアウエーウッドは直接芝生のボールを打つことが、ほとんどではないでしょうか。その為、ボールを上げようと、意識しすぎないことです。何故なら、フェアウエーウッドのロフトは大きく、普通にに打てば自然と球は上がるはずです。球が曲がるゴルファーの多くは、ボー...

≫続きを読む

 

ユーティリティが苦手で上手くなる方法

a8adscript('body').showAd({"req": {"mat":"2NI4PD+987WC2+1A4+TRGJ5","alt":"商品リンク","id":"2P5PBlk-g7-qtE40NF"},"goods": {"ejp":"h"+"ttp://shop.golfdigest...

≫続きを読む

 

フェアウェーバンカーの脱出方法

フェアウェーバンカーから確実に脱出する方法フェアウエーではOB救済のためと、戦略上の障害としてフェアウエーバンカーがあります。フェアウエーバンカーからはグリーンまでの距離が結構残り、どうしても飛距離が求められる場合が多いとおもいます。そこで、使用クラブの選択が重要になります。まず、考える事は距離を出...

≫続きを読む

 

林の中からの脱出方法

林の中からウッドを使って脱出ラウンド中、フックやスライスで球が、林の中に入ってしまった場合の対処方法。まず、球の位置を確認して状況を把握してください。スイングできるか、球を抜くスペースがあるか、などを考えスイングの方法や使用クラブの選択をしなくてはなりません。ここでは、ウッドを使っての脱出方法につい...

≫続きを読む

 

アイアンが苦手である

ミドルアイアンが苦手であるクラブセットの中で一番本数の多いクラブはアイアンになります。アイアンは複数の番手がある様に、打つ距離を考え選択して使用するクラブでドライバーとは本質的に違うのです。アイアンには各番手ごとにロフトが設定されており、番手のロフト通りに球は上がるようになっています。そこで、アイア...

≫続きを読む

 

アイアンのショットで飛距離が出ない

高反発で限界突破アイアンショットの距離が出ないアイアンで飛距離出ない訳アイアンショットもヘッドスピードの速いゴルファーは、より遠くに打つことができますが、このヘッドスピードだけではありません。アイアンで距離が出ない原因は、インパクトでヘッドがボールに対してダウンブローに入っているのか、アッパーに入る...

≫続きを読む

 

アイアンのティ―アップの仕方

アイアンのティ―アップの注意点ショートホールでは、アイアンでティーショットを行う時、フェアウエーでボールを打つように、ダウンロードに打つ必要はありません。出来る限りヘッドで直接ボールをクリーンに捕える打ち方が基本になります。ティーアップの高さ は、フォローの場合は1cm程度の高さで、アゲンストの場合...

≫続きを読む

 

アイアンで球が上がらない

アイアンで球が上がらないまず上の写真を基本に説明します。ボールが上げる条件は、赤マークのボールの重心が白マークのヘッドの重心より上に来ないと、球は絶対上には上がりません。ボールの重心とヘッドの重心の位置が、平行になればなるほどボールは上りにくくなるのです。ボールとヘッドの重心の相対関係は、ボールが正...

≫続きを読む

 

アイアンのダフリ・トッで悩む

特価商品はこちらからアイアンのダフリ・トプ悩んでいるアイアンショットのダフリの原因アイアンでダフリは、ボールの手前の地面にクラブヘッドを打ち込んでしまい、ボールが全然飛ばないことです。初心者がゴルフ練習場では上手く打てるのに、いざコースに出るとダフリばかりが出てしまい、どこが悪いのかわからず悩む方か...

≫続きを読む

 

パンチショットの打ち方は

パンチショットの打ち方ラウンド中、いろいろなショットが打つことが求められる中でも、特に役に立つのがパンチショットです。そのパンチショットを身につけるためにも勉強していきましょう。パンチショットは球を上げたくない時や、風が強いアゲインストの場合、低い球を打たなければ状況下で、ショットのバリエーションと...

≫続きを読む

 

アイアンのシャンクが止まらない

アイアンのシャンクの原因シャンクとはアイアンのホーゼル部分でボールをヒットすることで、いったんシャンクが出るとなかなか元にはもどりません。シャンクの主な原因は、ボールとスタンスの距離感が狂う事で起こります。つまりスイング軌道がボールの外側にくるため、ホーゼル部分でボールをインパクトすることで起こりま...

≫続きを読む

 

すくい上げのスイングを直したい

すくい上げのスイングの矯正初心者、特にアイアンにおいて球を上げようとする意識が強く、クラブをアッパーに振る傾向がありあす。ヘッドがアッパーに入れば、インパクトで必要以上にロフト角が大きくなり、無駄なスピン量で思った距離を打つことが出来なくなります。アイアンの各番手には、番手ごとにロフト角が設定されて...

≫続きを読む

 

ショートアイアンで引っ掛けが出る

ショートアイアンで引っ掛けるグリーンを狙ったショートアイアンを引っ掛けてしまい、2オンを逃してしまう事はよくあります。まず、引っ掛ける原因はインパクト時のフェースが左を向くことから、ボールは左に飛んでしまう訳です。また、他の原因として考えられる事は、アドレスが目標ラインより右を向いている場合がよくあ...

≫続きを読む

 

トウ側でインパクトしてしまう

ウッド、アイアンがトウでインパクトしてしまうウッド、アイアンのトウ部分でボールを打ってしまう。これは、ネック側でヒットしてしまうシャンクと全く逆で、原因も同じく逆の現因でおこります。トウ部分でインパクトする原因は、アドレス時に比べて体とボールの間隔が広くなることです。もう一つ原因はシャフトがヘッドス...

≫続きを読む

 

芯に当たらず打感が悪い

a8adscript('body').showAd({"req": {"mat":"2NI4PD+987WC2+1A4+TRGJ5","alt":"商品リンク","id":"2P5PBlk-g7-qBvjM1R"},"goods": {"ejp":"h"+"ttps://shop.golfdiges...

≫続きを読む

 

強い球を打ちたい

強い球を打ちたい強い球を打てないのは、芯でボールを捕まえることが出来ていないからです。芯でボールが打てないことは、インパクトでボールをこする状態でヒットしている思われます。強い球を打つには、次の2点の矯正ドリルを実行してください。球をこする原因のおおくは、ダウンスイングで左肩が早く開くことで強い球が...

≫続きを読む

 

番手を変えても距離がかわらない

番手を変えても距離が変わらないシャッフトによる原因例えば、7番アイアンで打った距離と、8番アイアンで打った距離が変わらないことがあります。この場合は、次のことが原因と考えられます。7番アイアンシャフトが8アイアンのシャフトの硬さより硬く逆転している場合が考えられます。8番アイアンが自分のスイングに合...

≫続きを読む

 

初心者、中級者のクラブ選び

初心者、中級者、上級者のクラブ選択・シャフト選択クラブ選択は各メーカが多品種、多機能のクラブを多く提供しており、どれが自分に合うのか選択を大変難しくしています。ゴルフも十人十色で人それぞれの個性、特性によって使用クラブは異なりなす。また、全く同一メーカーの、同じブランドのクラブでも1本1本の機能が若...

≫続きを読む

 

シャフトのタメを作りたい

スイングでタメをつくりたいゴルフ上達や飛距離を伸ばすファクターの一つに、スイングでタメを作ることが重要です。この、タメはダウンスイングでクラブを飛行方向に振る時、ヘッドの重みとシャフトの弾性によって発生するシャフトのタワミで、このタワミによりスイングスピードを上げる大きな役割を持っています。このタワ...

≫続きを読む

 

スイングのリズムがわからない

スイングのリズムがうまくいかないスイングのリズムが、わからないゴルファーの大半は、ショットに自信がない場合ではないでしょうか。リズムを作るには、ティーアップする前からフィニッシュをするまでの、流れが大切です。自信のないショットを打とうとすれば、緊張や、力みが生まれ、当然良いリズムでスイングできる筈は...

≫続きを読む

 

ゴルフをうまくなりたい

ゴルフをうまくなりたい近年、全てのスポーツにおいて科学的指導がアスリートに行われています。その理由は科学的分析で得られたデータを基に改良や改善を行う事で著しい進化を可能にするからです。ゴルフにおいてスイング、道具の進化は科学の英知で大きく進歩し、その力はクラブの素材開発でプロや一般のゴルファーにも未...

≫続きを読む

 

寄せワンを確実に行うには

寄せワンの打ち方を知りたい寄せワンを確実に行うにはグリーンの近くまでボールを運び、カップインまで大たたきするゴルファーは沢山おられます。2打目でクリーンエッジまで運びここで往査すれば、精神的にも落ち込んでしまいます。そこで、寄せワンを確実に行うには、上げて転がす方法と、初めから転がす方法の2通りがあ...

≫続きを読む

 

ショートアイアンでダフリ・トップで悩む

特価商品はこちらからショートアイアンでダフリ・トプに悩んでいる2打目でグリーンを外したり、ロングホールの第3打で残り100y前後のショットの精度は、直接スコアーに大きく影響してきます。特に、ミドルホールの第3打のアプローチショットのリカバリーが上手くか行かないは、スコアー以上にリズムに大きく関係して...

≫続きを読む

 

アプローチでトップ・ダフリが出る

a8adscript('body').showAd({"req": {"mat":"2NI4PD+987WC2+1A4+TRGJ5","alt":"商品リンク","id":"2P5PBlk-g7-quv8qVt"},"goods": {"ejp":"h"+"ttp://shop.golfdigest...

≫続きを読む

 

低い球でボールを止めたい(30Y)

低い球でボールを止める方法ショートゲームで、ボールの落とし場所からピンまで下りラインを残す場合、ボールがグリーン上で止まる打ち方を覚える事がスコアーメイクに大きく影響します。初心者の多くは、ピンを大きくオーバーしてしまい、2パットで収まりきらづ大たたきの可能性もあります。まず、バックスピンをかけるに...

≫続きを読む

 

パッテングの距離感で悩む

パッテングの距離感がわからないパターの正しい打ち方パッテングには距離と方向の想像力が必要になります。距離と方向性のどちらも大事ですが、届かないパッティングは方向が合っても絶対に入りません。このことから、まずは距離感を正確に打てる事が大切です。 グーグルとデータ提供者正確に距離を出すには、まず芯でボー...

≫続きを読む

 

ストロークの取り方がわからない

パターのストロークの方法が分からないパッテングの基礎からまず理解してください。パッテングは要するに、インパトでクラブフェースが正しくスクエアーに戻れば、どのような打ち方でもいいわけですが、やはりフェースをスクエアーに戻してボールを打つための理論があります。この理論は、人間の体を動かすための法則で、自...

≫続きを読む

 

パットを芯で打つ方法

パットを芯で打つ方法パットを上手くなるには、グリーンを読む力と、芯でボールを打つことが求められます。他のクラブと同様、パターヘッドにもスィートスポットがあります。このスィートスポット(芯)で打つことが出来ない限り、パットの上達はないと思ってください。この芯で捕えることが、距離感を正確に身に着け、ライ...

≫続きを読む

 

上り下りのパット術

下りのパット・上りのパットを上手く打つ術下りのパットを上手く打つ理論下りの速いラインは、難易度の高いパッテングで、距離感を掴むのが非常に難しく、カップを何メートルもオーバーし、返しのパットをは外したり、最悪の場合カップを行ったり来たりしてしまいます。この距離感の狂いは、目の錯覚が原因でおこります。ボ...

≫続きを読む

 

パットで上り下りの距離感

パットで上り下りの距離感グリーン上のパッテングには、上り下りのボールの転がりに一定の法則があります。グリーンでの球の転がりの速さは、スティンプメータと呼ばれる機械で計られ基準化されています。これをわかりやすく説明すれば、ゴルフボールは高低差10㎝で1m余分に転がる法則です。例えば、グリーン上で、高低...

≫続きを読む

 

ショートパットが入らない

ショートパットが苦手で入らない1m以内のショートパットを苦手で悩んでいる方が、意外と沢山いらっしゃいます。ショートパットの苦手な方は(入れなければ)と意識が強く、体か硬直して、普段通りにストロークが行えないからです。ただ、この苦手意識は、ショートパットに自信のない事でおこります。自信をつけるには正し...

≫続きを読む

 

パターで球の転がりを良くしたい

ゼクシオ10ドライバーはいつものスイングで自然と芯を食う「オートマチック」なドライバーでした。0.25インチ長くなりヘッドスピードも上がりやすくなりましたが、メーカーの謳い文句通り自然にタメの作れるシャフトがプレーンな軌道に乗せてくれる感覚です。また、フェースの反発性能もアップしているそうで、前作(...

≫続きを読む

 

トップで捻転の作り方(コピー)

ヘッドスピードを上げるトップでの捻転の作り方トップスイングの捻転は下半身と上半身のネジレを作ることが捻転になります。この捻転はスイングスピードを高め、ボールを遠くに飛ばす原動力になります。スイングの捻転が不十分なトップは、いろんなリスクを負うことになります。その為には、正しいねじり方を知ることです。...

≫続きを読む

 
年末予約


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ シャフト理論 スイング理論 ゴルフ場予約サイト ゴルフルール