ゴルフの悩みQ&A

ゴルフの悩み

 

ゴルフ悩み

 

 

 

ゴルフの悩みQ&A

 

ゴルフで悩みのないゴルファーはプロ、アマを問わず誰もおられないのではないでしょうか。
レベルに応じて、すべてのゴルファーは多かれ少なかれ悩みを持っています。しかし、悩みの結果は、何か原因があるから起こる訳で、大切な事は、その原因が技術的問題か道具による問題かを、しっかり分けて考えることが、問題解決には大切です。

 

その為、記事の中では、原因をスイングとクラブを併記しております。また、ゴルフ豆情報にも関連記事がありますから是非参考にしてください。

 

ウッド悩み

アイアン悩み

アプローチ・バンカー悩み

パター悩み

 

 


特価クラブ




 

 

 

ウッドの悩み

 

クラブが先か?スイングが先か?
理想のスタンス幅がわからない
朝一ショットがいつもスライスする
スイングテンポは速い方が良いか、遅い方が良いか?
アドレスで正しいボールの位置は?
アドレスで体とボールの間隔は
トップで手首の折れが直らない
深いトップスイングの捻転の作り方
アウトサイドインのスイング直したい
手でクラブを上げる癖が直らない
体と腕の一体感が出来ない
ヘッドアップが直らない
練習場で打てるがコースでは打てない
ドライバーでスライスに悩んでいる
ドライバーで球が吹きあがる
ドライバーショットのテンプラ悩む
ドライバーショットが芯で打てない
トップスイングで背中が反り返る
スイングでシャフトのタメを作りたい
トップスイングの切り返しが分からない
トップスイングで左肩が十分入らない
トップで右脇が開く
トップで背中が反りかえる
ドライバーのシャフト交換をどのように?
左腕の一体感の作り方
左手リードのスイングがわからない
テークバックで左腕が折れる
ドライバーで球が左右のブレ安定しない
ドライバーで振り遅れる
左サイトに壁を作りたい
フィニッシュをきれいに決めたい
トルク選び方が分からない
正しい体重移動の方法が分からない
ボール初速が速いが飛ばない
飛距離をもっと伸ばしたい
インパクトの打感が悪い
インパクトでヘッド走らせたい
ドローボールがフェードボールより飛ぶ?
ドローボールを打ちたい
フェードボールを打ちたい
ダウンスイングが上手くできない
ドライバーでゴロやダフリがよくでる
ドライバーやフェアウエーウッドでテンプラで出る
インパクトで体が左にスエ―してしまう
もっと方向性を安定させたい
長尺ドライバーを上手く打てない
ドライバーで球が上がらない
もう少し高弾道の球を打ちたい
フックを直したい
チーピンで悩んでいる
方向性を安定させたい
ユーティリティで球が上がらあない
ユーティリティが苦手で上手くなる方法
フォローの風でも距離が出ない
スイングのリズムがわからない
合わないクラブの危険性
自分に合うクラブ、シャフトが分からない
初心者、中級者、上級者のクラブ選択


ドライバーであと30ヤード飛距離を伸ばしたい
以前ほど飛距離がでなくなった
フェアーウエウッドが苦手である
フェアーウエウッドでゴロ、スライスがでる
フェアーウエウッドで球が曲がる
フェアウエーバンカーでウッドの使い方
ユーティリティで球が上がらない
ユーティリティでボールの頭を叩く
林の中から成功率の高い脱出方法
ゴルフをうまくなりたい

 

メニューに戻る

 

 

 

初心者向きドライバーはこちらから



初心者向きアイアンセットはこちらから


 

 

アイアンの悩み

 

 

 

アイアンのフェースの合わせ方が分からない
アイアンでダウンスイングが上手く出来ない
ハンドファーストの必要性
ダウンブローの打ち方
カットスイングが直らない
パンチショットの打ち方は
アイアンでダフリ・トップで悩む
アイアンのティ―アップ
すくい上げのスイングを直したい
アイアンで球が上がらない
アイアンでハーフトップを連発する
アイアンが苦手である
アイアンのシャフト交換でシャフトの選びかた? ショートアイアンで距離が出ない
アイアンは重めのクラブ?
アイアンショットで飛距離がでない
アイアンが芯に当たらず打感が悪い
ミドルアイアンでこすり球が直らない
強い球を打ちたい
アイアンのシャンクが止まらない
アイアンのトウで打ってしまう
アイアンで番手を変えても距離がかわらない
ショートアイアンを引っ掛けてしまう
フェアーウエ-バンカーからの脱出方法
ショートアイアンでダフリ・トップで悩んでいる
アイアンのトップの位置がわからない

 



商品紹介:メンズウエッジはこちらから


 

 

メニューに戻る

 

 

 

 

 

アプローチ

 

アプローチがいつもショートして悩む
深いラフからのアプローチで悩む
左足下がりのアプローチをトップ・ダフリで悩む
左足上りのアプローチでダフリ・距離感が合わない
つま先上りのバンカーショットの打ち方がわからない
つま先下がりのバンカーショットの打ち方がわからない
バンカー内の目玉のボールの打ち方がわからない
ランニングアプローチ1パット以内に寄せる打ち方
グリーン回りで寄せワンを確実に行うには
グリーン上で球を止めるアプローチの打ち方
バンカーショットが苦手
バンカーショットでボールが右に出る
左足下がりのバンカーショットでダフリが出る
左足上がりのバンカーショットでダフリが出る
アプローチでダフリ・トップで悩んでいる
合うウエッジがわからない
寄せワンウエッジを確実に行うには
つま先上がりのアプローチの打ち方がわからない
つま先下がりアプローチでミスがでる
砲台グリーンアプローチ手前の傾斜でダフリがでる

 

メニューに戻る

 

 

 

 

 

商品紹介:ゴルフパターはこちらから


 

 

 

 

 

パターの悩み

 

パターグリップは太目が良いのか、細目が良いのか
重いパターと軽いパターのどちらが合うのか
ストロークの取り方がわかない
パットを芯で打つ
パッテングの距離感がわからない
ロングパットはファーストパットで決まる
上り下がりのパッテングの打ち方がわからない
上り下りの距離感の錯覚を克服
グリーンの傾斜の距離をつかむ法則
ショートパットが入らない
下りのショートパットが苦手である
スライス、フックラインのパットが苦手である
パターで球の転りを良くしたい
グリーンの芝の順目・逆目の見極めができない
グリーン外からパターのアプローチの方法を知りたい
グリーン外からパターの上がり下りのパットの打ち方で悩む

 

 

パター画像

 

 


今がおススメ・旬のキャンペーン特集



 

 

 

 

メニューに戻る

 

 

 


トップページに戻る

 

ゴルフの悩みQ&A記事一覧

クラブが先か?スイングが先か?

ゴルフを始めてする時、誰でも自分に合うクラブはと・・・・不安になるはずです。スイングした時クラブがボールに当たるのか?前に飛ぶのか?無意識に不安なるはずです。このことは、自分の現状のスイングに適した優しく打てるクラブを求めていることです。クラブかスイングかの課題は、ゴルフの歴史からでも読み取ることが...

≫続きを読む

 

朝一ショットがいつもスライスする

振り遅れでフェースが開く 目標を左にストロンググリップで力まずフィニッチュまで振る抜く、ロフトの大きいクラブの使用はスライス防止に有効朝一ショットがいつもスライスするラウンドの1番最初の朝一ショットや、昼休憩をはさんだ最初のティ―ショットは、誰でも緊張する場面で、体の動きがスムーズに動かないのが当た...

≫続きを読む

 

アドレスでボールの位置

ドライバーは左足かがと延線上、フェアウエー・UTはセンターからボール1~2個程度左に、ミドルアイアン以上はセンターに置くのが基本ですアドレスでのボールの置く位置ゴルフボールの置く位置の定義はありませんが、ここではゴルフ理論から理想のボール位置について解説します。ボールの置く位置をスイング軌道から、大...

≫続きを読む

 

アドレスで体とボールの間隔は

アドレスで体とボールの間隔はアドレスで体とボールの間隔は正確にボールを打つ必須条件の一つです。体とボールの間隔は広すぎると、インパクトでボールの距離が遠くなり、当然両脇が空きミートがしずらくなります。また、インパクトで両腕のが伸びることから、パワーアングルが使えずヘッドスピード生かせず力のないボール...

≫続きを読む

 

自分に合う適正なスタンス幅は

体の硬い方、太った方は狭く、手足の長い体の柔らかい方は広めのスタンス自分に合う最適スタンス幅スタンス幅の大きさは、回転軸や体重移動に関係してきます。ゴルフクラブは45インチから35インチまで、長さが異なっています。上の回転軸とスタンス幅は、このクラブの長さの違いで起こるス幅の大きの違いになります。つ...

≫続きを読む

 

スイングテンポは速い方、遅い方が良いのか?

スイング軌道がアウトサイドのゴルファーはゆっくりスイングすればインサイドから振りやすい!スイングテンポは速い方が良いか遅い方が良いかスイングテンポは速い方が良いか遅い方が良いのか?正しい定義はありませんが、スイングの重要なファクターの一つになります。スイングテンポはインパクトを正確に行うタイミングを...

≫続きを読む

 

手でクラブ上げる癖が直らない

スイングの始動はグリップエンドと胸を同時に回転さると、手首の折れないテークバックで左肩が自然に回る!手でクラブを上げる癖が治らない手でクラブを上げるゴルファーのほとんどが、手でボールを打つ意識が強いことがあげられます。この意識は、ボールを強く叩こうと手の動きに神経を集中してしまうことです。ゴルフでボ...

≫続きを読む

 

アウトサイドインのスイングを直したい

アドレスで左肩、左腕、クラブを一体化し、左肩を右足膝の上に向けてテークバックアウトサイドインのスイングを直したい初心者の多くが悩むスライス病の大半は、スイング軌道がアウトサイドインになることです。アウトサイドのスイング軌道は、フェースが開いたり、インパクトでカットになることから、スライスボールがでて...

≫続きを読む

 

トップの手首の折れが直らない

 トップの手首の折れの原因は手首トップスイングで左手甲が甲側に折れれば、インパクトでフェースが開いてスライスに、また、左手甲が手のひら側に折れるとフェースが閉じフックボールがでます。このように、左手甲はフェース面と連動していることが分かります。トップスイングで、左手甲と左腕のラインが...

≫続きを読む

 

トップスイングの切り返しが分からない

トップスイングの切り返しが分からないトップからの切り返しは、インパクトの成否を決める大きな要素です。このトップの切り返しはバックスイングからダウンスイングの切り返しの部分で、スイングの動きが反対方向に反転する重要な時間帯です。この反転は連続動作で行えば、必ず力が入りスイング軌道が遠いところから引っ張...

≫続きを読む

 

スイングでシャフトのタメを作りたい

コンパクトなスイングに徹し、ダウンスイングは腰、腕、クラブの順に時間差を作ることですスイングでタメをつくりたいゴルフ上達や飛距離を伸ばすファクターの一つに、スイングでタメを作ることが重要です。この、タメはダウンスイングでクラブを飛行方向に振る時、ヘッドの重みとシャフトの弾性によって発生するシャフトの...

≫続きを読む

 

体と腕の一体感が出来ない

テークバックする時、ヘッドを少し浮かし左腕にハリを持たせたバランスの良いアドレス腕と体の一体感が出来ないゴルフスイングは体と腕が連動していてこそ、ワンピースにスイングできることになります。そのためには、まずバランスの取れたいい構えをすることです。このバランスの取れた、いい構えとは、力まず肩の回転で始...

≫続きを読む

 

ヘッドアップを直したい

スイングの回転軸を安定させればヘッドアップは起こらないヘッドアップの原因と直す方法ヘッドアップの矯正方法は頭を動かさない意識をすることでなく、ヘッドアップできないスイングをすることです。ヘッドアップとルックアップは同じ様な用語ですが、内容的には異なります。ヘッドアップはボールと頭の距離が変わることで...

≫続きを読む

 

練習場で打てるがコースで打てない

ボールを直接打つ練習が大切アイアンの場合斜面から打つ練習練習場では打ててコースで打てない練習場で打てるのにコースに出ると打てない、自信を持って臨んだのに、どうしてかわからない。初心者の多くの方が、実際コースでは練習場の様に打てなく、ミスの繰り返しを経験された方が、多くおられます。それは、経験不足と考...

≫続きを読む

 

ドライバーのシャフト交換をどのように?

シャフト交換する目的をしっかり持ち、使用クラブのシャフトの硬さ、重さ、長さを参考にドライバーのシャフト交換を完璧に行うにはドライバーのシャフト交換どうすれば?ドライバーのシャフト交換をしたいと思う場合は、その理由があるはずです。新商品が出たとか、仲間の使うシャフトが良く飛ぶとか、使用クラブに疑問を持...

≫続きを読む

 

深いトップの捻転の作り方

左肩を水平に右ひざの上に回転ヘッドスピードを上げる深いトップスイングの作り方深い捻転とは、必要以上のネジレをつくることでなく、問題は下半身をしっかり安定させ、左肩をネジルことで背中の回転軸が飛行方向に向く状態の事です。つまり、トップスイングで下半身と上半身の回転度合の差が大きくすることが深いトップを...

≫続きを読む

 

左肩が十分回らない

手首を使いクラブを上げるのでなく、バックスイングは胸とグリップエンドを同時に右サイドに回転させることが自然に左肩が入いるテークバックで肩が十分入らない飛距離の出ない、ボールが曲がるゴルファーの多くの共通点がトップスイングで肩が十分回らずトップが浅いことがあげられます。正常なトップは、左肩の回転角度が...

≫続きを読む

 

トップで右脇が開いてしまう

トップスイングで右脇が開く原因正しいスイング軌道は回転軸を中心にきれいな角度を持った円軌道が理想です。右脇が開いたトップスイングになる方のスイング軌道は、テークバックからターゲットラインよ外側にクラブの軌道を描くため正しい円軌道を描けなくなります。おそらくテークバックにおいて体の回転と腕の回転のタイ...

≫続きを読む

 

トップで背中が反り返る

手首を使うテークバックは自然なウエイト移動ができず、左サイドにウエイトが残りトップで背中が反り返りますトップで背中が反り返る原因1背中が反り返る主な原因手でクラブを上げるヘッドアップを気にするクラブを手で上げることでトップで背中が反るビギナーや女性ゴルファーに多く見られる、トップスイングで反りかえる...

≫続きを読む

 

球筋を高弾道にしたい

目   次球筋を高弾道にするにはシャフトで球筋を高弾道に高弾道を打てるウッド・アイアンヘッドウッド・アイアンの球筋を高弾道にするアドレスゴルフクラブメーカー球筋を高弾道にしたい高弾道の球はキャリーを伸ばして飛距離を伸ばす事ができる球筋ですが、ボールの飛ぶ方向性も同時に安定しないと意味がありません。高...

≫続きを読む

 

ドライバーで球が上がらない

ドライバーで球が上がらない原因と修正ドライバーで球が上がらない原因とその修正方法ドライバーで球が上がらない原因に、アドレス時の左右の体重の取り方に問題があるゴルファーが多くおられます。球が上がらないゴルファーは、ボールを強く打とう意識が強く、アドレスで知らず知らずのうちに、左足に体重がかかりすぎてい...

≫続きを読む

 

ドライバーのテンプラで悩む

ドライバーでテンプラが出て悩むドライバーでテンプラを打つ原因は、スイングの力みやティーアップの高さから起こります。下の図はボールに対して Aがダウンブローのスイング軌道、Bはレベルスイング軌道、Cはアッパースイングのヘッド軌道になります。テンプラの出るAの場合ウッド系のスイング軌道は原則レベルかアッ...

≫続きを読む

 

ドライバーで球が吹きあがる

ウッドで球が吹きあがるドライバーで吹き上りの原因は、バックスピン量の多さになります。バックスピン量はボールを浮かす唯一の要因になりますが、ある一定量を超えれば空気抵抗が大きくなりボールは吹き上り、高い弾道で対空時間は長くなりますが、ヘッドスピードに見合うキャリーはそれほど伸びず、ランもほとんど見込め...

≫続きを読む

 

ドライバ―で球が左右に曲がりる

ドライバ―でボールが左右に曲がるドライバ―はクラブの中で一番シャフトが長くその分タイミングが取りにくいくらぶです。一番長いクラブのドライバーのメリットは、唯一飛距離を最も出せるクラブですが、方向性が安定せず左右にボールが散ってしまっては、スコアーメイクに苦労してしまいうクラブでもあるのです。ボールが...

≫続きを読む

 

左手リードのスイングがわからない

左手リードのスイングが出来ない原因は右手スイングを左手リードで行う重要性は、ゴルフスイングの最も重要な要素になります。その理由はスイング軌道を正しく導き、理想のスイングプレートで方向性の安定を高め、スイングスピードアップには、どうしても左手のリードが不可欠になるからです。アマチュアゴルファーの多くは...

≫続きを読む

 

左腕の一体感はどうして作る

左腕の一体感の作り方ゴルフスイングで、左腕とクラブの一体感はコンパクトにクラブを振る重要なポイントになってきます。左手はスイングの軌道を正しく導く主原動力です。正確に芯でボールを捕えるには、インパクトで左腕とクラブに一体感が出来ていないと、スイング軌道が安定しないことで、様々なミスショットに繋がる確...

≫続きを読む

 

テークバックで左腕が折れたり曲がる

テークバックで左腕が折れる左腕の折れや曲がりは、肩の回転不足で手打ちで飛距離不足、方向性の不安化に繋がります。また、スイングのパワー不足になり、飛距離が出ない、インパクトのタイミングが合わない原因になります。テークバックで左腕が折れる癖が治らない左腕が折れる原因はテークバックで手首を使い手でクラブを...

≫続きを読む

 

テークバックでコックの作り方が分からない

テークバックバックでコックの作り方が分からないスイングのコックは飛距離を伸ばしたり、スイング軌道を安定させるにはとても重要な要素になります。ゴルフスイングのテークバックは、アドレスで静止した体を最初に始動させる最も重要動作になります。動きの止まった状態から、動き始める時、必ず力が入るのは当然といえま...

≫続きを読む

 

ドライバーが振り遅れる

ドライバ―の振り遅れは、クラブの長さが原因で起こり、ボールの曲がり幅が大きく、スライス系の球筋でOBや林の中に打ち込むなど、スコアーを大きく崩す原因になります。ドライバーで振り遅れる原因ドライバーの振り遅れの原因と修正情報が多くでていますが、野球の様に時速140kmで向かって来るボールに振り遅れは理...

≫続きを読む

 

長尺クラブを上手く打ちたい

長尺クラブを上手く打つポイント長尺クラブはシャフトが長くなる分、最も効果的に手っ取り早くヘッドスピードを上げ、飛距離を伸ばすことができます。長さと運動量の増加率は45インチを46インチにすることで46/45=1.022で約2.2%の増加になります。長尺クラブをベストな状態で使いこなせば期待以上の飛距...

≫続きを読む

 

左サイドに壁を作りたい

左サイドにスイングの壁を作りたいスイングで左サイドに壁を作ることが、飛距離アップと正確な方向に打ち出せる要因になります。これは、左サイドに壁を作ることでインパクトでヘッドの切り返しでヘッドの慣性力が大きく働き加速度が増すことからです。例:ムチを振る場合、手元を止めることでムチは最大のスピードを出すこ...

≫続きを読む

 

正しい体重移動の方法

 正しい体重移動の方法が分からない飛距離が出ないゴルファーの共通の原因は「体重移動の不足」や「体重移動のタイミングの悪さ」があげられます。むろん、この体重移動は下半身を安定させてアドレスからフィニッシュまで、スイングの回転に合わせて行うわけですが、体の捻転を作る正しいスイングをすることが体重移動の基...

≫続きを読む

 

ドライバーショットが芯に当たらない

ドライバーショットが芯に当たらないドライバーショットがなぜか芯でボールを捕らえることができない、この芯で打てないゴルファー共通の原因はスイング軸のずれがあります。芯でボールを捕らえるには、スイング軌道がインサイドから、インパクトでストレートのクラブ軌道、インパクトでフェース向きが目標に直角に向いてい...

≫続きを読む

 

フィニッシュをきれいに決めたい

フィニッシュをきれいに決めたいグーグルとその情報提供者アマチュアゴルファーの多くはフィニッシュを大切に考えていない傾向があります。フィニッシュはスイングプレートの完結を意味しており、正しいスイングを行った結果として現われるだけでなく、フォロースルーはインパクト後のヘッドの加速を行う大切な要因になりま...

≫続きを読む

 

ヘッドスピードを上げて飛距離をもっと伸したい

飛距離をもっと伸ばす方法飛距離を伸ばす方法は、ボールの初速度を上げることが絶対条件になります。そのボール初速の向上には、自分に適したクラブの使用と、そのクラブでボール初速を上げるヘッドスピードを最大限に引き出すことになります。このことから、飛距離を伸ばすにはクラブ、スイングの両面をチェックすることが...

≫続きを読む

 

ボール初速は速いが飛ばない

ボール初速は速いが飛ばないスイング軌道も正しく、飛距離を出せる芯でボールを捕え、ミート効率も高く、ボールの初速も完璧に近い状態であるにも関わらず、ボールが思った程飛ばないゴルファーがおられます。。確かに、飛距離を出す条件として、ボール初速がもっとも重要であることは、他の記事においても記載しております...

≫続きを読む

 

インパクトでもっとヘッドを走らせたい

インパクトでヘッドを走らす方法インパクトでヘッドを走らせる方法を、一つの例を上げて、そのメカニズムを説明していきます。電車に乗った時、急にブレーキがかかると、体が前のめりになり、進行方向に重力がかかる体験は、どなたでも経験されていると思います。これは、電車が減速する事で、進行方向に慣性力が働くための...

≫続きを読む

 

距離の長いミドルホールのティ―ショット

緩やかな登りのタフなミドルの攻略緩やかな登り、左ドッグレッグのタフなミドルホールで398Y パー4。左サイドは、林で奥は崖になっています。赤のラインでショートカットの林越えを狙うには、260y打たないと越えません。このラインで成功すれば、残り60y前後でバヂィーが狙えるポジションになります。赤のライ...

≫続きを読む

 

ドローボールがフェードボールより飛ぶ?

ドローボールがフェードより飛ぶ理由ゴルフボールの表面にはデンプルと呼ばれる凹凸が施されています。これば、ボールの揚力や方向性の安定には必要不可欠で、ボールの球筋を決めるのに大きな要因になります。実際、ヘッドでヒットしたボールはフェース面の抵抗で回転を起こします。この回転には、ストレート、ドロー、フェ...

≫続きを読む

 

ドライバーやフェアウエーウッドでテンプラが出る

ティ―ショットでテンプラが止まらいテンプラの原因一般ゴルファーがドライバーやフェアウェイウッドのティ―ショットで、テンプラのミスがよく出るものです。打った瞬間にボールが高く上がってしまい視界から消えてしまうテンプラのミスは、クラブヘッドが急激に上から入ることで、ヘッドフェースの最上部(クラウン部分)...

≫続きを読む

 

理想のドローボールを打ちたい

ドローボールの打ち方グ―グルとその提供者コントロールの利いたドローボールを打ちたい。ゴルファーの誰しもが、インテンショナルなドローボールで豪快に飛距離をかせぎたいと思うのはあなただけではありません。コースに出ると数ホールは必ず、左ドッグレグのホールが存在、アゲインストの風や、長いミドルホールでは1番...

≫続きを読む

 

理想のフェードボールを打ちたい

フェードボールの打ち方コントロールの利いたフェードーボールを打ちたい。フェードボールを打つ原理が以下の図ですスイング軌道はターゲットラインに対してアウトサイドインになります。アドレスではフェースはターゲットに対して直角にあわせます。ターゲットラインとスイング軌道で起こるA度に対して、ターゲットライン...

≫続きを読む

 

ダウンスイングが上手くできない

ダウンスイングが上手くできないダウンスイングが上手く出来ないのは、原因があるから、結果上手くできないのです。まずその原因は、間違ったスイングの流れです。アドレスからバックスイングそしてトップ。このトップスイングでダウンスイングを正しく行うトップが出来ていない可能性があります。バックスイングを手で行っ...

≫続きを読む

 

インパクトで体がスエ―する

インパクトで体がスエ―するのが止まらないダウンスイングでスエ―する原因の多くは、テークバック、バックスイングで必要以上に右に体重を乗せすぎる、下半身の両膝が右にに流れてしまい、ダウンスイングでボールと強く叩こうと力むと、今度は両膝が左に流れるのが原因です。膝が右に体が動けば、必ず左に振り戻しが起こる...

≫続きを読む

 

ドライバーでゴロがよくでる

ドライバーショットがゴロになるドライバーでゴロがよくでる。初心者がドライバーで悩む球筋にスライス、てんぷら、と球が上がらないゴロの悩みを持つゴルファーが結構おられます。スライスは、ボールが飛び出したあと右に大きくにカーブを描いた球筋になります。また、てんぷらとは、インパクト時にヘッド上部(クラウン)...

≫続きを読む

 

スライスに悩んでいる【ドライバ―】

スライスになる原因シャフトが原因シャフトが原因のスライス矯正スイングが原因スイングが原因のスライス矯正メーカー別クラブにリンクスライスに悩んでいる初心者が最初に”悩み”を持つのはドライバ―のスライスではないでしょうか?ゴルフを始めた方なら、必ず通る道だと思って下さい。これはどの様なクラブで練習すれば...

≫続きを読む

 

フックを直したい

フックを直したいフックの原因はインパクトでフェースが左に向いたり、カブル状態でインパクトすることで、ボールの打ち出方向は真っすぐで途中から大きく左行く場合と、初めから左に飛び出し、途中から大きく左曲がる場合の二通りがあります。どちらにしろ、このフックが出る原因にはシャフト、スイングの両面で考える必要...

≫続きを読む

 

チーピンで悩んでいる

チーピンの原因と対処方法初心者や一般ゴルファーでも、突然チーピンに襲われることはよくあります。ドライバーショットによるチーピンが出やすいところは、意外と谷越え、池越えなど、緊張するホールではないでしょうか。ダックフックと呼ばれるこのチーピンは、緊張から力みで起こります。OBを打ってはいけないとか、距...

≫続きを読む

 

以前ほど飛ばなくなった【シニアゴルファー】

シニアーゴルファーの飛距離が以前より落ちた飛距離が以前ほど飛ばなくなったシャフトを少し軟らかくする効果クラブ総重量を軽くする効果ヘッドのロフトを上げる効果シャフトを長くする効果スイングで飛距離アップする飛距離が以前ほど飛ばなくなった以前ほど飛ばなくなった・・・・シニアゴルファーの多くの方が共通した悩...

≫続きを読む

 

ドラーバーであと30ヤード飛距離を伸ばしたい

あと30ヤード飛距離を伸ばす方法あと30ヤード伸ばすことは、大変難しいことですが可能性は捨てないでください。では、どのようにして飛距離をのばすことができるのかです。飛距離はボールの初速度と打ち出し角度 スピン量でほぼ決まります。このボール初速、打ち出し角度、スピン量はインパクト時のスイング軌道、フェ...

≫続きを読む

 

方向性を安定させたい

方向性はシャフトから全ての番手の調和の重要性スイングで方向性の安定メーカリンク・開催特集方向性を安定させるシャフト方向性が安定しない原因には、スイングによる場合とクラブが合わない場合で起こります。特に、クラブが合わないことで起こる方向性が不安定な場合、真っすぐ打つためのアドレスやスタンスから、間違っ...

≫続きを読む

 

フォローの風でも飛距離が出ない

風がフォローでも飛距離が出ない風がフォローでも飛距離が伸びないのには、それなりの原因があるからです。風がフォローの時には、普段より飛距離が伸びるのが当然です。しかし、中には飛距離があまり伸びず悩む方がおられます。フォローを利用して飛距離を出す絶対条件は、弾道を高くして、風に乗せることです。インパクト...

≫続きを読む

 

合わないクラブで練習

合わないいクラブを使用をすれば合わないクラブの代表格と言えば、自分のスイングにシャフトの硬さとクラブの重さの不一致があげられます。その他には、ヘッド形状、シャフトの長さ、自分の好みなどが挙げららますか、自分に合わない原因はシャフトの硬さとクラブの重さではないでしょうか。シャフトの硬さはイコールクラブ...

≫続きを読む

 

合うクラブ・シャフトがわからない

合うクラブ・シャフト選択の4条件クラブ選択は使用クラブ分析から適正シャフトの硬さ・重さ合ったシャフトの特性の選択最適ヘッドモデル・ロフト自分に合わないクラブが及ぼす悪影響ゴルファーは使用しているクラブが自分に合っているかどうかわからず練習を積み重ねるケース。もし、正しいスイングをしてもアウトフェーズ...

≫続きを読む

 

合うウエッジがわからない

合わないウエッジの悩みウエッジの苦手な方に多く見られる共通点があります。グリーン周りからのアプローチとして使う場合、それは、ボールを上げようと、手首でクラブを上げる事で、コックを早く使ったバックスイングになっています。テークバックで手首を使うスイングはヘッドが芝生に鋭角に入り過ぎ、ダフリのミスの原因...

≫続きを読む

 

トルクの選び方が分からない

トルクの正しい選び方スイング中のシャフトは複雑な動きをします。この動きは、シャフトの先に装着されているヘッド重量で起こる回転のシナリで、トルクと呼ばれるシャフトのネジレの単位になります。下の写真からシャフトの中心の延線上にヘッドの重心があるのでなく、シャフトの中心線より離れた位置に重心があります。ス...

≫続きを読む

 

ランニングアプローチを1ピンに寄せる打ち方

ランニングアプローチを1パット以内に寄せる方法打ったショットがグリーンに届かずショートした場合、グリーンを外しリカバリーの手段としてランニングアプローチがリスクの少ない選択です。その時、ランニングアプローチを1パット以内に寄せることは、スコアーメイクに大きく繋がるとともに、その後、プレーのリズムも良...

≫続きを読む

 

フェアウエーが苦手である

フェアーウェーウッドが苦手であるシャフトによる苦手意識解消下のグラフはシャフトの硬さをcpm表示で表しています。縦軸は下から上にcpmの数値が高くなりシャフトが硬くなります。横軸はシャフトの長さを表示右に行く程長くなります。グラフの中の青の太いラインはヘッドスピードに合ったシャフトの硬さで、各番手ご...

≫続きを読む

 

フェアウエーウッドでゴロやトップが出る

フェアウエーウッドでゴロやスライスフェアウエーウッドは芝の上のあるボールを直接打つクラブで、少しでもグリーンに近づけたい飛距離を必要とするクラブです。一般的なゴルファーなら、ラウンドすれば必ず一度や二度は必ず使用するクラブです。ゴロやスライスの原因ティーショットはティーの上に浮いているボールを打ちま...

≫続きを読む

 

フェアウエーウッドで球が曲がる

フェアウエーウッドを正確に打てないウッドの中でも、フェアウエーウッドは直接芝生のボールを打つことが、ほとんどではないでしょうか。その為、ボールを上げようと、意識しすぎないことです。何故なら、フェアウエーウッドのロフトは大きく、普通にに打てば自然と球は上がるはずです。球が曲がるゴルファーの多くは、ボー...

≫続きを読む

 

ユーティリティウッドで球が上がらない

ユーティリィーウッドで球が上がらないユーティリティーウッドで球が上がらないのは、芝の上やベアーグラウンドの上にあるボールを直接打つことが原因です。ティ―アップしているボールを打つ場合と決定的に違うことは、ボールが浮いていないことです。つまり、ボールを上げるためのアッパブローのスイングが向かないことで...

≫続きを読む

 

ユーティリティウッドでボールの頭を叩く

ユーティリティでボールの頭を叩くユーティリティウッドはヘッドスピードが遅く、ボールを上げることに自信のないゴルファーに、遠くに飛ばすことのできるとても便利の良いクラブと言えます。ユーティリティにはウッド系とアイアン系の2タイプがありますが、その選択には定義はなく、フェアウエーが比較的得意な方にはウッ...

≫続きを読む

 

ユーティリティが苦手で上手くなる方法

ユーティリティーが苦手ユーティリティは、ウッドタイプとアイアンタイプの2種類があります。どちらを選ぶかの定義はありませんが、ウッド系が得意な方はウッド系タイプユーティリティ、アイアンが得意な場合はアイアン系ユーティリティの選択になります。現状は、初心者やロングアイアンの苦手なゴルファーの多くが、構え...

≫続きを読む

 

フェアウェーバンカーでウッドの使い方

フェアウェーバンカーから確実に脱出する方法フェアウエーではOB救済のためと、戦略上の障害としてフェアウエーバンカーがあります。フェアウエーバンカーからはグリーンまでの距離が結構残り、どうしても飛距離が求められる場合が多いとおもいます。使用クラブの選択が重要まず、考える事は距離を出さないといけない場合...

≫続きを読む

 

林の中からの脱出方法

林の中からウッドを使って脱出ラウンド中、フックやスライスで球が、林の中に入ってしまった場合の対処方法。まず、球の位置を確認して状況を把握してください。スイングできるか、球を抜くスペースがあるか、などを考えスイングの方法や使用クラブの選択をしなくてはなりません。林の中にボールが入る場合、木の枝や葉っぱ...

≫続きを読む

 

アイアンが苦手である

アイアンが苦手であるクラブセットの中で一番本数の多いクラブはアイアンになります。アイアンは複数の番手がある様に、打つ距離を考え選択して使用するクラブで、飛距離重視のドライバーとは本質的に異なります。アイアンには各番手ごとに異なったロフトが設定されており、このロフト角が大きい程、ボールに多くのバックス...

≫続きを読む

 

アイアンのフェースの合わせかたが分からない

a8adscript('body').showAd({"req": {"mat":"2TGBJK+9K4KFM+3OSK+BWGDT","alt":"商品リンク","id":"3008foS-g7-rKBpBwh"},"goods": {"ejp":"h"+"ttps://www.alpen-gro...

≫続きを読む

 

アイアンのトップの位置が分からない

アイアンのトップの位置がわからない初心者のゴルファーで、アイアンのトップスイングの位置がわからず、どのようにバックスイングを行えばいいのか迷うゴルファーが結構多くおられます。それはアイアンの場合、使用番手が複数本数あり迷いが生じるのです。例えば、5アイアンと9アイアンを例に取りトップの正しい位置を説...

≫続きを読む

 

アイアンは少し重めのクラブ?

アイアンは少し重めのクラブが?ウッドはティ―アップしたボールを直接打つわけですが、アイアンは芝の上にあるボールを打ちます。又ドライバーは飛距離を求めますが、アイアンは正確な方向と距離が求められます。アイアンスイング軌道はクラブが短い分、アップライトでダウンスイングで、クラブヘッドはボールに対して鋭角...

≫続きを読む

 

アイアンのシャフト交換でシャフトの選び方?

アイアンのシャフト交換でシャフトの選び方使用アイアンクラブが合わなくなり、シャフト交換する場合のポイントについて。アイアンのシャフト交換の場合、すべての番手のハーモニーが大切で、シャフトの硬さ、重さを合すことが大前提になります。次にアイアンのシャフトの硬さと重さを自分のヘッドスピードに合わすのが良い...

≫続きを読む

 

アイアンでカットスイングが治らない

正しいアドレスと正確なリバースピポットアイアンでカット打ちが直らないカットスイングの特徴はターゲットラインに対してクラブ軌道がアウトサイドから入ることです。そのため、インパクトでボールをカットするような打ち方になり,スライス回転のスピンはかかりスライスを打ってしまいます。これらの原因はテークバックで...

≫続きを読む

 

アイアンのダウンスイングが上手く行かない

アイアンでダウンスイングが上手くできないトップスイングで捻転不足、トップスイングが浅い、オーバースイング、スイングテンポが速いなど、すべての原因は、スイングで上半身が下半身より先に動いてしまうことです。ダウンスイングでアウトサイドインのスイングでなくインサイドのスイング軌道に修正することです。ウッド...

≫続きを読む

 

アイアンでハンドファーストの必要性

アイアンのアドレスはハンドファーストスイングで何故ハンドファーストで構える必要があるのか?その理由は、アドレスはインパクトの再現を現す姿勢をとることが重要です。スイングのインパクトではグリップの位置が、ボールより左側に位置することで、ヘッドの開閉が有効に行えボールをシッカリ捕まえることができます。も...

≫続きを読む

 

アイアンでダウンブローの打ち方

アイアンのダウンスイングの打ちかたアイアンのダウンスイングの打ち方とは、ボールを打った後ターフを取る打ち方です。インパクトでの感触は良く、芯を食った打感で直進性の強い、飛距離もアップ、スピンの効いた打球でグリーン上で球が止めやすくなります。アイアンショットでは是非、マスターしたい打ち方になります。そ...

≫続きを読む

 

アイアンのショットで飛距離が出ない

アイアンショットの距離が出ないアイアンで飛距離出ない訳アイアンショットの飛距離はドライバーと同様、ヘッドスピードに大きく影響されます。ヘッドスピードの速いゴルファーは、ヘッドスピードの遅い方よりより遠くに打つことができますが、このヘッドスピードだけではありません。アイアンで距離が出ない原因はインパク...

≫続きを読む

 

ショートアイアンで距離が出ない

ショートアイアンの飛距離が出ない自分ではヘッドスピードはそこそこあるのに、残り100y~150yの距離が思った程飛ばずショートしてしまいます。例えば7番アイアンで120y前後しか飛ばない場合の原因と解決方法を解説します。まず原因は、アウトサイドインのスイング軌道でインパクトでフェースが開きロフトが大...

≫続きを読む

 

アイアンでこすり球の矯正

ミドルアイアンでこすり球が直らないこすり球の場合、ミドルアイアンの5アイアン、7アイアンの距離の差がなく、多くがこすり球が原因と見られます。どうして距離が変わらなくなるのか、それは5アイアン程度のクラブになると、ロフトが立ってボールが上がりにくくなります。こすり球で悩むゴルファーは、どうしてもボール...

≫続きを読む

 

アイアンのティ―アップの仕方

アイアンのティ―アップの注意点ショートホールでは、アイアンでティーショットを行う時、フェアウエーでボールを打つように、ダウンロードに打つ必要はありません。出来る限りヘッドで直接ボールをクリーンに捕える打ち方が基本になります。ティーアップの高さ は、フォローの場合は1cm程度の高さで、アゲンストの場合...

≫続きを読む

 

アイアンで球が上がらない

アイアンで球が上がらないまず上の写真を基本に説明します。ボールを上げる条件は、ボールにスピンをかけることですが、赤マークのボールの重心が白マークのヘッドの重心より上に来ないと、球は絶対上には上がりません。ボールの重心とヘッドの重心の位置が、平行になればなるほどボールは上りにくくなるのです。これから、...

≫続きを読む

 

アイアンでハーフトップを連発する

アイアンでハーフトップを連発するアイアンのハーフトップはスイングとクラブの両方の原因でおこります。ハーフトップはヘッドがボールとコンタクトする時、ボールの赤道より上の位置でインパクトすることです。このほとんど原因は、スイング軌道が正しいスイング軌道を復元できず上側に来るためボールの赤道より上を叩くこ...

≫続きを読む

 

アイアンのトップ、ダフリで悩む

アイアンのダフリ・トプ悩んでいるアイアンのトップ、ダフリはスイングで腕の使い方に問題があるからです。この問題とは手でクラブを上げスイングするからです。アイアンのトップ、ダフリはスイング軌道が上下に狂うことで、主な原因は腕や手だけでスイングすることで体の上下動やスイング軸の傾きでおこります。アイアンシ...

≫続きを読む

 

パンチショットの打ち方は

パンチショットを使うシチュエーションラウンド中、シチュエーションに応じていろいろなショットが打ちわけることが、求められる中でも、特に役に立つのがアイアンで行うパンチショットです。そのパンチショットを身につけることが、スコアーに大きく作用するため、その知識、情報を身に着けることがトラブル処理やスコアー...

≫続きを読む

 

アイアンのシャンクが止まらない

アイアンのシャンクの原因シャンクとはアイアンのホーゼル部分でボールをヒットしてしまうことで、いったんシャンクが出るとなかなか元にはもどりません。シャンクの主な原因はフェースが開いてネックでボールを打つことで、スイング中クラブが体から離れてネックで打つことです。つまり、つまりスイング軌道がボールの外側...

≫続きを読む

 

すくい上げのスイングを直したい

すくい上げのスイング初心者、特にアイアンにおいて球を上げようとする意識が強く、クラブをアッパーに振る傾向があります。考えてみてください、ボールは芝生の上にあり、下からアッパーに打つ事自体理にかなっていません。つまり、アイアンは上からクラブを振り下し、ヘッドのロフトでボールを上げることです。アイアンヘ...

≫続きを読む

 

ショートアイアンで引っ掛けが出る

ショートアイアンで引っ掛けるグリーンを狙ったショートアイアンを引っ掛けてしまい、2オンを逃してしまう事はよくあります。まず、理解することは、ロフトが大きいければ大きい程左にヒッカケやすくなる構造になっている事です。左の写真は8アイアンの断面で、エッジからトップが高くなりトウのトップにウエイトが乘って...

≫続きを読む

 

トウ側でインパクトしてしまう

ウッド、アイアンがトウでインパクトしてしまうウッド、アイアンのトウ部分でボールを打ってしまう。これは、ネック側でヒットしてしまうシャンクと全く逆で、原因も同じく逆の現因でおこります。トウ部分でインパクトする原因は、アドレス時に比べて体とボールの間隔が広くなることです。もう一つ原因はシャフトがヘッドス...

≫続きを読む

 

芯に当たらず打感が悪い

インパアクトで芯に当たらず打感が悪い打感の悪い原因はスイング軌道がアウトサイドインやインパクトでヘッドのトウ、ヒールなど芯を外した部分でインパクトしているからです。つまり、インパクトでスイートスポットでボールをヒットできていないことが原因です。クラブの芯は重心位置でスイートスポットとも呼ばれるエリア...

≫続きを読む

 

強い球を打ちたい

アイアンで強い球を打ちたい強い弾道は、自分に合うクラブクラブの使用が第1条件と考えてください。それは、インパクトでスイング軌道がストレートで、フェース向きが目標に対して直角に、スイング軌道がインサイドにスイングを行うには自分に、合うシャフトでスイングする方が行いやすいからです。この条件下で、強い弾道...

≫続きを読む

 

番手を変えても距離がかわらない

番手を変えても距離が変わらないシャッフトによる原因例えば、7番アイアンで打った距離と、8番アイアンで打った距離が変わらないことがあります。この場合は、次のことが原因と考えられます。7番アイアンシャフトが8アイアンのシャフトの硬さより硬く逆転している場合が考えられます。8番アイアンが自分のスイングに合...

≫続きを読む

 

初心者、中級者のクラブ選び

初心者、中級者、上級者のクラブ選択・シャフト選択クラブ選択は各メーカが多品種、多機能のクラブを多く提供しており、どれが自分に合うのか選択を大変難しくしています。ゴルフも十人十色で人それぞれの個性、特性によって使用クラブは異なりなす。また、全く同一メーカーの、同じブランドのクラブでも1本1本の機能が若...

≫続きを読む

 

スイングのリズムがわからない

スイングのリズムがうまく取れないスイングのリズムが、わからないゴルファーの大半は、ショットに自信がないゴルファーではないでしょうか。リズムを作るには、ティーアップする前からフィニッシュをするまでの、流れが大切です。自信のないショットを打とうとすれば、緊張や、力みが生まれ、当然良いリズムでスイングでき...

≫続きを読む

 

ゴルフをうまくなりたい

ゴルフをうまくなりたい近年、全てのスポーツにおいて科学的指導がアスリートに行われています。その理由は科学的分析で得られたデータを基に改良や改善を行う事で著しい進化を可能にするからです。ゴルフにおいてスイング、道具の進化は科学の英知で大きく進歩し、その力はクラブの素材開発でプロや一般のゴルファーにも未...

≫続きを読む

 

寄せワンを確実に行うには

寄せワンの打ち方を知りたい寄せワンを確実に行うにはグリーンの近くまでボールを運び、カップインまで大たたきするゴルファーは沢山おられます。2打目でクリーンエッジまで運びここで往査すれば、精神的にも落ち込んでしまいます。そこで、寄せワンを確実に行うには、上げて転がす方法と、初めから転がす方法の2通りがあ...

≫続きを読む

 

ショートアイアンでダフリ・トップで悩む

ショートアイアンでダフリ・トプに悩んでいる2打目でグリーンを外したり、ロングホールの第3打で残り100y前後のショットの精度は、直接スコアーに大きく影響してきます。特に、ミドルホールの第3打のアプローチショットのリカバリーが上手くか行かないは、スコアー以上にリズムに大きく関係してきます。ショートアイ...

≫続きを読む

 

アプローチでトップ・ダフリが出る

アプローチでトップ・ダフリが出るアプローチのトップやダフリのミスをなくす方法。初心者のアプローチのミスの原因はダフリ、トップがほどんどを占めると言われています。このトップ、ダフリの原因は、バックスイングとダウンスイングの軌道が同じ軌道でないことが上げられます。つまり、スイング軌道の再現が出来ていない...

≫続きを読む

 

左足下がりのアプローチでトップ・ダフリがでる

左足下がりのアプロ―チでトップ、ダフリに悩む左足下がりのアプローチでトップやダフリが良くでる原因は、アドレスとボールの位置がポイントになります。まず、左足下がりの正しい打ち方は、アドレスで、スイング軌道が斜面に沿ってスムースに行えるよう、斜面に対して膝 腰 肩は平行になる様に構えてください。スタンス...

≫続きを読む

 

左足上がりでダフリ・距離が合わない

左足上がりの打ち方左足上がりのアプローチでダフリが出る原因の多くは、スイング軌道が斜面と喧嘩する場合が多く見られます。そのためには、まずアドレスを正しく構えることが出来るかどうか重要です。正しい左足上がりの打ち方は、スイング軌道が斜面に喧嘩せずスムースに振り抜けるよう、斜面に対して膝 腰 肩は傾斜に...

≫続きを読む

 

つま先上がりのアプローが悩み

つま先上がりのアプローチでミスが続くグリーンを狙ったボールが曲がり、つま先上がりの斜面で、3打目がの残ってしまう事がよくあります。このようなつま先上がりのライからの打ち方の基本を説明します。まず、ボールの落ちた地点の状態から、クラブ選択が重要なポイントになります。ボールを上げるか、転がすかこの決断が...

≫続きを読む

 

つま先下がりのアプローチ

つま先下がりのアプローチでミスグリーンを狙ったボールを左にヒッカケてグリーン手前のつま先下がりのラインにボールが止まった。つま先下がりのアプローチでミスの原因は、スイング軌道の再現が上手くできていない場合です。それには、ボールと体の距離間を変えずスイングすること、また、傾斜にクラブを正しくセットアッ...

≫続きを読む

 

深いラフからのアプロ―チが苦手

深いラフから簡単に脱出できるアプローチ深いラフから脱出の失敗は、深いラフにヘッドが負けてボールが出ない場合や、クラブヘッドがボールの下をくぐりボールの脱出に失敗することです。その様な深いラフからのアプローチの打ち方について解説していきます。ポイントはウエイトの置き方、クラブの構え方がポイントになりま...

≫続きを読む

 

アプローチをいつもショートする

アプローチでショートするアマチュアゴルファーのアプローチのミスは、大抵ショートする場合が多いといえます。次のショットを考えれば、大きくオーバーして下りの難しパットを残すより、上りのラインを残すほうが有利になりますが、やはり30~70y程度のアプローチは1パット圏内に寄せることが、次のパットを行う上で...

≫続きを読む

 

低い球でボールを止めたい(30Y)

ダウンブローでインパクトでフェース閉じる低い球でボールを止める方法ショートゲームで、ボールの落とし場所からピンまで下りラインを残す場合、ボールがグリーン上で止まる打ち方を覚える事がスコアーメイクに大きく影響します。初心者の多くは、ピンを大きくオーバーしてしまい、2パットで収まりきらづ大たたきの可能性...

≫続きを読む

 

バンカーショットが苦手

クラブを体から離さず(右脇を空けず)バンスのエッジを上手く使うバンカーショットが苦手であるバンカーショットを1回で出す3つのポイント【1】アドレス時の手首の角度ハンドファーストの構えを取らず、ハンドダウンで構えてください。これはバンカーショットの絶体必要な入射角をつける意味でとても重要。【2】グリッ...

≫続きを読む

 

バンカーショットが右に出る

バンカーショットが右ばかり出るバンカーショットを打っても右にばかり飛び出し、それを気にするあまり、バンカーでダフリで悩むゴルファーも結構おられます。バンカーショットは砂の中にあるボールを直接打つのでなく、ボールの手前にヘッドを打ち込みその砂のエクスプロ―ジョンで砂とボールを打ち出すショットです。その...

≫続きを読む

 

左足下がりのバンカーでダフリる

左足下がりのバンカーショットでダフリがでる原因バンカーショットの中でも、左足下がりを苦手にしてゴルファーの多くが、通常のオープンスタンスでアドレスを取っていませんか。通常のバンカーショットのアドレスのオープンスタンスでは、右サイドが高くなるため、インパクトの前にヘッドが砂に触れてしまいダフリがでます...

≫続きを読む

 

左足上がりのバンカーショットが苦手

左足上がりのバンカーショットでダフリがでる左足上りのバンカーショットが苦手でダフリの出るゴルファーは、オープンスタンスで左足体重になっているため、ヘッドが砂にめり込むのが原因です。左足上がりのスイング軌道はスクープ(バンカーの傾斜)に打つのが基本です。つまり、傾斜に沿ったスイング軌道でスイングを行う...

≫続きを読む

 

つま先上がりのバンカーショットでミス

つま先上がりのバンカーショットの打ち方がわからないつま先上がりのバンカーショットは体の正面が高くなっている状況です。これはボールと体の距離が近くなり、体を突っこむスイングではヘッドのトウ側が砂にめり込み、ダフリが出やすい状況になります。そのため、バンカー内のスタンスはつま先だけに力を入れず、足全体に...

≫続きを読む

 

つま先下がりのバンカーショットでミス

つま先下がりのバンカーショットの打ち方がわからないつま先下がりのバンカーショットは体とボールの距離が長くなるため、つま先体重で膝を深く折り、下半身を砂の中で安定させてください。スタンスは、オープンスタンスでスイング軌道はアップライトの軌道になります。前下がりの場合、体とボールの距離は通常の距離より長...

≫続きを読む

 

目玉のバンカーショットでボールが出せない

アーリコックで砂に打ち込みヘッドを抜かないバンカー内で球が目玉に!何回も打ってしまうまずバンカー内で目玉状態のボールを確認し、脱出の方向を決めなければなりません。バンカー内でボールが目玉になった場合、通常のバンカーショットに比べて、強く打ち込まないと脱出は難しくなります。強く打ち込むため、インパクト...

≫続きを読む

 

砲台グリーン手前の傾斜でダフリがでる

砲台グリーン手前の傾斜でいつもダフリが出る目線より高いグリーンや砲台グリーンでいつもダフル!グーグルとその情報提供者上りのグリ―ンや砲台グリーンのアプローチで、いつもザックリショートしてしまう。アマチュアゴルファーがグリーンの近くまでボールを運びながら残り数重ヤードに3、4打も費やすことは良くあるこ...

≫続きを読む

 

パッテングの距離感で悩む

パッテングのスピードを一定に芯で打つ。ストーロークのふり幅で距離を!パッテングの距離感がわからないパターの正しい打ち方パッテングには距離と方向の想像力が必要になります。距離と方向性のどちらも大事ですが、届かないパッティングは方向が合っても絶対に入りません。このことから、まずは距離感を正確に打てる事が...

≫続きを読む

 

ロングパットはファーストパットで決まる

15y・20yの距離感をつかめば3パットは解消!ロングパットのファーストパットが重要な訳一般ゴルファーがピンを直接狙いショットしても、なかなかピンに寄るショットを打てないのが現実ではないでしょうか。せっかくグリーンオンしたが、結果、ピンまで長い距離のロングパットを残してしまった場合、一般ゴルファーの...

≫続きを読む

 

ストロークの取り方がわからない

両膝の高さを維持しストロークは背骨を軸に両肩の上下動で行い手首を使わないパターのストロークの方法が分からないパッテングの基礎からまず理解してください。パッテングは要するに、インパトでクラブフェースが正しくスクエアーに戻れば、どのような打ち方でもいいわけですが、やはりフェースをスクエアーに戻してボール...

≫続きを読む

 

パットを芯で打つ方法

パターの芯の位置を確認、芯以外の部分に一円玉をテープで止めて芯で打つ練習パットを芯で打つ方法この芯で捕えることが、距離感を正確に身に着け、ライン通りにボールを打てるのです。パターの上手、下手はスコアーに大きく影響します、初心者や一般ゴルファーのスコアーの4、5割近くはパター数で占められています。それ...

≫続きを読む

 

上り下りのパット術

傾斜での目の錯覚を解消・下りのパットはボールの位置からカップよりで、上りのパットはボールの後ろでストーロークの練習で距離感をつかむ下りのパット・上りのパットを上手く打つ術下りのパットを上手く打つ理論下りの速いラインは、難易度の高いパッテングで、距離感を掴むのが非常に難しく、カップを何メートルもオーバ...

≫続きを読む

 

パットで上り下りの距離感

高低差30cmある場合、10mの下りのパターは、3m前後余分に転がり、上りの場合その逆になるパットで上り下りの距離感グリーン上のパッテングには、上り下りのボールの転がりに一定の法則があります。グリーンでの球の転がりの速さは、スティンプメータと呼ばれる機械で計られ基準化されています。これをわかりやすく...

≫続きを読む

 

ショートパットが苦手

グリップを短かく持ち、フェース向きを目標に正確に合わし芯で打つショートパットが苦手で入らない1m以内のショートパットを苦手で悩んでいる方の原因はいくつかあげることができます。ショートパットの苦手な方は(入れなければ)と意識が強く、体か硬直して、普段通りにストロークが行えないからです。ただ、この苦手意...

≫続きを読む

 

下りのパットが苦手

ハンドレイトの構えで、グリップを短かく持ち、ストロークの幅を小さくヘッドの慣性力を抑える下りのパットが苦手特に傾斜のある下りのパットはプロでさえ3パットの危険をはらんだ難易度の高いパッテングになります。何故か、例えば上りのパットはボールを強く打てるため、ボールは傾斜に余り影響されませんが、下りのパタ...

≫続きを読む

 

フックライン、スライスラインが打ち方

ボールの位置を変え、両手グリップの強弱に変化を!スライスライン・フックラインの打ち方ゴルファーによって、スライスラインが得意でフックラインが苦手な方、逆にスライスラインが苦手でフックラインが得意の方など、どちらかのラインに苦手意識を持っているゴルファアーが多くおられます。そこでこのスライスライン・フ...

≫続きを読む

 

パターで球の転がりを良くしたい

ボールの転がりを縦回転にできる芯でインパクトパターで球の転がりを良くする打ち方パターで球の転がりが良いとは、イメージ通りにボールが転がってくれることではないでしょうか。具体的には、次の事が上げられます球足の長い転がりをする。ラインからボールが外れない。傾斜やグリーン上の凹凸に影響されない。これらは、...

≫続きを読む

 

重いパターと軽いパターの違い

重いパター:慣性力が大きく小さい振り幅でストロークが安定 操作性は低い軽いパター:操作性に優れている 距離が合わせやすい重いパターと軽いパターでの慣性力の違いパターの重さは個人により、また、時代によりその重さの基準は法則化は出来ませんが、市販のパター重量は400g~650g内で、市販の大半のパター重...

≫続きを読む

 

パターグリップは太目か細目が良いのか?

太目のグリップはフック・引っ掛けの出やすい方に 細目のグリップはスライスラインに出やすい方にパターグリップは太目か細目が合うのか分からないパターグリップの太さは、大きく“太め”“普通”“細め”に分けられますが、それぞれに合うヘッドと合わないヘッドがあります。。細いグリップは、握りやすく、軽くて振りや...

≫続きを読む

 

グリーンの芝の順目、逆目の見方がわからない

ボールの後ろに立ち、カップの方向の芝が明るい(白っぽく光る)場合は順目で、芝が濃く(黒く感じる)見える場合は逆目芝の順目逆目の見極め方の基本グリーンの順目は、ボールからカップまで芝の芽がカップに向かって生えているため、ボールの転がりは良く、直進性が強まる分、ボールの曲がりは小さくなります。特に、下り...

≫続きを読む

 

グリ―ンの外からアプローチを迷う

パターの寄せはウエッジに比べ多くの要素が絡むアプローチと違い、単純な距離感の計算だけで済みリスクが少ない!グリーンの外からパターの打ち方グリーンの外からカップに寄せる方法として、ウエッジで寄せる方法とパターで寄せる方法の2通りがあります。ウエッジでの寄せは高さ+キャリー+スピン+転がりなどの要素を考...

≫続きを読む

 

上り下りのパッテングの打ち方がわからない

下りのラインはハンドファーストでボールにバックスピン・上りのラインはヘッドファーストでボールにオーバースピンをかける上がり下りのパッテングの打ち方で悩むグリーン上のパットは、平坦なラインが残ることは少なく、上り下りのラインがどうしても残ってしまいます。プロの場合も含め、一般ゴルファーんの多くは、下り...

≫続きを読む

 

確実に10打縮めるテクニック

目   次即10打締める術必ずスタート前に行うOBを打たないアプローチは転がすルールを良く知っておくパター数を減らすグリーンまでの距離感を養うさらに項目別に無駄打ちを減らす術ゴルフクラブメーカにリンク即10打縮めるラウンド術10打縮めるためには、OBを打たないパター数の改善が最も近道になりますゴルフ...

≫続きを読む

 

サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
ゴルフ場予約サイト シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み