アイアンの選択

アイアンの選択

 


特価クラブ




 

自分に合うアイアンの選択

 

ドライバーやフェアウエーウッドと違い、アイアンは地面から打つことが多く、ダフり、トップといった大きなミスが出やすいため、初心者やアイアンが苦手なイメージを持っているゴルファーが多くおられます。

 

アイアンは直接グリーンを狙うクラブとしてスコアーメイクに大きく影響を与えるクラブといえます。
その意味で自分に合うアイアンクラブを選ぶことがラウンドを楽しくできます。

 

アイアンヘッドの素材

 

一般的に軟鉄を使って鍛造製法によって作られた軟鉄鍛造モデル(フォージド)は打った時の手に伝わる感触(打感)がやわらかく、アイアンの打感にこだわるゴルファー向きです。
また、軟鉄の素材はライ角が自由に調整できる利点があります。

 

一方鋳造アイアンは、複雑な設計が可能で複合の素材を組み合わせたアイアンヘッドで、操作性より打ちやすさ求めるゴルファー向きになります。

 

鍛造アイアン売れ筋商品はこちらから参照

 

鋳造アイアン売れ筋商品はこちらから参照

 

ミスを抑えるキャビティアイアンはこちらを参照

 

構えやすくボールの捕まえやすくアイアンを苦手とされるゴルファーに

 

NSプロの850GHやゼロスなど軽量系のスチールシャフト装着アイアンです。
スイングしやすくヘッドスピードを上げる軽量ステールシャフト

 

 

 

クラブの番手

 

アイアンクラブは現在5番から9番アイアン、PWの6本セットが一般的で、以前は3番、4番アイアンが主流でしたが、一般ゴルファーには打ちずらいロングアイアンはあまり使用されなくり、その番手の代替えクラブとしてユテリティクラブの普及が進み5番からPWの6本セットが主流になりました。

 

アイアンの番手は、数字が大きくなるほどクラブの長さが短く、ロフト角が大きくなり、飛ぶ距離が短くなります。またクラブ重量も短くなるほど重くなります。

 

ヘッドモデルタイプ

 

キャビテーアイアン

キャビテーアイアン


 

 

上の写真で示されるように、アイアンのヘッド形状は、「マッスルバック」、「キャビティバック」、「中空」の3タイプに分けられ、特に最近のキャビティバックは技術革新でより深くえぐれてやさしくなった「ポケットキャビティ」や、強い弾道を打つハーフキャビテータイプまで多種多様になってきています

 

項目名1 重心 弾道 ソール幅 難易度
マッスル

高い

低い

薄い

難しい

キャビティ

低い

高い

厚い

優しい

 

アイアン選びにおいてのヘッド形状は「マッスルバックのアイアンは難しく、キャビティは優しい」ということだけ覚えておけばOKです。

 

キャビティアイアン売れ筋商品はこちらから参照

 

マッスルタイプアイアン売れ筋商品はこちらから参照

 

アイアンのソール幅

 

ソール幅

一般的にソールが広いアイアンはボールが上がりやすく、ダフりやトップなどのミスにも強く、やさしいクラブになります。

 

反対にソールが狭いアイアンは弾道の打ち分けがしやすい操作性の高いクラブとなりますが、ボールが上がりにくく、ミスの許容範囲が狭いため、曲がりやすく難しいクラブになります。スイング軌道が安定したゴルファー向きになります。

 

楽に簡単なクラブでゴルフをしたいと考えている場合は、ソールが広いキャビティアイアンの選択をお勧めします。

 

逆に、ボールをコントロールしてコースを攻めたいと考えている場合は、ソールが狭いアイアンを選ぶのが良いでしょう。

 

優しいアイアン 振動数対応クラブ 人気売れ筋商品

Aデザイン ゴルフ Aグラインド ハイブリッド アイアン単品 NSプロ 950GH スチールシャフト A DESIGN GOLF GRIND HYBRID 振動数対応クラブ

Aデザインアイアン振動数

 

ロフト

 

アイアン選びの重要な要素の1つはロフト角です。ただ、アイアンのロフト角は何度にしなければならないと決められているものではありません。5アイアンで23度もあれば27度というようにモデルにより違てきます。

 

番手ごとにロフトが4度ずつ異なる設定が一般的で、10ヤード~15ヤードぐらいフルスイングの距離が変わり、ラウンドでは残り距離に応じて、できる限りフルスイングで打てる番手を選ぶことがスコアをまとめるポイントです。

 

以下の表は5~PWアイアン標準ロフトになります。

5アイアンは現行25~27度が主流ですが25度が一番お勧めロフトです。

 

番手

ロフト角

ライ角

重量g

5I

25

60.5

252

6I

28

61.0

260

7I

32

61.5

268

8I

36

62.0

276

9I

40

62.5

284

PW

45

63.0

292

 

【必見!】ゴルフグラブ・ボール・ウエア・アクセサリ特集

 

シャフトの硬さ、重さ

 

アイアンシャフトはカーボンシャフト、軽量スチールシャフト、スチールシャフトがラインアップされています。

 

上級者が好むスチールアイアンには、軽量スチールシャフトと重いスチールシャフトがラインアップされています。

 

ゴルフクラブは軽すぎるとスイングが不安定になってしまい、方向性が不安定でミスが出やすくなることから、振れる範囲で重めのクラブを使うことベストです。

 

シャフトの種類の選択の基準は、スポーツ経験がなく体力に自信がない初心者や女性ゴルファーにはカーボンシャフトがお勧めです。

 

一方、体力は一般的だというゴルファーはまずは軽量スチールシャフトを、体力に自信がある人や上級者で色んな球を打ち分けたいゴルファーには重いスチールシャフトが装着されたモデルがお勧めです。

 

さらに、アイアンクラブの選択で重要なファクターに、シャフトの重さ、シャフトの硬さが重要になりますが、シャフトの重さはシャフトの硬さと連動しいることから、ヘッドスピードの合うシャフト重量がポイントになります。

 

以下の表は、主アイアンシャフトメーカのシャフトを装着した5アイアンのクラブ重量です。

 

クラブ重量

メーカー

シャフト名

5 I 重量

非常に重い

True Temper Dynamic Gold 5 Iron 38in 430g

重い

日本シャフト N.S Pro1050 5 Iron 38in 410g

日本シャフト N.S Pro1150 GH  

日本シャフト N.S Pro Modas3  

普通

True Temper GS 95 5 Iron 38in 400g

日本シャフト N.S Pro 950GH  

やや軽め

True Temper GS 85 5 Iron 38in 380g
  日本シャフト N.S Pro 850GH  

 

重いクラブは430g前後、やや重いクラブは410g前後、一般的な重さは400g前後、軽いクラブ(軽量スティール、カーボンシャフト)は380g以下となります。

 

アイアンの場合、フルスイングしても、スイングプレートがブレづ安定してスイングできる重さのクラブがベストです。

 

クラブ総重量は、シャフトの重量の違いで決定されます。アイアンクラブを選ぶ場合、シャフトの重量をチェックされることをお勧めします。

 

ただアイアンの苦手な方は、少し軽め、柔らいシャフトの方が絶対おすすめです。打ちやすさと正確なショットは何も重めのクラブでなく、振りやすいシャフトを選ぶべきです。

 

お勧めのシャフト

 

日本シャフト  NSPR 950GH NSPR 850GH

 

ツルーテンパー GS 950  GS 850

 

 

【参考資料】

 

飛距離アップの飛距離重視のアイアンセットはこちらから

 

飛びを取り戻すシニアアイアンセットはこちらから

 

 

 

ボールバーナ

お買い得各メーカラウンドボールはこちらから参照!

 

 

ゴルフクラブ

 

メンズクラブ

レディースクラブ

キッズ・ジュニア―用クラブ

クラブ用パーツ・シャフト



ウエアー

 

メンズウエア―

レディーウエアー

キッズ・ジュニア用ウエアー

 

シューズ

 

メンズシューズ

レディーシューズ

キッズ・ジュニア用シューズ

シューズ用アクセサリー


バッグ・グローブ・ボール・その他

のアイテム

グローブ

バッグ・ケース

ヘッドカバー

ラウンド用ボール

トレーニング用具

ラウンド用品・小物

コンペ用品

その他


人気の新作クラブ・シューズ・ウェア・バッグ・グローブ・ボール・ゴルフナビなどが大集合!レディース・メンズ・子供用も品数豊富に取り揃え。口コミ・ランキング・各種特集ページから簡単にお選びいただけます。





ゼクシオ

スリクソン

ブリジストン

ミズノ

テーラーメイド

タイトリスト

ヤマハ

キャロウェイ

コブラ

ホンマ

ヨネックス

オデッセイ

アダムス

ピン

オノフ

ロイヤルC

クリーブランド

マルマン

リンクス




ATTAS11

ゴルフクラブ最新モデル一覧はこちらから





 

 

練習機

ゴルフ練習機の一覧はこちらからご覧ください

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 


 

 

マーク

 

 

 

 

 

 

 

 

サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
ゴルフ場予約サイト シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み