100を確実に切るポイントその方法

100を確実に切るポイントと方法

 


初心者クラブ

初心者のお得クラブ・バックなどのセットの一覧はこちらから

 

100を確実に切るポイント

 

ゴルフクラブを初めて握り、コースにデビュー100を切る目標でラウンドを積み重ねても、なかなか100を切れないのがゴルフです。

 

そこで確実に切るための定義はありませんが、自分のスコアーカードを分析すれは、意外とすぐわかることです。

 

それは、ラウンド後のスコアーをチエックして見れば、一目瞭然です。

 

ダブルスコアーや2桁の数値が、並んでいるのではありませんか。これでは、100切れの挑戦は永久に続くでしょう。

 

そこで、100を切るためには、数値目標を設定してみると、100切れのポイントが見えてきます。

 

例えば、ショット数をシートホール、ロングホールを含めて3、4打目でグリーンにのせる、パットを2.5以内に留めれば、99打で100切れが実際に実現します。

 

その近道は、OBやトップダフリを減らすことや、パットの無駄打ちを無くすことです。

 

1打、2打の余裕を持つことで、100を切りが見えてくるのです。

 

それには、以下の項目を確実に実行することです。

フォロースルー

 

 

   

スイングは力を抜く

 

ティーショットを確実にフェアウエイーに

 

目標を大きく持つ

 

   

100の壁はグリーンを知ることから

 

  

ドライバーでスライスを打たない

 

  

ショートホールを確実のパー3で上がる

 

初心者のクラブ選択

 

   

プレーイング4のOBは絶対打たない

 

   

トップ・ダフリはやらない

 

   

グリーン攻略は手前から

 

   

グリー周りで往復ビンタしない

 

   

バンカーは一回で脱出する

 

   

4パットは絶対しない

 

 

 

スイング矯正機

 

 

 

上記以外で100を切るための問題点を参考にしてください

 

質問のマーク
初心者のスライス病を直す
質問のマーク
スイングの基本は前傾姿勢
質問のマーク
3パットしない方法
質問のマーク 
初心者のアドレスの取り方
質問のマーク
初心者のスエ―を直す
質問のマーク 
初心者が簡単に捻転を作る方法
質問のマーク 
長いアドレスはミスショットを誘発
質問のマーク 

芯でボールを捕まえるアドレス
質問のマーク 
グリップでスライス防止
質問のマーク 
グリップは緩く握る、強く握る、どちらが正しい?
質問のマーク 
苦手なバンカーの脱出
質問のマーク 
オーバースイングの矯正
質問のマーク 
正しいアドレスのとり方
質問のマーク 
トップスイングの力みを解消
質問のマーク 
ダフリの解消法
質問のマーク 

トップの解消法
質問のマーク 
アイアンのシャンクの解消法
質問のマーク 
アウトサイドインのスイングを直す方法
質問のマーク 
ティーグラウンド上の注意点
質問のマーク 
ドライバーを真っすぐ打つコツ
質問のマーク 
ヘッドの加速方法
質問のマーク 
ハザードの確認
質問のマーク 
グリップで飛距離アップ
質問のマーク 

左肩でスライス防止
質問のマーク 
体の開きでスライス防止
質問のマーク 
ギッタン、バッタンのスイング矯正
質問のマーク 
ティ―グランドの傾斜
質問のマーク 
スイング軸を安定させる
質問のマーク 
頭の上下動を直す
質問のマーク 
アプローチのミスをなく
質問のマーク 
フォロースルーがうまく取れない
質問のマーク 

アドレスが原因でスライスになる
質問のマーク 
ドローを打ちたい
質問のマーク 
ボール初速を上げて飛距離をのばす方法
質問のマーク 
連続ミスがでる
質問のマーク 
すくい上げのスイングを直したい

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 


 

 

 

他に100・90を切るポイントに戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴルフ豆辞書に戻る

 

 

 

100を確実に切るポイントその方法記事一覧

ドライバーでスライスを打たない【初心者】

ドライバーでスライスに悩むゴルフ初心者や一般ゴルファーの多くが最初の壁として直面することが多いスライスはホールで最初に打つティーショットで出やすく、OBや2打目が打ちずらい場所に打ち込み、致命的なミスになってしまいます。スライスとはどのような弾道ゴルフはティーアップしたボールを打ちますが、野球やテニ...

≫続きを読む

 

スイングで力を抜く

スイングで力を抜く方が飛ぶボールを遠くに飛ばすには力は必要ですが、ゴルフの場合、力を入れたから言ってボールを遠くに打てるとは限りません。特に、初心者この傾向を多く見受けます。確かに、力を入れて打つ方が飛びますが、ゴルフは体の回転を使いクラブという道具を使い打つスポーツです。つまり、クラブが良い仕事を...

≫続きを読む

 

ティーショットを確実にフェアウエーに置く

ティーショットを確実にフェアウエーに置くクラブ選択100を切る手段として、ティーショットの成功はスコアーを作る意味で大きなファクターです。100を切れないゴルファーのほとんどが、ラウンド中に大たたきする傾向があります。この大たたきは、トリプルボギーやダブルボギーでティーショットのミスが原因ではないで...

≫続きを読む

 

スコアーの目標を大きく持つ

初心者が大たたきしない方法初心者が100を切れない要因に、メンタルの持ち方に問題がある場合を多く見受けます。まず、自分のスキルを自覚することです。すべてのホールでパーを狙うことで、自然とプレッシャーがかかり、逆にミスショットを打ってしまいます。上級者やプロでも、すべてのホールでパーを取ることは至難の...

≫続きを読む

 

ショートホールを確実のパー3で上がる

ショートホールを確実にパー3で上がる技100を切れないゴルファーのスコアー表を見れば、一目瞭然ショートホールで大叩きの傾向がみられます。ショートホールでは、アドレスでティーアップしピンを狙うと、意外とパーが取りやすく感じてしまうことです。でも、考えてみればパー3では必ずグリーンにワンオンしなければな...

≫続きを読む

 

100切りの壁はグリーンを知ることから

100切りの克服はグリーンを知ることからゴルフはパターから始まるといっても過言ではありません。ラウンド終了し、スコアーカードをみればパター回数が全体の打数の50%以上を占めるゴルファーは大半ではないでしょうか?そこで、グリーンを科学して理屈を知ること、断然グリーンの攻略法が見えてくるのです。以外と知...

≫続きを読む

 

初心者のクラブ選択

初心者のクラブ選び初心者のクラブ選びの要約自分の体格や体力に合わないクラブでは、どれだけ頑張っても良いショットを打つことはできません。自身に合ったスペックのクラブを使う必要があるります。上達の近道は、自分に合うクラブを選んでから、そのクラブで練習を続けること! 同じクラブを使い続けることで、自分のス...

≫続きを読む

 

プレイング4で絶対OBを打たない

プレーイング4のOBは絶対打たないプレーイング4のコースはOBが出やすく、打ちなおしでのプレ―延滞を防ぐ目的で設定されています。つまり、トリッキーで落とし穴の多いホールといえます。OBを打たないには、まずアドレスで目標に正しく構えることです。OBを打たないアドレスは、目標に対してスクエアーに構えるこ...

≫続きを読む

 

トップ・ダフリを減らす

トップ・ダフリを打たないスイングトップ・ダフリはやらないアイアンでのダフリは、インパクトでボールの手前の芝生にクラブが入ることで、大きく飛距離をロスしてしまいます。この原因はいろいろ考えられますが、初心者に多いミスがテークバックで体が伸び上がり、ダウンスイングでは体ぎ沈むことでの、ボールの手前のクラ...

≫続きを読む

 

グリーン周りで往復びんた

グリーン周りで往復びんたでスコアーを崩さないグリー周りでのミスはトップ、ザックリではないでしょうかワンピンにつけようと力みからトップやボールの手前にザックリをしてしまいます。これは、ボールを上げようと距離感の意識を強くすると、ザックリしやすくなるので、ボールを転がすほうが、初心者の方にはお勧めです。...

≫続きを読む

 

グリーンの攻略は手前から

グリーンの攻略は手前から攻めるグリーンの攻め方には、いろいろ方法がありますが、初心者や一般ゴルファーはグリーンの手前から攻めるのが最もリスクが少ないことです。その訳は、日本の地形からくるコース設計にあります。日本のゴルフ場は、大半が丘陵地帯や山岳コースにあることです。つまり限らた地形の中で、限られた...

≫続きを読む

 

バンカーからは1回で脱出

100を切る・バンカーからの脱出グリーンの乗せるだけで、距離を合す必要はありません。バンカーの砂の中で、アドレスをしっかり取り、SWでフェースを開いてボールの手前にヘッドを強く打ち込んでください。インパクトではグリップを緩めない!アドレスはクラブフェースは目標に、スタンスは目標に対してオープンになり...

≫続きを読む

 

100を切る・4パットは絶対しない

4パットは絶対しないポイントグリーンの大きさを知る日本のゴルフ場の場合、グリーンの大きさはせいぜい縦30~40ヤード、横も30~40ヤードの範囲内です。そのことから、グリーン狙いはピンではなく、グリーンセンター狙いが鉄則です。グリーンセンターからのパットの距離は長くて20y以内で済むからです。そのこ...

≫続きを読む

 

初心者のスライス病を直す

初心者のスライス病を治すポイント初心者がゴルフを始めて最初に悩む問題は、ほとんどはスライス病ではないでしょうか?スライス病はゴルフを始めた方なら、だれでもが経験する悩みで気にすることではありません。そこで、初心者のスライス病の原因は、ほとんどが振り遅れが原因でスライスになるのです。スイングの振り遅れ...

≫続きを読む

 

初心者のアドレスの取り方

初心者のアドレスの取り方初心者がアドレスを取る場合、最も起こしやすいミスはスタンスの位置の取り方、肩の正しい位置が取れていないことです。そこで、上の写真を参照しスタンスは赤のラインに取るのが正しい位置になります。ターゲットラインに体全体を平行にスタンスを取ります。注意点は赤のラインの様に、スタンスを...

≫続きを読む

 

スイングの基礎は前傾姿勢

スイングは前傾姿勢がポイント今回のラウンドは、練習も十分積み絶対100を切ると望んだ結果100を大きくオーバーしてしまう。この様なゴルファーに良く見られるケースが、いざコースにでると体の上下動や左右のブレでスイングのリズムが上手く取れず、ミスショットを連発して目標を達成できなくなるケースです。ゴルフ...

≫続きを読む

 

長いアドレスはミスショットを誘発

長いアドレスは筋肉の硬直でミスショット初心者がティ―エリアで、アドレスに時間を掛け過ぎる傾向があります。これは、アドレスに入ってから、ミスショットを打たないだろうか、テークバックどうしようかなど、考えてしまうからです。そこで、アドレスからテークバックへのリズムは早めに行うように、心掛けてください。ア...

≫続きを読む

 

初心者が簡単に捻転する方法

トップで捻転(ネジレ)の作り方が分からない捻転とはアドレスで構えた、体とクラブをバックスイングからトップスイングを行うことで、身体に大きなエネルギーを貯めたネジレを作り、ダウンスイングでそのネジレを解放する事で、ヘッドスピードを高め役目をはたします。この体のネジレは、基本動作をしっかり行うことで正し...

≫続きを読む

 

OBを防ぐ方法

OBを打たないポイントと方法100、90を切る秘訣は1打目のティ―ショットが肝心です。初心者や中級者がスコアーを崩す大たたきは、大抵の場合ティ―ショットでOBを打つからです。また、大きく左や右に曲げ、グリーンを直接狙えなかったり、出すだけの無駄な数打を増やしてしまうからです。どのようなスポーツ競技で...

≫続きを読む

 

ドライバーを真っすぐ打つコツ

ドライバーを真っすぐ打つコツ右サイドが池や崖の場合、スライスは絶対に打ってはいけない場面です。下の写真を参考に解説します。ドライバーをまっぐ打つのは、スイング軌道がターゲットラインに平行、フェース向きがターゲットラインに対して直角、ヘッドのスイートスポットでインパクトするこの3条件が揃って初めてボー...

≫続きを読む

 

グリップ力で飛距離アップ

グリップ力で飛距離アップする方法飛距離アップは、下半身の安定ならびに背筋や腕力が大切ですが、意外と簡単に飛距離を伸ばす方法に、左手グリップ力の強化があります。スイングプレートをリードするのは左腕で、左グリップ力強化はシンプルで効率の良いスムーズなスイングが出来、力強い打球を打つ事ができます。スイング...

≫続きを読む

 

正しいアドレスの取り方

正しい方向に打つためのアドレスの取り方各ホールごとに異なったレイアウトがあり、打ち上げ、打ち下し、右ドッグレッグ、左ドッグレッグなど方向が取づらいホールの場合、初心者の多くは知らず知らずに間違ったアドレスを取ってしまいます。また、ティーグラウンドの傾斜に気づかず、せっかく納得いくショットを打ってもO...

≫続きを読む

 

ティーエリア上の注意点

ティーエリアでの注意点ティーアップしたボールを正確に打つには、正しいアドレスを基本にスイングすることが必要になります。このスイングはターゲットに対してスタンスと肩の向きが正しく向いているのが条件になります。しかし、、ティーエリアでアドレスがなかなか決まらず、結果感覚的にうまくアドレスが取れず、正しい...

≫続きを読む

 

グリップの仕方でスライス防止

スライスに悩む初心者のグリップゴルフの入口はグリップにあると言っても過言ではありません。クラブと腕の支点でクラブを振る時に大きな影響を与えるからです。初心者のボールが曲がる原因の多くが、グリップの握り方にあります。実際、グリップを直すことで、簡単にスライスを防止できることがあります。ほとんどの初心者...

≫続きを読む

 

アドレスでグリップは柔らかく握る、強く握る

グリップを緩く握る、強く握る、どちらがいいのか?アドレスでグリップを強く握る方が良いのか?緩く握る方が良いのか、と迷われるゴルファーが意外と多くおられます。結論からいえば、緩く握ることです。人間の筋肉は緩めた状態から使うことが、一番力を発揮できます。力を入れてグリップすれば、インパクトでは必ずグリッ...

≫続きを読む

 

芯でボールを捕えるアドレス

芯でボールを捕えるアドレスインパクトでヘッドの芯でボールを捕えてこそボールは、縦の順回転が生まれ直進性の高い弾道でより遠くボールを打つことができます。そのためには、まず、ティ―アップしたボールに、フェースの芯の部分を正確に合す必要があります。無造作にボールにセットアッツプすれば、スイングの再現でフェ...

≫続きを読む

 

苦手なバンカーからの脱出

苦手なバンカーの脱出バンカーとは、コース内に設置された砂地で障害物になります。バンカー内では、クラブを砂につける事や素振りで砂に触れることは禁止されています。また、クラブをバンカー内に置くことも禁じられていますから、注意が必要です。グリーンの周りのあるバンカーはガードバンカーと呼ばれています。このペ...

≫続きを読む

 

オーバースイングの解消

オーバースイングの原因と矯正ゴルファーは誰しも遠くに飛ばしたいと、願うのはごく当たり前のことです。その願いがスイングを必要以上に大きくなり、オーバースイングを引きおこしてしまいます。では、どうしてオーバースイングになるのでしょうか。それは、大きくスイングすれば速く振れボールを遠くに飛ばせると錯覚する...

≫続きを読む

 

トップスイングの力みを解消

トップで力みを解消グーグルとその情報提供者意識の問題です。遠くに飛ばそうとすれば誰でも力をいれることから、体全体がに力が入りスイングを硬直させミスショットに直結します。無意識で力を入れず打ったボールが、驚くほど飛んでいた経験はありませんか?筋肉を軟らかく使う方が、はるかにヘッドが走るのです。トップで...

≫続きを読む

 

ダフリの解消法

ダフリの解消法とその原因初心者の多くが悩むダフリは、球を上げようとする意識が強すぎインパクト直前に力が余分に入り、ボールの手前にヘッド落とす事でダフリを起こしてしまいます。この余分な力みは、ダウンスイングで力が入る事で右腕の関節が早く伸びます。結果、右腕のコックが早く解け、ヘッドがグリップより先行す...

≫続きを読む

 

トップの解消法

トップの解消法と方法アイアンのトップは、球を上げようと意識を強く持つことで起こりやすく、特に、手前に池やバンカーがある場合におこります。池に入れたら、バンカーに入ったら などの結果を考えるあまり、球を上げようと意識してスイングすることで、体が硬直、右肩が下がり両膝がのびる事で起こります。この両膝の伸...

≫続きを読む

 

アイアンのシャンク解消法

アイアンのシャンク解消法シャンクとはアイアンのホーゼル部分でボールをヒットすることで、ボールは急激に右に飛んでしまいます。また、いったんシャンクが出るとなかなか元にはもどらない事から、シャンク病と呼ばれラウンド中に起こると修正方法を会得していないと厄介な症状になります。そこで、シャンクの主な原因を考...

≫続きを読む

 

アウトサイドのスイングを直したい

アウトサイドインを直したいクラブをアウトサイドに上げる原因ゴルフを始めて、ボールを打つことに集中して、スイング軌道がアウトサイドインになり、スライスに悩むゴルファーを以外に多くみかけます。アウトサイドにクラブを上げるゴルファーの多くは、ゴルフはクラブを使いボールを打つ意識から手でクラブを上げることで...

≫続きを読む

 

100を切る正しいテークバック

スイングの原点はアドレスとテークバックゴルフの基本はアドレスとテークバックで決まるといっても過言ではないほど重要なファクターです。この2つのファクターはスイングのスタートの原点で、ショットの結果に大きく影響を及ぼし、またスイング全体のリズムを作る上で最も重要な要素になります。まず、正しくアドレスを取...

≫続きを読む

 

ヘッド加速の方法

ヘッドを加速方法は筋肉の使い方ティーグラウンドで、いざスイングする時、アドレスがどうか テェ―クバックがどうかなど、あれこれ考え過ぎて肝心のヘッドを加速することが出来ず、結果飛距離も出なく、時にはトップ、ダフリ、空振りの原因になります。ゴルフスイングにおいて、力みはヘッドスピードを減速させてしまヘッ...

≫続きを読む

 

ハザードの確認

テイーグラウンドでハザードの確認フェアウエーのハザードが確認できたら、それを避ける戦略を立てて無理せずフェアウエー狙いでいく事が大切です。初心者は、特にハザードで大たたきする危険があります。フェアウエーバンカーや池、川など、ハザードからの脱出方法を練習して挑戦してからでも遅くありません。ティークラン...

≫続きを読む

 

左肩でスライス防止

左肩でスライス防止初心者のスライス克服は一段上達への入り口といえます。ゴルフを始めて最初につき当たる壁がスライス病です。これはまだスイングそのものを理解出来す、体とクラブのリズムが取れず、インパクトでクラブが開くことや、インパクトがアウトサイドでカットスイングするからです。これを、克服するには、左肩...

≫続きを読む

 

体の開きでスライス

インパクトで体が開く原因左肩が開けば当然開いた分、スイング軌道はアウトサイドからインサートするためインパクトではボールをカットしスライスがでてしまいます。では、何故左肩が開くのでしょうか。原因の多くは、左肩が十分回転せずトップスイングが浅いことです。つまりクラブをインサイドから引ける位置まで回転して...

≫続きを読む

 

スイングのスエ―の直し方

スイングのスエ―の意味初心者のゴルファーにはスエ―と体重移動を同じ意味に取らえている方がいます。スエ―と体重移動とはよく似ていますが、根本的にことなります。体重移動とは、アドレスで構えた両足のスタンスの内側で、回転軸を移動させないで体をねじることで、スイング中に起こる体重の移動ですが、スエ―は回転軸...

≫続きを読む

 

ギッタン、バッタンのスイング矯正

ギッタン、バッタンのスイング矯正スイングをスムーズに行うには無駄な筋肉を使わずにスイングすることです。人間の体には、足首、両膝、腕、腰、肩など多くの関節が存在しています。これらぼ関節は全て筋肉と繋がっており、この筋肉の硬直は関節の動きを鈍くしスイングに無駄な動きを起こしてしまいます。スムーズなスイン...

≫続きを読む

 

ティーエリアの傾斜に注意

テイーエリアの傾斜に注意すべてのティーエリアがフラットとなっているとは限りません。急いてティ―アップした時、ティーグラウンドの前下がり、前上がり、左足上がり、左足下がりなど、傾斜に気づかずにいる場合があります。ティーエリアに上がる前に、傾斜があるかどうかを確認するのがミスショットの防止に役立ちます。...

≫続きを読む

 

スイング軸安定させる

体の回転軸【スイング軸】を安定さす方法ゴルフは、高速で飛んで来るボールを打つ野球やテニスと異なり、ゴルフは止まっているボールを打つことです。つまり、インパクトでは正確なフェース向きと、ヘッドスピードに合ったクラブでシャフトの最下点で打つことが重要になります。100を切るには、スイング中の回転軸を安定...

≫続きを読む

 

頭の上下動を直す

頭の上下動を直すスイング中は頭を左右に動かさない。これでは体が硬直してスイングできません、頭を動かさずバックスイングをすると、背骨が左傾き、反対側(左側)に反り返るトップスイングになります。多少の左右移動は、かえってスイングをスムーズに行う為にも必要です。下の図は、両肩をイラストした図です。正しいテ...

≫続きを読む

 

アプローチのミスを防ぐ方法

アプローチのミスをなくす初心者のアプローチのミスの原因はダフリ、トップがほどんどを占めると思われます。このトップ、ダフリの原因は、バックスイングとダウンスイングの軌道が同じ軌道でないことが上げれれます。同じに軌道でスイング出来ないのは、まず、アドレスでの前傾姿勢が崩れていることが上げれます。この姿勢...

≫続きを読む

 

フォロースルーがうまく取れない

フォロースルーが上手く取れない手でスイングを行いウエイト移動が上手くいかないフォロースルーを上手く取れない原因に、トップスイングからフィニッシュまで体重移動がうまくいってない証拠で、遠心力をうまく使えず飛距離も大きくロスしてしまいます。ダウンスイングのシャフトのシナリは、インパクト直後の遠心力の反転...

≫続きを読む

 

アドレスが原因でスライス

アドレスでスライス矯正スライスの原因はいろいろ考えられますが、意外とアドレスの取り方で、スライスが出やすい構えになっている場合をよく見かけます。目標に対してオープンに構えている場合、正しくスイング出来ても、クラブの軌道は目標に対してアウトサイドインになりスライスがでます。他に、アドレスで体重のかけ方...

≫続きを読む

 

ドローを打つコツ

ドローを打つコツスイングがだんだん良くなると、スライスからドローを打ちたくなります。ドローはスライスと違い、勢いの強い球で飛距離がでる事で距離を出したいゴルファーには魅力的です。アドバイスドローのスイング軌道はインサイドアウトになります。目標に対して、スクエアに構えますが、ドローを打つ場合は正しいス...

≫続きを読む

 

ボール初速を上げ飛距離を伸ばす方法

ボール初速を上げ飛距離を伸ばす方法飛距離を伸ばすには,ヘッドスピードよりボール初速度です。ボール初速を速めるには、ミート率を高めることで飛距離アップに繋がります。40M/sのヘッドスピードでジャストミートすれば230y前後は飛びますが、ミート率が80%の場合、約30yもロスしてしまい200y前後の飛...

≫続きを読む

 

連続ミスショットが続いた

連続ミスショットが続いた連続ミスが続いた場合、多くはスイングを力んでしている為、窮屈な打ち方になっているからです。焦らず、大きく息をすい上体をリラックスさせてください。アドバイス肩の力を抜いて小さく飛び跳ねたり、腕をグルグル回して肩甲骨をほぐしてみるのも効果があります。筋肉を軟らかくするストレッチは...

≫続きを読む

 

シューズ特価




サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページに戻る シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み ゴルフ場予約サイト