ヘッドスピードを上げるスイング理論(アイアン編)

スイング理論アイアン編



 

正確にアイアンショットを打つ基本

 

アイアンの概念は、距離を打つクラブでなく、狙う距離に合わせて、その選択したクラブで正確なショットを打つことです。

 

ドライバーのように遠くに打つクラブでなく、距離と方向の両方を正確に合わせ、グリーンを捕まえるクラブであると、強く意識してください。

 

距離を合わせる場合は、番手を変えることで行い、スイングの強弱での距離合わせはミスに直結しますから、絶対行わないことです。

 

アイアンのショットはスイング全体を力強く打つのでなく、ダウンブローに強くインパクトする意識が求められます。正しいダウンスイングのためにもオーバースイングは禁物です。

 

アイアンのダウンブローの打ち方は、上からクラブを立ててインパクトすることから、トップではクラブが飛行方向と平行の状態までクラブをあげることは、クラブを下に引くことが不都合で、ヘッドから始動しやすくなります。そのことから、アイアンのトップはグリップを引きやすい、クラブがやや立っている状態が理想になるのです。

 

アイアンは、ドライバーと違い、派手さはありませんが、スコアーはアイアンで作られると言っても過言ではありません。

 

キャディバッグの中に入っている一番多い本数のクラブが、アイアンクラブで、それだけ使用頻度も多く、その分ミスも多く出やすくなります。

 

また打つ場面も、テーグラウンドと違い、ボールのある場所がフラットや芝の上にあるとは限らず、色んな場面に対応し、瞬時にミスのリスクを減らす使用クラブの選択と、それに対応できるスイングが求められます。

 

また、グリーンに近いショートゲームは、ショートアイアンやウエッジを多用して、ピン近くに球を寄せるる事でスコアアップを狙う大切なクラブになります。
結果オーライのショットでは、いつか大たたきする局面を迎えます。

 

正確な距離と、正確なショットは偶然からは、決して生まれません。そのためには、アイアンショットを正確に打つ基本を身に付けることが、心地よいゴルフを楽しめるのです。

 

 

アイアン番手別・一般アマチュアの平均飛距離

番手別 クラブ

男性

女性

4アイアン

170y

120y

5アイアン

160y

110y

6アイアン

150y

100y

7アイアン

140y

90y

8アイアン

130y

80y

9アイアン

115y

70y

PW

105

60y

SW

80y

50y

距離の出るゴルファーの場合は約20y+
距離の出ない非力なゴルファーの場合はー10yを目安にしてください。

 

アイアンのスイングの基本はレイトヒッテグ

 

アイアンのミスの大半はトップがダフリです。ヘッドを元に戻すタイミングが早すぎ、ボール手前の芝生を叩いてダフリになったり、ボールの頭を叩いてトップになるのです。

 

これらの問題は、コンパクトなスイングとリリースポイントを学ぶことで解決できます。
その為にも、アイアン基本を下のアイアンのスイング理論から習得してください。

 

スイング理論

 

アドレスの取り方

 

テークバックの取り方

 

トップスイング

 

ダウンスイング

 

インパクト

 

フォロースルー

 

xxio
ゼクシオ10ドライバーはいつものスイングで自然と芯を食う「オートマチック」なドライバーでした。0.25インチ長くなりヘッドスピードも上がりやすくなりましたが、メーカーの謳い文句通り自然にタメの作れるシャフトがプレーンな軌道に乗せてくれる感覚です。また、フェースの反発性能もアップしているそうで、前作(ゼクシオナイン)より飛距離はアップ、価格はダウンで大満足のドライバーです。

こちらから

 

 

 

 

 

 

アイアンスイング理論記事一覧

アドレスの取り方

理想のアドレスボールの位置アイアンのボールの位置は、7番アイアンが基準になります。7アイアンのボール位置はスタンスのセンターかボール半個分左に置くのが基本です。スタンスは肩幅よりやや広いぐらいに取りますが、アイアンのスイングは特にダウンブローに打ち込むため、大きめのスタンスでは軸の移動が起こりやすく...

≫続きを読む

 

テークバックの取り方

正しいテ―クバックの取り方アイアンはドラーバーのように、できるだけ遠くに飛ばすクラブとは違い、グリーンを直接狙うクラブで、何より正確な方向性と、正確な距離が求められます。そのため、距離の違いを打つことが出来る様に、各番手があります。アイアンはドライバーに比べるとクラブも短く、その分当然、バックスイン...

≫続きを読む

 

トップスイング

理想のトップスイングアドレスとテークバックが正しく行えば、理想のトップスイングになります。その理想の形とは、トップスイングで、左グリップが右耳の少し上の横にきて、右手のグリップで出前持ちのスタイルがトップの正しいスタイルになります。その時の右肘は外側に向かず、地面を方を指すのが正しい出前持ちになりま...

≫続きを読む

 

ダウンスイング

正しいダウンスイング新商品ランキングの紹介!ダウンブローに打つコツアイアンの打ち方の基本は、ダウンブローに打つことです。ではどのようにすればダウンブローに打つことができるのでしょうか。それには、まずアドレス、テークバック、トップスイングの流れをきっちり行うことで、可能になるのです。スイングはアドレス...

≫続きを読む

 

インパクト

理想のインパクトインパクトの基本的考えは、ダウンスイングとフォロースルーの通過点と考えてください。何故なら、インパクトの瞬間はクラブコントロールが効かないからです。インパクトの良し悪しは、ほぼダウンスイングで決まりますが、インパクトではボールの赤道より下の部分に、ヘッドを鋭角に打ち下すイメージをしっ...

≫続きを読む

 

フォロースルー

正しいフォロースルーの取り方ゴルフのスイングでフォロースルーは意外と軽視されがちですが、インパクト後のスイング軌道は飛距離アップや安定したボールを打つのに、とても大切なファクターです。インパクト後、ヘッドを低く長く使う事で、フェースで長い時間ボールとコンタクトでき、直進性の強いボールは打てるのです。...

≫続きを読む

 
年末予約


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ シャフト理論 スイング理論 ゴルフ場予約サイト ゴルフルール