スイングと角運動量理論

スイングと角運動量

 

golf5sumersale

 

 

スイングの角運動量を増やす

 

飛距離アップを効率良く行うには、スイングの角運動量を増やす必要があります。

 

角運動の運動量=角速度×半径で表すことができます。

 

ゴルフスイングにおいて半径とは、体幹を軸と考えた場合、体幹の支点は左肩で左腕の長さ、クラブの長さにあたります。

 

そこで、スイング中で最も合理的な角運動は、上の体幹を軸に腕とクラブの使い方になります。下の表から各部位の使い方の変化を見ることで、その答えが見えてきます。

 

ここで重要なことは、クラブのシャフトシナリはシャフトだけでなく、シャフト+腕の長さ全体がシナリと捕らえることです。

 

ゴルフスイングで理想の体とクラブの使い方を、腰、腕、クラブの変化を下の図1で示しています。
角運動図1

 

この図で横軸は時間でダウンスイングからフォロースルーまでの時間の経過を表し、縦軸は角部位の回転における角運動量を示しています。

 

この角運動量はスイングの速度と考えてください。

 

これを見ると、スイングの開始は腰から始まり、角運動量は腰及び上半身に溜められています。

 

腰の動きがピークを離れると、それに引きずられ左腕が動きます。

 

これは、腰の角運動が左腕に転送されたからです。

 

次に、この運動はクラブに移されインパクトでヘッドの角運動は最大になります。

 

この時、腰も左腕もすでに動きをほとんど止めており、それらの角運動量は全てクラブヘッドに移されています。

 

フォロースルーではクラブヘッドの遠心力に引きずられ腕、腰が動いていきます。

 



 

これを、力学的にみた理想のスイング(飛距離をアップできるスイングスピードを上げる)で、腰から腕、次にクラブヘッドと角運動が時間的に遅れを持ちながら、連続的に推移していくものです。

 

つまり角運動とは、回転の運動量であり、角運動量とは角速度に半径を掛けた値になります。

 

トップスイングでできた体の捻転から、初めは腰のように重いものを動かし運動量を溜めて、腰の運動が減速することで一気にエネルギーが、次に軽いもの腕に運動量を移して速度を大きくしていくのです。

 

さらに腕のエネルギーはダウンスイングのコックが解けると同時にクラブに移動していくのです。

 

この瞬間ではクラブと腕の支店のグリップ速度が減速することで、さらにエネルギーを増幅し体幹から最も距離のクラブのヘッドにたまることになります。
【減速することで運動量が増える現象は電車に乗車したとき、急ブレーキがかかると体が前に強く移動すること】

 

これは、ムチの動きに似ています。ムチも重い手元から先端にいくほど軽くなり、先端では相当な速度で振ることができます。

 

つまり、スイングの原理はムチと同じ原理になるのです。

 

では、実際はどうでしょうか。

 

【必見!】ゴルフグラブ・ボール・ウエア・アクセサリ特集

 

図2は当サイトの契約プロのスイングを実際分析し解析したものです。

 

グラフで細い赤のラインは腕の角運動量と時間帯を、細いグリーンのラインはクラブの角運動量と時間帯を表しています。
角運動図2
一連の分解写真から手とクラブの運動量の時間の変化を見たもので、これを見ると理想的な動きをしている事がわかります。

 

インパクトでは手の運動量が非常に少なく、逆にヘッドの運動量が最大になっています。これは、手の運動量がインパクトで最大になるよう乗り移た証拠といえます。

 

このように、世界のトッププロは大なり小なりこの様なパターンでスイングを行っているのです。

 




 

一般ゴルファーの多くは、図の中の太い茶色線は腕の角運動と時間帯、太い空色線はクラブの運動量と時間帯のパターンです。

 

インパクトではヘッドスピードは最大になっていますが、手の振りも同時に最大になっています。

 

しかも、インパクト後の手の振りも大きく、これでは、スイング中の運動量の乗り移りが効率良くヘッドに伝達できず、結果として、飛距離を大きくロスしてしまうのです。

 

これらの理由により、インパクトで左腕、腰の動きを止めるという感覚が「左に壁を作る」という概念が生まれたのです。

 

左の壁とは、インパクトで遅れてきたクラブヘッドがこの壁を支点にインパクト直前、腕を追い越しヘッドがこの左の壁を突き破る感覚で、これがエネルギー的に見ても合理的なスイングといえます。

 

下の写真から、左壁を支点に右腕、クラブが一直線になっています。これはスイングを加速する半径円を大きく使うことで、角運動の加速度を最大値にしています。これからも、フォロースルーの重要性を理解できると思います。

 

角運動
参照:グーグルとその情報提供

 

この、角運動の動きを十分理解して、スイング理論を読むことで、実際、スイング中の各部位の使い方が良く理解できると思います。

 

 

角速度を得るためのパワーや、重いものを上手に操るための重心のコントロールこそが本当の飛距離の伸ばし方ということになります。

 

下半身を強固に、スイングの遠心力に耐えれる強靭な体幹を身につけ、バックスイング、トップスイングでしっかりした捻転を作てこそ、角速度(ヘッドスピード)を速めることが可能になるのです。

 

結論は、ゴルフスイングでヘッドスピードを上げるには、回転軸を小さくすることです。つまり、中心を小さく回転することで、外側に慣性モーメントが大きく働き振るスピードが上がることです。

 

【関連記事】

 

正しい捻転は、アドレスからテークバック、トップスイングを取るとき、スタンス(両足)を地面からあまり離さず、左肩が右ひざの上に来るようねじることです。
その時の注意点は、クラブを手であげず、左肩、左腕、クラブを一体化してテークバックを取れるようにしてください。

 

 

ボールバーナ

お買い得各メーカラウンドボールはこちらから参照!

 

練習機

ゴルフ練習機の一覧はこちらからご覧ください

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 


 

golf5sumersale

 

 

ゴルフクラブ

 

メンズクラブ

レディースクラブ

キッズ・ジュニア―用クラブ

クラブ用パーツ・シャフト



ウエアー

 

メンズウエア―

レディーウエアー

キッズ・ジュニア用ウエアー

 

シューズ

 

メンズシューズ

レディーシューズ

キッズ・ジュニア用シューズ

シューズ用アクセサリー


バッグ・グローブ・ボール・その他

のアイテム

グローブ

バッグ・ケース

ヘッドカバー

ラウンド用ボール

トレーニング用具

ラウンド用品・小物

コンペ用品

その他


人気の新作クラブ・シューズ・ウェア・バッグ・グローブ・ボール・ゴルフナビなどが大集合!レディース・メンズ・子供用も品数豊富に取り揃え。口コミ・ランキング・各種特集ページから簡単にお選びいただけます。





ゼクシオ

スリクソン

ブリジストン

ミズノ

テーラーメイド

タイトリスト

ヤマハ

キャロウェイ

コブラ

ホンマ

ヨネックス

オデッセイ

アダムス

ピン

オノフ

ロイヤルC

クリーブランド

マルマン

リンクス

ドライバー

フェアウエー

ユーィテリテ

アイアンセット

セットクラブ

単品アイアン

単品ウエッジ

パター

中古クラブ

シューズ

バック

Mウエアー

Lウエアー

ボール

グローブ

ヘッドカバー

盛暑・UV対策

防寒小物

グリップメンテナンス

ゴルフ練習機

ラウンド用小物

日傘


OUTLET

ブランド一覧



 

 

トップページに戻る

 

 

シューズ特価




サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページに戻る シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み ゴルフ場予約サイト