ヘッドスピードと飛距離の比較

ヘッドスピードと飛距離

 

 

目   次

 

ヘッドスピードと飛距離の関係


ミート率と飛距離の関係


カテゴリ別ゴルフクラブ


 



 

 

 

 

 

ヘッドスピードと飛距離の比較

 

ヘッドスピードと飛距離の関係はヘッドスピードとボール初速と、そこから生まれるボールの飛び出し角度、ボールのスピン量で決まります。

 

ヘッドスピードとボール初速の関係は、ヘッドがボールをいかに芯で正しく捕らえているかで、ボールの初速が変化し、その結果はミート効率の形で数値で表れてきます。

 

飛距離願望のゴルファーの多くは、ヘッドスピードを今よりさらに速く振れるようにオーバースペックのクラブや、オーバースイングで飛距離を伸ばそうと練習場でたくさんの球を打ち込んで練習をしています。

 

しかし、ゴルファー一人一人には個人の体力の差や限界があり、むやみやたらにただ飛ばす事だけ考えるのでなく、自分の可能なヘッドスピードをいかに有効に使い、ボールを芯で捕まえ最大の飛距離を打てるように考えるべきです。

 

たとえば、女子プロゴルファーの場合はどうでしょう。彼女らのヘッドスピードは43m/c前後が平均的と言われていますが、飛距離は、アマチュアゴルファーのドライブショットをはるかにオーバードライブする260y前後の飛距離が一般的です。もちろんクラブの画期的な機能向上もありますが、インパクトでボールをしっかり捕まえているからです。

 

女性でありながら、、アマチュアのヘッドスピードとそう大きく変わらないのに、どうして、女子プロのドライバーの飛距離はアマチュアの飛距離を大きく上回るのでしょうか。
答えは、インパクトのミートが高いことが上げられます。

 

女子プロはインパクト時に、ボールを芯で捕えることで、ボール初速度がアマチュアゴルファーとは比較にならない程、速いことがわかります。さらに、インパクト時のフェース向きが正しくインフェーズされボールの打ち出し角度やスピンの質が高いことが挙げられます。

 

女子プロの平均ミート率は1.5を100%とした場合、平均1.47のミート率でインパクトしている事がわかります。言い換えるとほほ芯でボールを打っているのです。それにくらべ一般アマチュアゴルファーの平均ミート率は1.3から1.35程度になりますから、たとえ同じヘッドスピードでクラブを振っていても、インパクト後のボール初速に置いて大きな開きができてしまいます。

 

当然、ボール初速の差から、女子プロと一般ゴルファーの飛距離差は40yから50yの距離差が生じてしまうのです。


 

 

 

上

 

 

ミート率と飛距離の関係

 

下のグラフはインパクトのミート率による距離の差です。

 

女子プロの平均ヘッドスピードとミート率

 

ヘッドスピード

ミート率

ボール初速

飛距離 

43m/c

1.48

64m/c

255y

 

アマチュアの平均ヘッドスピードとミート率

 

ヘッドスピード

ミート率

ボール初速

飛距離

40mc

1.48

59.2mc

236y

1.45

58.0mc

232y

1.40

56.0mc

224y

1.35

54.0mc

216y

1.30

52.0mc

208y

43mc

1.48

64.0mc

255y

1.45

62.3mc

249y

1.40

60.2mc

2341y

1.35

58.0mc

232y

1.30

56.0mc

223y

45mc

1.48

86.6mc

266y

1.45

65.3mc

261y

1.40

63.0mc

252y

1.35

60.7mc

243y

1.30

58.5mc

234y

 

 

上の表から読み取れるように、ミート率の低下は飛距離ロスが起こることを顕著にあらわしています。

 

ここで大切な事は、ミート率を高める事で、ボール初速度を上げ、自然と飛距離アップに繋がるのです。また、ミート率の向上は飛距離を伸ばす最適なボールの打ち出し角度やボールスピン量を生み理想の弾道を打てるのです。

 

その為にも、シャフトの最下点とヘッドスピードの一致は大切な要素で、ボール初速を高める必須の条件になります。

 

アマチュアゴルファーの平均ミート率は1.35程度のことから、まだまだミーツ率を高める伸びしろは残っていることになります。

 

無理に力を入れたスイングや自分に合わないオーバースペックのクラブの使用は、決してヘッドスピードの向上に結びつかず、かえって芯でボールをインパクトできず、サイドスピンの多く掛かった曲がりの大きい球筋になるのです。

 

シャフトで飛距離アップの方法の一つとして、シャフトの硬さ(cpm)とヘッツスピードの一致を挙げることができます。また、スイング出来る最大のクラブ重量でスイングすることです。

 

そのために、シャフトが最もエネルギーを貯める最下点とヘッドスピードの一致が最も重要になり、ヘッドスピードで蓄えられたエネルギーを効率良くボールに伝達するにはこのミートを高める以外方法はないのです。

 

ミート率を高めることは、ボール初速を速め、ボールの打ち出し角度を適正にして、ボールを飛ばす最適なスピン量を生み、飛距離アップの為の3要素がこのミート効率によってもたらされるです。

 

又女子プロのスイングにもどりますが、飛距離を大きく伸ばすために、飛距離をだす要素、つまり低スピンかつ高弾道のドローボールを打っています。

 

同じヘッドスピードでも、ミート率が高い上にインサイドアッパーのスイングをしていることです。これは、高弾道のフック系の弾道を打つことで、より飛距離伸ばす方法です。

 

飛距離を何が何でも伸ばしたいゴルファーには一度トライして見てはいかがでしょうか。

 

【参考資料】
飛距離の最も出るインパクト時のボール打ち出し角度は17度前後でボールのスピン量は1800PRMと言えわれています。
一般ゴルファーの平均スピン量は2500~3000PRMになります。

 

特集超お買い得ゴルフアイテムキャンペーン一覧

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

トップページに戻る

 

上

 

 

 

ゴルフ場検索

 

ポイントプレータイプで選ぶ

初心者向き広いコース

上級者お勧めコース

女性特典レヂィースプラン

シニアプラン特集

 

 

ポイントプレー料金で選ぶ

最新格安情報

土日祝¥12,000以下ゴルフ場

平日¥6,000以下のゴルフ場

土日祝¥10,000円以下昼食付

平日¥5,000以下昼食付

 

 

 

 

ポイントプレースタイルで選ぶ

気楽にさっと!0.5ラウンド

ゴルフ好きな方に!1.5ラウンド

快適スループレー特集

快適早朝スループレー

お得な午後のスループレー

2サム保証で気楽にゴルフ

 

 

ポイント場所で選ぶ

送迎バスで楽々ゴルフ

高速道路ICから近いゴルフ場

電車で駅近ゴルフ場

海外のゴルフ場

ゴルフのついでに観光

避暑地でリゾートゴルフ

サクラの美しいゴルフ場

紅葉の美しいゴルフ場

 

 

 

ポイント施設・サービスで選ぶ

宿泊ゴルフプラン

温泉に入れるゴルフ場

犬と同伴できるゴルフ場

カートの乗り入れ可能ゴルフ場

ナイター設備のあるゴルフ場

自慢の練習場のあるゴルフ場

 

 

メニューバー

 

チェジュ島

魅力満載の韓国のリゾートアイランド!ゴルフもグルメも観光もすべて満喫。現在プレゼントセール実施中関西空港発、直行便で航空券+高級ホテルがセットに詳細はこちらから

 

北海道

ゴルフの旅、ゴルフもグルメも観光も!

予約&プレーで豪華景品が当たるキャンペーン実施中詳細はこちらから

 

お勧めオンラインゴルフショップ





 

 

 

トップページに戻る

 

 

 

 

 

 

 

年末予約


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ シャフト理論 スイング理論 ゴルフ場予約サイト ゴルフルール