コース戦略・池に浮かんだアイランドグリーン

池に浮かんだアイランドグリーン

 



 

 

池に浮かんだアイランドグリーンの攻略

 

 

パー3   147y
ティ―グランドからグリーンピンまで145y、池越えに必要な距離は115yになります。ピンはグリーン奥でピンから池まで14yしかなく、グリーンオバーには注意を払いたいところです。

 

グリーンは広く平らですが、右サイドがやや高くなっているグリーンです。
グリーンを見た時広く見える場合は受けグリーン、反対に狭く見える場合は、奥の方向に傾斜していると考えて下さい。

コース戦略

風はティ―グラウンドではさほど感じませんが、ピンフラッグは揺れていて、その向きから池の上では、かなりのフォローになっていると、考えるのが正しい判断になります。

 

まず、池の上は風があると考えるのがセオリーです。そこで、第1打のティ―ショットは風の読みで飛距離を決定するのがキーポイントになります。

 

グリーンの情報から、右サイドが高く横からの下りのパットラインが残り難しくなることが分かります。

 

グリーンの手前に落とすと長い登りのラインが残りパーを取るのが難しくなります。
つまり、乗せるだけでは、パーがなかなか取にくいグリーンになります。

 

正しい選択は、パーの確率が1番高いピンの手前のポジションです。、ピン方向を狙ってピンをオーバーしない範囲で、ピンに出来るだけ近いところ付けることになります。

 

145y打てるクラブを短く持って、コンパクトにスイングすることです。その時のティ―アップは低くすることを忘れないでください。

 

赤ラインは、普段7番アイアンで、145yの距離を打てる方が、フォーローの風を考えずピンを真っすぐ狙った結果、グリーンオバーで池に入るケースです。

 

青ラインは、池に入れてはいけない意識が働き、球を上げようとする余り、下からクラブが入りフェースが開き、スライスで距離が伸びず池に入るケースです。

 

 

 

ゴルフクラブ

 

メンズクラブ

レディースクラブ

キッズ・ジュニア―用クラブ

クラブ用パーツ・シャフト



ウエアー

 

メンズウエア―

レディーウエアー

キッズ・ジュニア用ウエアー

 

シューズ

 

メンズシューズ

レディーシューズ

キッズ・ジュニア用シューズ

シューズ用アクセサリー


バッグ・グローブ・ボール・その他

のアイテム

グローブ

バッグ・ケース

ヘッドカバー

ラウンド用ボール

トレーニング用具

ラウンド用品・小物

コンペ用品

その他


人気の新作クラブ・シューズ・ウェア・バッグ・グローブ・ボール・ゴルフナビなどが大集合!レディース・メンズ・子供用も品数豊富に取り揃え。口コミ・ランキング・各種特集ページから簡単にお選びいただけます。





ゼクシオ

スリクソン

ブリジストン

ミズノ

テーラーメイド

タイトリスト

ヤマハ

キャロウェイ

コブラ

ホンマ

ヨネックス

オデッセイ

アダムス

ピン

オノフ

ロイヤルC

クリーブランド

マルマン

リンクス




ATTAS11

ゴルフクラブ最新モデル一覧はこちらから





 

ゴルフボールメーカ

ブリヂストン

タイトリスト

ダンロップ

キャロウエー

キャスコ

テラーメイド

ミズノ

ゴルフプレスト

プロギア

本間

ラインマーカ

ロストボール

 

 

コース戦略に戻る

 

 

 

 

関連ページ

左サイドがすべて池
練習の成果が、現場で上手く発揮できなかったり、満足のいくショットを打っても、逆にピンチになってしまう。 この様な問題はよく起こることです。 この原因は、練習場では解決できない、コースでしか解決できない問題が、いくつも存在するからです。 .
右サイドが海の崖のミドルホール
練習の成果が、現場で上手く発揮できなかったり、満足のいくショットを打っても、逆にピンチになってしまう。 この様な問題はよく起こることです。 この原因は、練習場では解決できない、コースでしか解決できない問題が、いくつも存在するからです。
タフな登りのミドル
練習の成果が、現場で上手く発揮できなかったり、満足のいくショットを打っても、逆にピンチになってしまう。 この様な問題はよく起こることです。 この原因は、練習場では解決できない、コースでしか解決できない問題が、いくつも存在するからです。
打ち下しでグリーン手前が池のティ―ショット
練習の成果が、現場で上手く発揮できなかったり、満足のいくショットを打っても、逆にピンチになってしまう。 この様な問題はよく起こることです。 この原因は、練習場では解決できない、コースでしか解決できない問題が、いくつも存在するからです。
S字型のロングホールのティ―ショット
練習の成果が、現場で上手く発揮できなかったり、満足のいくショットを打っても、逆にピンチになってしまう。 この様な問題はよく起こることです。 この原因は、練習場では解決できない、コースでしか解決できない問題が、いくつも存在するからです。
コース戦略・右サイドがすべて池で右ドッグレッグ
練習の成果が、現場で上手く発揮できなかったり、満足のいくショットを打っても、逆にピンチになってしまう。 この様な問題はよく起こることです。 この原因は、練習場では解決できない、コースでしか解決できない問題が、いくつも存在するからです。
コース戦略・フェアウエーに張り出した深いグラスバンカー
練習の成果が、現場で上手く発揮できなかったり、満足のいくショットを打っても、逆にピンチになってしまう。 この様な問題はよく起こることです。 この原因は、練習場では解決できない、コースでしか解決できない問題が、いくつも存在するからです。
登りで砲台グリーンのロングホール
練習の成果が、現場で上手く発揮できなかったり、満足のいくショットを打っても、逆にピンチになってしまう。 この様な問題はよく起こることです。 この原因は、練習場では解決できない、コースでしか解決できない問題が、いくつも存在するからです。
グリーンが浮島のミドルホールのティ―ショット
練習の成果が、現場で上手く発揮できなかったり、満足のいくショットを打っても、逆にピンチになってしまう。 この様な問題はよく起こることです。 この原因は、練習場では解決できない、コースでしか解決できない問題が、いくつも存在するからです。
池越えでピンが奥にある速いグリーン
練習の成果が、現場で上手く発揮できなかったり、満足のいくショットを打っても、逆にピンチになってしまう。 この様な問題はよく起こることです。 この原因は、練習場では解決できない、コースでしか解決できない問題が、いくつも存在するからです。
砲台グリーンのパー3の攻略
練習の成果が、現場で上手く発揮できなかったり、満足のいくショットを打っても、逆にピンチになってしまう。 この様な問題はよく起こることです。 この原因は、練習場では解決できない、コースでしか解決できない問題が、いくつも存在するからです。
池とバンカーに囲まれたショートホール
練習の成果が、現場で上手く発揮できなかったり、満足のいくショットを打っても、逆にピンチになってしまう。 この様な問題はよく起こることです。 この原因は、練習場では解決できない、コースでしか解決できない問題が、いくつも存在するからです。
グリーン手前まで続く池のショート
練習の成果が、現場で上手く発揮できなかったり、満足のいくショットを打っても、逆にピンチになってしまう。 この様な問題はよく起こることです。 この原因は、練習場では解決できない、コースでしか解決できない問題が、いくつも存在するからです。
池、バンカー、林に囲まれた長い
練習の成果が、現場で上手く発揮できなかったり、満足のいくショットを打っても、逆にピンチになってしまう。 この様な問題はよく起こることです。 この原因は、練習場では解決できない、コースでしか解決できない問題が、いくつも存在するからです。
池、バンカーにガードされたパー
練習の成果が、現場で上手く発揮できなかったり、満足のいくショットを打っても、逆にピンチになってしまう。 この様な問題はよく起こることです。 この原因は、練習場では解決できない、コースでしか解決できない問題が、いくつも存在するからです。
左奥にカーブしたグリーンのパー3
練習の成果が、現場で上手く発揮できなかったり、満足のいくショットを打っても、逆にピンチになってしまう。 この様な問題はよく起こることです。 この原因は、練習場では解決できない、コースでしか解決できない問題が、いくつも存在するからです。
2打目に難しい連続バンカーショット
練習の成果が、現場で上手く発揮できなかったり、満足のいくショットを打っても、逆にピンチになってしまう。 この様な問題はよく起こることです。 この原因は、練習場では解決できない、コースでしか解決できない問題が、いくつも存在するからです。
2打目が160yの林越え
練習の成果が、現場で上手く発揮できなかったり、満足のいくショットを打っても、逆にピンチになってしまう。 この様な問題はよく起こることです。 この原因は、練習場では解決できない、コースでしか解決できない問題が、いくつも存在するからです。
2打目がラフからの左足下がりのショット
練習の成果が、現場で上手く発揮できなかったり、満足のいくショットを打っても、逆にピンチになってしまう。 この様な問題はよく起こることです。 この原因は、練習場では解決できない、コースでしか解決できない問題が、いくつも存在するからです。
2打目が危険いっぱいのグリーン
練習の成果が、現場で上手く発揮できなかったり、満足のいくショットを打っても、逆にピンチになってしまう。 この様な問題はよく起こることです。 この原因は、練習場では解決できない、コースでしか解決できない問題が、いくつも存在するからです。
3打目が池越えの180y
練習の成果が、現場で上手く発揮できなかったり、満足のいくショットを打っても、逆にピンチになってしまう。 この様な問題はよく起こることです。 この原因は、練習場では解決できない、コースでしか解決できない問題が、いくつも存在するからです。

サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページに戻る シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み ゴルフ場予約サイト