自分に合わないクラブ

ショートアイアン・ウエッジがシックリこない

 



商品紹介:メンズウエッジはこちらから


 

ショートアイアン・ウエッジが苦手でシックリこない

 

横の数値はシャフトの長さ、縦の数値はシャフトの硬さをcpmで表しています。 青のラインはヘッドスピードから最適なシャフトの硬さです。オレンジラインはクラブの硬さをcpmで表示しています。

 

cpmシートアイアン

 

 

グリーンの近くからのショットは、スコアーを作るうえで、距離感と弾道をイメージ出来るクラブで打つことが重要です。更にグリーンオンさせたボールを確実に止めることが大切で、結果オーライでは決して良い結果は生まれません。

 

イメージしてスイングできるクラブは、自分で、クラブをコントロールできるクラブにしておくことが大切です。そのコントロールできるクラブとは、ヘッドの重みを感じてスイングできる、シャフトの硬さとクラブ重量になります。

 

上の図のように、ショートアイアンのシャフトの硬度が硬すぎると、強打していかないとキッチリ打てなく、打てたとしてもインパクトでヘッドを強く入れ過ぎて、左に引っ掛けた球筋になります。

 

インパクトで強く打てば、球がフェースに乗る時間が短く、ショートアイアンで必要なバックスピン量が十分かからないことから、球も上がらず、バックスピンが少ないためグリーン上で止まりにくい弾道になります。

ロフト角度

また、ショートアイアンはクラブが短いため、自然とスイングがアップライトの軌道になります。しかし、シャフトが硬すぎたり、重すぎたりすると、ダウンスイングを手で下す傾向が強くなり、右肘が伸びコックが早くほどけ、グリップよりヘッドが先行します。

 

そのためインパクトでロフトがさらに寝てすくい上げのスイングで、必要以上のバックスピンがかかり、ボールが高く舞い上がり思い通りの飛距離を打てなくなります。

 

 

逆に、クラブが重たい分力みで、上体に力みが生じて両膝が伸びてしまい、スイング軌道がボールの上側になり、ボールの頭を叩くことになります。
いわゆるトップになり、低い弾道やゴロでグリーンオーバーしやすく大たたきしてしまうことがよくあります。

 

グリーンを狙うクラブは、距離感、方向をコントロールができる、ある程度シャフトのシナリを感じられ、ヘッドの重みを感じる、シャフトの硬さと重さが重要になります。

 

ヘッドの重みとシャフトのシナリ感じられる程度のシャフトに交換することを、お勧めします。
参考例  釣竿で先端の糸やハリの重さを感じれるのは,、竿がシナルことで感じ取れるのです。

 

 

ウエッジの人気商品・イチオシ商品リストはこちらから


 

 

練習機

ゴルフ練習機の一覧はこちらからご覧ください

 

 

ゴルフクラブ

 

メンズクラブ

レディースクラブ

キッズ・ジュニア―用クラブ

クラブ用パーツ・シャフト



ウエアー

 

メンズウエア―

レディーウエアー

キッズ・ジュニア用ウエアー

 

シューズ

 

メンズシューズ

レディーシューズ

キッズ・ジュニア用シューズ

シューズ用アクセサリー


バッグ・グローブ・ボール・その他

のアイテム

グローブ

バッグ・ケース

ヘッドカバー

ラウンド用ボール

トレーニング用具

ラウンド用品・小物

コンペ用品

その他


人気の新作クラブ・シューズ・ウェア・バッグ・グローブ・ボール・ゴルフナビなどが大集合!レディース・メンズ・子供用も品数豊富に取り揃え。口コミ・ランキング・各種特集ページから簡単にお選びいただけます。





ゼクシオ

スリクソン

ブリジストン

ミズノ

テーラーメイド

タイトリスト

ヤマハ

キャロウェイ

コブラ

ホンマ

ヨネックス

オデッセイ

アダムス

ピン

オノフ

ロイヤルC

クリーブランド

マルマン

リンクス




ATTAS11

ゴルフクラブ最新モデル一覧はこちらから





 

 

この画面のトップに戻る

 

 

シャフトが合わない原因に戻る

 

 

golf5sumersale





関連ページ

ドライバーでスライスが出る
スイングでスライス原因は、カットスイングが殆どで、アウトサイドインのクラブ軌道が原因でスライスの球筋になります。 その他、インパクトでフェースが開いてボールを捕えることが原因でスライスになりますが、シャフトが原因のスライスもインパクトでフェースが開いた状態でインパクトするため、スライスやヒッカケになりやすくなります。
ドライバーでフックが止まらない
ドライバーでフックの出る原因には、シャフトやスイングなど色んな要因でおこります。 この要因を科学的、物理的に分析することで、解決方法が見つかり、その解決手段について解説していきます。
ロングアイアンが打てない
ロングアイアンが打てない。ロングアイアンはヘッドも小さく、重心も高く、打ってもなかなかボールが上がらないことで苦手意識が芽生えてしまいますそのためにはボールを左足近くに置き振り抜くことです。
ミドルアイアンでスライスがでる
ゴルフで正しいスイングをしているのに、どうもしっくりこないクラブがあります。シャフトの硬さや重さがスイングに与える影響は、ゴルフ上達を阻害するといっても過言ではありません。長年のデータを集約して実例で解説します。
アイアンの距離が合わない
ゴルフで正しいスイングをしているのに、どうもしっくりこないクラブがあります。シャフトの硬さや重さがスイングに与える影響は、ゴルフ上達を阻害するといっても過言ではありません。長年のデータを集約して実例で解説します。

サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページに戻る シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み ゴルフ場予約サイト