ゴルフ理論で100%満足!の飛距離アップ、スコア―アップが実現

抗酸化を促す

ゴルフを健康に行うには体のサビの原因である抗酸化を促す!

 

活性酸素とは

活性酸素(かっせいさんそ、英: Reactive Oxygen Species、ROS)は、大気中に含まれる酸素分子がより反応性の高い化合物に変化したものの総称である。 一般的にスーパーオキシドアニオンラジカル(通称スーパーオキシド)、ヒドロキシルラジカル、過酸化水素、一重項酸素の4種類とされる

 

コース

 

地球をとりまく大気には、約21%の酸素が含まれています。

 

生物はその酸素を利用することで様々な機能を獲得し、生命を維持してきました。酸素の一部は不安定で、多くの物質と反応しやすい活性酸素に変化します。

 

この活性酸素は細胞を傷つけ、老化・癌・動脈硬化・その他多くの疾患をもたらす重要な原因となります。

 

そのため生物にはこの活性酸素の害を防御する抗酸化作用がそなわっています。この酸化ストレスと抗酸化作用のバランスが健康を守る鍵となります。

 

一方で活性酸素はその細胞傷害ばかりに目が向けられがちですが、細胞内での情報伝達や代謝の調節、免疫など、さまざまな重要な生理的機能を有しています。

 

 

体内に送られた酸素の一部が化学変化により、活性酸素となる。

 

この活性酸素は適量ならば、細菌やウイルスの撃退作用があり、体によい働きをするが、紫外線やストレスなど、何らかの原因で大量発生すると、体内の正常な細胞を傷つけてしまう。

 

すなわち活性酸素による体内の酸化が原因でシミ・シワなどの老化現象や様々な病気を引きおこしてしまうのである。

 

 

 

 

体を酸化させる食べ物・飲み物

ハンバーガー

 

近年、欧米化の食生活が進み食べ物自体に、体を酸化させてしまう食べ物があります。酸化を防ぐ食べ物を積極的に取り入れるだけでなく、酸化させる食べ物に注意することも大切。

 

体を酸化させる食品
■食品添加物の多いもの

 

添加物は体にとっては「異物」。体に負担をかけるだけでなく、活性酸素を増やしてしまいます。

 

・ハムなどの加工食品
・惣菜や弁当

 

■脂質の多いもの
動物性脂肪を取りすぎると、コレステロールや中性脂肪が増え、活性酸素と結びつき過酸化脂質へと変化します。トランス脂肪酸にも注意。

 

・肉の脂身
・マーガリン
・ショートニング
・ファストフード

 

■酸化したもの

 

空気中の酸素に触れることで食べ物も酸化します。特に油は酸化しやすい食品です。

 

・時間の経った揚げ物など、油を使ったもの
・インスタント食品
・スナック菓子

 

 

 

 

戻る

 





サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページに戻る シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み ゴルフ場予約サイト